« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

トライアングルDVD-BOX

フォトブックの舜の立ち姿がかっこよくてキレイ!
トライアングルのフォトブック、まるでファッション誌みたい。それぞれがポーズを決めて、渋かったり笑顔だったり、なかなか面白いなと思いました。

特典映像のクランクアップ映像、ほっそりして青白い吾郎が素敵。今までの熱血・黒木舜ではなくて、ちょっと控えめで静かなほっそ~い吾郎でした。

オーディオコメンタリーもなかなか面白かったです。
最終回は何回も見ているので、別に音声が入っていなくても分かってしまう自分にも笑ってしまいました。
やっぱり、みんなチビ吾郎の写真がとっても可愛くて、そっくりだと思っていたんですね。
男4人で「そっくり」「かわいい」と口々に言っているのが、ちょっと面白かったです。

舜が活躍するサイドストーリー、是非見たいですよねsign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

ちょっと冷たい吾郎も素敵

GWの原宿で、ほんわか制服デートなのかと思ったら、
汚部屋へGO!でしたか・・・

もうありえない位散らかった部屋で
「手の施しようがない」と冷たく言い放つ吾郎に萌えました。
クールビューティーshine久しぶりだわ~

癒しの吾郎も良いけれど、そうよ、これが見たかったのよ!

そして、相変わらず白衣が素敵。散らかり放題の部屋と殺風景な手術室に立っているオーナー、美しさが際立っていました。

来週も続くのかな。
うさぎさんと吾郎のやり取りは結構好きです。

「うさぎちゃんsign01うさぎちゃん、起きてsign03」と肩を揺すって起こして貰って、いいな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

STOP THE SMAP 稲垣吾郎のSMAPな夜~

ベランダで育てるハーブや野菜について~
私は、吾郎が野菜などを育てている姿がどうしても想像できないのです(笑)。
でも、話を聞くと育てているんですね。
私も、今年はローズマリー以外にも手を広げてみようかな。

そして、私も葉書を出した(笑)「コロ・チャー」CMについて~
このCM、とっても評判が良いようですね。一般の方には断然2枚目の写真が好評なようで~
やっぱり、この2枚のギャップがこのCMをますます面白いものにしていると思います。
勿論、木村くんが居てこそですけれど。
それなのに「大丈夫かなぁ」とちょっと悩んじゃったりする吾郎ちゃん、カワイイです。

ですから、ここでも叫んでおきます。
吾郎さん、だいじょうぶですから。だいじょうぶと言うよりもすごくいいですからsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマミュージアム THE ☆ イチバン

オーナー・稲垣イチバン吾郎&雇われ館長・香取ニバン慎吾
時々立場が逆転するシンゴロー、楽しかったです。
また二人ともシルクハットも衣装も良く似合ってました。

日本で一番大きな大根を運ぶ所をただ見ているオーナーに向かって「うろうろボーッとしてるな、手伝え!!」と叫ぶ雇われ館長。
デカイ大根を包丁で不器用そうに切るオーナーを見て、みんなが口々に「あぶない、あぶない」とつぶやく。

日本一高いお米を食べているそばで「アイカード使ったらちょっとは安くなりますか?」と言うオーナーはタカアンドトシに「食べてるときは黙ってくださいよ」と叱られる。アイカード使ってるんだheart02

テディベアを抱いた吾郎に「首、危ないよ、首。」と注意した慎吾は、あのピノキオ事件を知っているのでしょうか(笑)。テディベアの「泣ける話」を聞きながらオーナーは泣き真似をしていたのかな。萬田さんだけ気づいて下さっていたという事かしら?せっかくだからカメラさん抜いてくれたら良かったのに。

オーナーが興奮していたのはやっぱりガンダムでしたか。でも美しかったな、プラチナのガンダム。
美しいといえば、からくり人形も凄かった。

放送中止になった回のゲストさんを呼んで急遽の企画にしては贅沢で面白かったと思います。一つ一つが短い時間でサクサクと進む所が良かった。実際は4時間以上も収録にかかったそうですね。スタッフの方々、ゲスト、観覧の方々、本当にお疲れ様sign03 釈さんと堀北さんが、進行に絡めてちょっと照れながらドラマの番宣をしているのが、とても可愛かったです。
もちろん、シンゴロー大好き。
この二人は照れずにきっちりとキャラを演じてくれるので、見ていて気持ちが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

忘文 5月24日

ただ郵便屋さんが自転車に乗っているだけなのに、どうしてこんなに癒されるんだろう。
穏やかな表情とか、いつも必ずどこかでフッと微笑む仕草のせいなのかな。

という事で、今週も自転車に乗って登場した郵便屋さんで始まった忘文は
ゲストハウスの住人から管理人さんへの手紙です。
地方から一人で東京に出てきた人にとって、友達でも家族でもない不思議な関係で結ばれたゲストハウスでの生活はかけがえのない人生の一部になっているようです。

和やかにゲストハウスでの生活の様子などを聞いて「ドラマになりそうですね」と言った郵便屋さん。そうだ、ゲストハウスのオーナー、管理人のドラマ、いかがですか?
女子大生に優男管理人じゃありきたりだから、住人も男子限定で。
ガキは飽きたので(爆)というか、大学生から社会人まで20歳以上、上限無しの怪しげで訳ありな住人と管理人が織りなす少し大人のドラマがいいわ。

今日の忘文もとっても良かったのに、結局私の妄想劇場になってしまいました。
手紙を読んだ後のお喋りが、最近特にいいと思います。仕事だけでなくいろいろ幅広く世の中を見る余裕があるんだな、素敵な大人になっているんだな~と吾郎さんを見ていると嬉しくなります。

今週の絵本

51anzvaw5l_sl500_aa240_jpg100

100かいだてのいえ

「ぼくは100かいだてのいえのてっぺんに住んでいます、遊びに来てください」というなぞの手紙を貰ったトチくんは、その家を訪れます。そしてそこで経験した不思議で楽しい出会いについて書かれた絵本。
とても美しい色遣いの絵だと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

お口にチャックは・・・しないで下さい

今週のムカ女は、あんまり面白い内容では無かったけれど、みんなの仲の良さが楽しく伝わってきました。何か、失言するとみんなにつっこまれるオーナーの立ち位置がなかなか素敵だと思いました。
でも、やっぱり具体的に名前を挙げて仲間を告発するのは止めて欲しいな。楽しくない!みんなもどうコメントしたら良いか困るじゃないですか。そんな中「興味ある!」と言ってしまうオーナーのおおらかさを少し見習いたいな、と思いました。

ブリッ子オンナの仕草をいちいち「カワイイheart02」と言って、周りに総突っ込みされるのは、もうお約束になったんでしょうか(笑)。あんまり忠実にキャラを貫かない方がよろしいかと・・・

で、来週は待ちに待った制服デートですわ。
学校の制服に白衣まで!
マイ・フェア・レディ、いいわ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

ブログ

ジャニーズ携帯サイトのブログが、吾郎のお当番でした。

母の日に家族でちょっぴりお洒落なよそ行きレストランに行ったとか。

男の子は母の日にはちゃんとするものです
・・・この言い方が、もう可愛くて可愛くて。

一体、いつからこんなに癒しの男の子になったんだ~heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぬかるんだ道越えて

調子に乗ってもう一つ紹介させて頂きます。

2004年3月30日朝日新聞
【ズームアップ】稲垣吾郎
~「犬神家の一族」で金田一耕助

頭をかきむしりフケの山を作る~そんな男を、SMAPの中でスマートと呼ばれる男が演じる
・・・と、金田一耕助第1回の時の記事です。

clip大正から昭和初期の日本に興味があり、「建築や着物・美術品からシンプルな生活ぶりまで、ハッとするような美しさがある。こういうものを忘れたくない。」

そして「広島に原爆を落とす日」に出演した98年頃から、「忘れてはいけないものを伝えたい」という思いをいだき始めた。

ただ、その道は平らではなく、世間を騒がす事件も起こしてしまった。
&Gの名で出したソロシングル「ワンダフル・ライフ」の歌詞
『ぬかるんだ その足下が 今日を支えてるから 僕は踏み出せる』(作詞作曲 市川喜康)

「自分の場合、ぬかるんだ足下になったのはすべて自分のせい。仕事のない長い時間に自分を見つめ直し、恵まれた環境だったことを思い知った。すべてプラスにしてお返ししたい」
と吾郎は締めくくっています。そして、この記事の最後の文章は

30歳。問われるのはこれからだ。

事件が起きて謹慎が解けて復帰2年後の記事ですが、この事に触れられ一切弁解も言い訳もせず静かにに当時を振り返っています。この記事の横に載った吾郎の笑顔がとても自然でそれがかえって胸を打ちます。

この言葉を再び読んだ時、この時の決心が着実に 今、実を結んで居る事に感動しました。

すべてプラスに、何乗にもなって良い方向へと向かっていると思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

嫉妬する男・しない男

キラキラshineの瞳・・・スタッフGJ!
そういえば、Goro's Barの時もアイマスクに書いてありましたよね(笑)。

6回目にして、レギュラー陣の息もぴったりで、本当に楽しそうで見ているこちらも楽しくなります。
ムカ女も面白いけれど、あんまり続くとなぁ。飽きられたら勿体ない気がします。
ムカメンもまたやって欲しい。オーナーが拗ねたりする所が見たい、見たい、見たい!!
男性芸能人SP「ムカメン特集」、本人登場で演じたら、吾郎も「イメージが・・・」とか文句言わないですむし(笑)、いかがでしょうか?

5月23日からの木村くんのドラマに出演する事になった優樹菜ちゃん。木村くんに気を遣ってもらえる優樹菜ちゃんに対して、吾郎の「嫉妬しちゃう」がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!  吾郎のリップサービスみたいな「嫉妬しちゃう」がちょっと好きです(笑)。

逆に嫉妬しないといえば~

pen今日、過去の切り抜きを探していたら、2002年11月の新聞記事の切り抜きがありました。

ゆったり1曲♪」~朝日新聞2002年11月30日 

夜空のムコウ(SMAP) 市川染五郎さん選曲

稲垣君がカッコよく          

春のドラマで共演して、すごく楽しかったし刺激になった。これはその時の思い出の曲。ドラマの打ち上げの最後にカラオケに行って、稲垣君が色々と歌ってくれた。彼らの歌は知っていたけれど、親しくなってからその人の歌として聞くとまた違ったものになる。

彼の空気感、雰囲気は特別なものに感じられる。彼はすごく自然体な人で、自分の舞台を見に来た時も興奮して素で喜んでくれた。同世代の友人がいい仕事をしていると、悔しいとかライバル心とかが出てしまいがちですが、彼はそんな感じがない。すごくかっこいいと思った。

・・・このような事が書いてありました。

吾郎、素敵だ。そして、こういう事を普通に書いてしまえる染五郎さんもとっても素敵だと思いました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

母の日の忘文

母の日の忘文は
大先輩のお母さんから母親一年生の娘へと宛てた手紙。
九州と北海道と離れてしまったけれど、しっかりと心は繋がっているなと感じられる心強いお母様からの手紙でした。

今日の絵本

41nfnzjw7l_sl500_aa240_jpg

おかん

家事で忙しいおかあさんにまとわりついて「おかん」「おかん」と喋りかける息子と、うるさそうにしながらも実は嬉しいおかんとの会話がとても微笑ましいです。

吾郎の話す関西弁が可愛くてかわいくて(笑)。

あのちょっとたどたどしい感じが関西弁に馴染みのない人にはちょうど良いのです(勝手に断言)!

絵本の後に少しだけ流れた忌野清志郎さんの歌に、スタッフの思いを感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

ガウンカタログ

毎回、オーナーのガウンが素敵~
ガウンの下の白いフリルブラウスの次は何がくるんだろうと思ったら
今週はブルーのペイズリー柄のガウンと揃いのスカーフ。
まいりました。白い胸元がとてもセクシー。
毎週取っ替え引っ替えカタログみたいにガウンを着て登場だけど、
日本でこんなガウン着る人ってどれ位いるんだろう、と
つまらない事をふと考えてしまいました。

ムカつく女を並べられても、「(どうでも)いいんじゃな~い」と答えるオーナーは素敵でございました。
きっと周りにはあんなオンナは居ないのでしょうね、きっと。

両手でもぐもぐしてみたり、猫じゃらしみたいにしても、やっぱり薔薇の花が似合いすぎで笑ってしまいます。

木下優樹菜ちゃんもいよいよ馴染んできて、社員の息もぴったり合ってきたようですが、やっぱり吾郎が中心だとバラエティ番組なのにまったりする所が、いいなぁと思います。

この給湯室のお喋り または昼休みのちょっとしたひとときみたいなトーク、ちょっと困りながらも無下に立ち去れないでいる先輩~みたいな感じの立ち位置が面白いと思っています。
これから、どうなっていくのかとても楽しみな番組になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

5月6日

ゴローheart02の日

今年も恒例のゴローの日。

綺麗な絵はがきでもストスマの吾郎に送る事にしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

SMAPXSMAP 5月4日

CCB吾郎の事をこんなに愛しいと思ったのは初めてだと思う

スタッフの苦労が分かる過去映像の編集。嫌でもそれを感じてしまう次々の
映像の間に突然飛び出してきたCCB吾郎。
今までは、できればやって欲しくないキャラだったけど、今回はそんな息苦しい中ちょっとホッとさせられました。
以前も見たけれど
会場に行くまでの車の中で「この衣装のままでもいいから帰りたい」と言い、
控え室ではロックのお兄さん達の冷たい目。
自分の出番が来るまで、緊張したり一生懸命練習したり、
眼鏡の向こうのくるんとした睫毛が可愛かった。

あんなに緊張していたのに、一旦表に出たらノリノリでやってしまう所も、かっこわるくても何でもやりきってしまう吾郎が好き。
そして終わった瞬間、素に戻る所も。

スマスマを見ていた人の中には、このコーナーの間は「4人のスマスマ」である事を忘れた人もいると思う。
一人で笑いどころを引き受けている吾郎を見て、8年前に必死でスマスマを守ってくれた4人を思い出しました。

リチャード・カーペンターさんがゲストで
YESTERDAY ONCE MORE
リチャードさんの優しい笑顔がSMAPを励ましているように見えました。素敵に歳を重ねている方だな。

ここからは
萌えで!!
途中までたくし上げたジャケットの袖の下は、意外にたくましい腕。でも、マイクスタンドに添えられた指の繊細で美しい事!勿論、エンジェルボイスはカーペンターズの曲にとても良く合っている。

素敵に大人のジャケットをそれぞれ着こなしているのを見ると、こうして落ち着いた感じのSMAPも、いいなぁと思った。
これからもずっとSMAPを続けていってね。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

忘文 5月3日

新緑の中、くねくねと細い一本道を自転車に乗った郵便屋さんがやってきた!
神奈川県宮ヶ瀬湖湖畔からの忘文。
5月の太陽が眩しそう。

今日の忘文は美容師をやっている仕事のパートナーへの感謝の手紙。「いつか、一緒にやろうな、俺たちの理想のサロン」・・・何だか「彼」を思い出しちゃった。

今週の絵本   

519ua6zb4ol_sl500_aa240_jpg

バルバルさん (こどものとも絵本)

バルバルさんの床屋さんにある日突然動物たちがやってきた。
動物たちの要求とバルバルさんの仕事ぶりが面白いです。
床屋さん嫌いなお子さんに?

そして、いつも吾郎ファンの心をよ~く分かって下さっている忘文ですよ!!

私の大のお気に入り、最後の10秒間。今週は水辺まで歩いていく郵便屋さんの後ろ姿。湖畔に佇む後ろ姿。脚が真っ直ぐで長い。僅かに右足に重心をかけて両手をポケットにつっこみ上着の裾は春風になびいています。   以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月ノート

movie花の生涯~梅蘭芳(2008 中)
tvラヂオの時間(1997 日)
tvぜんぶ、フィデルのせい(2006 伊・仏)
tvトーマス・クラウン・アフェアー(1999 米)
tvみんなのいえ(2001 日)
tvラスト・コーション(2007 中・米)
tvナイロビの蜂(2005 英)
tv華麗なる激情(1965 米)
tv幸福の条件(1993 米)
tv魔法にかけられて(2007 米)
tvNINAGAWA 十二夜(2009 ロンドン公演)

花の生涯。一人の人間の生き方についてとても考えさせられるものがありました。吾郎もananのレビューで語っていたけれど、幸せとか名声・成功と一人の人間としての一生について。

ラスト・コーション、私好みの作品でした。言葉にしない抑えた情感が痛いように伝わってきて惹きつけられました。

何だか同じような時代の二つの中国映画。日本人が悪者で、それが辛かったけれど。

10年後の吾郎ちゃん、シリアスだけでなく娯楽性の強いものとしてトーマス・クラウン・アフェアーのP・ブロスナンみたいな路線はどうだろう。日本じゃ難しいか。どうして日本だと大富豪が嘘っぽくなるんだろう(笑)。

吾郎ちゃん、映画待ってます。私、このテンプレート飽きたし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

あなたのためにできること

春の大騒ぎもあっという間に収束し、また新たなスタートに立つSMAPになるのかな。5人のSMAPが戻ってくる事は、それも思いの外早く実現しそうで、良かった。事務所のコメントによると「ファンの皆様のお声を踏まえて」今後の芸能活動を決定するという。

今回の件で、どうしても思い出してしまう8年前。あの時私達にできることはもっとあったのだろうか。

釈放されて処分が決まるまでの1ヶ月間「メンバー」「メンバー」と揶揄され、SMAPのメンバーも吾郎の名前すら発する事は禁じられているような状態。吾郎のファンサイトは軒並み荒らされ、情報もなかなか入りづらい時期もあった。
処分が決まっても、SMAPに、事務所に残る事ができるのかという疑問がまず立ちはだかり、WSなどでは応援してくれる方もほんのわずか、吾郎ファンはただただ毎日眠れぬ夜を過ごし、人によっては禁煙したり禁酒したり(笑)ひっそりと成り行きを見守るばかりでした。

時々見聞きする「報道とは全く違う」目撃談。でもそれをどう持って行って良いのかも分からず、かえって吾郎・SMAPそして事務所に迷惑をかけてはいけない、とそればかり頭にあって声高に正義を叫んだりする事は出来なかった。

できる事と言ったら、事務所に復帰お願いの手紙を書き、吾郎に慣れないファンレターを書くこと。吾郎の団扇を持って4人のコンサートに行くこと。SMAPファンの提案で、コンサート会場ではチケットの半券に嘆願書を書いて集めるという運動をしてもらえたのはとても嬉しかった。

12月8日、吾郎の誕生日にみんなでもう1冊「馬耳東風」を買おう、と言い合った。この時買った「馬耳東風」はプレゼント用に包んで貰い、まだそのままの状態で引き出しの奥にある。

ニュースを聞いた時に狂喜乱舞した翌年1月の新橋演舞場での舞台「嵐が丘」も降板となり、すべてのCMも契約が切られた。全く先の分からない状態、いつ謹慎が明けるのか、本当に戻って来られるのかすら分からないままに暮れていった2001年、そして不安と共に迎えた2002年。大々的に呼びかけてアンケートでも採って送ったりしたら、もっと復帰は早まっていたのだろうか。

ここまで書いてきたら、やっぱり8年前は8年前、私達がどうやっても動きは変わらなかったのではないかと思えてきました。
うん、やっぱり時の流れ、その時の状況などで違ってくるんでしょうね。
今回思った事は、みんないろいろ生活が大変なのよ。誰かに八つ当たりしたい。それの対象が8年前は吾郎でありジャニーズ事務所であって、今回は警察や過激なマスコミだったって事なのかな。勿論、報道の持って行き方が180度違うのだけど、それにしてもだれもかれも自分の考えを持たずに簡単に操られてしまうのだな、と怖くなりました。
きっと静かに微笑みながら一生懸命仕事をしている吾郎に習って、これからも静かに応援していけばいいわ、と思えるところまできました。
・・・と言っても、瞬間湯沸かし器の私の事、すぐに怒ったり沈んだり忙しいのですけれど。

今回、いろいろと日記などを書くにあたって、8年前の報道や復帰のスマスマを見直してみました。
「僕があの日、起こしてしまった事は二度と消すことはできません。僕はその中でこれからも生きて頑張っていかなければいけません。敢えて言わせて頂くならばこれからの自分、生まれ変わった稲垣吾郎をどうぞよろしくお願いします」と復帰の挨拶を締めくくっています。あの時の吾郎を見て、きっと私達が一生懸命書いた手紙や思いは吾郎に届いていたと思った。

その言葉通りに頑張ってきた8年間、それを知っている私達の思いは、今の騒ぎをただ面白がっているだけの人達よりもずっと強いのだから大丈夫だと思いました。

今、吾郎のためにできること・・・そうだ、スーパースキャンダルのDVDの発売が決まったらしいので、ポチっと注文してこよう。葉書も補充しておこう。



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黄色のセーター

昨日、GWの竹下通りでロケをしていたという目撃談がたくさん。
相変わらず、お肌はトゥルトゥルで細くてカコイイ吾郎だったそうだ。

マイ・フェア・レディの接待デートに黄色のセーター!?
黄色といってもクリーム色に近い柔らかな感じの色でしたが。

それってもしかしてアレですか?
そうだとしたら、吾郎らしいひっそりした応援だな。

【追記】  5月3日

すみませんsweat01私の早とちりだったようで~

マイ・フェア・レディの企画ですが、制服デートnoteだったらしいです。 どんな感じになるのか、とても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »