« 楽しい思い出は永遠に~ | トップページ | 十三人の刺客 ついに公開! »

2010年9月24日 (金)

十三人の刺客 雑誌など

かなり遅れをとってしまいましたが、これだけは記録しておきたいので、雑誌情報をまとめます。

book SWITCH 10月号 吾郎グラビア&インタビュー[24年目の発見]
8月の完成披露試写会の時に、どれだけたくさん仕事をしたの?と言いたくなるような、またあの時の(笑)衣装。
何も無い室内で壁を背に立って映っている姿は、
しっとり落ち着いた、でも自分の中に確固とした何かを見つけた俳優の顔。
東京ドームで見たキラッキラの笑顔のアイドル吾郎(勿論、こちらも大好き!)とは違う。
自分に自信があるからこその、気負いのない自然なポーズと表情が素敵。

インタビューは、普段あまり語らないからこそ、吾郎がどのような考えを持って演技に臨んでいるかが分かって、とても嬉しかった。
演技について、三池監督について、撮影エピソード、月イチゴローについて・・・
これはもう必読です!
このようなインタビュー記事を読むたびに「吾郎のファンで良かった」と思う。

book 映画秘宝 
*「新作映画情報~集団抗争時代劇見参
見事なリメイクを果たしたという事で、オリジナル版とリメイク版の比較をしながら映画について語られています。男っぽい文章で語られている割に、突然来た「吾郎ちゃん、お見事っ!」に笑いました。
*添野知生のただこの曲を聞け!
オフィシャル・コンセプトソング、イーグルズ「デスペラード」の歌詞に絡め、映画の時代背景と登場人物について語っています。
殿に対する深い解釈が面白いと思いました。

book LOCATION JAPAN
映画・ドラマ・CMのロケ地を探す~という雑誌だけあって、映画についての解説、見所、三池監督へのインタビューなどの他に、山形の庄内映画村を詳しく紹介。

三池監督が語る現場での吾郎・・・現場での佇まい~そこから「殿」なんですね。

庄内映画村、一度行ってみたいです。

book この映画がすごい!
今月のベスト5:映画作品1位「十三人の刺客」
          男優2位「稲垣吾郎」

book TVブロス(10/1) 珍しく3名が☆☆☆☆ ゴローちゃんも褒められてます
book ぴあ(10/7) 「三池時代劇、ヴェネチアの反応」
book Cut  「ジョーカーがいる幕末」
book 週刊文春(9/30) Close Up 「三池崇史」
book 週刊朝日(10/1) 「チャンバラ、侍、子育てを語り申す」  役所さん市村さんの対談

pcこちらのインタビューもお薦めです。
テレビドガッチ

|

« 楽しい思い出は永遠に~ | トップページ | 十三人の刺客 ついに公開! »

吾郎映画」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントさせていただきます。
‘東京ドームコンサートレポ‘でここのブログにたどり着きました。おおー、吾郎くんのことがいっぱい書いてある、と思い、読ませてもらっています。                                             SMAP5人、みんな大好きなのですが、どうも吾郎くんに目がいくのですcatface
コンサートのレポも、読んでて楽しかったです。目に浮かぶようです。DVDが、楽しみです。

昨日から、映画が公開になりましたね。雑誌情報も参考にさせてもらいました。すみません。
また、ブログを見ると思います。よろしくお願いします。

投稿: エー | 2010年9月26日 (日) 14時26分

horseエーさま
はじめまして~コメントありがとうございます。
コンサートのレポは、ちゃんとしたものが書けないので単なる感想になってしまいますが、読んで下さって嬉しいです。
吾郎くんに目がいくとは嬉しいです。そのうちあの不思議な魅力にとりつかれると、もう底なし沼です(笑)!
お仕事の記録みたいになっていますが、これからもどうぞ宜しくお願いします。

投稿: サイトー | 2010年9月26日 (日) 22時26分

初日無事迎えて、初回見届けることができてよかったです。一日過ぎて思うのは、いつも余韻が後を引くゴロさんの演技が、やはり映画ではものすごく生きるということ。また、見に行きたいと思って、その機会が与えられる映画という媒体で、また、たくさんのみなさんにこの映画の余韻が伝わっているようで素直にうれしいです。これは本当に宝物の映画になると確信しました。

投稿: おとと | 2010年9月26日 (日) 23時31分

horseおととさま
コメントありがとうございます。
やはり試写会で観ていても、初日を無事迎えると格別な感慨があります。
>一日過ぎて思うのは、いつも余韻が後を引くゴロさんの演技が、やはり映画ではものすごく生きる
・・・確かに、その通りですね。これを機会にいろいろな作品に出て欲しいです。
火曜日に3回目の鑑賞をしてきましたが、見終わるとまたすぐに観たくなるのですね。
今、頭の中には「十三人の刺客」しか無くてちょっと困っています(笑)。それくらい、衝撃的な作品でした。

投稿: サイトー | 2010年9月30日 (木) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/49548982

この記事へのトラックバック一覧です: 十三人の刺客 雑誌など:

« 楽しい思い出は永遠に~ | トップページ | 十三人の刺客 ついに公開! »