« 遙かなる航跡  リシャール・コラス | トップページ | 花 »

2007年3月 9日 (金)

稲垣吾郎バトン

ANGELさんと日奈さんからバトンを強奪して参りましたので、一人で熱く語らせて頂きます。ダラダラと長くなりそうな予感がします。

お入り用な方はどうぞ→【イタみ止め】または【カユミ止め

1.いつからあなたはこの方が好きなんですか?

TVも見ない、ましてやアイドルというものの存在すら意識したことのない生活をしていたのに、何故かつけたTVに写っていた6人の輝くばかりに若くてかっこいい男の子達。
いつの間にか毎週見るようになっていき、いつも後ろの方でアンニュイにしているキレイな顔の男の子が気になる・・・と思ったらある日トランポリンではしゃぐはしゃぐ!@愛ラブSMAP!
このギャップでますます気になる存在に。そのうちスマスマが始まった。ああ、あの頃は本当にスマスマは毎週楽しみだったなぁ。ビストロのチリリリン♪~ウィー、ムッシュ!!のかけ声を聞くとゾクゾクしたものでした。あ、脱線。

で、その吾郎ちゃんが舞台をするというではありませんかっ!
それでも行くのを躊躇していた私ですが、ある日チケット○あに電話してみたらまだチケットがあったんですよ~その頃は。
舞台もね、まだまだアイドルに偏見のあった私は「やっぱりアイドル舞台?」とか思いながら見ていたわけです(ごめんなさい、本当にごめんなさい、しろうとのくせに)。
でも、舞台の中央の暗がりの中に跪いてマッチの火をつけた吾郎の顔の美しい事!!そしてラストで剣を抜いて天にかざした時の立ち姿の美しい事!!!
「まあ、チケットがあったら一回くらい見ておこうか・・・」のはずが、もう一枚チケットを求めている自分がいました。そして、ちょうど舞台を観に行った帰りの電車の中で隣の人が広げていたスポーツ紙で、森君の脱退を知りました。
そのすぐ後、森君最後のスマスマで、いつもはあまり感情を出さない感じの吾郎が、あの白くてすべすべした頬に涙を流して静かに泣いているのを見て、完璧に墜ちた事を悟ったのでした。

2.この方の魅力について話してください

ファンになった頃は指先から睫毛の先まで繊細な美しさとお人形のようにバランスの良いスタイルと真っ直ぐで細くて長い脚、陶器のようになめらかな象牙色の肌。
真っ黒な瞳、癖毛。甘い声。アンニュイな表情からいっぺんに可愛くなる笑顔。まずは外見から。
自分の好きなモノやりたい事がはっきり分かっている、肝心な芯の部分はブレない。いつも前向きで、媚びを売ったり同情をかったりするような事を決して言わない。人の悪口を言わない。
地味に努力もしている。ツキイチゴローやインタビューなどで見える頭の良さとか感性が好き。

3.この方の周りの人に一日なれます。誰になって何をする?

カメラマンになって写真集を作る!!ヲタ仕様超美麗写真集ですよっ!いくらまでなら出します(笑)?

4.この方のイメージソングは?

何となく今の吾郎の生き方とかを感じさせる歌は2001年の朝日新聞インタビューの内容にも通じるような”to be continued・・・”この前向きな歌詞がすごく今の吾郎を表している感じがしたので、ブログのタイトルにも頂きました。
で、今の吾郎自身のイメージソングとしては「平和の歌」。何だか日だまりの中で、「僕、怒ってなんかいないよ」とニコニコしている吾郎がいる感じ。

・・・ファンになった頃はクールでアンニュイでミステリアスでちょっと取っつきにくい感じに惹かれたのになぁ。

5.この方のイメージカラーは?

月並みだけど、白または無色透明かな?

6.この方ににあう季節は?

やはり晩秋または初冬。ロングコートとかマフラーとか革の手袋とか。

7.最後に一言

喋りすぎた、恥ずかしいです、やっぱり。でも消さない(笑)。ANGELさま、日奈さま、バトンありがとう、楽しかったです。

8.最後に聞いてみたい人5人

ここを読んでくださった方、どなたでも。もしよろしければコメント欄にも好き放題書いていってくださいまし。
2番の質問については、一緒に仕事を何回もされている方達にも伺ってみたいですね~

|

« 遙かなる航跡  リシャール・コラス | トップページ | 花 »

Goro」カテゴリの記事

コメント

サイトー様、こんばんは♪
ANGEL様と私の熱い期待にお応えいただきありがとうございました!予想より早いアップに驚きつつも楽しませて頂きました(^^)
私は『夜曲』を観ていないもので、あのとき観劇のための上京に踏み切れずにいた”分別あるワタシ”(苦笑)が悔やまれてなりません。ワイドショーでみずから「放火魔っぽい衣裳」と言って苦笑いしていた吾郎@ツトムの美しかったこと(溜息)是非ナマで体感したかったですー。そして。あのトランポリンは文句ナシの伝説ですよね(笑)テレ東さん、イイ仕事してくれてました!
『平和の歌』もいいですね。二十歳前後の吾郎さんからはとてもイメージできなかった楽曲ですが(失礼?(苦笑))現在のイメージにはぴったりきますね。

投稿: 日奈 | 2007年3月 9日 (金) 23時59分

サイトーさん、早々とバトン受け取ってくださってありがとうございました。(もしかと思うけど、プッシュしすぎた(^^;)?)

久々に見た! サイトーさんの語り! たまには、こうやって思いのたけをこちらのブログで書いてくださいよ。とっても楽しく読ませてもらいました。あの頃ファンになった方というのは、絶対に最初は吾郎のあの持ってる外見と雰囲気に酔ってファンになってるはず(笑) それぐらい、アイドルとしては逸脱していた美しさでした。今のかわいい吾郎も、文句なく受け入れることができる自分たちが嬉しいですよね。

私もファンになりたての頃に、あの「夜曲」を観に行きました。実は、内容を教えてくれって言われたらパンフレット読み返さないと言えないかも(^^;) もう、ぼっ~と見とれてたんですよ(笑) セットの階段に長い手足を投げ出してアンニュイに座り込むツトムにもう何が何だか・・・。あの舞台、途中で客席後ろか吾郎が走ってくる演出があったじゃないですか。幸いにもその通路側の席だったんですが、傍を走り去って行かれたあとの残り香が、すごくすごく良い匂いだったのを今でも覚えています(笑) あんなに、汗だくになる舞台なのに。(だから、はっきり内容覚えてないのよねぇw)

サイトーさんが撮ってくれる吾郎写真集? ちょっと、横やり入れさせてもらって相当無理な額でも買いますぜ(笑) 撮ってください(爆) ・・・ごめんなさい、他人様のコメントでまた語ってしまいました(汗)

投稿: ANGEL | 2007年3月10日 (土) 05時07分

サイトー様こんにちは。
ANGEL様、日奈様とたどって、吾郎語りバトン、本当に楽しみにして読ませて頂きました。【イタみ止め】または【カユミ止め】、全く必要ございません(笑)。最近丁度Wショーでやっていた「夜曲」の舞台の映像を見返したので、それを生で観に行かれたサイトー様、うらやましいです。
吾郎さんは、最初は外見や雰囲気に惹かれてファンになるパターンが多いようですが、内面を知るにつけ、益々惹かれていくなんて本当にステキで幸せな事ですね!
それでも、外見も重要です。ヲタ仕様超美麗写真集!是非是非お願いしたいです。今からしっかり貯金しますので(笑)。

投稿: ユーディ | 2007年3月10日 (土) 12時32分

エンジェルさま→日奈さま→サイトーさまのバトンは心楽しく、かつにま~~としながらチョコをほおばりながら(?)拝見いたしました。 このお三方にイナガキを語らせてトークショーをしていただきたいです。 サイトーさまの写真集はオタ専用の豪華、華麗写真集にしましょう。オークションもいいかも?どこまで値が上るか!! その実力を知っているので私も家宝にしたいです。

投稿: 司 | 2007年3月10日 (土) 12時47分

>日奈さま
バトン、ありがとうございます、結局押さえきれずに一気に書いてしまいました(笑)。
ああ、もう少し早く分別を捨てていれば、素晴らしい想い出が出来たのに(鬼)~ これが同じ生き物かと思う位美しかったです。でも日奈さまは私なんかよりもずっと前からちゃんと見ていらっしゃるもの、羨ましいです。
長くなるから書かなかったけれど(結局書いてるし)、全く誰かも知らない時に、バヤリースオレンジのCMをチラッと見て、何だか日本人のタレントとは違った感じの子だなぁと思った事をず~っと後になって思い出しました。

>ANGELさま
いえ、実は本当はANGELさんの所で読んでから、ちょっと書きたいとは思っていたのですが、恥ずかしい事になるに違いないので自分を押さえていたのですわ(笑)。ですからご心配なく♪
ANGELさんも「夜曲」見にいらしたんですねー。私は舞台に向かって(多分)左側の前の方の席で見ていたので、セットの階段に座るツトムが目の前に見えていました。あの場所にいるという事は、舞台の中央で他の人が芝居をしている時なのに、もうツトムに釘付けでした。
私がカメラマンになったら、ANGELさんのどんな横槍が入るのか想像してしまいました(笑)。素敵なのを作りましょうね~~

>ユーディさま
お薬が必要なかったようで、良かったです(笑)。
舞台というのは、映像よりも鮮明に頭の中に残ると思うので多少無理してでも行って良かったといつも思っています。
ユーディさんのおっしゃるとおり、外見から入って内面で更に好きになるってとても嬉しいことですよね。これからも期待しているのでたくさんお仕事していただきたいものです。

>司さま
いえいえ、司さんこそもっと語ってくださいませ。みんなで語ったら楽しいでしょうね。お酒飲みながら、つまみは吾郎の写真とアーモンド&マカダミアナッツチョコ。
昨日、買い物をしたレジのむかい側にコーナーが出来ていてあのボードがありました。レジを待っている間チラチラと眺めていたので待ち時間も気になりませんでした(笑)。

投稿: サイトー | 2007年3月10日 (土) 16時18分

楽しく読ませていただきました!私も「夜曲」は見ましたが、もう夢のような一時で、でも一番残ってる思い出がパンフの中の一言「前世は美輪明宏(字合ってますかね)」です。
トランポリンはおもしろかったですね。木村くんがマットバンバン叩いて爆笑してたのがさらに笑えました!
写真集撮っちゃって下さい!早い者勝ちです。

投稿: ミニラ | 2007年3月10日 (土) 21時26分

サイトー様こんにちわ。
とっっても楽しい吾郎語りを有難うございます♪♪
夜曲は初めて自分で買ったチケットで神戸へ行ったのですが、後部座席でオペラグラスを忘れた事に気づいた時のショックが未だに……(しかもWSでやってたことも知らなかったという(涙)
動くお人形のようなツトムを間近で肉眼で観られたサイトー様&皆様がすっごく羨ましいです。
それから愛ラブSMAPのトランポリンは可愛かったですね。私は水の中で息を止める時間を競い合うゲームで、ボールの中に顔を突っ込んだ時、子猫のように黒目のくりくりした可愛い吾郎ちゃん(痛)もギャップが大きくて忘れられません。
TVでは30過ぎとは思えない可愛らしさを振りまいていますが、「ヴァージニア~」の生の舞台での吾郎さんはやっぱり神秘性のある美しさだと見とれるばかりでした(痛2)。
サイトー様の撮った美麗写真集、お宝にしたいなぁ。

投稿: ファズ | 2007年3月11日 (日) 15時11分

>ミニラさま
「夜曲」はまさに夢のようなひとときでしたね。私が一番印象に残っているのは、上に書いた場面です。月晶島は最後にお人形と踊る所。前から2番目の端の方の席だったので、吾郎ちゃんの顔を正面からたっぷりと見ることができました。これも凄まじく美しかったです。ああまた脱線(笑)。吾郎がおかしな事をやったときの木村くんの反応も面白いですよね(木村くんの真似をした吾郎に大受けとかいうのもありましたっけ)

>ファズさま
ああ、そうだ神戸でもやっていたんですねぇ。そういえばこの舞台の紹介も兼ねてWINにゲスト出演していて大喜びしたのを思い出しました。初めて自分で買ったチケットで観に行ってオペラグラス忘れちゃったらショックですよね~「動くお人形」とは、まさにその通りですね。何だか普段とは違うぶかぶかの服着て可愛いお人形さんみたいなツトムくんでした。
「水の中に顔を突っ込んだ吾郎」も予期せぬ可愛さでリピートしまくりだった事を思い出しました。
「ヴァージニア~」はお芝居も吾郎くんも本当に素晴らしかったので、また近いうちに是非舞台をやって欲しいですね。

投稿: サイトー | 2007年3月11日 (日) 15時45分

読ませていただきました。サイトー様の吾郎語り。
なんとなく吾郎を好きにいたる理由とか好きなところのつぼが私と似ていてすごくうなずいてます。(^^)
自分で考えるとあやふやなところもひとが書くと「ああそうそう」と確信できるのでバトン読むの楽しいです。
サイトーさんはじめ吾郎ファンの皆さんの文章力にいつも感嘆してます。

投稿: mikiko | 2007年3月12日 (月) 15時09分

>mikikoさま
ありがとうございます。日にちが経ってくるほど、照れくさくなるものです、こういうの(笑)。あ、でもツボが似ているとおっしゃって頂けるとすごく嬉しいです。
もう一つ、大切な事を書き忘れていたのに気づきました。
「言い訳をしない」・・・これも吾郎くんの好きな所の一つです。

投稿: サイトー | 2007年3月12日 (月) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/14205589

この記事へのトラックバック一覧です: 稲垣吾郎バトン:

« 遙かなる航跡  リシャール・コラス | トップページ | 花 »