« 月イチゴロー 祝:超美麗オープニング!! | トップページ | GIゴロー 5月3日 »

2010年5月 5日 (水)

4月ノート

tv フラッシュバック(2008 英)
tv 私がクマにキレた理由(2007 米)
tv 野ばら(1957 独)
tv 大いなる遺産(1946 英)
tv バガー・ヴァンスの伝説(2000 米)
tv 7つの贈り物(2008 米)
tv ワルキューレ(2008 米)
movie アリス・イン・ワンダーランド(2010 米)

あまり魅力的はない・・・かな。
月イチゴローで紹介された作品はできるだけ見ようと思っているのですが、今月も途中で見るのを止めてしまったものがいくつか。(ここには書いていませんが)
仕事とはいえ、好みではない映画を最後まで観るのは大変だろうな、とつくづく思います。
でも、こうやって1年後にでも観ると、月イチゴローで言っていた事がなるほど~と納得できたりするのは嬉しいですね。「アリス~」についても、「映像は美しいし面白かったけれど、物足りなかったあの感じは何だろう?」という思いが、吾郎の言葉で一気に解決しました。
やはり自分もその作品を観る事によって「月イチゴロー」をもう一度楽しめた気分になります。

4月は映画よりも、好きなドラマ・番組が多かったのでそちらを優先的に観てしまいました。
FBI行動分析課
CSIラスベガス・CSIニューヨーク
プロジェクト・ランウェイ など

人気ドラマでシーズンを重ねてくると、どうしても登場人物の交代が気になります。俳優さんの個人的な事情がある時はなるほど~と思うのですが、そうでない時は「降ろされた?」とか余計な勘ぐりをしてしまったり。何だか変な裏事情を心配するようになった自分がおかしいです(笑)。

上の他に今、突然嵌ってしまったのがやはり米ドラマの「BONES」。せっせとDVDを借りてきて観ていました。今、シーズン3まで行ったところ。ブレナン博士のクールで世間知らずの変人ぶりが好きです。ちょっと吾郎で見てみたくなるキャラ(笑)。嫌な方も多いとおもいますが。変なキャラって演じている俳優と同化してしまう視聴者が多いようなので、本当はやらない方が良いのかもしれないと最近思っています(苦笑)。つまらない世の中ねぇ。

それから、ドラマではないけれど大好きなのが「プロジェクト・ランウェイ」
これは毎シーズン、ものすごく楽しみにしています。
予選で選ばれたデザイナー達が毎回難しい注文に応えてデザイン・制作して勝ち残っていく番組。毎シーズン見ていると、途中までは「番組を面白くするキャラとして勝ち残らせたのでは?」というようなデザイナーがいるような気がしますが、やはり最終決戦に残る3人は素人が見ても凄い才能があると思える人ばかり。
今回も素敵なショーを見せてくれました。
それに加えていつもワクワクするのが、出来上がった服に合わせてのメイクルームでのメイクやヘアデザイン。
素顔は親しみやすい感じのモデルさんの顔がプロの手によってみるみるうちに素晴らしく変身していく、その過程がとてもドキドキします。
ファッション大好き。
やはり美しいものを見ていると、気持ちが豊かになるような気がします。

|

« 月イチゴロー 祝:超美麗オープニング!! | トップページ | GIゴロー 5月3日 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/48279609

この記事へのトラックバック一覧です: 4月ノート:

« 月イチゴロー 祝:超美麗オープニング!! | トップページ | GIゴロー 5月3日 »