« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

NTT東日本CM

寝ている所だったり「フランダースの太」に夢中だったりで木村くんに相手にして貰えなかった吾郎の次のターゲットは中居くん。

せっかくラーメンを食べている所に、また電話で質問攻めに。

テレビに光を差し込めと言われ、暗闇の中で懐中電灯の光をテレビに当てている吾郎。
今回は花柄のシャツを着ていますが、暗い部屋の中なので吾郎の顔があんまり見えないのが残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワンテーマで惹きつける力 by 月イチゴローさん

チェンジリング

アンジェリーナ・ジョリーは勿論素晴らしいけれど、
改めてクリント・イーストウッドの力を実感しました。

本当に一つのテーマだけでブレずに突き進んでいくんだけれど、そこから感じ取れるものはものすごくたくさんのもの。
ラストもすごく良かったです。

帰りに池尻大橋に用事があったので、六本木から池尻大橋まで歩いてしまいました。
久しぶりにいい運動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアングル 第8話

うわ~~~
前回予告で期待させておいて、何だかつまらない言い訳にしか聞こえない郷ちゃんの”かわいそうなトラウマ”話。このドラマ、ハッキリ言ってヒロインの出番を長くしたいだけのような演出が所々鼻についてしまう。

今まで吾郎主演のドラマで随分イライラとさせられた主役キャラ、主役がこんな定まらないキャラじゃ視聴者を惹きつけられないよ~と思った事が何回もありました。もしかしたらファンだから客観的になれないのかと思っていましたが・・・

でも今回のドラマで、それは客観的になれないのではなくて事実だったのではないかと思う事ができました。

だって主人公のゴウダリョウジさん、医学部→外科医→インターポールって言ったら頭脳明晰・ずば抜けた行動力・判断力や分析力などがあるはずだと素人は思うのですが、何だか「自分の人生を生きているか?」を合い言葉に他人の人生をむやみやたらに引っかき回しているだけのような気がして。25年前の事件を調査するにしても最新の技術や情報を利用してもっと上手く密かに出来ないものかと。
これじゃ中の人も演じるのが大変だろうな~

出番は少ないけれど舜がすんばらしいビジュアルだったので、動画で楽しみ静止画像を穴の空くほど見つめるという至福の時を過ごすことができました。
真っ黒で大きな瞳と自然で形の良い眉毛、これが綺麗な上に表情豊かで!!
マルさんを疑う郷ちゃんに詰め寄る熱いクロスケも嬉しかった。
父親を疑われている時の泣きそうにも見える瞳がたまらないです。

ツンデレ郷ちゃんがおにぎり買いに出て行った後のマルさんとのシーンが何かいい。クロスケにとって憧れの父には無いホッとする何かがマルさんにはあるんだろうな、と思わせる表情でした。

勿論極上の横顔も忘れないわ。

来週のクロスケも楽しみにしています。憂いが何割増しかになるのでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

Sma-STATION公式より

映画は俳優にとってのドキュメンタリー

こんな素敵な言葉があったんですね。
大下さん、どうもありがとう。

だから、吾郎くんの映画が観たいsign03
と、ここで叫ばせて頂きます。

公式HPの掲示板に並んだ「これ以上、鍛えないで!」という書き込みを見て、吾郎の反応がとても知りたくなりました(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

月イチゴロー 2月

大満足のラインナップとコメントでした。

やっぱり大下さんとのトークは楽しい。
ヒュー・ジャックマンについての二人の好みが別れたり、あの後どのような会話が続いたんだろう。

「カラダとか鍛えちゃおうかな・・・とか思っちゃったもん」に全国の吾郎ファンの多くが「鍛えなくていいっ!」って叫んでいるだろうな。

ひたすら無骨で骨太で男臭いハードボイルド系は私も苦手です。小説とか読んでいるだけでヤニとバーボンの匂いが漂ってきそうで(笑)。フェイクシティとは関係ないですげど。

チェンジリングは見たいと思っている映画だったので観るのが楽しみです。ベンジャミン・バトンはあの「数奇な人生」設定が(ネタ切れでここまでやるか?みたいな感じで)引っかかっていたんだけれど、今回のコメントですごく見たくなりました。早まった先入観はいけないと反省。
「人生も巻き戻すことによって気づくことが多い」なんて、ゴルフのレッスンを例に例えて分かり易い言葉で本質を語ってしまう所なんていいなぁ。
真面目に語って突然声をひっくり返して「あ、これ1位だね」と笑いを取る所もさすが。

1位のチェンジリング、監督の「1テーマで惹きつける力」・・・優れた作品って決して派手でなくても惹きつけられてしまうのは、ここが鍵なんですね。簡潔で的確な表現が素晴らしい月イチゴローのようだわ。「これも入れておこう、あれも入れておこうという欲がないよね」と某作品との比較も忘れない所は番組編集者も嬉しかったでしょう(笑)。

でも、大下さんの言葉によると「オーストラリアについてもいいコメントがいっぱいありました」そうなので、やっぱり「月イチゴロー」本を出版して欲しいわ。

もちろん、毎月のパネルの写真は必須ですsign03

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Goro's Bar 2月19日

まずは大きめのサングラスをかけてタモリさんの真似をしながらの登場。
緩いモノ真似に生暖かい反応・・・久しぶりにGoro's Barが帰ってきた!という感じ。

短い時間ではあったけれど、フロアレディもボーイ達も全員参加の「正解はYOUです!」。
「相性と下手と上手いは違うもんね?」とフツーに真面目に言っているオーナーに萌えました。「恋愛の科学」面白かったなぁ(笑)。
「ボコボコにしたい芸能人」については「わかんないよ、そんなの」と言いフリップボードに顎を乗せているオーナーがものすごく可愛かったです。

「全日本家相大賞」(笑)。Goro's Barおなじみのそのものずばりの「パクリ企画」のネーミングには結構いつも笑ってしまいます。
でも、家相は要らない。
要するに、家の中は清潔に。
整理整頓して要らないモノはその辺に置いておかない。
まあ、良いこと言っているのかも。

スーツもシャツもすべてシックな色で統一、襟元の大きなコサージュが良く似合っていて
スーツ姿、本当にスタイル良くて素敵です。
オーナーのファッションもGoro's Barの楽しみの一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

Goro's Barドラマスペシャル

Goro's Barドラマ公式サイトオープン!

トップにはド~ン!とオーナーを中心に従業員達が勢揃い。ギャラリーにオーナーが居ないのは寂しいけれど。最近VTRばっかりで活躍の場が少なかったFLやボーイ達の楽しそうな写真がたくさん載るといいな。

赤い薔薇に何か意味があるのかしら。TV誌でも赤い薔薇の花を一輪持ったオーナーを見ましたっけ。所々ポイントに置かれた赤い薔薇がGoro's Barって感じ。

いやん、忘れてた赤い薔薇の花びらを散りばめたお風呂もあったsign03

テーマソングはタクヤ兄さんの台詞にもあったアレか・・(笑)  

オーナーゴロウが小雪さんや友近さん・フロアレディ達を取っ替え引っ替え相手に踊りながらのThousand Nights♪が良かったな。

ファンメッセージのコーナーまであるっ!

ドラマの放送が待ち遠しいけれど、3月10日を待ちながらこの機会にみんなの愛のメッセージheart02で埋め尽くしちゃいましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

anan Movies

花の生涯 梅蘭芳  実在した京劇の大スターの栄光と孤独を華やかな映像で魅せる。

これは「さらば、我が愛 覇王別記*」のチェン・カイコー監督による作品。

波瀾万丈の大スターの人生が控えめな演技で魅力的に演じられ、また彼の魅力によって揺さぶられる周りの人々の思いも綴られていく。そこにスターとしての宿命・役者としての意識・孤独を抱えて生きる毎日を思い、彼は幸福だったのかと問い「舞台の上では限りなく幸せだったのではないか」と信じたいと語る吾郎の 役者ならではの観点と感性がすごく好きです。

さらば、我が愛 覇王別記」は、96年5月WINに初めてゲストで出演した吾郎が、「GWにお薦めのビデオ」として紹介していました。当時はまだ軽いファンだったのですが「この人は本当に映画が大好きなんだな」と思わせるような語り口だったのが印象的でした。
そして、この時の吾郎の印象がすごく良かったので、思わず買ってみた「夜曲」のチケット。この時の舞台「夜曲」こそが、私が決定的に底なし沼に足を踏み入れた瞬間だったのです。舞台の上の吾郎、限りなく美しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トライアングル 第7話

今まで謎を散りばめる事ばかりだったのに、急にサチとその兄の悲しい物語になってしまい、もうちょっと主人公についても描いてあげて、と思ってしまいました。主人公については2話で唯衣が『最高の恋人(両親が死んだ後、兄が幼い私の面倒を見てくれた~)』を思い出させるような(笑)身の上話を少しだけ舜に打ち明けたのみでしたよね、確か。
25年前の事件には関係なさそうなんだけど~と思ってしまったひねくれ者の私。

それとも最後のどんでん返しで、何か出てくるのかな。いろいろ動き出したので目が離せない展開にsign03

志摩野が死んでしまったら次は蔵さんがやたら怪しげな表情ばかりしていて、何となくミスリード役のバトンタッチ(笑)?


今回の萌えどころは、クロスケの綺麗な横顔と嘘みたいに美しい指。突然の吾郎の中国語。それから、大杉さんとの横顔のツーショット。気持ちは来年の3月に~heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

最近のSMAPXSMAP

一体、何がしたいのか?

全く分からない。

昔が良かったとか、時の流れや今の状況を考えずに言うつもりはないけれど、勿体なくてたまらない気持ちとため息ばかりが見た後に残ってしまう。

某雑誌の連載のコーナーを読むと、なかなか面白そうなトークもあるのにそれが全部カットだなんて・・・誰がそれをカットさせるんだろう。わざわざ番組をつまらなくするために。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

来週の土曜日は

今年初めての月イチゴローですね。
予告映像がなかなか良かった~

年末生出演の時のイケてる吾郎がいつものポーズでラインナップを示しています。

ダニエル・クレイグ
ニコール・キッドマン
キアヌ・リーブス
アンジェリーナ・ジョリー
ブラッド・ピット

この表示の仕方が気に入りました。
ラインナップも面白そう。
生出演での大下さんと吾郎の集中攻撃が効いたのか(笑)。

個人的には、ダニエル・クレイグとアンジェリーナ・ジョリーが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

Goro's Bar 2月12日

いつも面白かったGoro's Barの未公開SPだったのに、大人の事情SPのようになってしまって期待はずれな事が多くなった最近でしたが。

今週のGoro's Barは楽しかった。歌がすごく上手な次長課長に対して思わず「裏ゴロー」を出してしまったり、春菜のキスシーンに娘を心配する父の心境になったり、うさぎさんのホスト・ホステス枕営業論に力強く(笑)相づちを打ったり。

そして相変わらずいつのオーナーも超イケテルビジュアル。 成宮くんゲストの時の襟元が何故固執するくらいく好きなのか、先日判明いたしました。

「高慢と偏見」のコリン・ファース演じるダーシー様が着ていた、あの感じなんですよ!

一度、舞台であんな衣装の吾郎を見たい~heart04

と、話はどんどん違う方向へ行ってしまいました・・・

噂の「麺職人鶏ガラ艶白湯」とても美味しそう。

なんとカロリーも303kcal.とか。

箱買いの場合、箱には盛れなくオーナーのポストカードとか付けてみたらいかが?

和やかに談笑しながら麺職人を食べているGoro's Barのメンバーを見ながら、やっぱりこのメンバーはずっと一緒に続いて欲しいと心から思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

トライアングル 第6話

何処にでも現れてニヤニヤ(笑)
が兄弟の名乗りを上げる前振りだったとは・・・
ようやく動き出したドラマですが、とうとう同級生が人を殺してしまったり今後は一体どんな展開を見せてくれるのか、もう何も推理はできません。

登場人物がみんな何かを隠しているようなフリをしている中、唯一人自分の思いを真っ直ぐに口にしていた感のあるクロスケも複雑な思いを胸に何か決心をしたようです。
真っ黒な瞳が悲しみで曇る日が来るのでしょうか。

来週予告に大杉漣さんとのツーショットを見つけ、来年の舞台に想いを馳せました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

Goro's Barドラマスペシャル

スポーツ紙と、立って覗き見だけするつもりが即決でレジに直行したTVガイド。
タクヤ兄さんとの大きなツーショット、花屋で真っ赤な薔薇の花を持っている吾郎(後ろには小雪さん)の写真も。

ドラマの詳細は こちら

FLさんのブログによると会見のあった昨日も深夜4時までロケがあったそう。昨日の東京は一日中ものすごく寒かったのですが、足の感覚がなくなってしまうような寒い中、オーナーがホカロンをくれたそうです。本当に優しいんだな。

薔薇風呂のせいだけではなく(笑)、いろいろな仕事の合間を縫っての寒い中でみんなで創り上げた作品、以前に共演した方とかメンバーの参加も嬉しいですし、ますます楽しみな作品になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

人呼んで・・・赤坂の貴公子

男の名はゴロー・イナガキ、人呼んで・・・赤坂の貴公子
というナレーションで始まったドラマの紹介。
な・なんと薔薇の花びらを浮かべたバスタブにつかり、シャンパンをグラス(*)バスタブに注いでいるオーナーが!!!
勿論、後ろにはキャンドルが灯り~だからして、ちょっと画面が暗くて残念(笑)。

赤坂の老舗高級クラブGoro's Barを舞台にしたハートフルコメディだそう。
少し映像が映りましたがみんな楽しそうに演じていて、オンエアがとても楽しみです。

小雪さんも国仲涼子ちゃん、加賀まりこさん、そして拓哉兄さんもheart04

そして今朝から密かに話題になっている日清麺職人「Goro's Bar」鶏ガラ艶白湯発売のお知らせもありました。
コラーゲン入りですって!?こちらも楽しみです。

ただ、木曜深夜のGoro's Barの放送は3月で終わり水曜日に曜日と時間が変わるそうですが、どんな番組になるんでしょうか。
不安は捨てて、楽しみに待つことにします。

(*)10日訂正しました。先入観(シャンパンはグラスに注ぐもの)は怖いデス(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

トライアングル 第5話

舜は、やっぱり几帳面らしい。
もつ鍋を作るなら、ちゃんともつを買わないと嫌だと。
きっと専業主婦のママはいつも美味しい御飯を作ってくれたんだろうな、と思わせるエピソードでした。
TV誌にあった写真で楽しみにしていましたが、広いキッチンなのにくっついて鍋の下準備をしているクロスケと郷ちゃん。
これからの展開を思いっきり楽しみにさせてくれるシーンでした。

で、第5話はここで満足してはいけない!!
ついに、ファザコンクロスケがパパに反旗を翻す!?
いろいろな思いを込めて表彰会場を後にするクロスケの表情に痺れました。

いよいよ面白くなってきましたsign03

でも、前回で私が勝手に推理した説はガラガラと音を立てて崩れていきました。
やっぱりクロスケじゃなさそうな気が。インターポールとか上海とかのスケールと25年前の事件がどう拘わっているのか凡人には見当もつかないけれど、今後の展開を楽しみにしています。

クロスケは上海には行っていないのよね。上海の街にいる吾郎を見たかったのに残念。兄の居ない間に唯衣ちゃんと・・・じゃなくてしっかり日本での調査を進めるのだろうな。
一人で新事実を掴んで苦悩するクロスケ。とか見られるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分の吾郎さん

笑っていいともに生出演の「吾郎さん」。
生出演の度に、少しずついろいろな謎が解明していく!?
今回は今年のお正月、タモリさん宅に呼ばれた理由。
タモリさんちのワインセラーの中の高級ワインを開けさせるために、ワインに詳しい吾郎を呼んだんですって?ふぅ~ん、そうなんだ。でも、美味しいワインが飲めて良かったね。
吾郎の貴重な前髪フーフーが可愛かったです。

ほんとにあった怖い話冬の特別編2009

大急ぎで作った感が否めませんが、元々は悪霊払いのために行われてきた儀式である節分の豆まき。その日に放送する意味があったのですね。

真っ白な空間に突然現れた吾郎さん、突然の豆まきを始めたのでビックリしました。貴重映像ですsign03

今回はほん怖クラブの子供達が居なかったのがとても寂しかったけれど、ラストの豆まき再びの映像の横に「また夏に会いましょう」の字が嬉しかったです。

耳に手を当てた吾郎と「はい、ごろうさん」の子供達の声も・・・やっぱりこれが無いと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘文 2月1日

今月からまた場所が変わりました。
床も壁も真っ白な部屋の中での忘文です。

今週は中国から日本へ留学そして日本で結婚し、現在は中国の少数民族の子供のための教育支援活動をしている方へ、援助を受けながら勉強中の女学生からの忘文。

学校までバスで10時間、医者も居ない辺鄙な村出身の18歳。

援助のおかげで学校の寄宿舎に入って勉強に励んでいます。

自分たちのような貧しい学生に支援の手を伸ばすことによって
知識を求める道の途中で諦めさせず
卑下することをさせず
孤独にさせず
夢を見ることに躊躇をさせない
と感謝すると共に、勉強して優秀な成績を取り、
医者になるという夢を自分の努力で実現できるように頑張りたい、
と綴っています。

たくさんのモノが溢れている豊かな日本ではなかなか想像も出来ない暮らし。

最近ボランティア活動をしている人の忘文が時々取り上げられますが、少しずつでもその内容が手紙によって紹介される事はとても良い事だと思います。

最後の映像、今回は壁一面の白い本棚から絵本を取り出している郵便屋さんが素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

SMAP☆がんばりますっ

仮面ライダー、大満足です。

CG凄かった。ストーリーもちょっと懐かしい感じが吾郎に合っていたと思う。
何故ワインなのか?という事にほとんど疑問を持たれないくらいにキャラが立っているのが素敵。気障な台詞も吾郎だからこそではないでしょうか。
変身後の中の方も、何気に後ろ体重っぽい立ち姿や振りむき方など、ちゃんと吾郎っぽい所が嬉しくて泣けました。

更に!やはり痺れたのが「日本政府に告ぐ~」というテロリスト吾郎。もう心は「今度はテロリストの役を見たい!!」
屋上で銃をぶっ放すシーンは嬉しかっただろうな。月イチゴローで嬉しそうに喋りまくる銃に関する蘊蓄を思い出しました。

夕陽の中に佇む孤独な愛の戦士、かっこよすぎでした。愛の戦士も見たい!!!(もう私も興奮して意味不明)

木村くんの全力坂、これも好きです。意味もない事を真面目にやるおもしろさ 大好き。それにタモリさんのTOKYO坂道美学の本も持っているくらい私も坂好きなので。

木村くんはやっぱりかっこいいです。あれだけの坂を走るのだからきっと事前に準備もしたのだと思うけれど、そんな事は一切言わない所が好き。
ものすごく大変な事は予想できても、木村くんなら出来る!と思わせてしまう、いくら疲れてもみじめにかわいそうにはならない(私だけかな(笑))太陽みたいな所が、木村くんなんだなと改めて思いました。

もう一つ、とても嬉しかったこと。

吾郎は始めかられっきとした(SMAPの)メンバーだった と社長がはっきりと明言してくださった事。
今まで何回か言われる度に、それを口にしたメンバーに悪気は無かったにしても、おもしろおかしくブログに書かれたり、匿名掲示板などで叩く材料に使われたりするのを見る度に複雑な思いをしたものでした。
吾郎も嬉しそうに言っていましたね「SMAPだよっ!

遅くなりましたが、
Happy Birthday SHINGO!
昨日は3時間余りの生放送の進行役お疲れ様でした。
場の空気をすぐに読んで番組を進めていく姿がとても頼もしかったです。
32歳も素敵な1年でありますように~heart04

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »