« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

スーパースキャンダル

俊哉くんが届きました。

まずは特典映像。

役の中の俊哉が自分の生い立ちをボソボソ語っていると思ったら
いつの間にか吾郎のインタビューになっていました。
今よりももうちょっとほわんとしたしゃべり方。
バックに流れた撮影風景、さっきのちょいワルな俊哉とは別人の真剣な顔の吾郎が台本を一生懸命確認している。
最後に 照れくさそうに笑いながら「喋りすぎました?」という笑顔がとても可愛いです。
「どうもありがとうございました」と礼儀正しい挨拶でインタビューは終わりました。

一体何が真実なのか?
この映画のテーマがなかなか面白くて好きです。

本編はこれからsign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

執事のゴローです、とか・・・

Soft BankのCM、ゴージャスでしたね。
まさに、大人アイドルSMAPのCMに相応しい幕開け!
今から、駅や店頭、街中のポスターなとを想像してはニヤニヤしている私。

CMの今後の展開も期待しています。

途中ちょっと浮気して他の会社にしていた携帯を、昨年突然ずっと使っていたDo●oMoに戻したばかりなのに~”Come on!"と言われたら・・・やはり変えろという事なのですねheart
今、iコンシェルの羊の執事に夢中です。せっかくだから、Soft BankでもSMAPの執事とか作ってくれたらいいのに。
執事のゴローが「ご主人さま、何かご用ですか?」とか(笑)。

すみません、昼間っから馬鹿な妄想ばかりで・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

少女漫画から・・・

スマスマ新企画「新語ランド」なかなか面白かったです。

最初に4人登場した時の吾郎のスタイルの良さに目が釘付けになりました。
ものすごくバランスの良いスタイル。
実際に見たらものすごく細いんでしょうね、テレビでも十分細いんだから。
少女漫画から抜け出したみたいな吾郎でした。
それが、ぷにぷに可愛い可奈子ちゃんと一緒に、あの狭いベンチでわーわーきゃーきゃー可愛いのなんのheart
最後に風船が割れた時のリアクションが、ハート鷲掴みでしたね。
思わず可奈子ちゃんをキュッと抱きしめて、自分の髪の毛気にして。
こんな時にもしっかりと自分の役目を忘れない吾郎が素敵。

ビストロではゲストの背に合わせて体を低くする吾郎がいい。カメラにアピールするでなく気づかない人には分からない対応。本質が出るのだろうな。

いろいろな目撃情報によると、この暑い中 時間があれば走っているらしい。日替わりで場所を変えて仕事をしているらしい。
別に声を高くして「忙しい」主張をする事もなく淡々とこなしていく吾郎が大好きですheart

しかも大変美しく格好いいらしい。勿論ファンとしては十分分かっているけれど、一般の人に言われるとすごく嬉しい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

何故かラテン系が似合う・・・

普段TVを見ないので、普通に楽しめたTHEイチバン☆
まあスマスマでやる事ではないけれど、ゴローオーナーと一緒に「すごいっ!」と楽しめたんだから得した気分になれました。

最近のSMAPXSMAP、忙しい5人のスケジュールの中でもとりあえず5人一緒のコーナーを、という意向が見えるから、少しはいろいろ考えているのかなと偉そうに思ってあげることにしました。
ビストロも両チームが集まるようになりましたしね。まあ、誰の話がカットされてしまうかとかいう話は別ですけど(笑)。

今週のビストロは綺麗なモデルさんが5人。さすがにそれぞれ個性を生かした感じが私は好きでした。
「たくさん食べても太らないヘルシー料理」もなかなか興味深くて面白かったです。みんな腕が上がってしまったビストロは、料理の注文をいろいろ工夫してくれるとまた面白くなるのかなと思いました。
できれば、豆腐を使ったシーザードレッシングや根菜で作るソーセージ、それに豆腐のティラミスなどちゃんとレシピも紹介して欲しかったな。

ブリトニーちゃんと普通に会話する板垣吾郎さんも良かったです。フリップボードの上に顎を載せる吾郎は可愛い事を分かっていての確信犯(笑)?慎吾はなぜあんなに違和感無く女の子になれてしまうのか。すごい才能ですよね。
でも、どんなにブリトニーになりきってもちょっとだけ浜●あゆみさんに似ていると思ってしまった私は目が変なのかしら。でもそれはきっと慎吾が可愛いからなんだな(笑)。

オルケスタ・デ・ラ・ルスとのSHAKE、とても良かったです。
吾郎はラテン系の踊り、結構いいですよね。フラメンコ風とか。
やはり体の線が出る細いパンツが似合うからでしょうか。決めポーズが結構決まるからかな。腰に巻いたスカーフサッシュベルト(?)に目が釘付け!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

もっと遅い時間でいいから・・・

う~ん、何だか見ている人に「迷走」が伝わってくるようでは困ったな。
とりあえず、いろいろ寄せ集めて、吾郎のトークも3%増し程度に入れてくれて~
一応「寂しく一人デパ地下でお総菜を買って帰る」なんて言ってはいたけれど、別に素人っぽい手作り料理よりプロの作ったものの方が好きなんでしょうに!!とつっこませて頂きました。
お人形を抱いた吾郎はすっっごく可愛かったheart 以上。

どうしても、SMAPの中の吾郎としては「女性を相手に」というキャラにしたいのだろうか。
もういい加減役割分担は要らないんじゃない?

もっと遅い時間でいいから、稲垣芸術館みたいなトーク番組の方がずっと吾郎の良い所を生かせるような気がするけど、いろいろ大変な現在の状況では毎週毎週0,1%でも高い数字を取る事が必要なんでしょうね。番組を作る人も大変だ、あちこちからいろいろ言われて~

今の「ムカ女」最初の1~2回はまあ面白かったけれど、何となく具体的な人をターゲットにし始めた辺りから嫌な感じになってきて・・・
先日のTV誌で、吾郎は「ムカ女」の方を一応フォローする方向で行くような事を言っていたので、それを読んだ人は吾郎がとういうスタンスで発言しているか分かっている。でも一般の人には「何だか単純な男代表みたいで変なヤツだ」みたいな感想を持たれがちと思う。
居並ぶ女性達に揃って「エエエエエーーー!?」と言われたら、何となくTVを見ている人もそう思うだろう。
何で番組ホストが嫌なヤツにならなければならないのか。吾郎もいろいろ考えて演じているキャラだと思うので、バッサリと斬るのもファンとして申し訳ないのだけど。
とりあえず笑っておけばいいか、みたいな番組の作りがどうにも勿体なくて、最近MFLを見た後ちょっとため息とか出てしまいます。

極端な話、長い目で考えたら、私は渋谷ロケもチャラ男も別に要らない。その場で可愛くて面白いけれど、今の吾郎でそれをわざわざやらなくてもと実は思っています。
キザ男でもいい、吾郎にしか出来ない企画をもっと遅い時間帯にでもやってくれるのが夢なんだけど。レギュラー陣は男3人くらいでゲストを迎えて・・・あ、まんま稲垣芸術館だわ。ガンダムについて暑苦しく語る、とか入りやすい所から始めて、週替わりでヲタク的な話題を扱う番組。
まあ、素人が語る夢なんだろうな~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

楽しいのが一番☆

今週のSMAPXSMAPは楽しかった~
別に大笑いしなくても、ニコニコ見ていられれば楽しいのだという事が分かった昨日のスマスマ。
同窓会ビストロいいなぁ。
それにしても吾郎の記憶力の良さにはびっくり。
一緒に仕事をしたスタッフの方々の名前と顔などもきちんと覚えているというようなエピソードを聞いた事はありますが、やはり覚えていてもらえると嬉しいですよね。別にSMAPだからとかいう事ではなくて一緒に時間を共にした者として。
「青春家族」の頃はマネージャーさんも付かず、一人で電車に乗って伊豆まで撮影に通ったんですよね。たくさんいろんな経験をして今の吾郎があるんだな、と思いました。

右脳No1 一人ずつというのが微妙ですが、額をすっきり出した吾郎がえらくキレイでそちらばかり気になりました。吾郎のねじったような短いネクタイが素敵heart
SMAPの顔面偏差値の高さににんまり。

秋の装い(笑)ののコーナー。
トークでは何も喋らなかったけれど、スマ新には歌のコーナーの記事の中に「さらに稲垣は共演秘話も」と書いてあったので、映画プライベートレッスンの話も出たのかもしれないですね。ビストロで吾郎はたくさん喋っちゃったからカットされた!?
ちょっと残念・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

木陰で読書も似合うけれど

万年筆も似合う男・・・稲垣吾郎

という事で、今年も万年筆ベストコーディネイト賞が開催されています。

吾郎と万年筆といえば2007年の舞台「魔法の万年筆」ですが、映画「笑の大学」でも万年筆を持つ椿一が印象的です。役所さん演じる向坂に何か言われるたびに、懐からもどかしげに万年筆を取り出して一生懸命原稿用紙に向かう姿は作家そのものでした。

PCに向かう吾郎も素敵ですが、万年筆もすごく良く似合う。

だから、今年こそ。と思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

持ってきな

大関公式HPのCMメイキングがアップされました。

かっこええーーー!

女性に傘を差し出すとき
「持ってきな」って言っているのね。

これからもこれの続編でオリジナルのCMが出来るといいな。
そのためにも、たくさん飲んだり使ったりしなくては~heart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ギャルなりきり王おめでとう(笑)!

さすが十何年もバラエティをやっているだけあって、こういう時ノリのいい吾郎は最高。

番組前半の渋谷雑踏には似合わないノーブルな吾郎と、ゴロにゃんは別人。
ちょっと解離性同一性障害の役とか見たくなっちゃいました。

漫画喫茶の中で細い脚を折って隅っこに座っている吾郎、ピンクのマスクを被っているのにやたら男前の吾郎、綺麗な指のアップ、すらりと細い生足。

これからも、ロケ&異文化交流企画、月イチでも良いのでよろしくヨsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

忘文 7月5日

今月の郵便屋さんは房総の海からでした。
岩に当たって小さく砕ける波が見える芝生の上にいつものテーブルと椅子を置いて。
傍らにはもちろん、赤いポスト。

明るいグレーのスーツ、衿は黒のピークドラペル、白いシャツはノータイですが、よく見ると白のシルクっぽいスカーフがスーツの内側に見えます。夏の海辺にこの衣装で汗もかかずに涼しげでいるのがイナガキゴロウなのでしょうね。

忘文は中学の頃からの親友に宛てた手紙。若いっていいな。たくさん遊んで勉強して、いろいろな経験をして欲しいと思いました。

今週の絵本     

51ebkr09xml_sl500_aa240_jpg_2

トマトさん (こどものとも傑作集)

暑い夏の日に元気がなくなってしまったトマトさん。そんなトマトさんを元気づけるために、畑の仲間達が大集合。
やっぱり夏は涼しい川での水浴びに限りますね(笑)。

子供向けの可愛い絵とは少し違い、ちょっとリアルだったり大胆な構図だったり絵がキレイ。手にとってみたくなりました。

絵本の後のBGM、今週はマイケル・ジャクソン。

郵便屋さんは暑くでも海に入ることはなく、海辺のハンモックでしばしお休みになっておられました@今月の10秒劇場wave
なんとなくぎこちなくハンモックを揺する郵便屋さんが、いかにも吾郎で思わず何回も見てしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

6月ノート

tvあの日の指輪を待つきみへ(2007 英/カナダ/米)
movie天使と悪魔(2009 米)
tvマイ・フレンド・フリッカ(2006 米)
tvマイティ・ハート/愛と絆(2007 米・英)
tvHOME 空から見た地球(2009 仏)
tv君のためなら千回でも(2007 米)
tvさくらん(2007 日)
tvことの終わり(1999 英/米)
tv王妃の紋章(2006 中/香港)
tv多重人格・シビルの記憶(2007 米)
tvキリマンジャロの雪(1952 米)
tvイル・ポスティーノ(1994 伊/仏)
movie愛を読むひと(2008 米/独)
cd13人の刺客(1963 日)

映画館で予告を観た時に「観たい!」と思って機会を逃してしまったのが君のためなら千回でも
淡々と語られていく物語と、演じている子役や俳優さん達の演技に心打たれました。

愛を読むひとはきっと人によってさまざまな感想を抱かせる映画だと思うので、気が合う友人と一緒に観て語り合いたかったかもしれません。国も歴史的な事情も社会的背景もあまりにも違うので、感情移入するというよりも観る側も行間を読み取っていく映画なのでしょうか。ケイト・ウィンスレットの演技は勿論素晴らしかったですが、15歳の少年から青年期までを演じているデヴィッド・クロスもすごく良かったです。ただ一つ、私は原題「朗読者」のままが良かったかな。

実は、イル・ポスティーノがとても好きです。
私は、大人のおとぎ話のような映画が好きなのかもしれません。
でも音楽が違ったら、これほど好きかどうかは正直なところ自信ありませんが(笑)。

十三人の刺客、時代劇に馴染みのない私でも楽しむ事が出来ました。きっと主題が一つに絞られているからなんでしょうね。今度リメイクされるそうで、どのような作品になるのかとても楽しみです。とボケてみました。

天使と悪魔は時間つぶしをする必要ができて観た映画です、以上(笑)。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

笑顔のツーショット

憧れだったマイケル・ジャクソンを目の前にして少年のようになったかと思ったら、
本人の目の前で「真似」をしてしまった吾郎に惚れ直し、
”OK,next time”と笑顔で答えたマイケルに涙し、
バンバカの可愛くてスタイル抜群の吾郎にうっとりしましたが、

印象に残ったのがマイケルとのツーショットの写真の笑顔。

以前、吾郎が若い頃のインタビューで、写真で笑顔を作る事が苦手だって言ってませんでしたっけ。

心から嬉しそうに笑う吾郎の写真を見て、「すごく嬉しかったんだな」と思い、ふと昔のインタビューを思い出してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »