« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

良いお年を

2006年、楽しい1年でした。

金田一シリーズ、連続ドラマ、舞台、コンサートに加えて、今年はマーメイドプリンスまで!

舞台に何回通ったかは内緒ですが(笑)、たくさんの吾郎ファンの方とお会いできたのもすごく嬉しかったです。

そうそう、今年は映画「ワンピース」の舞台挨拶や「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」の舞台の他にも、生吾郎さんに近くで会えた年でした。今だから言える吾郎さんと遭遇という嬉しい事件!それはあのシンクロの大会での出来事。試合が終わった後、廊下にいた吾郎さんとばったり。あのマメプリの衣装が信じられないくらいにお似合いで、キラキラ輝いているプリンスでした。

今年一年ありがとうございました。  来年もますます素敵な年になりますように.☆.。.:*・゜ 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

待ち遠しい金田一

公式HPにて次々に出演者の方々のインタビューがアップされ期待が高まる中、昨日は番宣まであって、いよいよ待ちきれない1月5日。

とにかく吾郎はほぼ出ずっぱり、大きな黒目をキラキラさせた美しい平成の金田一。ロケ風景もちりばめられて、期待の星監督とのお仕事現場も見ることが出来て本当に大満足です。

出演者の方々もそれぞれ役に嵌っているし、相変わらずロケやセットも凝っているようで、ものすごく楽しみ。あのお屋敷も何だかすごく期待できそうなんですが。

夜は「IQサプリ」で出題者になって金田一になりきって出題。ここでも本当に可愛い金田一でした。

日経新聞の土曜版に「悪魔が来りて笛を吹く」の紹介があった。  「稲垣が演じる金田一は、やや美男子すぎる気もするが」、と前置きしているが、自分の才能に酔いしれている感じが今までの金田一とは違う所ではないかと。

事件に恋している金田一」って、稲垣金田一を上手く表していますね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

ブスの瞳に恋してるSP

全く、本当に全く期待していなかったので、思いのほか楽しかった私。

あの最終回とか、DVD-BOXの特典映像とかで、絶対に期待してはいけないと自分に言い聞かせていたから。

おさむにパンダの被り物被せたり、ピンクのジャケット着せたり、相変わらず街中をたくさん走らせたり、という演出は嬉しかった。ストーリーは何だかなぁ、な所もあったけど。

おさむの優しい声と笑顔にすごく癒された。

それと、おさむが可愛くてかっこよくて。エビちゃんと並んで歩くデートシーン、ものすごく絵になるじゃないですか。

え~とはいらない、え~とはいらないよぉ~」って、もう可愛すぎです。

ああ、やっぱり可愛ければ何でもいいのか、私。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

12月26日昼間のフジTV

まずは「笑っていいとも」のコーナーゲスト。

いつもいろいろ構ってくれてありがとう、中居くん。

きっとご本人は不本意だと思いますが(笑)、ちょっとした隙に仲の良さがにじみ出てしまう二人。ふっと二人で一緒に前かがみになって机に手をついて同じ姿勢になったり、ついたり離れたり、帽子や肩にすぐ手を置いたり。

吾郎のビジュアルは勿論満点

ブス恋番宣は何と言っても撮影風景がいい!共演者の方に「すごく優しくて気を使ってくれて素敵な男性♪」と言われていましたなぁ。ちょっと後ろ体重っぽい立ち姿でカメラチェックしているのかな?その姿が素敵でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

月イチゴロー 12月

大下さん相手に語る・語る・・・これでなくちゃ。話を途中でぶった切られたのも久しぶりじゃないかなぁ。

やっぱり目をキラキラさせて早口でヲタ語りする吾郎を見ないと!

確か去年のクリスマスイブの月イチゴローでは、「寂しいクリスマス」をネタに大下さんをいぢめていたような記憶が。この二人の大人の会話が大好き。

「武士の一分」についての「気持ちの中では鎖国していたいような」、「日本人の美しい心、大切なもの」という表現にとっても共感。 日本人が作った、日本人だから分かる日本人の心を表現した美しい映画だから。

相変わらず、スマステ公式スマムービーでのインタビューがとてもいい。私も「たくさん映画を見てますます感性を磨いた」吾郎ちゃんが出演する映画を見たいです。

冬のファッションが大好きなだけあって、素敵なコートだった。随分伸びた後ろ髪もとっても似合って、私はかっこいい吾郎と素敵なコメントに鼻血が出そうだったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

忘文 12月24日

江戸川乱歩と横溝正史の間に交わされた書簡

「忘文」の前の「楽語びより」を思い出すような構成。何て贅沢な番組。

本島の船着場で手紙を読む郵便屋さん。古い座敷の隅で両膝を立てて本を読む吾郎。二人の間でやり取りされた手紙や横溝正史の「乱歩は永遠にして不滅である」などが読まれ、合間合間に横溝と乱歩の二人の関係などが語られる。

内容がとても面白いのに、郵便屋さんがとっても素敵なので気が散って仕方ないのです(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしもツアー

もしもツアー、こんなに楽しい番組だったなんで~

小窓に映る吾郎が可愛くて可愛くて、普段は小窓はサクッと消去してしまう面倒くさがり屋な私だけれど、今回は小窓の吾郎も全部残してしまった。景色もきれいだったし、食べ物は美味しそうだったしね。

蟹を食べる吾郎はさらにウマーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

さんま&SMAP

全く期待していなかったので、くやしいけれど(笑)今年はちょっと面白かったかも。ちゃんと録画されているかチェックするつもりで結局ダラダラ見てしまったのだから。

何と言っても吾郎のビジュアルが最高(去年も多分そんな事言っていたと思うけど)。スマップさん達、それぞれの黒いスーツがみんな似合っていてカッコよかったです。

興味の対象は似ているけれど「陰」と「陽」だという木村・吾郎。二人が並ぶと背の高さも同じ、独特の近い空気感があるけれど正反対のものを持つ感じがとっても好き。勿論見た目も。

相変わらずどっちとも取れる程度に捻じ曲げられたような感じのVTRで、いつもの通り変人に仕立て上げられる吾郎だけど、今年はそれを逆手にとって「しっかりと否定してくれる方が好き」と言い切った吾郎が男前。   

さすが正反対で「何でも肯定して欲しい」さんまさんは自分の思ったように結論づけようとするけれど、今年は羽鳥アナがきっぱりと仕切ってサクサク進行してくれたのでイライラしなかったのかも。 (ごめんなさい、さんまさんはそれでいいんです。)

たくさんの誤解を生んだ「可愛い~という言い方がムカついた」「しっかりと否定してくれる女性にグッときた」という発言の真意についてはよく分かると思うんですが、そんな感じ方をするのが吾郎ファンなのかなぁ。  

去年もそうだったけど、今年も最後に「今夜グッときた女性No1」を選ぶ時の吾郎が素敵でした。途中での発言は少なかったけれど(言っても途中で遮られてしまうものね)、肝心な時に鋭い一言を言い放つ吾郎にまたまた惚れ直し~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

のだめオーケストラコンサート♪ 12月22日

誘ってもらって「のだめオーケストラコンサート」行ってきました。

ドラマで使われた曲の数々ののだめオーケストラによる演奏。合間合間にはドラマの映像も含めての解説などもあり、クラシック入門的な楽しい3時間でした。

バイオリン演奏の演技指導やオーケストラ監修にあたったというNAOTOさんの演奏を聞けたのも嬉しかった。

生で見る主演の上野樹里ちゃん玉木宏さんは、とっても可愛くて素敵でした。撮影の事を思い出しただけで、みんなの前でうるうるしてしまう千秋先輩が・・・最終回楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後のGoro's Bar

やっぱりGoro's Barは最高!

走ってきてハアハアする小芝居しているオーナー、好きです。すごい新しいゲーム思いついたと言っているオーナーの後ろの髪の毛が、そのゲームで使う羽根みたいになっていて可愛いんですが。

あのたくさんの本物の未公開映像の数々、関係ない人のVTRを延々見せられるゲームよりもずっと面白いんですけど。まあ、いろいろ事情があるのかな。    でもこうやって年に何回かまとめて見せてもらう楽しさは格別。

それにしても、あんなにフリルだらけのシャツが何故あんなに似合うんだろう。Goro's Barはスーツが良く似合うオーナーの衣装チェックも楽しみの一つなので、来年もエレガントなオーナーをよろしく♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

続:Johnny's Web

今日は「ブス恋」の撮影現場からのレポ。

何だかちょっと期待してしまうではないですか~また街中を走るシーンはあるらしい()。

是非、番宣で撮影風景などを放送してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

Johnny's Web

やっと来ましたぜ、Johnny's Webから

HAPPY BIRTHDAY! Hey, GORO!

ちょうどお誕生日の日の金田一の撮影の様子など。そして、撮影終了と同時に祝った吾郎のお誕生日。現場の温かさが伝わってくるレポートでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブスの瞳に恋してる♪予告映像

もう「ブス恋」には期待しないって誓ったのに・・・あの最終回とかDVD特典とか見て、そう誓ったのに・・・

白いスーツ着てシャンパングラスとか持っていた。しかもビジュアルイケてるし。ちょっと髪の毛伸びて頬の辺りがますます細くなった感じのおさむ。

きっと一瞬なんだ、そうに違いない。と思っておこう(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「悪魔が来たりて笛を吹く」記者発表

会見の模様とドラマの映像が少し、めざましTVで流れました。

金田一はますます瞳が輝いて何だか今回は可愛い!し、星監督のこだわり横溝ワールドも素敵な色合いで期待がますます膨らみます。共演者の方達もとっても素敵。

フルートを持つ吾郎の指が美しい。1月5日が楽しみで楽しみで。

それなのに、最後にこんなもの見せられて大笑いしてしまったわ。「悪魔の毛毬唄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV誌お正月特大号 その2

某音楽番組Kプロデューサーさんとの対談で。

今年のTVといえば「ブス恋」は吾郎ちゃんの普段の面白さが凝縮された感じがすると言われていた。「こう思われてるんだろうな」と言う吾郎に「思われてる、思われてる」と。

確か数年前までは、クールでナルシストなイメージだったのが、最近は「意外に面白い」のかなぁ?親しみやすくなったのはいいかもしれないけれど、たまにはクールでアンニュイな役も見たいぞ。

アンニュイといえば、フィッシュマンズの「それはただの気分さ」を歌ったことが印象深かったというKプロデューサー。これは当時の究極の吾郎という感じがした。今だったらやはり「Wonderful Life」とか「平和の歌」とかが似合うのかな。この2曲も好きだけど、一度思いっきりロックも歌って欲しいんだけど。

というわけで、私の勝手な願望などを書いてしまったけれど、映画とか舞台とかエッセイとか見たいものはたくさん!写真集も欲しい。来年こそ是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

忘文  12月17日

千の風になって」 a thousand winds     

作者不明のこの英語詩は世界各国で翻訳され人々の心を癒しつづけているそうです。

亡くなってしまった者を嘆かないで。小鳥のさえずりだったり星や風になっていつもあなたのことを見守っているから、というような詩です。

今日は郵便屋さんのお仕事としては、この詩の朗読だけでしたが、朗読の後に流れた曲(日本語訳のこの詩にメロディーをつけたもの)と共に流れた映像が美しかったです。

美しい自然を撮った写真、この島を歩く郵便屋さん、初冬の島の風景、そして何と言っても古い日本家屋の中で片足を投げ出して座っている郵便屋さん。黄色がかったクラシカルな照明の畳の部屋は金田一の世界に迷い込んでしまった郵便屋さんのようにも見えました。    ちょっと懐かしいアンニュイ吾郎かな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブログ  12月15日

この人の文章は何故こんなに穏やかなんだろう。

いつも仲間や周りを見つめる目がとっても公平で温かくて、真面目だけど堅苦しくなくて、微笑ましくて、しっかりと本質を見ているようにみえる。

是非是非またエッセイを書いてください!

そうか・・・表参道ヒルズのSMAPショップ、車道から見ていたのか・・・「誰にも気付かれないんだもん」とか可愛すぎるし。

先日行ったら整理番号が2○56番で嬉しかったけど、その時間ではもうチョコも無いだろうと言われたのでショップには入らずに、記念にその入場整理券を持ち帰ってきました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Goro's Barなど

Goro's Bar、最近ずっと面白かったのに・・・

ハリセンボンさんは好きですけど、ああいう企画はこの番組には似合わないような気がする。私が個人的に「どっきり」とかあんまり好きではないだけかも(笑)。ゲストのお二人も置いてきぼりっぽいし。

エンディングが一番面白かった。植松くんをいじるオーナーとか「CDTVをご覧のみなさん」とボケるオーナーが大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

金田一耕助シリーズ第4弾「悪魔が来たりて笛を吹く」番組公式サイト(やっと)オープン!

まだかまだかと待っていた金田一の公式サイトがやっとオープン。人物相関図を見ると、みなそれぞれにビジュアル的にも嵌っていてすごく楽しみ。

このシリーズは脚本・演出は勿論、キャスティングが「そうきたか」的に期待できるので、これもまた楽しみの一つです。

稲垣金田一の特徴としては、美しい人にはからっきし弱いという事らしい。

他の出演者の方々のインタビューも早く読みたいものです。予告映像もサッサとかもん♪

予告映像とかを期待しながら再放送の「ブス恋」を一応録画しているんだけど、おさむはやっぱりとんでもなくキュート。年末のSP、出番はどうなるか心配するのはやめて(笑)楽しみに待つ事にします。おさむちゃんの冬のファッション見るだけでも楽しみかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

SMAPXSMAP 12月11日

文句がある時だけ書くのも申し訳ないので(笑)。

ビストロでは吾郎の話はばっさりカットでしたが、ルーレットボウリングでは可愛い吾郎をありがとう。。

G-O-R-Oの掛け声に照れながらもお尻を振る吾郎がとんでもなく可愛かったっす。掛け声かけてくれた木村くん、ありがとう。ボウリングは実は衣装も楽しみだったりするのですが、今週のセーター可愛かったなぁ。

衣装と言えば、歌の時の衣装も可愛い。ハート型のバックルですよっ!それにしても結局show your smileはやってくれないのか・・・好きなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV誌お正月特大号 その1

今年はお正月特大号の発売日が各誌一斉ではないらしい。購入済みの2誌のインタビューを読むと、稲垣氏は今年の印象に残った事として、「金田一シリーズ」と舞台「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」について語っています。

私もその二つが特に好きだったので嬉しかった♪

翻訳劇」は今後やりたい事の「キーワード」の一つになるそう。   何だかものすごく期待しちゃうんですけど。私ももっとたくさん見たいなぁ、吾郎の演じる翻訳劇!!古典から現代劇まで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

忘文

郵便屋さんは船に乗ってある島まで手紙を届けに行っています。古い街並みが美しいその島は、ドラマの撮影で訪れていた場所なのでしょうか。

島を離れた息子から母親への忘文・・・手紙の文からこの島がとっても素晴らしい所なんだなという事が伝わってくる。

今日の絵本は郵便屋さんのお話。そう、たまには郵便屋さんが主役でもいいのよね。

それにしても、いい番組です。

船に乗っている横顔がすごく素敵なんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Goro's Bar 12月8日

ちょうど12月8日0時に始まったGoro's Bar。

お誕生日をアピールするオーナーが着ているのが、噂のグッチのスーツですか?素材はコットンシルクベルベット?前身ごろ一面にフリルのついた白いシャツと組み合わせても上品でよく似合うのは、さすが。Goro's Barの楽しみの一つはオーナーの衣装でもあるのだから。それにしてもビジュアル抜群!

そんなシックでゴージャスな衣装を着ているのにガンダムクイズで興奮するオーナー。実は前のボタンが2つ3つ外れているので、暴れると胸が良く見えてウマー。ママにも「好きなのはもう分かったから」なんて言われているし。

「私のほうが吾郎好きだから」「いえ、私だから」という事で「イナガキゴロウクイズ」をやったら、手を挙げた時に叫ぶ台詞は「ズキューン」の変わりに何になるのかしら?「だすもん!」とか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

12月8日

そういえば、このブログも始めてから今日で1年。おかげさまで楽しく続けることができました。

次の一年も楽しい事で埋められたらいいなと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

Happy Birthday Dear Goro!!

33歳お誕生日、おめでとう!

常にしっかりとした自分を持っていてブレない吾郎くんが大好きです。陰で努力するタイプな所もいい!すごく大人で紳士なのに、年々可愛くなっていく。でも32歳の吾郎くんは舞台の上でセクシーで素敵なニックという人物を演じてくれてすごく嬉しかったです。

33歳もすごく楽しみです。素敵な1年でありますように。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

FNS歌謡祭

32歳の吾郎の見納め記念!

金田一仕様になって後ろの方はどうなっているか分からなくなっている吾郎の髪の毛。同じTV局なんだから、誰か話題にしてよ~「ごろちゃん、髪の毛伸びたね~」とかー他局の番組内ではちゃっかり宣伝してたのに(笑)。まだ撮影真っ最中なのかな。情報かもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武士の一分

静かでごまかしのない美しい映像。出演者みんな凄く良かった。

光を失った(木村くん演じる)三村新之丞の目がすごく美しかった。あんな質素な格好なのに、木村くんキレイだよ、かっこいいよ。

スマスマのビストロで、イタリアンなのに敢えて芋がらを使った料理を出したのは吾郎なりのこの作品に対するリスペクトなのかなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pop Up! SMAP

みんながコンサートを心から楽しんでいる様子が伝わってきた。あの大きな会場全体で楽しむことが出来るって凄い事だなぁと改めて思った。

Paripia!は期待以上の可愛さ。曲も夏のライブにぴったりだし、あの衣装の後姿、意外と脚の長さが強調されて素敵な事を発見(笑)。

星空の下で コンサート会場でも感動したけれど、ペンライトで作った星空を再び見ることが出来て嬉しかった。この歌の時の吾郎が男前でうっとり。

例の黒いロングコート、コンサート会場で見たときの方が幻想的な感じがしたけれど、これはこれでうっとり♪ ダンスコーナーの時のきりっとした表情がたまりませんわ。

クリスマスコーナー(?)のブルーのスーツはDVDで見るとすごくいい(生は良くなかったのか(笑)?)。吾郎の肌の色にすごく合いますね~そしてらいおんハートTriangleのビジュアルと歌も最高。

ソロコーナー L-O-V-E  DVDで見ると凝ったシャツも素敵だし(やっぱりスカーフは邪魔だけど(笑))歌もダンスもすごく可愛い。踊りながら作る表情もダンスに合わせてくるくると変わってとても良い。最後のキス真似の時、会場がふわ~んと引いていく感じがちゃんと出ていて、そこ作った方GJ(笑)。

迷彩柄のパンツとカーキのジャケットにブーツで走り回ったり手をいっぱい振ったりピョンピョン飛び跳ねたりしている吾郎も最高に可愛い。最後にシャンパンかけられて床に長く寝そべっている吾郎も。

何回可愛いって言ったんだろう、許して♪

そうだ、Disc3の★Are You Lucky? のコーナーで、剛くんの時はおろおろしている間に終わり、吾郎のカードになって1発で当てました! I am Lucky・・・なのかな(笑)。

Disc3については・・・

こころぐのメンテナンスという時期を与えて神様は私に頭を冷やす時間を下さったのだと思った(笑)。楽しみにしていたDIARY、吾郎ももう少したくさん見たいなぁと思いましたけど、これがSMAPなのかなぁと。 そういえば、吾郎のファンになったきっかけも愛ラブSMAPという番組で、「いつも後ろの方にいる大人しいけれどすんごく綺麗な顔をしている子は何なんだろう。と思っていたらある日突然トランポリンで大はしゃぎ!」がきっかけでしたっけ。

でもこういう風に落ち着くことが出来たのは、いつも楽しく読ませて頂いているブログにそのような事が書いてあるのを読んで、ハッと気づいたからなのです。今更ですが、一つ大人になれたかな。でも感想と要望は伝えるぞ(笑)待ってよろ、○○○ー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SMAPXSMAP  12月4日

何だか久しぶりに心から笑って楽しいビストロでした。
美味しいと大きく目を開いて浮遊する玉木さんと、いつも目を閉じて味わう吾郎の二人を並べて試食する所を見てみたいと思ってしまった。

show your smile♪も聞きたいんですけど~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテナンス終了

遅れたりして間に合わなかったらどうしようかと思ったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

木村くん♪

映画「武士の一分」公開で、いろいろな番組にゲスト出演の木村くん。

何だかくりんくりんの短髪にセーター姿の可愛い「いいとも」、すっきりとスーツ姿での「報道ステーション」、スーツ姿でも慎吾くんと一緒なので何だかやっぱり可愛い「スマステ」など。「徹子の部屋」も見たけど・・・吾郎についてもちゃんと全部聞きたかったな、興味ないのは分かったけど(笑)。

今回一人でいろいろな番組に出ている木村くん、何だかちょっと緊張していて初々しくて可愛かったです。(人気者ゆえ、ほんのささいな事でも叩かれる格好の材料になったりするのだから、大変ですよね。)特にスマステで、じっと座って自分への賛辞を聞かされて恥ずかしくてたまらなかった木村くんが、まだ番組終わっていないのに「ありがとうございましたっ!」と言って帰る小芝居をしたときとか、本当に可愛かった~

若い頃からのドラマの写真などを見るとほんとうにカッコよくてキレイ。木村くんが木村くんである事を改めて感じさせられたスマステでした。

番組が始まってすぐに「月イチゴローとかはないの?」とか、最後の方に「今日は、俺パネルだけでも良かったみたい」と言いながら月イチゴローのパネルのポーズを取ってみたり、いつもありがとう。

慎吾くん、たまには吾郎にもあれくらい素直に接してみてくれないかなぁ、どんな感じがするか見てみたい。素直な慎吾、可愛かったのに(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

Goro's Bar 11月30日

何て素晴らしいビジュアルなんだ!  とまるで中学生の英語の感嘆文の練習みたいになってしまいましたが、いやぁ~~キレイでしたねっ!

りんかく王子などという新しい呼び名も増えました。少女漫画の主人公が恋する王子さま的輪郭、って素敵な表現だわ。  FLやボーイ達の「王子りんかく」「やっぱり王子・・・」という同意の声が、面白かった。

「友近ママのキャサリン」も大好き。あこちゃんの声も合っていたし。番組最後の「あいたたた・・・」の小芝居も楽しかったし大満足のGoro's Barでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »