« 「十三人の刺客」公式サイトがオープン! | トップページ | 盛りだくさんの5月最終日 »

2010年5月30日 (日)

十三人の刺客~世界初!公開映像

息をするのも忘れてしまったような3分間
素晴らしい予告映像でした

どうしても映画館の大きなスクリーンで観たくなる、そういう気にさせる映像だったと思います。
撮影風景や苦労話など一切無しに、こうして完成された映像を見させられると、
すべては結果だという事を自信を持って示されている思いでした。

1年間、丁髷姿すら見せて貰えなかったのに・・・
ここに来て一気に、今日は動き喋る姿まで~

駕籠の揺れに身をまかせた殿の表情には、この世に何の興味も希望も持てない虚ろな心が感じられましたが、立ち姿はやはりそれだけで殿。

大きなスクリーンで観る日まで、この映像を何回見る事になるのでしょうか。

|

« 「十三人の刺客」公式サイトがオープン! | トップページ | 盛りだくさんの5月最終日 »

吾郎映画」カテゴリの記事

コメント

予告を観て呆然としてしまって言葉がでない状態ですが、激しく同意いたします。
結果がすべてでございます。

投稿: 葉月 | 2010年5月31日 (月) 00時25分

「結果が全て」、どの世界でもプロなら当然です。吾郎はいつも何の説明もしないのは、そう考えているからでしょう。
「十三人の刺客」世界初公開の文字に何の遜色もない作品でした。鳥肌立ちました。スタッフ、キャスト、天晴れですね!

投稿: さんご | 2010年5月31日 (月) 00時47分

想像をはるかに超えた素晴らしい映像に鳥肌が立ちました。

そう、結果が全てですね!何時も多くを語らないけれど、結果を残してくれる吾郎に脱帽です。

投稿: 輝 | 2010年5月31日 (月) 07時08分

コメントありがとうございます。

horse葉月さま
見終わって思わず大きく息をしてしまった位、見入ってしまいました。
モノクロだった旧作から一気にカラーになるとどうなるのかと思いましたが、映像も美しく、私としては本当に嬉しい事だらけです。
素晴らしい結果を見せて貰えて、幸せです。

horseさんごさま
確かに「世界初公開」の言葉に相応しい映像でした。
「○○のために作る」のではなく、「十三人の刺客」という作品を創りたいというスタッフ・キャストの心意気がしっかりと伝わってきました。
これからの展開が楽しみです。

horse輝さま
まさか、こんなに長い映像を見せて貰えるとは思わず、こういう「予想外」は格別に嬉しいです。
多くを語らずにいつの間にかしっかりと仕事をしている吾郎を見ると、ファンで良かったといつも思います。

投稿: サイトー | 2010年5月31日 (月) 12時55分

 今朝たまたま手に取った年末年始のTV誌のインタビューに「殺陣の稽古をやった。初めての経験で新鮮だった。」と書いてあったのですが、刀を右手で
の殺陣。何も語らずに魅せられた映像は衝撃的でした。
 残忍で気高い殿、リピが止まりません。

投稿: 柊 | 2010年5月31日 (月) 21時54分

horse柊さま
そうなんですよね~
去年も知らない間に殺陣や乗馬の稽古をし、夏の暑い時に京都や山形へ往復し、その間に「こち亀」も撮影していたのですよね。
しかも、しっかりと右手で刀を使い、でも何も言わない。
本当に素敵な人だと思います。
秋の公開が本当に楽しみですheart

投稿: サイトー | 2010年6月 1日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/48500775

この記事へのトラックバック一覧です: 十三人の刺客~世界初!公開映像:

« 「十三人の刺客」公式サイトがオープン! | トップページ | 盛りだくさんの5月最終日 »