« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

朝日新聞夕刊より

縦横無尽に「三池版」   
  「十三人の刺客」戦闘シーン撮影現場
  山形に宿場町丸ごとセット

江戸末期、残虐の限りを尽くす藩主を、憂国の家臣ら13人の男が暗殺しようとする物語

写真は三池監督が前方を指して説明している所を真剣な面持ちで聞いている役所さん、松方さん、井原さん、山田さん・・・
残念ながら、殿のお姿は秘密のようですが。

刺客のキャストの説明の後に
「他のキャストもあまりに豪華だ。
残忍な藩主にはSMAPの稲垣吾郎を抜擢。松本幸四郎、平幹二郎、市村正親、内野聖陽らが、刺客たちの脇を固める。これほどのメンバーが縦横に暴れ回る映画は、そうはお目にかかれない(紙面より引用)」
とあります。

三池監督のインタビューを読んでいると、映画の完成が楽しみすぎてどうにかなりそう(笑)。
まだ1年近く待たなくてはいけないのですね・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

登場の仕方が素敵!

ミュージカルの舞台みたいな感じで登場のオーナー。
夜景が似合っていて凄くかっこいいです。
モデルみたいな頭身だわ~

今日のゲストの女優さん、品良くバラエティに溶け込んでいてとても好感度upしました。
伝説のバーテンダーさんもオーナーと気が合って良かった。
風船割り対決は相変わらず面白かったのですが~
品の無いリアクションや下ネタばかりで笑いを取ろうとする方向はこの番組には似合わないと思うのですが、今のバラエティ番組的には仕方ないのでしょうか。

リニューアルしたばかりだし慌てず少しずつでももっと良い方向へ行くように応援していきたいと思います。

やはり最後のゲストとのトークは嬉しくてたまりません。
スツールから投げ出された長い長い脚を見ているだけで幸せですし。
何となくオーナーっぽく偉そうにしているところがかなり萌えます。
多分TVの前で、オーナーにフルネームを呼び捨てで言って貰いたい~heart04と思った人はたくさんいるはず。私の好みとしては、これからもちょっとSなオーナーがいいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

SMAPXSMAP 10月26日

久しぶりに楽しかったSMAPXSMAP。
KinKi Kidsがゲストのビストロ
KISSしたSMAPなど、まだがむしゃらに突き進んでいたSMAPの頃から多分傍で見ていただろうKinKi Kids。SMAPの苦労もよく知っているに違いないと思いました。
思い出話が次から次へと出てくるけれど、意外にまったりとしていた感じが嘘っぽくなくて嬉しかった。
過去映像を見ながら私だって知っているsign01と嬉しくなりました。

話に出てきた吾郎のセルフプロモーションビデオheart、いくら自分が好きでもいい、どうか探してきて見せて欲しい。白いシャツでベランダに佇み東京の空を眺める吾郎なんて・・・
どんなにファンが見たいか、吾郎さん分かりるsign02
「分かりる?」と言えば、KinKi Kidsの番組にゲストで出た時には普段は見れない吾郎をたくさん見せてもらいました。篠原ともえちゃんと歌った「それはただの気分さ♪」すごく良かったです。
曲を作ったフィッシュマンズの佐藤伸治氏が急逝され追悼の意味で歌ったんですよね。
でも、それについては番組で一言も言わなかった。それがすごく吾郎らしいと思った記憶があります。

あ、話が逸れましたが、セルフプロモーションビデオ出て来なかったら、2009年秋バージョンを作って下さい!白いシャツに黒いカーディガン、同じで良いですので。

一生クイズ
SMAPだけのコーナーになって、エンドトークと思えば質問がたとえそれほど面白く無くても(笑)とても贅沢。
センスが悪い一生貧乏よりは金持ちの吾郎の方がいいわ。
貧乏でも吾郎はキレイには違いないけれど、でも吾郎には贅沢が合うと思う。

の衣装もすごく似合っていて素敵。
意外に声も歌によく合っていて、ソロも良かったです。

あ、ゴロクミちゃんも可愛かったです。

この調子で楽しいSMAPXSMAPも戻るといいなぁ。
と思ったら、来週の歌のゲストはボン・ジョヴィ!?
私は楽しみですけれど~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

月イチゴロー 10月

先週から期待していた通り、聞き応えのある月イチゴローでした。

やはり1位でなくても、「何故、この順位なのか」確かめたくなる。吾郎さんの表現力はすごいなと思います。
「ヴィヨンの妻」はもっと上なのかと思ったら3位、松たか子さんの演技はやはり見たいです。
「あなたの中の私」、テーマに興味があるし姉役のソフィア・ヴァジリーヴァは好きなTVドラマ「霊能者アリソン・デュボア」の長女役でおなじみだし。子どもっぽかったりすごく色っぽかったり不思議な女優さんです。
「沈まぬ太陽」は、どうなんだろうと思っていたけれど深夜の通販番組並みにお薦めされてしまったので、3時間22分座り続ける覚悟を決めるか・・・

月イチゴローはこれ位のラインナップで毎月続けて頂けると嬉しいです。

それにしても、栗ご飯の蓋を開けてもらって感嘆の声を上げるごろーさんは、小学生みたいでした。
相変わらず、ほっそりとした顎も健在で~

そういえば、十三人の刺客の殺陣などを指導して下さっている方が、CGや音楽などの入っていない映像を見たとブログに書いていらっしゃいます。
どえらい作品!だそうで、期待はどんどん高まるばかりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月23日 (金)

さらば愛しのやくざ

さらば愛しのやくざ 特別廉価版が期間限定で11月1日から発売されるようです。

21drdwrwe1l_sl500_aa140_jpg

さらば愛しのやくざ [DVD]

吾郎の映画出演としてのデビュー作品

男の友情とか男女の愛そして親子の愛・・・若き日の吾郎も印象的です。

ビデオデッキがもうヤバイので、この機会にDVDも購入決定sign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

恋のサイン

久しぶりにSMAP5人揃ってのグラビアのような気がします。
表紙の吾郎も大好き。
書店の棚からひときわ真っ黒な瞳がこちらを見つめていました。

吾郎は意外に(?)赤いタータンチェックが良く似合う。
吾郎が持つプレゼントは真っ赤なハイヒールboutique
そして、全く違和感が無いところが素敵。

ジャンプしているらしい(笑)吾郎、この脚の長さに注目sign01と言いたいですね。
そして、何だこの可愛い笑顔はheart
この実物大ポスターが貼ってあったら毎日元気が出るだろうな。
笑顔の吾郎に「おはよう」「行ってきます~」「ただいま」と挨拶してみたい。

グレーに白のドット柄のセーターを着てインタビューに答える吾郎。
インタビューは相変わらず明快で気持ちいいです。
小さな方の写真、あのモデルのようなポーズの吾郎、精悍なカメラ目線と細い手首に萌えました。

また戻って表紙を眺める。
SMAPって、みんなそれぞれが本当に個性的で誰とも入れ替わることの出来ない奇跡のグループだと思いました。
ある意味、今年もまた一つの転換期なのかな。
みんな頑張って新しいアイドルの道を突き進んで頂きたいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祝新装開店 ヒーリングBar ~マイ・フェア・レディ

「諸君、おはよう」
と言うオーナーを見る事が出来てどんなに嬉しかったことかsign03
結局、Goro's Barを閉めてマイ・フェア・レディをいう会社を立ち上げたのは、世の中の女性は何を求めているかをリサーチするためだったのかしら。整形が何の応援にもならない事が分かっただけでこの6ヶ月間は無駄ではなかった、と偉そうな事を言っておきます(笑)。

とにかく、
ヒーリングBar 開店おめでとうございますbell
ソファに座ってのゲストトークも、みんながそれぞれちゃんと喋っていて嬉しいです。

いつも映像を見ながらこれを書くのですけど、今、テロップを見て一人で笑ってしまいました。
3段バラのクリアハイヒール   「三段腹」と頭の中で変換してしまった自分がイヤだorz・・・
こんな事言ってるけど、ハイヒールスリッパはちょっと欲しいです。
で、結局ヒーリングBarはゲストの方をちょっとだけいじったりするのでしょうか。ただしOさんは「下ネタ」と「臭い」しか無い芸人から脱出して頂きたいものです。(オーナー良く言った!)

とにかく私はスタイル抜群のオーナーの立ち姿とか、
背の高いスツールから投げ出されたオーナーの長い脚とか、
背の低い白いソファでもてあまし気味の長い脚等が見れただけで幸せです。

衣装も素敵でした。あの大きなボウ付きのシャツとベルベットのスーツがお似合いでheart

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

好きなモノは一番最後

普段バラエティ番組は見ないので、ビストロの映像も何も懐かしくもなく、それほどのスペシャル感もなく見ていたスマスマでしたが、歌が良かったsign03

一番好きなものは最後に取っておくタイプですので、今週のスマスマは理想的な形(笑)。
基本的に歌のコーナーが好きなのですが、いつも不満が残る事が多すぎて。

ああいう音域の歌もSMAPには似合うと思うのですが、何故あまり無いのでしょうか。
アルバム曲ですが「たてながの自由」とか、27時間TV生ライブで吾郎が歌った「抱きしめたい」とか好きだったな。

昨日は、吾郎の瞳のshineキラキラshineが一段と凄かった。
キラキラ輝く瞳は「目が持っている力が強い」と何かで読んだ事があります。
やっぱりそういう星の下に生まれているのでしょうね。
特に、吾郎を舞台で見るとそう思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

来週は10月の月イチゴロー

今月は通常の日程に戻って、来週が月イチゴロー。
ラインナップもなかなか面白いけれど、順位が決まったらまたいろいろ大変そう(笑)。
そういう所を全部ひっくるめてこのコーナーを続けて居る吾郎が大好きなんだけれど。

来月のラインナップは続きからどうぞheart

続きを読む "来週は10月の月イチゴロー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月15日 (木)

未公開映像って素敵♪

リニューアルする前に見せてくれた「訳あり未公開映像」の数々。
Goro's Barの時の未公開SPを思い出しました。
こんな面白い映像を公開してくれたスタッフ&TBSには心から感謝です。

まずは、「マイ・フェア・レディ このあとすぐ」の大きなアップのオーナーが素敵すぎる。
これってもしかしたらSoftBankのCM捕獲の為に前後を長く余分に録画しておいたのが良かったのでしょうか。
睫毛が堪能できる伏し目の吾郎から、ちょっと憂い顔のカメラ目線までheart

本放送当時予告で流れただけですごく気になっていたうさぎさんとの原宿制服デート。
まずはカウンターに後ろ体重で寄りかかって立つオーナーの細さに改めてびっくり。
このスーツとシャツもよく見るととても素敵なんですね。(前回は全体をちょっと撮しただけだったので、素材の感じとかがよく分からなかったんだけど)
嫌々(?)制服に着替えたオーナーの足元から舐めるように撮したカメラさんGJ。膝までが長い長い・・・真っ直ぐな脚!
本当にスタイルいいなぁ。
バラエティのノリの一つとしていつも「嫌々」のスタイルを取るけれど、実は躊躇無く何でもやってしまう吾郎が大好きです。
楽しい映像をありがとう。

激辛占い師魚ちゃんの言葉に一緒に驚いたり喜んだりしているレギュラー陣の仲の良さが伝わってきて何だかとても嬉しかったです。

一人で生きてください」って(笑)・・・
でも「このままでこの世界で生きる人だ」というのは嬉しい言葉のような気がします。
別に結婚にこだわる必要は無いし、今まで仕事をしてきた間に増えていった良い関係がたくさんあると思うので、吾郎さんには真っ直ぐに自分の思う道を進んで行って欲しいと心から思います。

・・・私は別に吾郎は誰と結婚してもしなくても、吾郎が幸せならそして良い仕事を見せてくれればいいというファンですけど、子どもはちょっと見てみたい。すっごく可愛いだろうなぁ。

来週からリニューアルですね。
頑張れ、マイ・フェア・レディ~heart04

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

日本酒の日

今日の日経新聞朝刊 大関酒造の広告。
身振り手振りを交え、何か一生懸命語っているような吾郎のモノクロ写真。
真っ黒な瞳がキラキラと輝き
漫画みたいに手が手前に大きく写っています。

自分とお酒、日本酒について語る吾郎。
日本の伝統や季節の移り変わりを楽しみ、様々な器や四季の味と共に日本酒を味わうその姿は、味わってもらうお酒にとっても嬉しいのではないかな、と思いました。

やっぱり、吾郎の文章は格別。
絶対に、エッセイを書くべきですsign03

bottle日本酒といえば・・・縁側で静かに酒を呑む晴明様がなつかしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

STOP THE SMAP

先週からストスマのお当番。

”意外と僕の丁髷いいですよ、期待してて下さい”
 ものすごく期待しています。本当に楽しみで楽しみで~heart04
山形の良さに目覚め、市村さんと仲良く食事に行って携帯のムービーを撮られる吾郎を想像すると微笑ましくて、こちらも癒されます。

吾郎さんっ!テニスはお薦めです。ちょっと日に焼けるのが難点だけど、室内もあるし。
細くて縦長のスタイルはテニスウエアが似合うと断言しますsign03

「もしも~し、拓哉です!」この明るい声が大好きです。
「きっと吾郎のことだから撮影所の仕事もちゃんとしてると思うんだけど、それ以外の京都の時間もちゃんと過ごしていると思うんですよ。そんな吾郎in京都な感じのトークをここで~」
仕事の合間の時間も楽しんでしまう吾郎に触れ、
私達が知りたがっている事をちゃんと質問にしてくれる木村くんに感謝。
京都で、独りで地下鉄に乗り街を散策し、吾郎in京都も充実していたとの事。
そういう吾郎が大好き。

吾郎ちゃんもブログや写真集を是非!
というお便りには消極的な返事でしたが、エッセイと写真集は是非出して欲しいです。
これは、やはりみんなでお願いしていかなくてはいけないでしょうか。

来年の舞台にむけて、舞台の写真集などどうでしょうか。
「夜曲」から始まって来年の「象」まで、吾郎の舞台の写真集、絶対にいいと思います。
いや~書いているうちに、どうしても(笑)欲しくなってきたsign03
私が吾郎のファンになるという底なし沼に落ちたのは「夜曲」の舞台であまりにも美しい生吾郎を見てしまったからなんだし。

最近、あるきっかけで2003年のシアターガイド「劇顔~写真:十文字美信」を引っ張り出してきて見ました。
「謎の下宿人」終演20分後パルコ劇場ロビーにて~
舞台を終えた満足感で真っ黒な瞳をキラキラさせ何となく上気した感じの表情がすごくいいです。
インタビューがまた大好き。主演でありながら、ほんの日常の仕草もアイドル故の注目を浴びないようにする共演者に対する心遣いなど、自分の作品に対する愛を感じました。

やっぱり、舞台の写真集は出すべきsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

忘文 10月4日

今月からまた場所と衣装が替わりました。
黒地に白のタータンチェックのボウ付きシャツに黒のベスト。
ゆるく結んだリボンが何とも吾郎の雰囲気に合っていて、本当に素敵。
どうして、この人はリボンとかフリルとか、気づかない位に自然に馴染んでしまうんだろう。そういう所も好きな所の一つなのですがheart
後ろの木々の落ち着いた緑が、こちらの心も穏やかにさせてくれるような気がします。

独り暮らしの高齢者の方達をハガキで見守るお便りネットというサービスを行っている方へと宛てた感謝の手紙。子ども達との交流がいつまでも元気な基なのでしょうか。
このような活動が忘文によって紹介される事は、とても良い事だと思う。

今週の絵本
51y6guizu4l_ss500_jpg

ながれぼしきらり (にいるぶっくす)

ながれぼしのきらりが、かわいくて健気で思わず応援したくなってしまいます。色遣いも落ち着いてきれいな絵本だと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

振り回された~

SoftBankのCMに振り回された1週間。
提供番組を録画すれば大丈夫と思っていたのが大間違い。
ゴタゴタ考えた挙げ句、録画した時間帯&局はことごとく外し、空き時間にひたすらHDの録画したファイルをチェック、まだ一種類は遭遇すらしていない。
引き続き頑張るしかないのね。

ものを買うとき、デザインと色がかなり重要な位置を占める私も、携帯はまず機能なのに(笑)~ 
「とってもお似合いだと思います」
(耳に当ててみて)「似合ってますか?」
「お似合いです」
(写メ撮りながら)「あ、似合ってるよ」
「いい感じ?」
・・・洋服の試着じゃないんだから!と思いながら、何となく自然すぎる吾郎と木村くんの会話に笑いました。

さあ、今夜も張ってみよう。
もしかしたら新しいのが流れ始めるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

9月ノート

tv譜めくりの女(2006 仏)
tvレナードの朝(1990 米)
tvローズ家の戦争(1989 米)
tvゴスフォード・パーク(2001 米)
tv特急20世紀(1934 米)
tvスィングガールズ(2004 日)
tvローズランド(1977 米)
tv日の名残(1993 米)
tv落下の王国(2006 印/英/米)
tv最後の恋のはじめ方(2005 米)
tv黙秘(1995 米)
tv五線譜のラブレター(2004 米)
tvモーリス(1987 英)

見事に全部TVで録画したもの、全くお金がかかっていない割には、楽しめたような気がします。まあ、2~3「機内用」(笑)もありましたが。

「落下の王国」は去年劇場でも観ましたが、何回観ても私は好きです。おとぎ話が好きなのもあるかも。でも「ブラザー・グリム」はあまり好きではない。
どこかのレビューで「基本的に映像だけでも映画を食える人には絶対にお薦め。美味」と書いてあって笑ったのですが、確かに美しいです。

今回はJ・アイヴォリーの作品がいくつかありますが、同じ監督の作品だと思わぬところでキャストが被っていたりして同時期に見るとまた楽しめる事に気づきました。TVの監督特集もいいものだわheart

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »