« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

忘文 3月29日

青空に咲く満開の桜の映像で始まった忘文。でも実は関東はまだ寒いです。桜の花もこの寒さに戸惑っているのではないでしょうか。

今日の忘文は、二人の息子から母への手紙。

長男くんは、たくさんの「ありがとう」を

次男くんは「たのしかった思い出」をいっぱい

それぞれ手紙に書き綴っていました。

郵便屋さんも「こんなにたくさんのありがとうを言ったのは初めて」そして「人の言葉を借りて(ありがとうを言った事)でも、良い気持ちになりました」と言っていました。

今日の絵本はこちら

くれよんのくろくん (絵本・こどものひろば)  51psf1ssz1l_sl500_aa240_jpg_2   

  新しい箱から飛び出した新品のクレヨン達は、画用紙を見つけて思い思いに絵を描き始めます。気がついてみたら、「黒」の出番が無くなっていました。そんな色は要らないと言われて悲しくなったくろくんですが、シャープペンおにいさんのアドバイスで見事自分の役割をみつけました。

「誰にでも素敵な何かが必ずあります。みなさんは素敵な自分にちゃんと気づいてあげていますか?」  という郵便屋さんらしい言葉で締めくくられました。

内容は少し違いますが、吾郎のインタビューで私が大好きなものの一つを思い出しました。

2001年1月28日朝日新聞のインタビュー「21世紀メッセージ」です。

新しい世紀に向けての思いが綴られていますが、その中に「自分の絵の具を持つ」というのがあります。以下、概略です。

ーーーclipclipclipーーー

グループの中での個人仕事が増えてくると、個性的なメンバーの集まりであるSMAPの中で、一つの絵の具箱の中の絵の具を取り合っているような錯覚に陥った時があった。自分の色だと思っていたものを他のメンバーが持って行ってしまうと、一体自分は何色なのか不安になったりもした。

でも次第に「絵の具箱は一人一人が持っているのではないか」と気づき、自分の絵の具箱の中の絵の具を混ぜ合わせて自分らしい色を作っていけば良いと思うようになった。

いい絵を描けるように絵の具の色を増やしたり、色の混ぜ方を工夫したりする事が大切で、選択を間違って失敗をしたりしながらも螺旋階段をゆっくりと上ってきた、と思いたい。

ーーーclipclipclipーーー

このインタビューから8年経っていますが、この言葉の通りますます素敵なたくさんの色を蓄え美しい色を出せるようになったのに、何故か透明感も失っていない稲垣吾郎という人が大好きです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

月イチゴロー 3月

桜の花とお花見弁当を楽しみながらの月イチゴロー

今月のラインナップは、いくら私が鈍くさくても(笑)一目で順位は分かってしまった。という事は作品のタイプとしては適度にバラけていて良かったという事なのかな。

何となく物足りない感じがしたのは、ananの映画評で、1位の花の生涯~梅蘭芳のレビューがとても良かったからでしょうか。

お花見弁当とワインを出されたお店の方のブログによると、このコーナーの収録に2時間弱も費やしていたそうです。

2時間弱の間に、どれだけ面白い話・真面目な映画論・人生相談(!!)が飛び出していたのか、と思うとチャン・ツィイーの真似がメインになってしまったみたいな1位解説がとっても勿体なく思えました。ananでは、「俳優として、大スターとしてストイックに生きる主人公の孤独」や彼の人生そのものへの思いなどまで語っていたのに。

インタビューなどから察するに、吾郎はこのコーナーが自分に及ぼす様々な影響は分かりすぎる位分かった上で、続けているのだと思う。それくらい真剣にやっているのだから、映像の編集も興味本位・インパクト重視でなく、きちんと真意を伝えて欲しいと心から思います。

それにしても20歳の頃に見たさらばわが愛~覇王別記に衝撃を受けたというその感受性と、その後数え切れない位の映画を観てきてもずっと変わらないでいるそのブレない感性が好きです。

イエスマンorノーマンの件はもう少し聞きたかった。大下さんとの仲良しぶりが、いいなあ~お弁当を食べる時の小さな声でのお喋りも、微笑ましくて大好きです。そして、上品に美味しそうに食べるのを見るのも大好き。

シルバーのネクタイがとてもキュートでした。吾郎の衣装と同様、いつも季節感溢れるセットも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

Goro presents My Fair Lady

うっとりとずっと眺めていたい素晴らしいビジュアル。
すっきりと美しい顔も、細くて真っ直ぐな長い脚も!

せっかくの1時間半SPなのに、VTRがとっても長いのも吾郎があんまり映らないのも、今回は

今後やっていく企画を吾郎さんにプレゼンする」ための90分だから、

という事でよいのでしょうか?

スタジオでは、かなり面白い会話が繰り広げられたそうなので、それを聞けないのがとても残念ですが、少しずつまた変わっていく事を期待しておきます。

それにしても、ムカメン裁判で(番組的に空気を読んで)最後コソっと「ラブメン」の札を上げる吾郎が、ものすごく可愛かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

Goro's Bar 今夜で閉店  ~たくさんの笑顔をありがとう

ああ、寂しい。本当に寂しい。Goro's Bar、大好きだったのに。

「最後は歌でマジ対決」という事でカラオケ合戦。
ステージが高くないのが気になる、とお約束通りの我が儘を言うオーナーに、サッと丸いステージが用意される。

特設ステージに両足そろえてピョンと飛び乗るオーナーの後ろでは、従業員達の息のあった「よいしょ!」のかけ声。

いつになくしっとりと真面目に歌うTRUE LOVEの歌声の向こうには過去の映像が流れて、

そこにはオーナーと従業員みんなの笑顔がいっぱいheart04

近いうちに、Goro's Barを振り返る旅に出よう。4年半か・・・長いなぁ。

それにしても、出演者達の終了のご挨拶もなく、みんなで「世界に一つだけの花」を歌った後、「カラオケ行こう」なんて喋っているあっさりとした終わり方。これがGoro's Barらしいのかな。私は、このドライな温かさが大好きです。

4年半の間、素敵な時間をありがとうございました。

Goro's Barドラマスペシャルという素晴らしい宝物まで付けて頂いて、楽しい思い出だけがたくさん残りました。Goro's Barのみんなの今後のご活躍を心から祈っています。

winewinewine

それにしても、

本日を持ちまして
一旦閉店 させて頂きます   でも、いつかまた赤坂で

・・・・って、何か希望を持たせるような言い方はどうなのよ(笑)。

今週は吾郎の笑顔で2回、泣かせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

トライアングル 最終話

信頼していたマルさんが犯人だと知って泣きそうになりながらスタジアムの受け持ちの場所に向かう舜。8話で、搭乗者名簿にマルさんの名前を見つけた時に何のためらいもなくマルさんを疑った郷田につっかかってましたよね。「人を信じること」について語るマルさんを見る子犬のようなウルウルした瞳を思い出しました。あのシーン、すごく好きでした。

ばらまかれた様々な疑問はそのまま投げ出されたまま、強引に納めた感じはぬぐえませんでしたが、最終回はラテ欄にずらっと並んだ男優の名前!男祭りheart02状態の俳優達の熱演を楽しむ事ができました。

そして、最後に見せてくれた舜の笑顔が最高でした。

最初からずっと真っ直ぐで一生懸命な刑事だった舜。そんなブレないキャラは嬉しかったな。(1回だけ、変な思わせぶりの展開があったけれど、回収されず・・・忘れられた?)今までになかった新境地を開いた吾郎に乾杯wine

舜の素敵なコートコレクションを見せて貰えたのは嬉しかったけれど、私服が見られなかったのがちょっと残念。

それにしても豪華な出演者達と、いろいろ提供してくれた突っ込みどころ。もしかしたら、突っ込みながら楽しむドラマだったんだろうか(笑)。それほど出演者に思い入れが無かったら、もっと素直に楽しめたのかもしれない。

終わってしまってもう舜に会えないなんて、本当に寂しい。

次々と難事件に取り組む舜と、引退して趣味を楽しみながら息子の仕事に的確なアドバイスをする信造のドラマなどどうかしら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

忘文 3月15日

今日は、お互いに2度目の結婚、そして苦難を乗り越えて家族の絆を深めていこうとする夫から妻への愛の手紙

今日の絵本は

 41fmjcfb70l_bo2204203200_pisitbstic          

子どものこころを感じてみようよ

「生まれる前から、ママのこどもになることを決めていたんだよ」

と小さなボクが語りかけてくる。

そしてボクの心の声は、愛を学ぶために、すべてのものを愛するために、ママを選んでこの世界にやってきたんだと言います。

これはすべての新しくママとパパになった人のための本なのでしょうか。ちょっと間違えたら説教臭くなってしまうかもしれない内容もシンプルで暖かみのある絵と共に主人公ボクが静かに語りかける事で素直に受け止められてしまう。

柔らかいけれど淡々とした読み方が、すごくいい!!

「ママ」「ボク」「愛」・・・こんな言葉が自然に溶け込んでしまっている吾郎の朗読が素晴らしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

映画と大人財布とサンドウィッチ

今週のおはスマが、なんか良かった。

11日はコラムの日。
コラムという事で話題は月イチゴローの話になったのですが、
pen毎回楽しんでやっていること
pen人に薦めるからには嘘はつけないし責任を持って話したいので時にはズバッと斬ってしまい後々人に言われたりして心苦しい時もあるけれど、今後も長く続けていきたい
と語っていました。

映画を作る方の立場に居て、敢えて責任を持って映画を語る~という事を始めて、いろいろ心苦しい時があっても尚、続けていきたい・・・とても素敵な事だと思いました。
映画が本当に好きなんだな。
だったら是非、同時に作る側にも回ってください。
映画評論も映画出演も楽しみに待っています。

12日 財布の日
今使っているのは、二つ折りではない横長の財布、名付けて「大人財布」だそうです(笑)。
吾郎って本当に、言葉の使い方が面白くて好き。
自意識過剰とかではなく、お財布って気になりませんか?
私は結構気になります。
そういえば、最近どこかで目撃されていましたね、吾郎ちゃんのお財布。勿論お財布だけではないけれど(笑)。
でも印象はとても良かったみたい。

13日 サンドウィッチの日
sandとwitch説、ちょっと面白かったです。
そうか、ご飯党でしたね・・・
で、タマゴサンドが好き、って何だか可愛いなぁ。

思いがけず、吾郎のお財布の事とかサンドウィッチの具の好みも聞けて朝からニヤニヤしてしまいました。所々入る「ふふ・・」という笑い声にも癒されて。
吾郎と八代さん、リサさんとのキャッチボールもなかなか良い感じですね。
お二人とも楽しそうに語って下さるのが、また嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

トライアングル 第10話

舜が美しすぎて~heart04

ドラマも残すところあと1話。
いろいろどんでん返しが用意されているようで、どう終えるのか楽しみです。

私としては、犯人はマルさん(動機は分かりませんが)だと確信していたのですが、これではあまりにも当たり前過ぎるような。
予告映像で郷田がピストルを当てていたのはマルさんの額に見えたので(笑)、やっぱり犯人ではないな。
郷田がTVの前の人に葛城パパが犯人だと思わせておいて、次はマルさんが犯人だと決めつけて復讐(撃ち殺す)しようとしている所に、舜が違う情報を持って走ってやってくる。陰で郷田を撃とうと狙っていた所に飛び込んできた舜を誤って撃ってしまう実は真犯人のクロスケパパ。なんていう結末はやりすぎですか・・・
一体、誰だったら予測もしないどんでん返しの結末なのかな。葛城ママだったら驚く。
でも精神錯乱みたいだったのがいつの間にか正常に戻っていたのも怪しいかもしれないし、車の中からレミントンM700で狙って撃ったとしたら、そりゃ衝撃の犯人だわ、と思いましたけど。
来週を楽しみに待つことにします。

それにしても、今回もまたまたやりたい放題の郷田サン。集中治療室!?
医者だったら死にそうな状態くらい分かると思うんだけど、何で何もせずにサチを見つめているかなぁ。
サチが殺されたからと言って、職場で何故あんなに「もう大丈夫ですか?」などと心配されるのも分からない・・・あれ、婚約とかしてたっけ(笑)?

何だかこの脚本、ここは泣かせどころみたいなのが見えてしまうのが嫌だ。志摩野とサチの泣ける話とか、思い出作りの水族館デートでの意味深発言とか。

仕事に復帰したと思ったら、サチを撃った犯人よりも葛城を洗え!とか命令しているし。
ああ郷田サン、あなたが一体何者なのかわからない・・・

でもいいんですっ!!
私にはひたすら舜萌えという楽しい至福の時間がありますから。
どうして、吾郎の目ってあんなにキラキラうるうるしているんだろう。
いくら刑事らしからぬお洒落なコートと言われても気にしない。
美貌のおぼっちゃま刑事はお洒落なんですっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続:Goro's Barドラマスペシャル

1回で気づけよ、って感じですが、2回目に見ていろいろ細かい所に気づいて更に嬉しくなりました。スミマセン、何しろ1回目は終始吾郎のビジュアル萌えで終わってしまった感じで(笑)~

薔薇風呂・シャンパン・キャンドル・夜景
ガウンに生足
艶白湯
ワイン
ガンダム
熱帯魚の名前はシャブリ・ロマネ・クリュッグ
チェス・ナイト(騎士)
原稿用紙&万年筆(これが結構嬉しかった!)

・・・何だか細かいツボがたくさん沸いて出てきました。

撮影現場、きっと楽しかったんだろうな~
やっぱり特典映像てんこ盛りのDVDは是非お願いしなくちゃsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

Goro's Barドラマスペシャル

ああ、楽しかった~

Goro's Barのあのほんわかしたバラエティのいい雰囲気と、初恋をテーマにしたドラマが良い具合にミックスされて飽きさせない楽しいものになっていました。

レギュラー陣も良かったし、ゲストの方達はドラマを引き締めてくれて、国仲涼子ちゃんがとっても可愛かった。ほんの少しの出番なのに参加して下さった木村くん、小雪さんにも心から感謝しています。

今回もまた期待を遙かに上回ってしまった・・・奇をてらったものが多い中、ちょっと昔風のこのドラマは見る者をホッとさせ、温かい気持ちにさせてくれました。

薔薇風呂は予告映像と同じくらいしか映らなかったけど(何を期待していたんだか~w)、ガウンの裾からのぞく細い脚のアップも期待通りだったし、サックスを吹く姿は素敵でした。
吾郎って楽器がすごく似合いますね。
譲一郎のピアノ、明智のバイオリン、金田一のフルート、そしてオーナーゴロウのサックス・・・他に何かありましたっけ。

とにかく、吾郎のビジュアルがすばらしくて、サイズの合ったスーツがスタイルの良さを際立たせていて、黒い瞳はキラキラして笑顔が可愛くて・・・キリがない。
オーナーゴロウが顔が良くてお金持ちなのに優しくて面倒見が良くて~ちょっとだけ寂しがり屋、時々子供みたいに拗ねたりする所も全部ひっくるめていいキャラだった。
Goro's Bar従業員もみんなドラマそのものを楽しみ、演じる事を楽しんでいる雰囲気が画面を通じて伝わってきて、ああGoro's Barっていい番組だったなぁとつくづく思いました。

会見の時に吾郎が言っていたように、私達にとっても「神様からの贈り物」だったし、きっとGoro's Barの人達みんながそんな気持ちだったと思う。
番組が終わってしまうのが本当に悲しいけれど、仲良くいい雰囲気で作ってきたGoro's Barの集大成のような気がして、作ってくれたスタッフ&TBS、スポンサーに心から感謝の気持ちでいっぱいです。
せめて鶏ガラ白湯、いっぱい食べよう!!

ダークな色も淡い色も似合うけれど、赤いスーツも似合ってしまうのね。
襟に付けたコサージュも素敵でした。
しばらくはHDに残したままにして、時間があれば見てしまうんだろうな~

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

朝イチゴロー

午前6時20分から生出演!
明るいグレーのスーツが爽やかな赤坂の貴公子登場sign03

みのさんの誘導尋問(?)も爽やかにかわし「木村くんは真面目な人です」と断言し、特別ゲストの方達の紹介も忘れず、立ち姿も美しく、勿論お顔も朝から出来上がっていて(笑)~

今日一日、夜のドラマ冒頭まで生出演は続く・・・んですね。
昨晩のつまらない番組の事など忘れて!幸せな春の一日だわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

忘文 3月8日

洋館の美しい木の手摺りのついた広い階段を下りてくる吾郎。
明るいグレーのスーツに白いシャツ、ネクタイも淡いグレーの濃淡のストライプ。
ああ、春だなぁ。

階段の下のホールに置かれたいつもの郵便屋さんの机の前に座って始まった忘文。
屋外もいいけれど、屋内だと大好きな吾郎の声を堪能できるから好き。

これは3月5日の収録のようなので(違っていたらごめんなさい)、最新吾郎なのかもしれない。
淡いスーツの色のせいなのか、ちょっと日に焼けた?
でも顎もほっそりして素晴らしいビジュアルです。

今日の忘文は、大学時代から続く男女の爽やかな友情を綴った手紙。素敵な関係ですね。
絵本は   「なわとびしましょ」 長谷川義史

41q3swiqppl_sl100_jpg
なわとびしましょ (学研おはなし絵本)

ぺったん ぺったん なわとびしましょ
と繰り返す絵本のバックには、ピアノ伴奏で歌うフランス語の歌。
私、この忘文の音楽が結構いつも好きです。
何となく、楽しく微笑ましくなってしまう本でした。

いつも楽しみにしている最後の5秒。
今回は降りてきた階段を上っていく吾郎でした。
うわぁ、長い脚とプリ●ツだ・・・とウットリりしたのは言うまでもありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

薔薇風呂の後は・・・

バスローブ姿で鶏ガラ艶白湯noodleですかっ!

国仲涼子ちゃんを迎えてのGoro's Bar、
何故か突然のカラオケ大会(笑)
でも、オーナーのエンジェルボイスも聞けて嬉しい。

Goro's Barドラマスペシャル完成記念特別企画
オーナーの
「Goro's Barの空気感とかメンバーとかは何年も一緒にやっているから、普通のテレビドラマやってるのとはちょっと違う感覚で・・・楽しみですよ」
という言葉に、この番組の仲間に対する愛情がとても感じられました。

ドラマ現場の苦情 大暴露&反省会SP
これは、カラオケ無しでずっとやって欲しかった~またドラマ放送後に見たいなぁ。
最近めっきりおとなしい井上くんがクローズアップされて、ちょっと安心しました。
クソガキですって(笑)。
何回NGが出てもにこやかなオーナーと現場、いいなぁ。きっとその雰囲気がドラマにも出ているに違いないと思いました。

最後にクランクアップの時の映像。
午前3時過ぎ、気温は3℃前後の中での撮影。
連ドラと仮面ライダーとGoro's Barドラマの撮影で毎日早朝から深夜まで忙しかったらしい時期(吾郎はあまりそういう事を言わないけれど~そこがまた好き)だと思いますが、ちょっと疲れた感じが妙に色っぽく感じてしまったクランクアップの吾郎でした。
でも疲れていても眠くても、美しい・・・やっぱり保湿は頑張るべきです(笑)。そして35歳にもなるとやっぱり人間の中身が顔に表れてくるのですね。余分なものをそぎ落とした美しさが眩しいです。

これで終わりと思ったら最後の最後にまた大サービスの映像がsign03
優雅な暮らしぶりなのに食事はカップ麺が好物とTV誌にもありましたが、夜景の見えるキッチンに立ってバスローブ姿で素敵な細い生脚を見せて、オーナーがラーメン作ってました。

で、これが今日のタイトルに繋がる訳です。


笑えて胸がきゅんheart02とする癒し系ラブコメディ」まさにGoro's Bar番組そのものですね。
すごく楽しみです。

本当に3月で終わっちゃうんだ~こんなに寂しいのは久しぶりな気持ちです。最近の内容は疑問だったけれど、このメンバーと雰囲気が大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

Goro's Bar予告  少しネタバレもあるかも

昨晩のキミハ・ブレイクの終わりにGoro's Barドラマの予告映像が流れました。
な・何と薔薇風呂を引きで撮った映像。いくら目をこらしても一面隙間無くぎっしりと散りばめられた薔薇の花の間にはこれっぽちの隙間もございませんが~

長いストレートの髪の毛を後ろで一つに束ねた背の高い女の子に、赤い薔薇を一輪差し出している後ろ髪がはねた男の子はちびオーナーなのでしょうか。
そして赤坂の街をやはり赤い薔薇持って走っているオーナーも居ました。

今日発売のTVガイド、2ページにわたって、Goro's Barドラマスペシャル「教えよう、僕のすべて」。
赤い薔薇の花を持ったオーナーの写真やランドセルを背負ったちびオーナーなど。その先生はまさか・・・二役してるのかな(あ、勝手に妄想です)。ますますドラマが楽しみになってきました。

また、番組表の方にはTODAY'S KEY PERSONが国仲涼子ちゃん。なかなか嬉しいエピソードも。やっぱり「かわいいheart02」んですね。

更に後ろの方のページにはトライアングル最終回目前緊急特集「真犯人は私です」があります。11人が犯人になりすました自白メールも。
そして、裏表紙は「トライアングル」DVD発売&レンタル開始の宣伝になっていて、上半分はあのポスターの写真です。

何だか得した気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアングル 第9話

先週も書きましたが、一番の萌えどころは舜の美しいアップの映像でしょうか。
太田西署のシーンは青っぽいトーンでいつもキリッとした舜。
唯衣ちゃんにフラれちゃった喫茶店は柔らかな夕陽の中で、今までと違った感じ。
お父さんの部屋に入る時の横顔は絶品。
・・・と思って喜んでいたら、早々に八ヶ岳に行くことになってちょっとがっかり。

舜は地道にちゃんと仕事をしているようで、それだけは安心。来週は(過程は描かれていませんでしたがannoy)今までいろいろ調べていたものが繋がってくるのかな。

_____ここから先は、文句ばかりの独り言_____

「ただ、真実を知りたいだけなんですっ!」と叫んでも、
わがまま郷田くんには、今後何の同情もできない気がした。君が引っかき回して何人死んだり不幸になったりしているんだと言いたい。主人公がこんなキャラでいいのかな。

インターポール(笑)から研修で来ているはずが、自分勝手にフラフラ動いて、一緒に捜査しているはずの仲間には協力だけさせて何も情報を提供しない。
そうか・・・トラウマ抱えた可哀相な亮二くんは「誰も信用できないんだ」っけ。
そのくせ、サチには喋る喋る・喋りまくる。
サチのお母さんには誘導尋問みたいにして、あっさりと「元夫が自分の子を殺したかもしれない」などと言わせておいて(お母さんも酷いよ、簡単に印象だけで元夫を殺人犯にするなんて)、それもまたご丁寧にサチにべらべら。

もしかしたら最終回に突然インターポールにいる事を生かして大活躍するのかな、するんだろうな、主役ですもん。そうでなかったら江口さん、気の毒じゃないですか(笑)。

もっと描かなければいけない大事な事がいっぱいあるだろうに(例えば、綺麗でかっこいい舜の仕事ぶりとか仕事ぶりとか)、今回は水族館でデートですか、しかもご丁寧に悪夢のパリロケシーンまで回想しちゃって。

最後は、撃たれたサチを何もせず血が流れるままににただただ揺すって「おい、しっかりしろ」ばかりで、医者だった設定は一体どこに・・・しかもサチの回想シーンまで再び。
突っ込みどころ満載だったドラマ「催眠」の嵯峨先生ですら、由香が刺されたときはもっと医者としてちゃんと応急処置していた記憶があります。

もう、犯人はどうでも良くなった。ここまでいろいろな状況を見てきたら、犯人は多分アノ人だと思うんだけど、動機は何なんだろう。

毎回、たくさんの突っ込みどころに加えて

最終回、とっちらかったいろいろをどんな風にまとめるのか?

舜は一冬の間に何着のコートを持っているのか?

そんな所を楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

日清麺職人Goro's Bar鶏ガラ艶白湯

昨日はむなしく手ぶらで帰り、今日めでたくコンビニで発見!
一番上の棚に積み上げてあった艶白湯shine、黄金色に輝いて見えました。

麺は勿論ツルシコ、スープはコラーゲン入りのトロトロだから、美味しい上に冷めにくい。
見た目も卵とクコの実、キャベツの彩りも良く、さすが稲垣吾郎監修sign03
誰にでも自信を持って勧められます。

置いてなかったスーパーには、備え付けの箱に「置いて下さい」の要望を書いて入れてきました。

麺職人といえば、CM総合研究所が先日発表した

最新2008年度CM好感度TOP10
これによると吾郎は、CMの露出度では100位以上の所にいるのに、好感度ではトップ10に入っていました。
これは、凄い事ではありませんか!!
CMの印象がインパクトがあって好感度が高いという事ですから。
ファンには賛否両論の(笑)「麺職人」や「北海道チョコポテト」などのCMの印象が大きかったと思われます。(調査期間:2007年11月~2008年10月)

これはやはりキャラが立っていて一般に浸透しているという事でしょうか。見た目で受ける印象と思い切りよくはじけた時のギャップが吾郎の魅力の一つだと思います。

麺職人Goro's Bar艶白湯、番組名がついているからCMも無いところが辛いね。

では、もう一回叫んでおこうっと。

日清麺職人Goro's Bar鶏ガラ艶白湯、

コラーゲンも入ってお肌にも良し、

カロリー控えめ

何と言っても美味しいですsign03

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

忘文 3月1日

女性アナの声で「マザーグースのうた」から始まった今日の忘文は、フジテレビ開局50周年、50年分の感謝の言葉を心癒される絵本と共にお届けいたします~というナレーションが入りました。絵本の部分は以前放送されたものの映像です。

book最初の絵本は、「誕生」がテーマの「BIRTH」(2007年11月25日放送)。

41lkqby17gl_sl500_aa240_jpgbirth

BIRTH

自然の神秘的な姿を美しい写真と言葉で綴った本です。朗読は少し抑え気味だけれど表情豊かな声と美しいBGMが豊かな自然の息吹を感じさせてくれます。

book2冊目は「とくべつないちにち」(2008年2月24日放送)

51c1dd8bfcl_sl500_aa240_jpg

とくべつないちにち (世界の絵本) 

主人公アルノが初めて学校へ行った一日の不安な気持ちから楽しい気持ちへの変化が描かれていて、大人には子供の頃の新しい事が始まる時の不安や喜びを思い出させてくれました。


book3冊目は、愛する人への感謝を綴った「MANY THANKS~いつもありがとう」(2008年8月10日放送)

「これからもフジテレビをよろしくね」と(笑)締めて、今日の忘文は終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月・2月 ノート

毎月、観た映画・舞台などの単なる自分のためのメモです。いつも楽しみに日記を読ませて頂いている方が毎月メモとして書いていらっしゃるので、真似させて頂きました。

先日「チェンジリング」を見た時に思ったのですが、素晴らしい映画を観た時ほど自分では感想など書けないんですよね。それでせめてもの記録として書きだしてみることにしました。

連続ドラマなどはほとんど見ないので、とりあえず映画は興味のあるものを録画しておいて時間のある時に見ます。

今年から始めようと思いつつ、1月の終わりは例のお祭りですっかり抜けてしまったので、初回なのに1月2月をまとめてしまいます。

tvエンジェル(2007英)
tvアース(2007独・英)
tvクロムウェル(1970英)
tv炎上(1958日)
tvパーフェクト・ストレンジャー(2007米)
ticketリチャードⅢ世(赤坂アクトシアター)
tv華麗なるギャツビー(1974米)
tvプロヴァンスの贈り物(2006米)
tvマリア・カラス最後の恋(2005伊)
tvフォレスト・ガンプ 一期一会(1994米)
tvいつか眠りにつく前に(2007米)
tvエリザベス・ゴールデン・エイジ(2007英)
movieチェンジリング(2008米)
tvイングリッシュ・ペイシェント(1996米)
tvヒトラーの贋札(2007オーストリア・独)

1月は、イギリスBBC放送で制作された「高慢と偏見」とそのシリーズ何作かのDVDを貸して頂きそれを夢中で見ていたので、映画はあまり観なかったような気がします。イギリス中の女性が夢中になったのも頷けるコリン・ファースのダーシー様が素敵でございました。もう、視線だけで語る・語る・・・あんなツンデレ男を吾郎で見たい!と思ったのは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Goro's Bar 

スペシャルドラマに特別出演して下さった加賀まりこさんをゲストに迎えてのGoro's Bar。
初めて共演した加賀まりこさんの吾郎に対する印象は「ほわ~ん」としているらしい。
それに対して、恋愛の時は「結構、強引な所もあるし、誰も僕のことはわからない」なんてミステリアスを気取ってましたけど(笑)~

「がぶっheart02」って、そんな可愛いオオカミ見た事無い!

「恋愛について、ちょっと相談にのっていただきたい」というのもお近づきになる一つの手ですか?

普段ほわ~んとしていていざという時(?)にはオオカミになる吾郎、いいなあ。襲われたいheart04と思った人多数でしょうね。吾郎の場合は「襲いたい」のでしょうか(笑)。

どうせVTRを見るなら美味しい方が楽しい。

ドラマの映像もまた流れて、

Goro's Barドラマがますます楽しみになってきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »