« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

新しいTVの楽しみ方

27日朝日新聞夕刊 メディア激変 22
【番組の見方が変わる兆し】
PCの前に座った山ちゃんが振り向いてカメラ目線で微笑んで(笑)いる写真付き。

今年の元旦の深夜、芸人さん達の生放送の裏側をツイッターで視聴者に伝えるという試みがあり、山ちゃんは初めてツイッターで呟いたそうです。
その後のTV番組などでのツイッターの書き込みを続けた結果、ある実験を思いついた。

それが、1月27日にレギュラー出演しているTBSのバラエティー番組で行った新しい試みだそうです。番組名は書いてありませんが、マイフェアレディですよね。

memo当日は山ちゃんが休みで、別のタレントが代役。山ちゃんは自宅で番組を見ながら、ツイッターでつっこみを入れた。視聴者はテレビを見ながらツィッター上の山ちゃんのつっこみを読めば、まるで一緒に見ているような感覚が生まれるのではないか、と期待した。

この試みは業界で注目された sign03

どうツイッターを番組に行かせるか、テレビ局もプロダクションも知恵を絞りはじめた

・・・と、こんな事が書いてありました。
新しいTVの見方が、身近な所から始まっていたのですね。

山ちゃんは、140字に収める作業を「ボクシングのスパークリングのようなもの」と言っているそうです。あら、しずちゃんの影が(笑)・・・
そして、舞台やスタジオで当意即妙に言葉を操ることを目指して、地道に取り組む「筋トレ」という位置づけだそうです。
あの、テンポの良いつっこみは、日々の努力から生まれているのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

4月26日 月曜日

SMAPXSMAP
普通にとても楽しかった1時間。

カニ蔵は絶対にやると思いますよね。
慎吾は本当に特徴を捉えてマネするのが上手い!!
相手が眼鏡姿の吾郎だったので、お得感倍増。
とても面白かったけれど、惜しまれる位で終わりにしておいた方が良いのでは?と余計な心配をしたくなってしまう。

昨日のビストロは楽しかった。
中居くんとタカさんの話が面白いんだけど穏やかで、SMAPの先輩への尊敬の思いも感じられてとても良かったと思いました。

しかも、20年近くも前のSMAPの映像も見ることができて、久しぶりにSMAPXSMAPありがとう!と心から思ったような気がしました。
SMAPくん達、初々しくて可愛かった~
19歳の吾郎の繊細でミステリアス・クールな美しさ、今の穏やかで賢く包容力のある品のある美しさ、両方あるからこそ素晴らしいheart

矢島美容室 feat. プリンセス・セイコとの
アイドルみたいに歌わせて♪
これはみんな文句なく楽しかったですね。
しかも、吾郎のくりんくりんの髪の毛が・・・可愛い

GIゴロー
3回目にして、ダメ出しできない位に面白くなってきた。
ラジコンに子どものように夢中になる男爵も
Mr.元も子もない男爵のポロリと出る発言も
ごもっともな蘊蓄も
普段は執事と博士が男爵のお相手を務め、
何でも人にやってもらうのが当然がお似合いの男爵も
いつの間にか男爵自ら肉を調理し、メイド達が器を持って並ぶ図も
時々、一人で呟く井上博士のボケも
山ちゃんの機関銃のように鋭いつっこみと喋りも
メイド達の自由な感じも

・・・全部、面白かった。

それにしても、男爵のシャツとスカーフの色が、素敵。
薄いラベンダーのストライプのシャツに、スカーフはラベンダー・緑などの複雑な色遣い。
なかなか難しい着こなしだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

ポポロ 

Goldenweekにかけて、で始まる英単語をキーワードに近況をインタビュー

Grateful 感謝の気持ちはきちんと相手に伝える。そして両親・友達~仕事仲間そしてファンの皆さんにも、”ありがとう”

Great
 舞台での素晴らしい体験について。必読です。素足って「感覚が研ぎ澄まされる」という効果もあるのですね。
素足萌え~heart04だけじゃなくて(笑)。

Globe 必ずエコバッグ持参とはいかない、という正直さが吾郎らしい。そして、ベランダ菜園の野菜をすぐに鳥に食べられてしまうところも(笑)。

Gap それそれっ!!吾郎に惹かれる大きな要素の一つはそのgap萌えですわ~

Goods 最近は渋めのシルバー系だけでなくキラキラしたものも気になるとの事。
だから、お気に入りの身の回りのものとか何でもいいから写真集とか出してみない(笑)!?

Gentleman 紳士とは80%の完璧さと20%のスキがあること・・・質実剛健さの中にちょっとだけ男の可愛さをもっていること。ですって。
いいなあ、こういう事を真面目に語って少しも違和感ない。
吾郎って本当はとても真面目だと聞きますが、実際の仕事現場は私達には見ることが出来ない、でも私達ファンは、可愛さはたくさん見てきて知っているつもり♪

Girl ここで語っている「素敵な女性」それは女性だけでなく普通に「人間」に当て嵌まるし、そのまま吾郎だと思ってしまいました。生き物として美しいですしheart

Gourmet 普段好んで行くお店~というのも、吾郎のイメージとは違っていて、これもまた素敵なgapですね。

Goldenweek 意外にゴルフではなくて「パワースポットに行きたい」でした(笑)。
では、国内のパワースポット巡りをして、エッセイ付き写真集を!!
・・・どうしても何か出版して欲しいらしい私book

Golf 好きなのね~ でも練習して効果が出るスポーツに夢中になる気持ちはすごく分かる!!美しい自然の中で出来るスポーツならば、特に。

ゴローがお答え!SMAPの近況
自分も含めて5人分語っていますが、今回は特に良かったのが~
中居君に対して(お世辞でも何でもなく、と言いながら)
久しぶりに「らいおんハート」を歌う中居君のやさしい歌声に情感を感じ、歌うときに言葉を伝えることの大切さを実感させられた、と。

中居くんのいつもの「歌下手ネタ」は、多分中居くんは歌が大好きだからこそ、良く分かっているからこそ、なのではないかと思っています。だから吾郎からのこの言葉はとても嬉しかった。
できたら中居くんに面と向かって言って欲しいsign01
そして中居くんの反応を見たいsign03

clipこれも、何となく心が温かくなりました。
誕生花占い「ヨシ」  とても愛情が深い人。十分に幸せになる要素の多い人生を歩むでしょう

取材こぼれ話【今月の言葉】
資料として机の上に置いてあった舞台の写真を見て、「ステージ写真は難しいのにとてもキレイに撮れている」と感心していたそうです。
キレイなのはお前がキレイだからじゃ、と思ったと同時に、
だから舞台「象」の写真集heartと思いました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

The Atre 5月号

Atre Square  STAGE PHOTO ALBUM

小さいですが、「象」の写真と簡単な解説

「殿」のお姿を見るまでは、くりんくりんの髪の毛をした妖精さん「男」の姿と声を思い出して過ごすのでしょうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GIゴロー 4月19日

GIゴロー、第2回目放送。
今週は串揚げ。

吾郎と串揚げといえば、Goro's Barの大阪ロケ。
あれは本当に楽しかった。

揚げ物大好きな私としては深夜のお酒のおつまみに食べたくなって危険。
でも番組中に実際に揚げていたのは良かったと思いました。
男爵も好き嫌い無く美味しそうに食べる・食べる・・・
本当にパブリックイメージとは違う男だなぁ、と思う。
そんな所が好きなんだけど。

冒頭の男爵&春菜の恋の芽生えの小芝居に加えて、今回は揚げ物の最中にしずちゃんと男爵が突然・・・でもしずちゃんの手が大きすぎて恋も一気に冷めて~
私も自分の手を見てため息をついたのでした。

露出が少なくなった優樹奈ちゃんのメイド服を「エロくなった」と言う男爵。
色気と露出は違う、と思っている私は嬉しかった(笑)~

楽しくてTwitterで呟く暇もなかった事に番組が終わってから気づきました。

そういえば、番組キャラクターはどうなったんだろう・・・heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

淋しいおさかな  別役実

別役実さんの童話集です。
「淋しいおさかな」は収められた22の作品の中のひとつ。

広い野原の真ん中に一人住む女の子は、シクシクと泣くおさかなの夢を見ます。
何故泣くの?と尋ねると、おさかなは白い花びらのような涙をホロホロとこぼしながら「淋しいからさ」とこたえるのです。
女の子は『淋しい』という意味が分からなくて、そのおさかなに会うために海へと旅にでるのです・・・

どの作品も大人が読んで何か比喩を感じたり今の世の中と照らし合わせて苦笑したり~

あとがき」を読んで納得しました。
これはNHKの幼児番組「おはなしこんにちは」のために書かれたものだそうです。
この童話集を読んでも分かる通り、別役さんは「童話というものは子どもたちのためだけのものではない」と思っているそうですが、それでも(子ども向けの番組の為に)かなり注意深く作業を続けたとのこと。
そして、「もっとやさしいお話にするべきだ」という視聴者からの要求にもかかわらず自由に仕事をさせてくれたディレクターの方に感謝の意を述べています。
優れた才能には、優れた味方がつくのだな、と嬉しく思いました。

終わりになってしまいましたが
はじめに」に書かれている童話を読む時、についての文章もとても好きです。

別役さんは「童話は2度目に読まれる」と書いていらっしゃいます。
大人になって読んだ時にはじめてその内容が身にしみるそうです。
2度目ではなく「はじめて」知ったとしても、優れた童話が語りかけるものってとても深いですね。
そういう意味でも「忘文」は良かった・・・と思わずにはいられませんでした。

淋しいおさかな  別役実  PHP文庫

この22作品を吾郎に朗読して貰いたいheart
別役さん、ダメですか~?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

anan シネマナビ 4月

今月は 月に囚われた男

映画を観た後でのお喋りみたいに次々と話題が繋がっていき、様々な話を楽しんでいるようなレビュー。ああ、そういえばそんなのもあったねぇ・・・と会話が広がっていくカフェの昼下がりみたい。
吾郎と話していると楽しいだろうな、と思わせてくれるシネマナビでした。
きっと月イチゴローでも少なくとも1作品についてこれ位は語っているんでしょうね。

ひとつのシチュエーションに一人の俳優、まるで舞台劇のような設定、しかもSF。
かなり観客を選びそうな作品なので、こういう作品は一人で観たい。私は連れが楽しんだどうかまで気にしてしまうタイプなので、要らない心配はしたくないから(笑)。

それにしても、「身近な電化製品や身につけているものの気持ちになってみる」なんて考えがよく出てきますね。様々な想像を巡らせ、身近な話題、分かり易い言葉でこれだけ映画に興味を持たせる事ができるのは、すごいと思う。

そうだ、昨日のハガキ・投稿作戦、シネマナビ・月イチゴロー書籍化のお願いを忘れていた。後でハガキを買って来よう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

2月・3月ノート

tv三国志(2008 中国)
tvTOMORROW 明日(1988 日)
tv裸足の伯爵夫人(1954 米)
tv情熱と友情(2008 英)
tv春の雪(2005 日)
tvリバー・ランズ・スルー・イット(1992 米)
tvベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008 米)
tvコレラの時代の愛(2007 米)
tvピアノ・レッスン(1993 豪)
tvそれでも恋するバルセロナ(2008 米)
tvミルク(2008 米)
tv扉をたたく人(2007 米)
tv原爆の子(1952 日)
tv感染列島(2009 日)

何となく舞台で頭も気持ちも何もかも一杯だった2月・3月
きっと気もそぞろで観ていたと思われる映画。
いつになく私にしてはバラエティに富んでいたような気がする。

名作もこんなになってしまうんだannoy(20代の吾郎で観たかった・・・sweat02~わぁ、このラインナップだったらバレバレ)というような作品から、意外と面白くて見ちゃった作品まで。

やはり「象」を観るにあたって選んだ2作品が印象に残りました。
長崎に原爆が落とされるその瞬間までの24時間、戦時下とはいえ普通の人々の当たり前な生活を描いた作品「TOMORROW 明日」

戦後何年か経って、広島でかつての教え子達を尋ね歩く女教師の目を通して原爆の悲惨さを描いた「原爆の子」

淡々としているからこそ、悲しさや無念さが深く心に浸みました。
目に見えるケロイドよりも、もっともっと大きな傷が。

「象」、再演は難しいのでしょうか・・・
今になって、ますますもっとたくさんの人に観て貰いたいという気持ちが大きくなっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

はじめまして、男爵

GIゴロー、第1回目。

執事の河野さんとメイド頭の友近さんが男爵ゴローのご機嫌をとり(笑)、井上さんが意味不明にボケて、山ちゃんがサクサク進める。
何だか私の好きな感じで始まりました。

ゴロー男爵とメイド春菜の恋・・・sign02
と思わせておいて、単にトーストに興味を持った男爵。
でも恋する男みたいな表情が素敵でした。

そんな訳で第1回目は
庶民の新提案トースト

なかなか気持ち悪い(笑)トーストもためらわずにパクリといってしまう吾郎がいいわぁ。
こういう所、いつも本当に潔いんだけど、あんまり伝わっていないのよね・・・

たくあんと紅ショウガのトースト、
たくあんをポリポリかりかり食べている音は、やはり「象」を思い出しますよね。
あれは甘口と辛口、どちらが良いのでしょうか?

単純に新しい面白い食べ方について、みんなでわいわいがやがややっているだけなんだけど、結構勝手に言いたい事を喋っている風なので楽しかった。
しかも、吾郎ならではの発言がポロポロ出てくるのでファンとしても嬉しい。

clip今週の名言shine

吾郎男爵必殺のキョトン顔で受け流し

おいしくない こんなんじゃ僕寝れないheart


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

 旅人・稲垣吾郎  3万6千キロの旅

ナスカの地上絵に世界最古の巨大ピラミッド出現!!
    4月4日21時~ TBS

果てしなく広がる砂漠
陽炎の中から突然姿を現したような旅人・稲垣吾郎
カメラはどんどん近づいて、旅人・吾郎のアップで止まる。

大森南朋さんの落ち着いたナレーションで始まったナスカ特番。
すると突然吾郎のナレーションが。
”そういえば僕は夢を見ていたのかもしれません・・・”

何て素敵な始まり。

この始まり方がとてもTBSっぽくて嬉しかった。

番組のナレーションは大森さん
旅人としての語りは吾郎なんですね。
大森さんの声の後に聞くと少年っぽい感じがしてとても良い感じに役割分担が出来ていた。もう、これだけでワクワクする。

砂色の景色の邪魔をしないように、衣装はアースカラーで統一。
その中で、なす紺というか大きな画面で見たら群青色みたいなスカーフがとてもキレイだった。

地上絵の近くに発見された巨大ピラミッドの発掘の様子を追いながら、ヘリから見た地上絵を紹介していく。その切り替えが観ている私達を飽きさせない。
バラエティっぽい創りを排除して、あくまでも謎の追究に。

番組として一つの仮説をきちんと示したのもとても良かった。
今年、新たに近くの発掘が行われるそうで、また続編も是非見たいと思いました。

普段TVはほとんど見ないので本当は偉そうな事言えないのですが、歴史ミステリー特に古代史は大好きで良く見ます。だから自信を持って言えますが、本当に面白かった。

音楽も良かったし、とにかく映像が美しく編集も無駄が無くて久しぶりに見終わって満足感が感じられる番組だったと思います。

吾郎が出ていなくても録画して観たと思いますが、でも吾郎はこの番組にとても素敵な色を添えていたと思う。
何と言っても砂漠を彷徨う吾郎は一つの綺麗な絵になっていたし(スミマセン、所詮ファンです、でもsign03)、「旅人」が見てきたものとしての一つの物語を作っていた。
旅人としてのナレーションも凄く良かった。ナレーション、どんどん上手くなっていますよね。今回、とてもそれを感じました。
バラエティ色のある「探検モノ」みたいなものを求めていた人にとっては吾郎の反応は物足りないのかもしれないけれど、今回のナスカ~の番組には吾郎の抑えたテンションがとても良かったです(ヘリの上では少しうわずっていましたっけ(笑)~)

それにしても・・・上から撮った映像なのに脚が長い!
展示物をじっと見つめる眼差しの美しい事!
ちょっと日焼けして、サファリシャツの袖をまくりあげ髪の毛は自然なウェーブがついたままの吾郎が、何だか男っぽくて新鮮で、とても素敵でした。
「象」で見た儚げな甥っ子と同じとはとても思えませんでした。

ああ、幸せheart

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

旅人

王様のブランチ ゲスト出演
薄いグレーのカーディガンの下はチャコールグレーの深い襟ぐりのカットソー
今日の巻物は、白地にチャコールグレーの文字?みたいなプリント
髪の毛伸びた?
少し眠そうでほんわかしていて可愛いです。

ずっと気になっていたナスカの映像、やっと見ることができました。

カーキのサファリジャケットの衿を立て、なす紺っぽいロングマフラーを巻いた吾郎は、砂漠にとても似合っていた。
気温は40度くらいあるはずなのに、何だか涼しげな顔が羨ましい。
辺り一面砂色の遺跡を歩く姿、脚が長くてスタイルが良いのがとても目立つ。

実は、「象」を観てしまった後「砂漠と吾郎」というと、グレーの長いコートをひきずった星の王子様(イタッ)みたいな絵ばかり浮かんでいたのですが・・・
何だかとても男っぽい旅人でした。

風紋が浮かぶ砂漠を一人彷徨う姿は、何故か色っぽい。

明日の放送が待ち遠しいですheart

4月4日21時から放送
ナスカの地上絵に歴史最古のピラ ミッド出現 sign03

4月5日月曜日23時50分から始まる新番組
GIゴロー (政府から支給されるゴローじゃないよsign01

の宣伝も出来て良かったね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »