« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

Hot Pepper

Hot Pepper11月号、これはいいですsign03

そんな真っ黒いキラキラした瞳で見つめないで~いや、ずっと見つめていて!!と思ってしまうに違いないグラビア。ツアーパンフレットの写真と連続のものなのかな。ちょっとだけ正面で少し口元が微笑んでいる。それだけでも随分印象が違うものなんですね。

インタビューは、飲み会や好きな店、好きなお酒、好きなおつまみなどについて、たくさん語ってくれています。ブルーチーズに蜂蜜まではついて行けたけど、いちごにトリュフのスライスって・・・想像すら付いていけないところが少し悲しい(笑)けど、これぞ吾郎!という感じで期待を裏切らずに嬉しい~heart04かな。

Hot Pepperさんには心から感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あの後ろ姿は・・・

昨晩、珍しくTVを見ていたら、見覚えのある後ろ姿が・・・
見ていたのはNHK総合 「その時、歴史が動いた 源氏物語誕生~名作に秘められた奇跡~」という番組でした。

紫式部の生涯を源氏物語や政治に絡めてごく簡単に描いた番組。紫式部とかその周りの人物はキャスティングされて時々映像も挟まっていたのですが、「貴族との恋」とか「夜、妻の元に通う夫」などという(笑)抽象的な描写の時、あの晴明さまのお姿が・・・
始めは(あのテーマソングが聞こえてきそうな)空に向かって立つ後ろ姿だったのですが、次は全体にぼやかしてあるので顔ははっきり映っていませんが、私たちが見たら一目瞭然の映像。
ホリ・ヒロシさんの人形も出てきて懐かしかったです~
ああ、月晶島奇譚・・・
何だかお耽美的妄想が爆発impact
源氏物語に絡めて、お姿拝見できたのはちょっと嬉しい体験でした。

源氏物語、見たいわ~

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

SMAPXSMAP 10月27日

結構好きなコーナー、声優SAY ME! では、再び吾郎の声優っぷりを聴く事が出来て大満足。しつこいですが(笑)普段バラエティ番組を見ないので、谷原さんがこんなに面白い方とは知りませんでした。キン肉マンすっごく上手でびっくり。
谷原さんと吾郎のツーショット、二人ともシルエットで見たらちょっと面白いだろうな~と思いました。

トニー・レオンさんと金城武さんのビストロ。海外からの映画俳優のビストロゲストってスマスマならではと思うので、個人的には大歓迎です。
もっとお話を聞きたかったな。ビストロでおもてなしをする側として、ゲストの方の話題をちゃんと振る稲垣シェフは素敵だと思った。おかげで「トニー・レオンはロケ先の自分の部屋にトロを隠している!!」という面白い話も出てきました。

何だか歌のコーナーが妙に長かった。大人の事情?あれだけの長さのトークの時間が取れるんだったら、SMAPだけでライブの話でもやって欲しいものです。

先週発売のテレビ誌の話になってしまうんですけど、スマ新の「Jazzのお宝ショット」の右上の小さい方の写真。椅子を飛び越える吾郎が綺麗に開脚しています。
まさにSAMさんに褒められた「ラインの綺麗さ」というところでしょうか。遅れているけれど(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

北極のナヌー

いよいよ、WOWOWで北極のナヌーが放映されます。
11月16日(日)18:30~
   26日(粋)16:00~

勿論、DVDは購入済みですが、やはり番組一覧に出ていると嬉しいものです。
日曜の夕方とか、是非お子様に!ていう感じですよね(喜)

公開時はなかなか地味な宣伝でしたので、こうやってTVで放映することによってより多くの方に見て貰えたら、と思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

金田一耕助 テレビ誌に登場!

ああ、耕さんだ~~

自転車に乗っている耕さん、腰に手を当てて遠い目の耕さん、そして温泉spaにつかっている耕さんsign03
橘署長の自転車の荷台に乗った耕さんはニッコニコの笑顔だし。

2ヶ月半くらい(?)で、星監督&吾郎の金田一シリーズ「悪魔の手毬唄」が見られると思うと、本当に嬉しくてたまらない。ライフワーク宣言も嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラエティ番組ふたつ

10月番組改編期の休み後、久しぶりで期待もしたくなるGoro's BarとSMAPXSMAP。
まあ、内容を知ってしまえば私の好みでは無いことが分かったので、期待はしていませんでしたが。
その予防線をも大きく上回った期待はずれ具合がちょっと寂しかったです(笑)。

Goro's Barは「僕の大好きな京子ちゃん」がせっかくゲストだったのに、整形シリーズ。全身整形のネタにされた春菜に言ったオーナーの一言に救われました。
「お金の問題じゃなくてやりたくないでしょ。もしこれが(2千万円じゃなくて)2万円で(全身整形)やってくれるって言ったって」

