« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

【記憶の記録】僕は旅をする

吾郎と雨、吾郎と曇り空、吾郎と灰色の海、そして吾郎とブルーの画面・・・とてもよく似合う。

PVと言われても反論できない位に美しい吾郎がたっぷりと堪能できるけれど、抑えたモノローグに導かれて進んでゆくストーリーの中で、「地味で控えめだけど情感が伝わる素晴らしい演技(月イチゴローさんの言葉より引用(笑)」をしていたと思います。

姉の死を受け入れられなかった克也が、姉の痕跡をたどってゆく旅の中で少しずつ気づいていくあたりの表現がすごく好きです。心の動きを、わずかな視線の動きとか瞳の揺れなどで表すところがもうたまらなくて、何回も見てしまいます。

ラストの自宅の姉の部屋でのシーン。階段を上ってくる足音を感じた時の、立っているだけなのに痛いほど克也の気持ちが伝わってくる、すごいなと思いました。そして最後の美しい斜め横顔のアップで終わるまで息もつけないほどの静かな世界が素晴らしかったです。

DVD持っているのに、録画したものを何回も見てしまいました。

吾郎ならではの、このような不思議な世界を描いた作品もいいなぁ、次の映画♪

それにしても、5作品ともそれぞれの個性とよく合っていて素晴らしかったと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

愛の劇場

オーナー・ゴローと友近ママの愛の劇場heart01がとても好きです。突然見つめ合う二人、おキレイな二人・まじめな顔なのに何故か面白い。ハッ、やっぱりごろーさんには天性のコメディアンの資質が・・・? いけない、いけない。次は理不尽でも何でもいいから、ぐっとシリアスな作品を見たいです。

今週のスマスマに引き続き、30代中心トーク。30代になって「カドが取れてまるくなった」でも「たまに20代のとんがった頃もいいなぁと思い出したりしない?」というような所にちょっと安心しました。たまに思い出してとんがったりしてくださいませ。

そして、懐かしのテレビドラマ&主題歌を当てるイントロクイズ。テレビドラマの話になると「みんな(Goro's Barのレギュラー出演者)が佐々木夫妻の話をしてくれない」と相変わらず拗ねるオーナーが可愛いです。何だかほわんとしているオーナーですが、まだまだ「佐々木夫妻~」の撮影中だったんですね。どれだけ、Goro's Barの現場がリラックスできて楽しいか、という事なんでしょうか。

来週は未公開映像、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

佐々木夫妻、おめでとう

TV naviのドラマ大賞 1月~3月期、見事佐々木夫妻が主演男優賞、助演女優賞を獲得しました!作品賞は「薔薇のない花屋」が1位でした、慎吾くん、おめでとう。

脚本がどうであれ、あれだけ素晴らしい演技を見せてくれたお二人なので、とても嬉しいです。二人というか出演者の方々みんなが素晴らしかったですもの、作品自体も作品賞2位でした。

写真は作品賞1位のみですが、嬉しくて思わず購入。表紙も裏表紙も木村くんだったし。

また、小雪さんとの共演、見たいなぁ。今度はしっとりとした作品。明治・大正・昭和初期など似合いそう。と、また私の妄想は果てしなく広がるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

北極のナヌー プレミアム・エディション

やっぱりナヌーはかわいいheart04

本編は何回も映画館で見たので、まずは特典映像から。まず、感激したのは「アフレコ収録」。真剣なまなざしが、横顔のアップが、やさしい声が・・・

インタビュー映像見て、こんなにいろいろ話していたのか、と思いました。監督夫妻の話もとても良かった。やっぱりこの映画の使命を考えても「買って良かった台所便利グッズ」特集なんてやらずに、「北極のナヌー」を紹介しながら地球環境についての特集でもやったら良かったのに~ス●ステ。

次は本編を見るのがとても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

SMAPXSMAP 名曲歌謡祭

なかなか楽しい2時間でした。お祭りは楽しんだもの勝ちって事で。

元々「歌は楽しく」が好きな私なので、大好きな歌手が他の歌手と一緒に楽しく歌ったりするのを見るのも好きなもんで。だって、好きな人の歌だけだったらCDとかDVDで堪能すれば良いんだし。もちろんお金を払ってのコンサートなどで変なコラボレーションされたら怒るけど。

久しぶりに集まった方達も海外から帰っていらした方も、そしてスマップも楽しそうだったから、私はそれで嬉しかったかな。ただ一つのコーナーを除いて!

切なさ担当の吾郎の歌がとても良かったです。白い薔薇を一面まき散らした部屋にいる吾郎を勝手に思い浮かべてしまいました(笑)。

Missingもすごく良かった。  切ない恋にもえる吾郎が見たくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

忘文

「忘文」放送第1回目からずっと6回分を1枚のDVDに入れて、今日で37枚目のDVDができあがりました(途中、総集編などは省いています)。好きな画像や絵本のタイトルなども入れたジャケットも作ってあるので、全然変わらないと言われている吾郎でも、その時々のドラマの役柄などで髪の毛の長さが違ったりして「ああ、この時はあのドラマの撮影だったな」などと思い出したりします。

この「忘文 37」で印象的だったのは、3月16日の「一千一秒物語」の朗読。稲垣足穂の不思議な世界が吾郎にとても合っていると思いました。美しい絵と合わさってとても印象深い回でした。この日は手紙が無くて絵本が2冊だったのですが、もう1冊の「あけるな」も良かったです。安野光雅さんの絵も大好きだし。

それからもう一つ、3月30日放送。戦争で亡くなった方達への鎮魂のかたちとして「東京大空襲」という落語を作り語り続けている父親への息子からの手紙。大人になってわかる父への思いと父の意志を継いでいこうとする気持ちが伝わってきました。

先週までは広い野原の真ん中に郵便屋さんの机がぽつりと置いてあり、花粉が飛び交っているような強い風の中、郵便屋さんもさぞかし大変だったろうと思いました。

今週からは洒落た建物のテラスから。後ろの壁にはツタが絡まっていたり、なかなかザ・イナガキな感じの背景です。

今日から「忘文」もハイビジョンでの放送となりました。横長になった画面に、ちょっと真ん中寄りの時刻表示と天気予報が間の抜けた感じがしますが(笑)なかなかくっきりした映像が美しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【記憶の記録】催眠

毎年夏になると見たくなる「催眠」。蝉の鳴き声を聞くと「催眠」が見たくなります。もしかしたら暗示にかけられているのでしょうか(笑)。

「あなたは蝉の鳴き声を聞くと『催眠』を見たくなる・・・」なんて、嵯峨先生のエンジェルボイスで耳元にささやかれてみたいものです。

蝉の声を聞いていないのに、先日「とくばん」を見たらどうしでも見たくなりました。

私は髭吾郎が大好きなので、とにかく1話と最終話はたまりませぬ。吾郎の場合、髭があるとあの黒い瞳がますます引き立つような気がします。品のあるセクシーさheart

まあ、精神科医としては恋に目がくらんでしまって誤った判断をしてしまった嵯峨先生でしたが、若気の至りという事できっと今は立派な精神科の先生になっている事でしょう。たつやくんも大きくなって精神科医をめざして勉強しているかもしれませんね。

このドラマの好きなところは、映像の美しさもあります。青みがかった映像、真夏の真っ青な空に白い雲、かげろうがのぼりたつのが見えてきそうな真夏の空気感が画面から伝わってきます。蝉の鳴き声や神社の木々を通り抜ける風、真夏の夜の嵐とか。

カメラワークにもすごく愛情が感じられます。猫パンチで刈辺先生をボコボコにしてしまって叱れてた後、真夏の空をバックに嵯峨先生の横顔をなめ回すように(笑)ゆっくりと映してゆくカメラ。悩める嵯峨先生が医局の回転いすで天井を眺めながらぐるぐるしている所を上からアップでとらえた映像。ラストの美術館での映像は圧巻でした。音楽も好き。

お髭があっても無くても、とにかく本当に美しい嵯峨先生を十分に堪能しました。

ごちそうさま~heart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

SMAPXSMAP

悔しいけれど(笑)久しぶりに楽しかったSMAPXSMAP

中居くんとのキリヌケトオル状態の関係が大好きなので、ビストロの「真央ちゃんぐるぐるチャレンジ」も卓球対決でも、思う存分楽しませてもらいました。卓球は「夏の風トリオ」だからこその楽しさ爆発で、あのライブビデオを突然見たくなったほど楽しかったです。みんなの心の底から楽しそうな嬉しそうな笑顔は見ているこちらも気がついたら何だかニコニコしていました。

どんな結果になろうとも、ためらうことなくチャレンジするイナガキは本当に男前だと思う。顔をちゃんと残してぐるぐるする吾郎はすてきでしたよ~何回見ても大笑いしたけれど。落ち込んだ時にはこれを見ようheart04

ビストロもSMAPXSMAPならではのお客様で、楽しむことができました。なんだか新しいことにチャレンジしたくなるお話、とても良かったです。

歌のゲストは宇多田ヒカルさん。彼女の歌い方や声、曲のセンスが好きです。トークでは突然月イチゴローのゴローさんが出てきて、「シンプルで簡単な日本語をあんな情感込めて歌えるのは宇多田ヒカルしかいないっsign03」なんて熱く語っていました。そんな吾郎も大好きheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

ハプニング大賞

「佐々木夫妻の仁義なき戦い」の第7話、barぬかるみでお酒を飲んでいる律子が、延々と「夫婦での話し合いが大切だ」としゃべり続ける法倫に、コップのお酒をかけるシーン。

中に入っていたレモンが顔に張り付いてしまったのは偶然の出来事だというのは以前にも話題になっていましたが、その後のお芝居の様子が『ミラクルハプニング』として放送されました。

驚くこともなく、律子にお酒をかけられて怒ったまんまの表情で、レモンを取って床に投げつける吾郎。うわぁ、やっぱりベテランだなぁとうっとりしました。

ごめんねheart01という小雪さんが、また可愛くて、和やかな撮影現場を見ることが出来て嬉しかったです。あのまま可愛い夫婦げんかで楽しく見られたら良かったのに~とか今更言っても遅いですね。

今度こそ、良い作品に出会いますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

ミニごろー

NTT東日本、,ようやく吾郎のCMが!

さすが吾郎らしくOLのバッグの中から外を見ているのが、もう可愛くて。しかも、駅に近づいたらしっかりと定期を掲げて「どーぞ!」って。この声がまた良いのです。

あんな可愛いミニチュアごろー、捕まえて一日中眺めていたいものですheart02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

Goro's BarSP

オーナーがいちいち可愛かったという事が一番印象に残ったGoro's BarSP。

女優さんゲストのためにお色直ししたダークグレーのスーツもすごく素敵なんだけど、白いスーツがもう可愛いすぎてheart04

お花見セットで床に座っている時も、体育座りの脚を交差してみたり時には投げ出してみたり。椅子に座っている時にネクタイの先をいじっているのも可愛くてたまらん。

昔、スマスマがまだ面白かった頃、高島礼子さんとのGショックというコーナー(大好きだった!!)で、高島さんにいぢめられて(笑)ネクタイで汗をふく吾郎を見てから、ネクタイをついいじってしまう吾郎が大好物に。

Goro's Barは、楽しそうにしているオーナーを見ているだけで、こちらが幸せになる番組。衣装がいつもいいというのも重要なポイント。

で、お花見の次は社員旅行とかいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »