« ぷっすま | トップページ | マーメイドプリンス4日目 »

2007年3月21日 (水)

ちょっと稲垣吾郎

セクシーでいてクール、そしてちょっぴりシャイ  (PARCO劇場「魔法の万年筆」紹介より)

ファンとしては、稲垣吾郎の原点のような感じ。

ここ数年、「おもしろ可愛い癒し系」みたいな吾郎ばかり見ていたような気がするので、何だかとっても嬉しかったこの表現。

確かに去年の舞台「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」のニックはセクシーでちょっと高慢な男だったから、また少しずつ変化していると思って良いのかなぁ。

でも、この舞台で共演する方のブログを拝見したら、「スタイリッシュな佇まいの中に、どことなくおもしろオーラが漂っていて」と吾郎の事が書いてあった。

ファンのフィルターを通して見ると「スタイリッシュなクールな佇まいの中に、時折伏せた目には憂いが漂ったりする」事もあるんだけど(笑)。

「スタイリッシュな佇まい」というのは、ファンの欲目ではないんだな、と思ったけれど(笑)、やっぱり面白いんだ・・・いえ、いいんですよ、すごく貴重だし、やろうと思ってできる事ではないから。

だから、作る側としてはコメディをやらせたくなるのかな。2年に1回くらい、うんとシリアスなものも見たいけれど。

情けなく、悲惨で、どうしようもなくカッコ悪いからこそチャーミングなパーカー氏をどう吾郎が演じるか、「魔法の万年筆」すごく楽しみです。

|

« ぷっすま | トップページ | マーメイドプリンス4日目 »

Goro」カテゴリの記事

コメント

やっぱり・・・面白いのですね。
わたし的に生まれ持った「かわいげ」の
ある人の魅力を好ましく思っている昨今
なので、イナガキ君のスタイリッシュな
かっこいい部分と共にこのマシュマロの
ような食感(ちょっと判りにくい表現な
のですが)
の面白いが加味されるともうたまりません。
 また、無理をしてそんなパーカー氏に会
いにいきたくなります。
時間を経るごとに内容が多層になるイナ
ガキ君は今シャンパンゴールドに輝いて
南半球におります。

投稿: 司 | 2007年3月21日 (水) 21時24分

>司さま
マシュマロのような食感・・・いえ、よく分かりますとも。こんな事書きましたが、私も勿論あのビジュアルで面白さが漂うという奇跡のような取り合わせが好きなのです。パーカー氏、本当に楽しみですね。シャンパンゴールドに輝くイナガキ君もすっかり慣れてきて、素敵ですね~

投稿: サイトー | 2007年3月21日 (水) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/14339646

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと稲垣吾郎:

« ぷっすま | トップページ | マーメイドプリンス4日目 »