« 忘文 3月29日 | トップページ | 新国立劇場 »

2009年4月 1日 (水)

3月ノート

tvレンブラントの夜警(2007 カナダ・仏・独・ポーランド・オランダ・伊)
tvパトリオット(2000 米)
tvこの道は母へと続く(2005 露)
tv燃えつきるまで(1984 米)
tv88ミニッツ(2007 米)
tvさよなら子供たち(1987 仏)
tv再会の街で(2007 米)
tvペネロピ(2006 英)
tv主人公は僕だった(2006 米)
tvつぐない(2007 英) ticket 

    * ticket・・・以前、劇場でも見ている

3月は映画館に行ってないことに気づきました。
映画館で映画を観るのって半日は潰す感じになるので、やはり作品を選んでしまいますね。

TVでは、時々主演の俳優さん特集のようなものをやるので、同じ俳優で違う作品を比べて観られるというおもしろさもあります。それにしても作品的に偏っている(笑)!?この他はTVドラマシリーズのCSIクリミナルマインドグレイズ・アナトミーそしてプロジェクト・ランウェイなどでバランスが取れていると自分では思っています。

今月の10本で私が好きだったのは「さよなら子供たち」と「つぐない」の2本。「ペネロピ」が意外に可愛いかった。「つぐない」は物語の舞台とか映像が好みなのかな。原作も面白かったけれど、かなり原作に忠実に作られている映画だと思います。

「つぐない」の原作者イアン・マキューアンが書いた「愛の続き」。これを映画化した「Jの悲劇」(2004 英 主演ダニエル・クレイグ)も(今月見た映画ではないですが)面白かったです。

せっせと映画館に通いたいなぁ>吾郎ちゃん!

早くいい作品に出会えますように~heart04

|

« 忘文 3月29日 | トップページ | 新国立劇場 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/44525959

この記事へのトラックバック一覧です: 3月ノート:

« 忘文 3月29日 | トップページ | 新国立劇場 »