SMAPXSMAPは、さんまさんが思いっきり頑張ってもり立てて下さったんでしょうね。でも4人しか出ていなかった27時間TVの話をフリップまで用意してあった事については・・・まあ、こんなもんか。
レモンソースに挑戦する吾郎と、赤いジャケットを着たスタイル抜群のエンジェルボイス・エンジェルダンス☆&エンジェルスマイルの吾郎だけ頭に焼き付けておくことにします。

Jazzは踊りも良かったです~東京ドームのような大きな会場では良さが分かりにくかったかもしれません。この後も是非、アルバムからの曲を続けてやって頂きたいものです。今回のアルバム&コンサートは、SMAPらしさに加えて新しいSMAPの一面もあって、たくさんの人がライブでSMAPの良さを再確認できたのだから。

ゲストやコントで流行のものを追うその場限りの対策より、まず番組の主であるSMAP達が魅力的でなければいけないのではないのかと一視聴者で素人の私は思うのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

忘文 10月18日

結婚する娘へ、その成長をずっと見守ってきた母からの忘文。小さい時から仕事で忙しくてあまり遊んだり話したりする事もなかったお母さんからの手紙に驚き感動して涙を流している娘さんの表情を見て、親子の絆を感じ見ているこちらも幸せになりました。

決して愛想笑いはしないけれど、郵便屋さんの優しい声と瞳にいつも癒されるのです。

今日の絵本   

Photo_2

ちいさなあなたへ  

 その誕生からずっと見守ってきた我が子。
 もしかしたら、巣立っていく子供へ贈るのに相応しい本なのかもしれません。
低く抑えたトーンの郵便屋さんの朗読が心に染み渡りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

月イチゴロー 10月

月イチゴロー50回記念ストラップ、可愛い♪

恒例のご馳走を食べながら
「全部早送り」「やるよ、いじわるだから・・」「わかってるよ」
「早送りだから、動き大きくした方がいい」
・・・って小芝居する二人が大好きです。

今月の月イチゴローさんは

大御所が10年かけて構想を練り総制作費100億円をかけた超大作を
「テーマが賞味期限切れ」と斬り、
ガッキー映画では、アイドル映画における相手役の役割について熱く語っていました。

”P.S.アイラヴユー”って、何となく劇場の出口で「号泣しました・・・」とか言っている女の子を使って宣伝しているような類の映画かと思って敬遠していたけれど
「とっても素敵な映画」「多少痛い思いをしている大人が見る映画」という言葉にちょっと惹かれています。

一位の「容疑者Xの献身」はやっぱり「アレ」が気になるし。

撮影の合間にDVDを見ていたそうですが、そんな忙しい中なのにコメントも冴えていた。今月も素晴らしいビジュアル、あのイケてる月イチパネル(@勝手に命名)もすごく欲しい。

それにしても、トニー・レオンさんを呼んであの企画は一体?進行役の慎吾くんも大変だったでしょうね。何故、あんなWSみたいな事をやるのかが、どうしても分からない。
もったいないなぁ。

ま、私は月イチゴローで大満足だから良いんですけれど~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

金田一 続報

フジTVのHPに金田一耕助シリーズ第5弾「悪魔の手毬唄」について、簡単なインタビューやキャストが載っています。       こちらフジテレビ 参照

なかなか楽しみな配役。

更にストーリーを読んだら

shine多々良放庵(麿赤兒)と温泉spaで語らった帰り道shine


こんな一文が!! 勿論原作でも何回も温泉のシーンは出てきますが、ちゃんと原作通りに温泉シーンもあるのですねsign02

| | コメント (10) | トラックバック (0)

金田一がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

金田一耕助シリーズ第5弾「悪魔の手毬唄」

待望のクランクイン映像が!

2年もブランクがあったので、すんなり金田一耕助になれるだろうかという不安もあったけれど衣装と帽子をかぶって星監督の顔を見たらすんなり金田一耕助が自分の身体の中に入り込んできた・・・そうです。

秋の東北でのロケ、またあの美しい金田一(!)と美しい星映像が見られるかと思うと本当に嬉しいです。
後はキャストの発表がすごく楽しみ~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

過去映像を探していたら~

「馬耳東風」を出した時のWS映像を探していたら、「王様のブランチ」出演の時のものが出てきました。

番組の出版コーナーのコメンテーターM氏のコメントが好きです。

エッセイ集を読んで一番初めに感じた事は、「静けさがある」・・・アイドルとして忙しい毎日を送っている人だと思うけれど奇妙なほど静かな感じがある。そういう中から20代後半の一人の若者の息づかいというものが生き生きと伝わって、心の底にあるプライドとか寂しさと響き合うようなものを持っている。

稲垣吾郎・・・立っているだけで周りの空気を変えてしまうこの個性、本当に誰とも替わる事の出来ない貴重なもの。彼をどんな雑踏の中に置いても、そこだけは【消音】のボタンを押したように感じてしまう事があります。

やはり次はこんな貴重な個性を生かした仕事が是非見たいと思いました。弾けたCMやスマスマでのコント、最近多いコメディドラマなども勿論捨てがたい魅力があると思いますが。

私が最も好きな作品の一つである「僕は旅をする」のような、少ない台詞で見ている者に訴えかけるような映像を是非、また見てみたいと今心から思っています。

「陰陽師」の続編とかも見てみたいものの一つです。他にはどんなものがあるかなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

忘文 10月5日

今週から屋内で。
ところどころ煉瓦がむき出しになった壁、素朴な木の床、後ろの壁に作り付けの棚には鉢植えやバナナやウクレレ。
郵便屋さんが座っているのは、アンティーク風の革のソファ。
こういう低いソファに座ると邪魔かもしれない位、脚が長いのが目立ちます。

今日は盲導犬支援センターで働く同志へ最も信頼する仲間へ当てた忘文。
手紙を読んだ後の会話も、いつもとても楽しみです。

今週の絵本  ANGEL SMILE
悲しい事件などの多い世の中、小さな事でも人のために何か良いことをしよう、そしてそのご褒美にANGEL SMILEのバッジを配ろう、と思いついた女子高生が作った絵本。
少しでもこういう人が増えてくれたら、嬉しい。

最後、ソファの上でウクレレをつま弾いている郵便屋さん、もう少し長い間見ていたくなりました。

1週間の間に三つのANGELsagittarius
ANGEL VOICE  ANGEL DANSE★ 
そして ANGEL SMILEheart04
そういえば、全部ぴったり当てはまるわ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

ロボコン2008世界大会

ライブで浮かれていてすっかり遅くなってしまいましたが、大切なお仕事ロボコンインド大会の感想です。

今年は新たな4人のゲストの方々に先輩風を吹かせてみたりする吾郎。でも途中から大先輩山田五郎氏が現れ、今年も五郎&吾郎コンビ健在で嬉しいです。
性能の優れた機械はデザインも(余分のものがなく)美しい、という”美”に注目する所にも息がぴったり合うお二人。こういう感性がすごく好きです。

ロボコンに関わっている方達には物足りない創りだったかもしれないけれど、冒頭の「若者だけのものではなく昭和という時代を懸命に生きてきた人達に も見て頂きたい」という言葉にもあるように、より幅の広い人達にも興味を持ってもらおうという目的は果たせたのではないでしょうか。
戦いの方法にお国柄が出る所など、とても興味深かったです。

スタジオに登場した今年の日本代表の3人と、ちょっとだけ先輩としての男同士の会話がとても自然で良かった。これは忘文で培われたものなのでしょうね。

大会の様子も面白かったけれど、スタジオでロボットで遊ぶ吾郎、椅子に座っている吾郎氏の長い脚も気になって仕方のないダメなファンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭の中が・・・

ちょっと私らしくないデザインですが、今の私の頭の中はこんな感じ・・・
という事でピンクの薔薇の花でいっぱいのデザインにしてみました。

思いっきり笑ってやってください。

落ち着かないので、少ししたらまた元に戻すと思いますけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

東京ドーム 29日30日

結局3回も行ってしまった東京ドーム。今回のライブは今までで一番好きかもしれません。
多分、吾郎ちゃん歌で大活躍sign01というのもひとつの理由でしょうか。
新アルバムが私の好みで、選曲も好みだったし。
29日は吾郎団扇を4枚並べて楽しんできました。

初日に比べて、吾郎のステッキを使ったソロダンスが滑らかになってとてもよくなっていたような気がしました。
吾郎ソロでは、周りの人たちもライトを振ってノッてくれていたし会場から小さく歌を口ずさんでいる声も聞こえて、ああ良かったと思いました。

私、一部では通称「マタギ」と呼ばれている衣装の吾郎が結構好きなんです。変わっているかもしれないけど。
sagittariusとか持たせて森の中に後ろ体重で立たせてみたい(笑)。
あの細いパンツをブーツインしたスタイルが脚の長さと細さと真直ぐさを強調していて、毛皮を肩にかけた上半身がボリュームあるので、ますます脚の細さが際立っていて(あ、私しつこいです)、双眼鏡でストーカーと化していました。
更に、「お人形だ」「フィギュアだ」とずっとつぶやいていたそうです。
うるさかったよね、ごめんなさいAさん(笑)。

私のスマコンはこれで終わったので、後はDVDを待つばかり。
ドラキュラの扮装をした吾郎や顔に煤付けてチョモランマを歌う吾郎を見るのが楽しみです。もちろん、歌って踊る吾郎も。

30日は、ちょっとしたハプニングで東京ドームに響き渡る吾郎のアカペラの歌声を聴く
という貴重な体験もできました。
口数は少なくても、吾郎の心からの笑顔をたくさん見ることができて本当に幸せでした。

また今年もたくさんの吾郎ファンの方とお会いしてお喋りして、ライブの10倍くらい楽しめた気がします。お付き合いくださった方も本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »