« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

SMAP会報

忘れた頃にやってくる会報。というか全く何も期待していない会報。

先日のスマスマの衣装と同じなんだけど、何故か吾郎が一番襟元の開きが大きいというちょっと珍しい写真。

相変わらずTV誌のグラビア程度の内容で悲しくなるのだけど、中にある腕組みしている写真好きです。髪の毛の感じもなかなか良いような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Goro's Bar?  8月30日

飲んだくれて帰ってきて、放送時間がずれていた事も気づかずに寝てしまい、今日になって終わりが切れていた事に気づきました。

でも、別にいいや~と思ってしまった昨日のGoro's Bar・・・っていうか、あれはGoro's Barなんでしょうか!?

お客が来なくて一部の従業員だけで海外旅行に行ってしまったんなら、せめて居残り組で歌の練習でもすればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗なるワイン達

Photo 昨日は半年受けていたある講座の修了試験があり、その後打ち上げで飲み会。実はテストがあったのに、吾郎祭り。おかげで点はそれなりに。でも北浜先生素敵だったから悔いは無し。

日頃飲めないような美味しいワインをたくさん頂きました。3

左は3時間後に、全部飲み尽くされエチケットも剥がされたワインの残骸です(笑)。

でも昨日は少し飲み過ぎ、ちょっと反省。次回からは気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

ああ、北浜先生・・・

冷たくて傲慢な先生と聞いて期待はしていたけれど、ここまで萌えさせていただけるとは・・・

このところアチラ方面ではおとなしくなっていたように見えた梅田先生も突然張り切りだして、赴任早々の北浜先生への猛アタック!お尻をムギュっと掴み、ほっぺをツンツンするなんて。それにしても、北浜先生、お肌がキレイですなぁ。

定期テストの打ち上げに乗り込んでくる北浜先生も、ビジュアル良し、黒シャツ素敵だし、生徒達を見る憎々しげな眼がもう最高。出待ちを禁じて学園の外に立つ先生の目のアップまで頂いてしまって、最高の幸せものでございます。

オマエ、脱げ!」   まさか、こんな言葉を吾郎の口から聞く日が来ようとは・・・感涙にむせび泣きそうになりました。それにしても、華奢な瑞稀と向かい合っても十分に細い腰とそれに対してがっちりした肩にも萌えさせていただきました。飛びかかった中津に「停学だ」と告げるその冷たい目が、もうたまりません。

終盤のあの生徒指導室でのやり取りと心情の変化の表情は素晴らしかったと思います。ああいう演技を見せてもらっただけで、しばらくはお腹いっぱいでいられるような気もしますが、きっとすぐにまた次は次は・・?と責め立てるのでしょうね、私(笑)。

それから、ネクタイが無かったのが嬉しかった。真面目な先生の役だったらネクタイも真面目っぽいのになってしまうと、あんまり萌えられないですもん。校庭などで立っている姿がスタイル良くて、これまたうっとり。

あれだけ冷徹だったのに、随分あっさりと改心してしまったけれど(一話だけだから仕方ないけれど)、ああいうノリのドラマの中で最後まで一人シリアスを貫いた演出も潔くて良かった。

でも、最後に、梅田先生が再びお尻をムギュってした時の北浜先生のあの微笑みは何だったんだろう(笑)・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ほんとにあった怖い話

6年半ぶりの皆既月食の夜に怖~い話を見るのも、また何かの偶然でなかなか興味深いかも・・・などと思っていたのに。ものすごい稲光と雷の落ちる音、そして豪雨。

でも毎年夏の終わりに「ほん怖」が見れるというのも、1年に1回のお楽しみですね。それだけ、凝縮された怖い2時間が過ごせるのかも。

「前世療法」の前にハリセンボンさんズと3人並んで座って「ボク、寝顔とかテレビに映されるのあんまり好きじゃない」とか言っている感じが、なんだかまったりしていていいなぁ。

吾郎さんの前世は飛行機の整備をして、操縦もしていたのか・・・容易に想像できる姿だけど、ちょっとその当時の格好をした吾郎さんを見たくなってしまいました。あ、勿論、中世の騎士もすっごく見たいです!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日のイケメン

フジテレビミニット~

「今日のイケメンは、この人!」という桜咲学園のイケメン男子達からの紹介と北浜先生のアップで始まったミニ番宣番組。

本日の「ほん怖」の内容の紹介と共に、「前世療法を僕自身も体験してみました」と小窓の中で言う吾郎さん。

僕の前世は中世の騎士でした」・・・・・・

カ~ン  「嘘でした」  というヲチ付き。

なかなか吾郎ファンの喜びどころを分かっていらっしゃる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

ピンクのパジャマの・・・

ピンク(白地に赤のチェック柄?)のパジャマに歯ブラシを持って呆然と立つイナガキ。

その視線の先には「だって最近パソコンばかりで僕の事構ってくれない。もう出て行きますっ!」って拗ねているテレビくんが(笑)。何やらドラマっぽくて面白いのだけれど、男同士!?(爆)すみません、腐った頭で。

ピンクのパジャマでほんわかした吾郎は可愛くて、グレーのセーター着て書斎みたいな所でパソコンの前にいる吾郎はすっごくかっこよくて。

今日捕獲できたのは15秒、30秒もあるのかな、楽しみ。

***すみません!何のCMかちゃんと書くのを忘れてしまいました。NTT東日本のCMで、公式にも先ほどupされました。ああ、いつもいつも慌て者の私でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ

突然の「りの君」出演で、どうしてもまた見たくなってしまった。市販のDVDだと前編を見ると後編を見るのが辛くなってしまって、いつも前編止まり。「しいたけ、しいたけ」で終わる訳ですが、今回はTV版の方を見ました。

吾郎ファンをしていて、吾郎のお仕事でもっとも悔やまれる事の一つが「飛鳥へ~」がTVドラマだったこと。映画だったらもっとたくさんの人に見て貰えたのではないかと。これはキャスト・スタッフみんなの力が奇跡的に大きく合わさって出来たいつまでも心に残る素晴らしい作品だと思う。勿論、原作が素晴らしいからでもあるのだけれど。それぞれの配役が他の人が考えられない程に合っていて、原作を壊さず映像も美しく、主演俳優も美しく(笑)・・・

このドラマを見ると、ドラマ直前に放送された「忘文」も見たくなる。原作の一部を朗読しているのだけれど、ドラマの時のナレーションとはまた違って、これも秀逸だと思います。吾郎の朗読は、淡々としているからこそ情景が目に見えてくるし、読んでいる速度がとても心地よいのです。

「飛鳥へ~」のフルコース、「いいとも秋祭り」のアーチェリーを前菜又はデザートにする事もあります。生放送の時はちゃんと見ていられなかったけれど、今だったら余裕で楽しむ事ができますもの。本当のスターですよ!!

また、近いうちにこういう良い作品に巡り会いますように~

あ、髪の毛短い吾郎もいいなぁと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

SMAPブログ

今週は吾郎がブログのお当番。

異常に暑い今年の夏。夏バテしないために、「運動して汗をかいてちゃんと食べる」事をしているそう。それで、今年は【ビリーズブートキャンプ】に嵌っていてTVの横の大きな鏡の前でビリーと闘っているとのこと。

何て健康的な生活!!   13年前の「キスしたSMAP」では加納典明さんに『病気!』『おい、そこの病気!』とか呼ばれていたのに~確かに、とんでもなく細くて色白な吾郎だった。いや、私からしたら今でも十分細いと思うけど。

ものすごくパブリックイメージをぶち壊しているけれど、そんな吾郎も好き。

吾郎の文章は本当にいい。週イチゴローでいいからブログとか書いてくれたら最高なのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

世界競泳お疲れさま~

4日間だったけれど、たくさんのメダルと笑顔でこちらまで嬉しくなりました。

競技終了後などで、カメラに気づいていないようなふとした瞬間のマメプリが映ったりするとすごく得した気分。

日本選手の大活躍を久しぶりに熱くなって見てしまいました。次の北京に向けて選手達はまた新たな闘いが始まるのですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

予告萌え♪再び

わたしに従っていればいいんだっ!!

と、冷たく言い放った先生。

言われてみたひ・・・従いますとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

インタビュー

「ほん怖」「花ざかりの君たちへ~」の公式HPに吾郎インタビュー!

こうやってまたしみじみインタビューを読むと嬉しさが実感となってきて・・・

「ほん怖」は無防備な寝顔は勿論「イギリス・・・」と呟いたその後もすごく気になるし、ドラマも面白そう。そして「りの君」の北浜先生の冷たさにも何か事情がありそうで、いろいろ楽しみ。

毎日のように会える訳だが、何か録画予約し忘れているのではないかと時々不安になってしまう。もう一度、チェックしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

ロマンス 8月22日マチネ

世田谷パブリックシアターにて。

6人の芸達者な俳優さん達が一人で何役も演じる。後は部屋の中央に置かれたり引っ込んだりの椅子やテーブルなど。色味はあまり無いシンプルな舞台と音楽はピアノとピアノに合わせて出演者の方々が歌う歌。

途中で15分の休憩があったので、正味2時間45分でしょうか。笑いがたっぷりのおもしろ楽しい、たまにホロッとしたりして、出演者それぞれの方の素晴らしい芝居を見せて貰って充実した時間を過ごせました。皆さんとってもキュート。大竹さんは相変わらずさすがだし、松たか子さんの立ち姿がとってもすてきでした。男性陣4人がそれぞれ交代で演じる青年期から壮年期までのチェーホフと、入れ替わり立ち替わりのいろいろな脇役の演じ分けも演劇だからこそのモノで、とても面白かった。

笑いがいっぱいだからこそ、物語に流れる「愛の深さ」とかに心打たれるのでしょうか。押しつけがましい所は一つもないけれど、見終わった後心温かくなれたお芝居だったと思います。

私的には、もっとチェーホフの事を勉強していけば、いろいろ奥深い意味も分かってもっと面白さが増したのではと少し反省。

可愛い花柄のパンフレット(¥1,000)は、結構読み応えがありました。稽古場レポートが、本当にレポートっぽくて楽しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

予告萌え♪

「ほん怖再放送」「火スペ」と「花ざかりの君たちへ~」をチェック!

無防備な寝顔で「イギリス・・・」などと呟く吾郎さんを見て萌え、池の端でハリセンボンと一緒に「可愛っぽく」番宣をする吾郎さんに笑い。

「りの君(・・と言うらしい)」の予告では、つめった~い眼鏡姿のセンセーが・・・  何だか心を閉ざした意地悪っぽい感じに萌えました。校庭で生徒達と立っている姿が細くてかっこいいのにもうっとり。

でもやっぱり極めつけは窓から校庭を眺めている吾郎。「私はこういった茶番を・・・」と言っている冷たい声にもドキドキ。そして、窓の周りの煉瓦の壁が、本当に良く似合う!!

これから1週間、暇さえあればこの予告を見てしまいそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界競泳2007の始まり~

いよいよ始まりました、マーメイドプリンスのお仕事♪

プールの水しぶきはやっぱり夏に見るものですね(笑)。ゴールドスーツは暑そうだけど。

大会前のニュース番組では特設席で堂アナと解説の田中さんに挟まれてのまったりとしたプリンスでしたが、大会が始まって修造さんが加わって熱くなる吾郎も可愛いです。

初日から日本選手の活躍が!北島選手、柴田選手、おめでとうございます!

そうそう、肺活量を測定する吾郎なんていうのも見れたのも嬉しかった、テレ朝さまありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

忘文 8月19日

社会人になって初めて 厳しかった父親の思いを理解する事が出来た息子から、父親に対する尊敬と感謝の念を綴った手紙。厳しい父親の育て方と同時に、その厳しい言葉を裏切らない父親の生き方を見てきたからこその息子さんの思いだと思った。

そんな息子さんの気持ちをしっかりと伝える郵便屋さんの声が、何だか今日は特に男らしかったです。いや、声はいつも男らしくてすてきなんだけど(笑)。

【今週のうっとり】番組の初め、岩場を歩いてきて椅子に座ってふと目を閉じた時の少し上向きの横顔。椅子に座った時の長い脚・・・これはいつもなんだけど、忘文の萌えどころの一つは椅子に座った吾郎の脚とか細い足首とか、などという私は多分腐った頭の持ち主なんでしょうね。もう一つ、腐れついでに、手紙を読み終えて立ち上がった郵便屋さんのお尻の位置と形♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストスマ&おはスマ

珍しく少しゆったりしたスケジュールのせいなのか、盛りだくさんで聞き応えのある内容の毎日でした。

ほん怖ナヌーの話に、珍しくおはスマでの「舞台の話」。舞台は年に一回はやっていきたいという言葉がとても嬉しい。来年は何をやるんだろう。金曜ストスマでの舞台のカーテンコールの時の話もとても良かった。そういえば、客席を見渡してくれている時はすごく大人の役者さんの顔なのに、次の瞬間とっても恥ずかしそうに微笑んだりするところが、とっても吾郎

コントの話題から「女装」についての話も面白かった。そういえば昔、とんでもなく可愛い女子高生の吾郎とか、あったなぁ。

吾郎の生活の一部がちょっと伺えるような「鍼」の話、お刺身の話、親孝行の話、ファッションブランドの話、もつ鍋屋さんに関する結構気遣いの吾郎とか。伊勢丹についてのトークなど。美味しいものの話、ファッションや美容の話などで饒舌になってしまう吾郎、柱の陰から覗いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

Happy Birthday! 

中居くん、お誕生日おめでとう♪

テレビを見ている人なんて、謳い文句をそのまま受け取ってしまう人が多いから、すごく損をしていると思う我がリーダー。実は綺麗で整った顔をして照れ屋さんですごく頭が切れて大人。時々、中居くんの頭の中がどんな風に回転しているのか覗いてみたくなります。高速回転しているんだろうな。

若い頃のSMAPの映像を見せて頂く機会があって、それを見て中居くんの頑張りに感動しました。今までアイドルがやっていなかった道をどんどん切り開いてきたSMAP、その先頭には中居くんがいたんでしょうね。KISSしたSMAPが始まった頃、関西にもジャニーズというものを知って貰いたいというような抱負を語っていましたっけ。

サンデージャングルでコメンテーターもつとめていましたね。ああいう感じの中居くんをまたちょっと見てみたくなりました。

吾郎との不思議な関係もすごく好き。28日にはまた笑っていいともにお邪魔するのでしょうか。また、「紹介したくない」とか「イヤだ」とかニヤニヤしながら言う中居くんが見れるのかなぁ。とっても楽しみ。でもさっきも言ったように、TVを見ている人なんて裏なんて考えないんだから、たまにはたくさんの人が見ている前で吾郎の事、褒めてくださいよ(笑)~あ、でもたまに思わずうっかり(?)中居くんの優しい本音が出てしまったりする事があって、そういうのを見るとすごく嬉しくなるのです。

35歳も素敵な1年でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

今週のTV誌より

ほん怖の撮影ではりせんぼんさんが見たという貴重な

吾郎さんの無防備な寝顔    (TV L○feより)

私たちも拝む事ができるのでせうか・・・

吾郎の無防備な寝顔といえば、スマスマのビストロinLAで、船酔いして寝てしまい恐れ多くも全部木村くんに働かせてしまった時でしょうか。それとも特別編のソムリエ修行でワインを飲み過ぎて、訪問した先のお宅のソファで眠ってしまった時でしょうか。

スマスマって昔は面白かったのねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

忘文 8月12日

今週から南房総の海からの忘文。海辺の強い日差しが眩しそう。

海辺の郵便屋さんの服装は、白に細いストライプの長袖シャツ(襟は白)に黒っぽいベスト。髪の毛がまた伸びて海風で先の方がくりんくりんになって何だか可愛いです。

ちょっと『アメリカ時代の耕さん』を思い出しました。あの髪の毛の長さだと、そろそろ金田一も来るかなぁなんて期待してしまいました。

今週の忘文は学生時代の親友に送った手紙。波の音が意外に大きいからか、郵便屋さんの声もすごくはっきり大きく読んでいるように思えました。

【今週のうっとり】は、まぶしそうな目と、先がくるんくるんになった柔らかそうな髪の毛と、とっても長くて真っ直ぐな脚でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

今週の・・・ラジオなど

吾郎の言葉の使い方が好き。バナナも喜んでいる とか もつに失礼 とか。

今週のストスマは「伊勢丹について熱く語る吾郎」だったり、「剛くんと一緒に行ったもつ鍋の話」とか、結構いつもよりはたくさん喋ってくれて満足。やっぱりお仕事絡みの話はいろいろ制約が出るから、お仕事以外の話の方がいいのかな。

例のTV誌のスマスマのコーナーにて。TV放送ではカットされていた面白いエピソードが載っている事が多いので毎週楽しみにしているのですが。今週は何と先日のビストロにて、ゲストさんが挙げた「スマスマで好きなコント」の話が出ていました。何故か放送では「好きなコント」の中に吾郎のコントが入っていなくて、番組を観ていた人には「ゲストの人は吾郎のコントで面白いモノは無かった」と思った人も多いのではないかな。

ところが!ちゃんとあったのです。あれ~~~またいぢわるな編集をされてしまいました。丸ごと入れないのならまだしも個人的に抜かすっていうのが、悪意丸出しですよね。・・・こんな事で怒るのって何だか大人げなくてイヤで、もっと悠然と構えていたいのだけど、こういう風にイメージを作られてしまうのって、やっぱり腹が立ちます。

それとも、「島○作」って今何か禁句にでもなっているのでしょうか?

来週の歌のコーナーの写真、両脚を前に投げ出して座って、すごく楽しそうに笑っている吾郎が良かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

SMAPXSMAP 8月6日

いそう大賞」彼女のお父さんのおかしな顔に笑いを堪えつつ、結婚の挨拶をするという設定を演じる吾郎、スーツ姿が本当に素敵。今年の春は髪型にさんざん文句を言っていたけれど、今の長さは結構好きです。

彼女のお父さんに結婚のお願い・・・って、吾郎は結構たくさん演じていません?

「二十歳の約束」「最後の家族旅行」「ヨイショの男」「ブスの瞳に恋してる」・・・もっとあったかと思ったけれど、それほどでもないか(笑)。彼女のお父さんと張り合うNTTCMも好きでした。軟弱なSMAPの稲垣吾郎が良くお似合いで(笑)。吾郎に関してSな私は、「お嬢さんを・・・」とお願いに行って、彼女のお父さんにいぢめられる吾郎を見るのが結構好物です。「ヨイショ」とか「ブス恋」などは、本当に名シーンだったと思います。

ビストロ、連勝おめでとう。

今週の歌のコーナーはきっともう見ることはないでしょう。せっかく歌は良かったのに、見る度に嫌な気分になるのは間違いないと思うので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようSMAP

広島平和記念日の8月6日に始まったおはスマ吾郎の当番。

偶然にも先週の黒川紀章さんゲストのビストロで広島市現代美術館の木版画が出てきた時にも話題に上がった「広島に原爆を落とす日」。ラジオでも、この話題に触れつつさりげなく平和を訴えたのが良かったです。

「ひろげん」は初演・再演共に見ましたし、作品の持つ大きな力に圧倒もされました。アイドルがつかこうへいさんの作品を演じるという事でもかなり話題になったりで、今では考えられないほどニュース番組で報じられたりしていました。

再演は、原爆が落とされた現地広島でも公演が行われ、いろいろ不安もあったようですが、幅広い層の観客が集まった中で演じられたその作品は、人々の心に届いたようでした。

「広島に原爆を落とさざるを得なくなってしまった男の話」というショッキングな題材の作品をアイドルが演じるという事と共に、最後の10分くらいの一人での長台詞と何万語という膨大な台詞の量も大きな話題の一つになりました。

私個人の好みからすると、もう少し違った傾向の作品の方が好きですが、やはり今の吾郎でこの作品を見たいと、毎年この季節になると思ったりします。きっと山崎少佐の複雑な思いをもっと深く観客の心に届けてくれるに違いないと思います。

ま、あの白い軍服姿をもう一度見たいという気持ちが無いとは言いませんが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

北極のナヌー公式HPが更新!

更に充実しています。

まずHPを開けると出てくるナヌーの可愛い写真、これは前売り鑑賞券と同じですね。北極の動物達が可愛くて、ナレーションの所はちゃんと写真入りです。

公開がますます楽しみになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

anan 映画レヴュー

プロヴァンスの贈り物

先日映画館で予告編を見て、絶対に嫌いな映画ではないなと思った(笑)。美しい景色・美味しい料理とワイン・後味悪く無さそうな恋愛・・・公式HPを探したらフランス政府観光局にたどり着いた。

これは昨日までの話。今日発売のananで吾郎くんがレヴューを書いているとの事で本屋さんに。

ロンドンの金融界で活躍する働き盛りの男性が、南仏のシャトーを相続する事になってプロヴァンスを訪れて繰り広げられる物語。そんな展開から、先日の27時間TVのロケで立山に行った時の経験が書かれていました。TVでは放送されなかったけれど、現地には都会を離れて合宿のような生活をする若者達が生活していたとのこと。そして慎吾くんと一緒に彼らといろいろ話をしたらしい。フ○TVの人のおめでたの話題なんかよりもずっと興味深いけれど、敢えて都会から離れてテレビも携帯も無い生活をしている彼らにとってTVに出てしまったら嘘になってしまうのかな。

ところで、吾郎さま。私もプロヴァンスよりももう少し北、たとえばブルゴーニュなどのワインが好きです。でも暑い夏にはオリーブオイルや香辛料の効いた料理とプロヴァンス地方のワインが合うかもしれない。ちょっと試してみたくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今、どんどん貯まっているもの

貯金だといいんだけど、DVD&HDレコーダーのHDの中にどんどん貯まっていく番組たち。実は今WOWOWの海外ドラマが好きです。

コールドケース  殺人事件には時効のないアメリカ、過去の未解決事件、通称「コールドケース」を捜査する5人のメンバーの話。扱う過去の事件当時のヒット曲もすごくいい。一つの事件の捜査過程でたくさんの傷ついた人たちのその後の姿とか、考えさせられることもたくさんあって、でも湿っぽくなりすぎない所が好きなのかな。

CSI:科学捜査班  犯行現場に残ったほんの僅かなものの中からでも確実な証拠を探し求めるCSIチームの活躍。これを見ていると科学の進歩は凄いと思い、悪い事は絶対にできないよ~と思う反面、金田一先生みたいな人が首をひねって走り回りながら事件を解決していくおもしろさは今の時代には考えられないのだなぁと思ってしまう。

クリミナル・マインド FBI行動分析課  これは昨日から始まったのでまだ見ていないので、これから見るのが楽しみ。こちらも5人のメンバーが話を繰り広げていくらしい。

グレイズ・アナトミー  シアトルの病院で5人のインターン達が繰り広げる仕事への情熱と恋の物語。日本で作ったドラマだったら五月蠅いPTA達から結構クレーム来るんじゃないかと思うような場面や設定も結構あるけれど、アメリカだと思うから気にならずに見られるのかな。感情に溺れすぎずにクールにでも温かい心を持って医学に従事する人たちの姿は美しいと思う。

プロジェクト・ランウェイ2  賞金10万ドルと新ブランドの立ち上げ権利を賭けて、全米からオーディションで選ばれた16人のファッションデザイナーの卵たち。彼らが毎回テーマに沿ったデザインで服を作って競い勝ち抜いていく。勝負の世界は厳しい。人間が優しくても新しいアイデアとか才能が無ければだめ。毎回見ていくと応援したくなる人がでてくるから結構ドキドキしながら見ることができます。

ローマ  7月から始まった総制作費200億円という歴史大河ドラマ。塩野七生さんの本が好きでローマ辺りの本は結構読んだけれど、映像化してくれると分かり易くてこれはこれで楽しめます。

この他に、見逃してしまった映画とかたまに舞台中継とか入れていくとかなりな量になってしまう。普段目的無しにTVをつけることは無いので、時間がある時にちょっと見るには45分程度のドラマは結構よいのです。

面白いのは、コールドケース、クリミナル・マインド、グレイズ・アナトミー・・・みんな5人のメンバーが活躍している。CSIは6人だけど。やはり5人というのは一番キャラ分けしやすくまとまりやすいのかな。それにしても、これを見ると私の好みの傾向がすごく分かってしまうかも。別に血を見るのが好きな訳ではありません。派手なアクションやカーレースは嫌いです。確かに文学的な素養は全くありません(笑)。ここでは分からないと思うけれど「見て美しいもの」が好きなのは終始一貫しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »