« 笑顔のツーショット | トップページ | 忘文 7月5日 »

2009年7月 2日 (木)

6月ノート

tvあの日の指輪を待つきみへ(2007 英/カナダ/米)
movie天使と悪魔(2009 米)
tvマイ・フレンド・フリッカ(2006 米)
tvマイティ・ハート/愛と絆(2007 米・英)
tvHOME 空から見た地球(2009 仏)
tv君のためなら千回でも(2007 米)
tvさくらん(2007 日)
tvことの終わり(1999 英/米)
tv王妃の紋章(2006 中/香港)
tv多重人格・シビルの記憶(2007 米)
tvキリマンジャロの雪(1952 米)
tvイル・ポスティーノ(1994 伊/仏)
movie愛を読むひと(2008 米/独)
cd13人の刺客(1963 日)

映画館で予告を観た時に「観たい!」と思って機会を逃してしまったのが君のためなら千回でも
淡々と語られていく物語と、演じている子役や俳優さん達の演技に心打たれました。

愛を読むひとはきっと人によってさまざまな感想を抱かせる映画だと思うので、気が合う友人と一緒に観て語り合いたかったかもしれません。国も歴史的な事情も社会的背景もあまりにも違うので、感情移入するというよりも観る側も行間を読み取っていく映画なのでしょうか。ケイト・ウィンスレットの演技は勿論素晴らしかったですが、15歳の少年から青年期までを演じているデヴィッド・クロスもすごく良かったです。ただ一つ、私は原題「朗読者」のままが良かったかな。

実は、イル・ポスティーノがとても好きです。
私は、大人のおとぎ話のような映画が好きなのかもしれません。
でも音楽が違ったら、これほど好きかどうかは正直なところ自信ありませんが(笑)。

十三人の刺客、時代劇に馴染みのない私でも楽しむ事が出来ました。きっと主題が一つに絞られているからなんでしょうね。今度リメイクされるそうで、どのような作品になるのかとても楽しみです。とボケてみました。

天使と悪魔は時間つぶしをする必要ができて観た映画です、以上(笑)。

|

« 笑顔のツーショット | トップページ | 忘文 7月5日 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

へえ~~~~、リメイクされるんですかあ~?(笑)
それはすっごくすっごく楽しみですね~(爆)


投稿: mikiko | 2009年7月 2日 (木) 12時04分

サイトーさま、こんばんは。

「愛を読むひと」
タイトルは私も「朗読者」に一票。デヴィッド・クロス君もすっごく良かったですよね~。「プライベート・レッスン」の吾郎を思い出しました(笑)

「十三人の刺客」
奇遇ですね~私も観ました(大爆)
リメイクも楽しみですね♪

投稿: さんご | 2009年7月 2日 (木) 20時48分

サイトー様、こんばんは。

なんと素敵な偶然、「十三人の刺客」私も見ましたよ。happy01
お殿様はあまり正座してなかったので安心したりして。
内田良平さんが素敵でした。

投稿: あっぷるぱい | 2009年7月 2日 (木) 21時07分

こんばんは、サイトーさま。

「イル・ポスティーノ」は私もすごく好きです。でも、こいうきっかけがなかったら見ていなかったと思うので、紹介していただきありがとうございます。テーマの入っているオムニバスCD見つけました。
 「十三人の刺客」のリメイク、誰がでるのでしょうね(大爆)

投稿: 柊 | 2009年7月 2日 (木) 21時30分

6月ノート待ってましたhappy02さすがたくさんご覧になってますね。
私が観たことあるのは『さくらん』『キリマンジャロの雪』『愛を読む人』『十三人の刺客』だけです。
『十三人の刺客』はご覧になってる方多いですね。びっくりです。
本当に(笑)
『マイティハート』は残酷なシーン出てきます?
興味あるのですがちょっとそれだけが気になって・・・。下手なホラーよりもひきずってしまいそうでsweat02
『君のためなら千回でも』は私も観たかったです。サイトーさまオススメなら絶対観ようっとnote

投稿: 葉月 | 2009年7月 2日 (木) 22時03分

moviemikikoさま
そうなんですよ~リメイクされるみたいですね。一度テレビドラマにもなったようですが、映画という事でキャスティングがどうなるのか興味ありますね(笑)。

movieさんごさま
「愛を読むひと」という邦題だけでは、きっと私は観なかったと思います。デヴィッド・クロス君、良かったですね、私も「プライベートレッスン」思い出しました。
そして、「十三人の刺客」奇遇ですなぁ~モノクロ映画だったので、今作るとまた違った感じになるんでしょうね。

movieあっぷるぱいさま
何か、心が通じているのでしょうか(笑)。
お殿様、正座も殺陣もあまり必要ないみたいですね。内田良平さん、とても素敵でした。

投稿: サイトー | 2009年7月 2日 (木) 22時08分

movie柊さま
その節はお世話になりありがとうございました。リメイクというとキャスティングが気になりますよね(笑)。
「イル・ポスティーノ」気に入って頂けて良かったです。癒されますね。

movie葉月さま
とりあえず観たいモノを片っ端から録画予約しておくだけなんですよ~お金かかってないです(汗;)
「マイティ・ハート」は、残酷なシーンは引きずる程は出てこなかったと思います。時間を追って物語がひたすら進むドキュメンタリーみたいな映画でした。
「君のためなら千回でも」は、(程度の差こそあれ)子供の時にありがちな自分でもどうしようもない感情のようなもので人を傷つけてしまったという過去にどう向き合うか、状況はかなり特殊ですが、惹きつけられました。
それにしても某作品、今どこかで話題になっているのでしょうか(笑)。

投稿: サイトー | 2009年7月 2日 (木) 22時23分

サイトーさま。こんばんは。

皆様のすっとぼけコメントも面白いですshine
あの映画、予習する方々、多いんですね~。私は割りと、どの映画も原作などは、読まないで臨むことが多いので、今回もまた・・でも気になりますっsweat01

投稿: ayane | 2009年7月 3日 (金) 23時52分

movieayaneさま
ネタバレ避ける派ですね♪
私は、原作があったら出来る限り先に読む派です。今回はまたそれとは意味が違って、とにかく見たかったので(笑)。
とりあえず、時代劇に馴染みのない私でも大丈夫だったので一安心でした。
何が「安心」なんだか(笑)・・・

投稿: サイトー | 2009年7月 4日 (土) 20時36分

サイトー様、始めまして
「愛を読むひと」私も観ました。
後半からジーンとして、泣いていました。
観てよかった、吾郎ありがとうlovely
「13人の刺客」は、うちの画面では小さくって
是非大きいスクリーンで観て見たいです。

イル・ポスティーノですか早速探してみます。

投稿: アップル | 2009年7月 5日 (日) 21時55分

movieアップルさま
始めまして~
「愛を読むひと」ご覧になったんですね。
ananのmoviesや月イチゴローを参考にするだけでも、観る映画のレパートリーが広がります。私も何度、吾郎にありがとうと言ったことか。
「13人の刺客」大きなスクリーンで見たら迫力が違うでしょうね。リメイク楽しみです。
「イル・ポスティーノ」は派手な映画ではないですけれど、理屈とかではなく吾郎さん的に言うと「感じる」「浴びる」映画かもしれないです(笑)。

投稿: サイトー | 2009年7月 6日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/45510800

この記事へのトラックバック一覧です: 6月ノート:

« 笑顔のツーショット | トップページ | 忘文 7月5日 »