« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

ほんとうにあった・・・

ほんとうにあった・・・と言っても今日は忘文の絵本。

ほんとうにあった動物のおはなし・・・動物園で起きた本当の話を絵本にしたようです。

今週の絵本    
51d6meefpwl_sl500_aa240_jpg

ともだちをたすけたゾウたち (絵本・ほんとうにあった動物のおはなし)

病気になってしまった仲間の象を思いやる心温まるお話でした。

ところで、毎年恒例の「ほんとにあった怖い話」ですが、今年で10周年なんですね。吾郎さんが進行役を務めるようになったのは、もう少し後ですが。

公式HPが少しだけ更新されています。今年はどうなるんでしょうね。

個人的には、除霊は要らないのですけど~

10周年ほんこわ、期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ヶ月にイチゴロー 

月イチではないし。

まずは
可愛い&美味しそうsign03
スミマセン、こんな感想で。
今回のスーツも素敵。よく似合ってました。

愛を読むひとで、楽しそうにちょっと大下さんをからかったりするゴローさんが好きです。仲の良さが伝わってきて。
是非、吾郎に「年上の女性はどうですか?」と聞いて欲しかったけど、きっと当たり障りのないキレイな答えしか返ってこないのだろうな。
でも、ひょっとして何か興味深い事をポロリと言ってしまう可能性もあるから、そこはスタッフの方、カンペで大下さんに催促して欲しかった。

ガマの油は役所さんの優しさに触れてみたくなりました。
アイ カム ウィズ ザ レイン は、「思いっきり打ちのめされて、人には見せたくない、自分の中だけに取っておこうと思ったモノ」という言葉をしみじみと噛みしめてしまいました。
それにしても、言葉を選びながら淡々とそのまま活字にしても記事が出来てしまうような文章が口から出てくる事にいつも驚かされます。

そして、もう一つビックリしたことは
レディースデイ(笑)sign03
吾郎ちゃんが、いつ気づいたのかが気になります。
チケットを予約していたのならチケット発券の時点では気づかないだろうし、窓口で並んでいる時に知ったのかな。でも窓口に並んで買うかなと思ったけど、以前映画のチケットを買う窓口のお姉さんについて何か言っていたしなぁ・・・あ、どうでもいいですね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

イル・ポスティーノ

1994年 イタリア/フランス 監督:マイケル・ラドフォード 

552x4912009020800025jpg ナポリ沖の小さな島を舞台に、チリから亡命してきた偉大な詩人と郵便配達人との交流を描いた物語。

主人公マリオは、父親のような漁師にはなりたくないが何をしていいかも分からずにいる青年。舞台となる島は水道もなく、人々は不便な生活を強いられている。ある時、島にやってきた詩人へ世界中からのファンレターなどの郵便物を届けるという仕事を得る。字は読めるが「隠喩」も分からなかったマリオが次第に「詩」について興味を持ち、そして自分達の生活についていろいろ考えるようになる。
青い海と空と美しい自然、信じられないくらい質素で素朴な生活。
少ない台詞。美しい島の景色。美しい島の音。
「詩」を読んでみたくなる。
最後まで見たら、大人のおとぎ話なのかな、と思った。

第68回アカデミー賞オリジナル作曲賞(ドラマ部門)を受賞しています。

何で急にこの映画なのかというと

これって、吾郎ファンの間ではもしかして常識だったですか?

この映画「イル・ポスティーノ 郵便配達人」全編に流れる曲が「忘文」のテーマ曲でした。

主人公の郵便配達人のマリオは美しい自然に囲まれた島で自転車に乗って手紙を届けるのです。崖の下には真っ青な海、時には一面に咲く花。バックに流れるのがあの音楽でした。

「忘文」で撮される木々の緑や季節の花、そして海、郵便屋さんの自転車、これはすべてこの作品へのオマージュなのでしょうか。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

祝:新CM その2

酒は大関CMスペシャルサイト、吾郎の「旨い!」の笑顔がすごくいいです。

特典:CMメイキングも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

嬉しいっ!!

出かける前に一言

大関新CMおめでとう~heart04

しばらくは「和」のテイストですか?なんて(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

木陰で読書の似合う男

Photo_2   忘文の1シーンより
 この木陰の本棚の横に椅子を出してきて読書をしている吾郎を思い浮かべてください。

忘文を見る度に思うんです。こんなに木陰で読書の似合う男、どこにいます?

ただ今、「吾郎を、文庫本のイメージキャラクターにsign01」というキャンペーン勝手に開催中?です(笑)。
すごく説得力あると思うんだけど、大型書店・出版社の方いかがですか?

私達の間では、冬はコート、夏は浴衣での読書、或いは小説の主人公に扮して・・・などと妄想は止まりません。いいと思うんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久しぶりのアイドル誌2冊

それぞれグラビアがいいですsign01
Myojo 最初のページ、少し変わった角度からの横顔が美しい。
吾郎の顎から喉仏にかけて大好物の私にはたまりませんわ。
白い部屋でベッド?に座って小首を傾げている吾郎、最強。  食事の後は2駅~3駅歩いたりしているんだ・・・今の季節は気持ち良いだろうな、と歩くの大好きな私は思いました。

「こだわらないというこだわり」意外に吾郎っぽいのかもしれないですね。

ポポロ 「今月の言葉」取材の時に用意されたピタトーストを「スタッフのみんなに食べさせたいから」と全部おみやげに持ってマイ・フェア・レディの収録に向かう吾郎が優しくて可愛い。
そしてSMAPインタビューシリーズ「メンバーと歩む20年」、メンバーへのSMAPへの思いを語っています。吾郎の人やモノを見る視点とか語り口が大好き。
ポポロでは綺麗なブルーのカーディガンが肌の綺麗さを強調していて、真っ黒な大きな瞳がとても印象的。

今月のこの2冊、自信を持ってお薦めheart02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

可愛ければいいか・・・

可愛かったから、いいか・・・という感想しか出て来ないSMAPXSMAP。
先週は我慢していたけれど、今週は言わせてもらう。

私にとっては、先週に引き続きビストロは論外。素人さん呼んでSMAPにキャーキャーという図を作りたいのなら他でやって欲しいです。面白く無い、面白かったの問題ではなく、今までの、そしてこれからのビストロのゲストの方に失礼。

「いい話」がちっともいい話だと思えない。
Story.1「ライバル」ただの新婚さんの旦那自慢?慎吾が可愛かった。
Story.2「誇り高きラーメン屋」誇り高いのなら、店出す前に麺の茹で方くらい習得しとけ。
・・・というのが、私の感想。
きっと、これを作っている人と私はとことん感性が違うから仕方がないんだな、と思いました。今まで良かったと思ったもの無いですもん。しかも長い!オチの吾郎が可愛いのは認めるんだけど。
同じようなドラマ仕立てでも、中居くんのシリーズとか記念日ネタ(カウントダウン?)のものは結構好きなんですけどね。
今の世の中、「一生懸命やってるぞ」というのは人前で(客前で麺の茹で方の修行!?)やらないと誰も認めないって事なのかな、なんて捻くれた事考えちゃいました。

heart熱いお湯をかけられて嬉しそうにはしゃぐ吾郎がとっても可愛かった
heart歌のビジュアルがと~~っても素敵だった
heartトークの吾郎もキュートでしかもキレイだった
・・・こんな事だけを記憶にとどめて次に進みたいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

忘文 6月21日

夢を追う青年への応援メッセージ・・・偶然のきっかけから知り合い、家族同然のようなつき合いになった。でも、ただ優しいだけではなく青年のためには厳しさもそこにはあった。
さまざまな障害を乗り越えて夢を実現しつつある青年に向けた素敵な言葉
「自分の進むべき道をみつけたあなたは幸せな人です。支えてくれる多くの人への感謝をいつも忘れずに歩んでいってください」

一人で移動のカレー屋さんを始めた青年への郵便屋さんの目も温かかったです。

今週の絵本

51j2my4e29l_sl500_aa240_jpg

さいこうのいちにち (児童図書館・絵本の部屋)

たった一日しか地上で生きることのできないかげろうの一日。

地上で起こるさまざまな美しいことがらを書き連ねた美しい本。

世界は美しい、もっと一日というものを大切に生きたいと思えた絵本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の仕事じゃないよね?

発売中の「ザ・テレビジョン」、今週の名言のトップは
僕の仕事じゃないよね? 稲垣吾郎

イラストは何故かセーラー服を着て、ゴミ袋を持った吾郎。制服デートの回だからと言って何故吾郎がセーラー服なのか(笑)。

マイ・フェア・レディで中村うさぎさんとデートの回、散らかり放題の部屋を訪問したり脂肪吸引に立ち会ったりした後の一言。

いえ、これはオーナー吾郎さんのお仕事ですっsign01

何と言っても、あの汚い(失礼!)ゴミの山のような部屋に立ち、ちょっと上からの冷たい視線に私は萌えまくりましたので。ファンとしてのMゴコロとSゴコロが満たされる素敵な企画だと思います(笑)。
やっぱりクールビューティー吾郎からファンになった私は、最近のほんわか可愛い吾郎ちゃんも大好きなんですけど、たまに見る冷たい視線はたまらないsign03

私が思うに、吾郎さんがやらなくていいお仕事は
CCB吾郎とかCCB吾郎とかCCB吾郎、殿リーマンとか殿リーマン、そんなところでしょうか。

こういうインパクトものは1回やれば良いのです。バラエティ番組だから1回は仕方ないけど何回もやるものではないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

マイ・フェア・レディ 6月17日

二日前の収録のオーナーですよね。
お肌つやつや。
ず~っとガウンだったので、白いスーツが嬉しいです。

ひな壇に女芸人さん達がずらり&がやがや(笑)。
そして、

はるかちゃん、退院&復帰 おめでとうsign03

退院したら真っ先にやりたかったというジャンプ、
どうせならオーナーに「アイドルバリバリのMYOJOジャンプ」のやり方を教えて貰えばよかったのに。オーナーができるかどうかは別の問題として(笑)。ただ少しでもたくさん吾郎を見たいだけです。

オーナーの毒舌が冴え渡る20分でしたが、同じ日に収録したという渋谷ロケがすごく楽しみです。TV誌の座談会で言っていたようにメンバーでロケしたんですね。
「驚くような吾郎の格好」・・・いろいろ想像してしまいます。
ちゃんと放送してくれますように~

それにしても、まだくたばっちまえheart02アーメンのエンジェルボイスが頭の中をぐるぐる回っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

SMAPXSMAP 6月15日

卓球対決は、
胸元が大きく開く&体の線がよく出るジャージ
「吾郎ちゃん、頑張って~」とたくさん言ってくれた観覧の方達
がんばった大賞を上げたいです。

こういう時に自分の事よりもバラエティ番組としての盛り上がりを作ってしまう中居リーダーにはいつも感心します。
ファンの為にはたまにはかっこいい所見せて上げればいいのにな、とも思いますけど。一般視聴者なんて見えているものしか信じないから。
でも、中居くんの指令に従って一緒に後ろで走ったりウロウロする吾郎がとっても可愛かったので、感謝なんだけど。

後はもう、吾郎の胸元と後ろ姿に釘付け(笑)。
プリケツたまらんheart04

歌はもうみなさん書いていらっしゃるのと同じ。
くたばっちまえheart02、アーメン

蔦のからまる白いブランコに乗る吾郎は

最強ですsign01

ビストロ、番宣ばかりと言っていた頃が懐かしいannoy

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

10秒劇場

忘文、CMの後の最後の10秒の映像が大好きです。

2003年10月5日に始まった忘文、
始めに忘文(手紙)を読む事はずっと変わらずに続いていますが、番組が始まった頃は手紙の後には小説の一部や文豪の手紙などを読んでいました。
これが、吾郎の声質に合っていてすごく好きで、妄想も果てしなく広がったように覚えています。
2004年10月3日の放送から、小説は絵本に変わりました。
第1回目の絵本は佐野洋子さんの「百万回生きたねこ」でした。始めの頃は子どものための絵本を読むことにほんの少しの戸惑いや恥じらいが感じられたように思いますが、今はもうどっぷりとお話の中につかって吾郎の声を楽しんでいます。

以前は本を読み終わった後、更に「取扱説明書」「用語辞典」などを真面目な顔をして(時には笑いをこらえながら)読んだり、ちょっとした玩具やおもしろグッズなどの説明を読んだり遊んだりしていた事もありました。番組を作っているスタッフさん達の愛を思いっきり感じる事の出来る映像でした。勿論、今も番組への愛は変わらずに十分感じられます!
だんだん手紙が訴えるものが大きくなって手紙そのものも長くなってきたのでしょうか、こういった吾郎ファンのためのお遊びのようなものは無くなりました。ちょっと寂しい一方、これは一般の視聴者の方にも愛される番組になってきたんだなという思いはあります。

そして、私が「10秒劇場」と密かに呼んでいる最後10秒の映像、第1回目は草原の向こうを長めのコートを翻しながら自転車に乗っている郵便屋さんでした。遠目に見ているのでちょっとマントをなびかせて自転車で走る金田一耕助っぽいです(笑)。水辺に立っていたり山道を歩いていたりギターをつま弾いていたり、その時そのときでいろいろなシーンがあり忘文の楽しみの一つでもあります。ナレーションやテロップなどの入らない静かな10秒間。
この映像はロケ地が同じ6週間はずっと同じ映像でした。

ところが先週と同じはずの今日、先週と違う映像が流れたのです。
両脇に「来週も貴方の気持ちのこもった手紙を稲垣吾郎が届けます」のテロップ付きで。
確かにCMが流れた後最後の10秒の静かな映像だけではたまたまチャンネルを合わせた人には何が何だか分かりませんね。
このテロップが付いた事で、「ああこの時間は稲垣吾郎が手紙を読む番組をやっていたんだな」という事が分かるわけです。

静かな10秒劇場、ちょっと煩わしい文字入りになってしまいましたが、これも時の流れかなと良い方に考える事にします。

今日の忘文、赤ちゃんとお母さんのための「ベビーマッサージ教室」を開いている方に感謝の手紙でした。
そして、とても可愛い絵と、誰でも思い当たるようなお話が可愛らしかった
今月の絵本

51ee9aydtml_sl500_aa240_jpg

ぼくとママのたからもの (こどものくに傑作絵本)

聞いていて思わず微笑んでしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

マイ・フェア・レディ 6月10日

う~ん、何か勿体ないざます。
まあ今週はトークがあったし、オーナーも頑張って意味深な発言してくれてちょっと面白かったかな。YOUさんの解説に、何故か「いいんじゃない」の札で顔を隠していた美幸ちゃん。
自分ではかなり大胆な発言や言動もあるのに、オーナーだと恥ずかしいんですか?
ちょっと面白かったです。

そして来週は整形企画annoy
一体、何故そんなにこれがやりたいんだろう・・・

ところで、今発売中のTV station にマイ・フェア・レディの特集が2ぺージあります。
番組レギュラーで座談会をやっていますが、女性に囲まれて男性一人のオーナー、いろいろ考えてやっているんだな。でもそれが伝わってこないのが勿体ない。
あれだけのトークじゃ、何も伝わらないですよ。

『ムカ女』を「かわいい」と言ってしまうオーナーは、やっぱり分かって言っているんですよ。すごく自分とレギュラー女性陣の役割を考えている吾郎が嬉しかったです。
吾郎さん、ごめんなさい、もうちょっとぽわ~んと気楽にやっているのかと、ちょっと思ったりしてました。

そして松本さん、素敵な事を言ってらっさる。

オーナーはやっぱり男性を呼びたいらしい。それについて、みんながそれぞれ会いたい男性を上げていくと、ちょっとヤキモチ妬いたりするオーナーが可愛いです。

「みんなそれぞれが接待デートをやったら?僕もついて行くけど」
「メンバー全員でどこかロケに行く企画もありだよね」
・・・オーナーがこんな素敵な企画出してますよsign03

少しずつでも試行錯誤しながら、レギュラーのメンバーならではの面白い番組になるといいですね。
ところで、オーナーのガウンは、あの色に決定したのかな。

penTV station 結構読み応えありますお薦めです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

anan Movies

愛を読むひと

映画館で予告を観て、ケイト・ウィンスレットがあまりにも美しかったので、それだけで観るのを決定していた映画。
男女を問わず、スクリーンでは美しい人を見ていたい。

中居くん主演の「私は貝になりたい」の事も絡めて戦争の裁判について語り、役を演じる事について語り、年上の女性との愛を語る。
吾郎の映画レビューは、作品を身近に引き寄せてしまうような独特の説得力があるような気がします。
だから、すごく観たくなる。

うんと年下の男性との恋愛・・・って、みなさんはどうなんでしょうね。
すごい年下を相手にすると言う事は若さが無い分自分を磨かなくてはならないから大変だなと思う。私のような勉強嫌いの怠け者には向かないなぁ。美しい年下男性を鑑賞するだけで良いわ。

来週、映画館に行って見るのが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

忘文 6月7日

今週からまた場所を変え、神奈川県のオートキャンプ場でのロケのようです。

後ろには川が流れ豊かな緑に囲まれた場所。

撮影のあった(多分)2日はすごい強風の日だったので、時折そっと前髪を直す郵便屋さんの美しい手が見えてお得感倍増。何と言っても短い時間ではあっても番組の半分近く一人のアップの映像を眺めていられる番組なんて、ありますか(笑)!?

そ・そんな番組では無い事は十分承知していますが(汗;)    2日撮影という事は、最新吾郎という訳です。相変わらずほっそりしてビジュアルも最高。

前置きが長くなってしまいましたが、今日の忘文は「ねこあくしょん」というお店をオープンした方へ宛てた、お友達からの感謝の手紙でした。野良猫たちの保護や里親の世話などを積極的に行っている方々で、こういう事を実際にやっている方を「忘文」を通じてさりげなく紹介する事もこの番組の一つの大きな役目になってきていると思いました。

とっても良い番組なので、長く続いて欲しいと願うばかりです。

今週の絵本   

51wycgqocol_sl500_aa240_jpg

ひとりひとり  

谷川俊太郎 詩  ふくだとしお 絵

 吾郎さんが朗読するために創られたようにさえ感じてしまう程、声と言葉が絡み合って、素敵なひとときになりました。 

 

谷川俊太郎の詩は、すごく吾郎に合う

 と思いました。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

STOP THE SMAP

中居くんからのキャッチボールSMAP。
そういえば、最近の雑誌でも「吾郎ちゃんは痩せた方がかっこいい」って言ってましたね。
何となく、反論しつつも素直になったりしている所が、とても可愛かったです。

今年に入ってからずっといい感じじゃないですか。
私は、30代男子だったら、今の吾郎の体格も好きです。
2~3kg減だったらいいけれど20歳の頃のようにはならなくていいかな。

今はスーツがとても似合って素敵。
「素敵」って言われると、「そうしなきゃいけない、ってちょっと力んじゃう」んでしたっけ(笑)。でも可愛いだけでなく素敵よ~heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

伝言ゲーム?

今週のSMAPXSMAPのその後について感じた事を少し。

久しぶりの5人のトーク、ライブのMCを思い出して私は私なりに楽しめました。
ただ、随分編集があったようで、番組側(事務所?)で削除した部分と放送した部分を知ってしまうと、何だか微妙な気分になったり。ふ~ん、相変わらずそうなんだ、と(苦笑)。
まあ、そんな事は個人の感想なんだから、良いとして。

ただ、それを記事にされると、更に記事を書く側の都合の良いように編集され、
無かった事にされる部分と、殊更に強調される部分が出てくる。

しかもこの時代、誰でも簡単に無料で記事が読めてしまう。

そして、そのスポーツ紙の記事を転載して、さも知っているかのように「見当違いな事」をブログに書く。

前の日記でも書きましたが、あそこで木村くんが「2度目」と言った事については、私は肯定派です。まあ、吾郎にちゃんと最後まで喋らせて欲しかったという気持ちはありますけど、今回避けては通れない事だったと思っています。
ただ、それを記事にしたもの(特に「男気」などと一部だけを強調した記事)だけを読んだ人は、8年前の吾郎の件が「何故か報道では避けられていた話題」にされてでしまっているのをいくつか見てしまって愕然としてしまいました。
あれだけ、毎回毎回わざわざ8年前の事件の事を、しかもいい加減な記述で繰り返されてきたのに。でもああいった記事(男気云々)だけを読むと、8年前の事は「(ジャニーズ事務所の横暴で)誰もが怖くて言えなかった話題」のように感じてしまうのかな、と。

何となく、伝言ゲームで最初とは全く違う文章が出来上がっていくのを見たような気分にさせられました。人間って自分の信じたいものだけを信じるものなんだな。

とりあえず、自分で見聞きもしていないのに、いい加減な記事を利用して人を貶めるのは止めたら?と思います。褒めるのはいくらでも勝手に褒めれば良いとおもうけど。

その前に、彼ら5人の番組なのに印象操作するような編集はするなannoyって事です。

だから、私も不愉快になるのなら「検索」なんて止めればいいのに~と思うんだけど、何となくいろいろ気になってネットを彷徨ってみたくなる今日このゴロ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困った・・・

マイ・フェア・レディ

Goroの名前の付いた番組ですもの、毎週感想を上げて盛り上げていこうと思っていたのに。

困った。面白かったって書けないorz・・・

番組が始まる時のSPの時点でもう撮り終えていたホストクラブ訪問、予想通りの展開でしたが、あれだけ長いVだったら残りの時間はトークでいいじゃない。
せっかく馴染んできたメンバーとお喋りが得意(そう)なYOUさんがゲストなんだから、みんなでホストについて喋り倒してついでにオーナーをちょっといじってみたりすれば面白いのに。
TV誌によると、YOUさんのムカ女ネタはまだあるようだし。

ムカ女も最初はまあ面白い事もあったけど、先日の同じグループ内の人とか今回のマネージャーとか身近にいる具体的な人になってしまうと単なる悪口を言っているだけで楽しくないです。
一生懸命「お嬢様育ちなんじゃないの?」などとフォローしているオーナーの声も一刀両断に遮られて・・・むなしい。

少しずつでも変わっていって楽しい番組になるように祈ってるだけじゃだめか~お願いに行かなくてはdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

5月ノート

tv西の魔女が死んだ(2008 日)
tvNODA・MAP「パイパー」(2009 日)
movieスラムドッグ$ミリオネア(2008 英)
tvセックス・アンド・ザ・シティ(2008 米)
tvクライマーズ・ハイ(]2008 日)
tvアニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生(2008 米)
tv紀元前一万年(2008 米)
tv炎のランナー(1981 英)
tvニコライとアレクサンドラ(1971 英・米)
tvゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007 米)
tv永遠の語らい(2003 ポルトガル・仏・伊)
tv犬と私の10の約束(2008 日)

予備知識なしに期待しないで見たら意外によかったのが「西の魔女が死んだ」でした。
ドラマチックではないけれど、美しい自然に絡めて小さなことを丁寧に描いているからでしょうか。

炎のランナー」は私が好きな映画、久しぶりに見ました。こういう時代を描いた映画ってどうしてこんなに好きなんだろう。

スラムドッグ$ミリオネア」私が何も言う必要はないですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

SMAPXSMAP 6月1日

5人揃ってのSMAPXSMAP復活おめでとうsign03

1時間通して、吾郎の綺麗な顔と優しい表情とエンジェルボイスを堪能できました。
敢えて「一人で食べるのは寂しいから」と言う優しさも。あっ、私が書いてしまったら、その気遣いは台無しになってしまうのかな(笑)。

SMAPXSMAPを見ている人達の多くは、きっと8年前の事も思い出していると思う。そんな復帰劇でそれに触れずにいる事は、かえって反感を買うと思うので、木村くんが「2度目」と言ってくれて良かったと私は思っています。
中居くんのフォローもすごく嬉しかった。

ビストロで上手くつっこみながら話を回してくれた爆笑問題と中居オーナーもさすがだと思いました。

これを機会に、SMAPもスマスマも新しい一面が生まれたら良いなと思います。

SMAP、頑張れheart02

一つ、書き忘れ。

(まあ、いつもなんですが、特に)歌の時の吾郎の脚がとっても長くてキレイだったな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »