« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

花大好き

060331_115301 頂いたお花があんまり綺麗なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

雑誌3冊

TV LIFE 表紙もグラビアも可愛い。黒ずくめに白の細いネクタイ。ティアラをつけた美女二人の待つスタジオに現れた吾郎「僕もティアラつけなくていいの?」と聞いたそう。

   ティアラをつけた吾郎、見たかったのに。

春ドラマスタート完全ナビの目次の3ショットの写真も小さいけど好き。

TV ガイド 5人揃ってのグラビア、珍しく半袖の吾郎がまた珍しくちょっと表情作っていて可愛い(結局これですわ)。press newsのタイトルバック撮影の写真も小さいけどいい感じなので、ドラマが楽しみ。

ザテレビジョン 次号予告の写真、好きかも。

ブス恋の記事や写真いろいろ見て、吾郎のビジュアルも含めてすごく楽しみになった。後は最初にあんまり嫌なヤツにしすぎて視聴者からひかれないないように、と祈るばかりです。(あらまた心配性な私が・・・いやぁ、ヨイショの時にもったいない事をしたなぁと。)

TVステーションはパラっと見てものすごく好みだったので、今日は買わずに帰ったの。明日買うつもり。

    好きなモノは最後に食べるタイプです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

予習 その2

シアターコクーンでの「通常とは違う形態での座席」で見る演劇はどんな感じなんだろう、という事で予習のために録画しておいたNODA MAP「贋作・罪と罰」を見た。

普段の「舞台と客席」というよりも、同じ高さの一緒の空間という感じでした。お芝居自体も面白くとても良かったので収穫が2倍。そうそう段田安則さんも出演していらしたんだわ。

「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」は、多分ジョージとマーサ夫妻の家の居間で繰り広げられる舞台だから、前の方の席だと一緒の部屋に居る錯覚に陥りそう。

いろいろな角度から見たくなるに違いないと思いました。

ああ、その前にチケット、チケット。先行予約のお知らせも発表になったけれど、今度は分散しただけ1回の当選者が少なくなるわけだし、と心配はつきないのです。困ったもんだわ、この心配性(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月イチゴロー 3月

『声優として参加した作品「ワンピース」を何位にするのか、国民的人気作品「ドラえもん」も入れたらどうするかな。吾郎ちゃんには是非「ブロークバック・マウンテン」を語って貰いたいし、ホラー枠としてCMとかでも怖そうなあの「エミリー・ローズ」入れておこう。吾郎ちゃん苦手だろうなぁ。「ナルニア国物語」は、よく分かんないけど僕ちょっと見たいかな。』

と慎吾くんが思ったかどうか分からないけれど、今月のラインナップはなかなか面白かったと思う(偉そう)。

月イチゴローの結果についてはこちら

吾郎ファンとしては、「ワンピース」がラインナップされると知った時点で(予測してはいても)いろいろ大変だろうなぁとは思ったわけですが、杞憂に終わりました。TVカメラの前で、他人にどう思われようと自分の思ったこと感じたことをズバリとまたはほんのりと表し、映画会社の宣伝の仕方にはダメだしをする。しかも誰にでも分かるやさしい言葉で。理屈をこねくり回したり知識をひけらかしたりもしない。何て素敵な人なんだろう

前述の月刊TV誌では「実は映画の批評って自分に向いている仕事ではない。作り手の大変さもよくわかるから。誠意を持って映画と向き合って正直な気持ちを言わせてもらってる」と語っていました(写真は超イケてるバラの花束持った吾郎なんですが・・しつこいわ、私)。くじけずに続けてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バラの花束とワイン

うわ~吾郎がピンクのバラの花束持ってショッキングピンクの椅子に無造作に腰掛けてカメラ目線で微笑んでる~

ワイングラスを掲げて、君の瞳に乾杯!とかやってるし。

スマステ特集のページで、今度は立って左手は腰に軽く手を当て右手でバラの花束持ってこちらを見つめている写真もすごく好き。月イチゴローに関するコメントもすごくいい。時間ができたらまた海外ロケもよろしくよ。

月刊のTV誌ですが、これは買いですよ、買い!!(誰に言ってるんだか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

公演サイトオープン!

ついに、ついに「 ヴァージニアウルフなんかこわくない?」の公式サイトがオープン。

スケジュールとか見つめていろいろ悩んだり(チケット!チケット!)、公演概要とか読んであれこれ妄想したり、【人間のもつ光と影】とか【繊細かつ大胆】とか【リアルな存在感】なんて所を頷きながら何回も読んだりして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌2冊

Cancam&popolo   

popolo・・・4月からのドラマで共演する後輩くんのインタビューで「稲垣くんは2週間に1回、歯医者さんに行っている」「稲垣くんは撮影の合間でもいつもちゃんと稲垣吾郎している」そうです(笑)。

Cancam・・・「役」が与えられていないと歌でも写真撮る時でもいまだに照れるそう。だからかぁ。たまには「がんばった大賞」でやったピースサインみたいにかわいいポーズとって写真撮られてみたら?「ナルシスト」だののイメージがついている割にはいつもあっけなく写真撮られているような気がするの。時々、「カメラお貸しっ!」と言いたくなる時が、ありませんこと?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今更ですが、3月20日 SMAPぶち抜きSP

その前に 文化芸能部にて、ブス恋の制作発表の会見の模様が。白いジャケットにシャツ・スカーフなどブルー系統・・・この季節にこの色の組み合わせ、いつか見た記憶がと思ったら&Gだったわ。

まあ、そんなことどうでもいい位可愛い吾郎だったさ。

がんばった大賞、まずは何ですか?あの可愛いヤツは。目の前で横ピースのサインなんかをカメラ目線でするなんて。期待以上に出番があって嬉しかったです。しかもNTT東日本のリーマン吾郎のCMも無事捕獲できたし。がんばった大賞ありがとう。

スマスマ、ビストロ連勝おめでとう。

ホストマンブルース・・・良かった「新宿の神様」は終わったのね。聞いていて恥ずかしい日本語版マイヤヒをちょっと毒舌の若槻千夏ちゃんに「つうか、それ微妙に古くね?」と言わせて【緊急事態発生!】ここの流れがちょっと上手かったなと嬉しかったんですが。(で、これであの歌は終わりなんですよねっ!!)ヒカルと優雅のパフォーマンスもたっぷり見れたし。

その上中居くんのドラマ仕立ての「卒業」では白衣の先生。そして吾郎のソロから始まった「22歳の別れ」、何故かとてもスマップに合っていたような気がした。何でだろ、スマップは元気な歌が好きなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

予習

図書館で予約してあった本が入ったとのメールを受け取ったので、強風の中受け取りに行ってきた。その本とは

エドワード・オールビー全集   ヴァージニアウルフなんかこわくない 他

   ニック  30歳、(金髪は置いておいて) 体格もよいし、美貌である

早くストーリーが知りたくて映画のDVDは一回見たけれど、脚本を読んでいると今度の舞台のキャストでお芝居が動き出す。久しぶりにセクシーなニック@吾郎も期待できそう?脚本を読んで、チラシの4人の表情を見るとますますワクワクしてきます。

”通常とは異なる客席の形状”については、21日(火)WOWOWで放送されるNODA MAP「贋作・罪と罰」を見てみよう。WOWOW magazine 3に客席とステージの図も載っているし。(13台のカメラの位置まで記してあるし・・・いいなぁ、マルチアングルで撮影)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

NTTCM

出張に行く準備をしながらTVのクイズ番組を見ている吾郎の笑顔が可愛い!

で、クイズ番組の名前が「クイズ ドボン!

ブス恋に出てくる番組の名前が「ズバットXズバット」に「むちゃデス!でしたっけ。妙に可笑しいんですけど。

ブス恋といえば、女の子に面と向かって「ブス・ブス」というのはあんまり好きではないんだけど、タイトルだから仕方ないのね。でもTV誌にあった小さな写真、ロケの待ち時間に台本広げて村上さんと並んで座っているツーショットが可愛かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Goro's Bar  3月16日

M-1グランプリもブラマヨも麒麟も知らないけれど、メールに関するコーナーは身近な題材だしオーナーのコメントが面白いから好き。

メールに関していろいろうるさいというオーナーも自分のメール自体はたいして面白くないと謙遜し、「言うことは言えるじゃないですか」と言ってしまうところがいいな。謙遜している割には、「好きな男性からのお誘いのメールに冗談を交えて送った返信メール」への「返事」をこれまた「冗談に乗っかった気の利いたメール」を即答するあたり、オーナーの頭の良さが伺えて惚れ直し。

そういえば以前ユンソナちゃんが、お酒を飲むと眠くなっちゃうからイヤと言った時に「寝ちゃっても・・・送るよ」とすぐに言ってたっけ。

吾郎ちゃんと喋ったら、本当に楽しいでしょうね。実際にそんな機会があったら、喋るどころか柱の影に隠れてしまうと思いますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

忘文、再び

毎週日曜の早朝に素敵な郵便屋さんが手紙を届け、その上その手紙によく合った絵本まで朗読してくれちゃうという稲垣吾郎の忘文

2003年の10月から始まって、夫婦間の感謝の手紙から親子・恋人・友人・戦友・先生と教え子などさまざまな思いの手紙が毎週読まれる。野外にぽつんと置かれた机と椅子、近くには赤いポストと郵便屋さんの自転車。さりげなく織り込まれた季節の移り変わりも野外のロケならではの景色。

昨日、忘文のロケに付き添い(?)でいらした方のブログを見つけました。礼儀正しくて気さく、適確な質問という感想がとても嬉しかったです。あ、勿論細くて長い脚とか、男からみてもかっこよかったとかも(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

Goro's Bar 3月9日

吾郎さん、またエッセイが読みたいです。

室井佑月さんも作家が向いているかもって言ってたじゃない。闇が深いがどうかは知らないけど。

それにしてもファンって我儘。映画も舞台も連続ドラマも単発ドラマもシリーズもののドラマもドキュメンタリー番組もみんな見たいし、レギュラーの番組も頑張って欲しいし、シングル出せアルバム出せ、コンサートはいつになるんだろう・・・その上、エッセイも読みたいって。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MUNICH

すごい映画だった。2時間半以上の上映時間中、主人公に課せられた任務に主人公と一緒になって引っ張りまわされ最後は少々放心状態。改めて国家とか家族とかいろいろ考えてしまった。

いつも上映されている限りは座席の予約に便利なVIRGIN TOHO Cinemas六本木ヒルズで見て、帰りは音楽を聴きながら渋谷まで歩くのだけれど、今回はi-podを出す事すら忘れていました。普段だったら自分では選択しない映画だと思ったけれど、見てよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?

チラシ頂いてきました。

2006年6月5日~6月30日   Bunkanura シアターコクーン

超革命的(大竹しのぶ)・挑発的(稲垣吾郎)・魅力的(ともさかりえ)・刺激的(段田安則)なキャスト陣が挑む! 

何て素敵な!!

*この公演は客席の形状が通常とは異なります。

ますます期待が高まります。どうしよう・・・(って、私が悩んでもねぇ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワンピース初日舞台挨拶

私達の大歓声と拍手に迎えられて登場した吾郎さんは

黒いジャケット(襟には3個のブローチ)黒と緑の細いボーダーのシャツ、黒デニム、髪の毛はクルクル。前日は(というか今日)午前2時までドラマの撮影だったそうで、お疲れでほわ~んとした感じで超可愛い!

吾郎さんの挨拶としては「帰ってから面白かったとみんなに宣伝してください」というような感じでした。(何だか前から4番目の真中近くの席だったので、吾郎さんばっかり見ていて話の細部をちゃんと覚えていないことに今気づいた、ごめんなさい・・・orz)

船長さんの声の田中さんによると、
ゲスト声優さんは別にアテレコをする事が多いのですが、今回はみんな一緒にやったのでとてもよかった。稲垣さんは2日目も遅くまでかかったのに最後は声優さんたちみんなで並んでサインと握手をして貰ってとても嬉しかったそうです。

お返しに「吾郎ちゃんへ」と宛てた声優さん達のサインを頂いたそうで、「木村君がうらやましがりますよ~」と言ってました。

アテレコは4本のマイクがあって、それぞれが台詞を言ったら下がって次の人に譲るようになっていたのが、1本は吾郎マイクになっていて、吾郎さんは自分の台詞が終わっても下がってくれなかったとバラされてました。

「次回作はラチェットの逆襲ですね」と田中さんがおっしゃって、会場が沸きました。

映画の方は、普段はアニメなど一切見ない私でもとても楽しめました。お涙頂戴もお説教も無く、たっぷり笑って楽しかった。

ラチェットの声は、いつもの吾郎さんよりも少し高い声で通していて、アニメなのにとっても美声。その美声が劇場に響いて心地よかったです。「おかあちゃま」だの「母上」だの口走るラチェット様、実はヘタレで衣装はあんなですが(笑)手足細いし、いろいろ吾郎ファンのツボをついてくるキャラで何重にも楽しめる映画だと思いました。

悪役を演じられてとても楽しかったです。また悪役やりたいです」ともおっしゃっていたと思います。最後、出て行く時振り返って手を振ってくださいました。きゃ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

Goro's Bar 3月2日

おい!ゴロー!!何てこと言うんだよ!

・・・ご主人がお誕生日に何もしてくれない、「女の子は花一輪でも嬉しいんだよ。今まで付き合った女ろくでもねえな」と言ってやったという美幸ちゃんを「今まで付き合った女にはやってたんじゃない?」とからかったオーナーへの一言。

Youが打ったメールのコーナーで大活躍のオーナー。井川遥ちゃんのメールだけでなく【オーナーとして】他の2通のメールも誰が打ったのかちゃんと当ててしまいました。

この間も「驚きのびっくりマークの顔文字」とか「イシシマークの顔文字」とかを実際に自分の顔で実演してしまうオーナーでしたが、相手チームの方を向いているのでTV画面には横顔だけで残念・・・きっと可愛かったんだろうなぁ。

それにしてもそれにしても、いつも革張りの立派な椅子に自分だけ当たり前のように座っているオーナーが素敵過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »