« 第53回ブルーリボン賞 | トップページ | SMAPXSMAP 1月10日 »

2011年1月 9日 (日)

11月・12月ノート

movie 十三人の刺客(2010 日)
tv クヌート(2008 独)
tv サイドウェイズ(2009 日)
tv クリーン(2004 仏/英/カナダ)
tv あなたは私の婿になる(2009 米)
tv 男と女の不都合な真実(2009 米)
tv ダイアナの選択(2007 米)
tv ローラ殺人事件(1944 米)
tv 疑惑の渦巻き(1949 米)
tv 街の野獣(1950 米)
tv ジュリー&ジュリア(2009 米)
tv 沈まぬ太陽(2009 日)
tv インビクタス/負けざる者たち(2009 米)

今さらですが、昨年の11月12月。
さすがに、あまり映画館へは行けなかったのが残念。
ワイン好きとしては、見逃せなかった「サイドウェイ」の日本版リメイク「サイドウェイズ」。
ワインそのものに関しては印象が薄かったけれど、若い時の恋のときめきを思い出すようなほろ苦い思いが、さすが小日向さんだなと思いました。
「ぼくの美しい人だから」もそうでしたけど、「あなたは私の婿になる」「男と女の不都合な真実」・・・アメリカって、公衆の面前での求愛が好きなんですねぇ(笑)。

2010年の映画ベスト10には必ずといっていい位に出てくる「インビクタス」。とても面白かったし感動はしたけれど、同じ監督だったら「グラン・トリノ」がすごく好き。

秋はおなじみドラマの新シーズンが始まったりしたので、そちらにも時間を取られたかな。

コールドケース
CSI:マイアミ8
グレイズ・アナトミー6
プライベート・プラクティス3
私はラブ・リーガル

新しく始まったドラマ「私はラブ・リーガル」がお気に入り。
交通事故で突然亡くなったモデル志望の若い美女の魂が、事件に巻き込まれて生死を彷徨っていた太っている女性弁護士の体に入り込んでしまうという奇想天外な設定。
太った体に戸惑いつつも明晰な頭脳に喜びながら、記憶に残っているモデル志望の頃の経験も生かしつつ事件を解決していく。
扱う事件は、深刻な刑事事件ではないけれど、かえって身近な問題が面白い。
実は「佐々木夫妻の仁義なき戦い」に、まさにこういうドラマを求めてしまっていたので、その落胆は大きかったなぁなどと余計な事を思い出しました。

今月から、クリミナル・マインドの新シーズンが始まるので、とても楽しみ。

また、毎年恒例の「プロジェクト・ランウェイ」が、今シーズンから「モデルズ・オブ・ランウェイ」というモデル達の闘い編も一緒に始まったので、それも見逃せなかった。
ただ、今回のデザイナーは女性陣が強い分、可愛くて素敵だけど何となく無難なデザインのように感じてしまって、あまり面白く無い。
第4シーズンのクリスチャンの天才ぶりとクリスの個性(!)を見てしまったら、余程の事が無い限り驚かないかもしれない。
まだ、最終回が残っているけれど。

「十三人の刺客」はずいぶんたくさんw観ましたが何回見ても面白い。
そして、年末年始になると個人のブログなどでも多く見られる「2010年の映画ベスト○○」記事。
「十三人の刺客」が入っていて、その感想を読むと、またすごく観たくなって困ります。
場所によっては、また上映する所もあるようです。

【上映メモ】 ~東京

1/15~1/28
三軒茶屋シネマ 「十三人の刺客」と「大奥」が同時上映

1/29~2/1
池袋 新文芸座 どっちが面白い?オリジナルvsリメイク「十三人の刺客」

|

« 第53回ブルーリボン賞 | トップページ | SMAPXSMAP 1月10日 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/50539171

この記事へのトラックバック一覧です: 11月・12月ノート:

« 第53回ブルーリボン賞 | トップページ | SMAPXSMAP 1月10日 »