« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

3月ノート

tv デンジャラス・ビューティー(2000年 米)
tv タイタンの戦い(2010年 米)
tv ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009年 スウェーデン/デンマーク/独)
tv 手紙(2006年 日)
tv ゴッドファーザー(1972年 米)
tv ゴッドファーザーPARTⅡ(1974年 米)
tv ゴッドファーザーPARTⅢ(1990年 米)
tv トラブル・イン・ハリウッド(2008年 米)
movie ショパン愛と哀しみの旋律(2002年 ポーランド)
movie 私を離さないで(2010年 英)

すみません、ゴッドファーザー初めて観ました。
面白かったし、アル・パチーノのお顔が美しかった。
「手紙」・・・山田孝之くんの演技、好きです。東野圭吾のこの小説、読んでいなかったけど、そうなんだろうなぁと心が苦しくなりました。
「トラブル・イン・ハリウッド」・・・月イチゴローでの辛口発言を思い出し、全く全くその通りと思って笑ってしまいました。

私を離さないで」私が原作を読んで思い浮かべた景色と同じような世界が広がっていて、嬉しかった。キャリー・マリガンが凄く良かった。中心の若手3人の子供時代を演じる子役がとても自然に似ていて、これも嬉しかった。
でも、カズオ・イシグロのインタビューを読んだら、まだまだ自分は浅いなと恥ずかしくなりました。
やっぱり、もう一度観たいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV誌2冊

ribbon月間ザテレビジョン萌え
座談会~新社会人へ送るエールを語る
・・・はずが、エールではなくて「いかに自分達が会社員としてはやっていけそうにない」話になってしまう所がSMAPらしい(笑)。
でも、「サラリーマン家庭だから、アリかも」という吾郎に、すぐ『今のキュルンキュルン(笑)の髪型は?』と反応する中居くんがおかしいし、それに対して「スポーツ刈りだよ」と即答する吾郎が意外でした。
「社内で○○な人」というのに、すぐに「吾郎」としか言わない木村くんと、それに対して「それは木村くん」と即答する下二人、自分から魔性ぶりを認めてしまう吾郎とか。
この春も挑戦し続けますっ!インタビュー
自分が頑張りたい事、メンバーに頑張って貰いたい事。
何と言っても、吾郎の「一週間僕の家に居候して、僕の生活すべてに合わせてもらう」という中居くんへのコメント。
これを読んだ(聞いた)時の中居くんの表情を想像するだけで・・・
木村くんとは相思相愛でゴルフを頑張るのですね♪
衣装がものすごく普通ずぎるのですが、そんな格好でもスタイル良くて、椅子の横に立っている写真がとても好き。

ribbonテレビガイド萌え
スマカラーのSMAPの文字が並ぶシルバーの地に、黒スーツのSMAPの5人並びと赤いSMAPの文字。とても目を惹く表紙。
吾郎は、グレーの衿と胸ポケットがついた白のシャツに、フランスの国旗みたいな色遣いの蝶ネクタイが小粋。
5人揃って髪の毛が短め、すっきりと額も出て、かっこいい大人の風格。
2日放送の「SMAPがんばりますっ」のコーナー「みんなで繋げるフリースロー」の収録を終えての5人のトーク、それぞれが茶化して落としたりせずにお互いを尊重し合い語っている所がとても良いです。やっぱり20年の絆ですね。
吾郎の「今、大人だからこそできること」というのも、進化し続ける新しい大人のアイドルとしての発言なんだなと思った。
そして、一転して次のページでは、フリースローでの楽しそうな様々なショットが。
それぞれスマカラーに身を包んで、笑ったり祈ったり後ろ頭にボールをぶつけたり(笑)。
「がんばりますっ」は、震災後急遽内容を一部変更したのですね。
フリースローと聞いた時は、ええっ?と思いましたが、とても楽しみになりました。

SUPER VISUAL BOOK
厚手の光沢のある上質紙に、六本木のCAFEで撮影したSMAPさん達の写真がたくさん!
5人でカウンター席に並んで座っていたり、テーブルでくつろいでいたり。
一人ずつのページも素敵。
吾郎の指をくわえたw斜め横顔が、映画の一シーンみたい。
小さな全身ショット、上から撮っているのに脚の長いこと、長いこと・・・
こちらの特集は、もう眺めているだけで大満足。
最後のページの写真の下に、
to be continued・・・

まだ続くのですね!?

pen4月からの吾郎の新番組は

ゴロウ・デラックス 木曜日深夜0:25~0:55
小島慶子アナと一緒に世間の納得出来ない物事について議論していく番組

だそうです。吾郎のお喋りは大好きですので、とても楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

SMAPXSMAP 3月28日

flag春がやってきた!!みんなで笑おう90分スペシャル

このサブタイトル通り、久しぶりに声を出して笑いました。
今週は、吾郎がどうのとか言うのではなく、ビストロゲストの方の物真似芸に、そしてBEPの方達の楽しさに、思いっきり笑いました。
今、これを書くに当たってもう一度見返しているわけなんですが、もうおかしくて。
ゲストの方の物真似コラボなんて、もう最高に面白かったです。
徹子の部屋とかさんまさん&大竹しのぶさんとか。
ぐっさんのも何気ないのに本当に面白くて。
コロッケさんのティラノザウルスも気に入りました!
何回見ても、面白いのは面白いのですね。
そして、笑うという事はこんなに楽しくて元気が出るものなのだと改めて思いました。

BEPとのゲームなんて、ハリセンと安っぽい鬘があるだけで、あんなに楽しくなってしまう。
まるで幼稚園の休み時間みたいでした。
豪華なセットは要らない、単純なゲームで楽しいのに。

あれ?楽しみにしていたツイスターが無い!
きっと、次の機会に見せてくれるんですよねsign02

そして、新コント「AKB48」
楽屋で鏡を見ている吾郎。
もう、美しすぎる。
こんなに綺麗な顔だったら、一日中鏡を見ていたくなっちゃうのではないか、という位、キレイでした。
ビストロの服なのに。

karaoke歌はファンモンを迎えての2曲。
SMAPに合っていて、とても良かった。
前髪がストレートになっていた吾郎、久しぶり。


それにしても、今年は寒すぎて、桜の開花は遅れそう。
早く暖かくなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

月イチゴロー 3月

今週はスマステのゲストで登場!
背の高い二人が並んでいると、おお~!ってなります。
とりあえず、「ゴローちゃんはマナーダメでしょ」
「何言ってるの、うるさい(笑)。キミよりはしっかりしてるよ」
というお約束の会話から始まりました。

movieまずは月イチゴロー
ツーリスト
わさお
ブンミおじさんの森
塔の上のラプンツェル
ドラえもん のび太と鉄人兵団

今月は、さすがにいつものシャンパンも無し。
それに増して、同じような感じの作品だったりして、話しづらそう。
カンヌ映画祭でパルムドール賞を貰ったからと言って1位になるわけではないのが、月イチゴロー。
難しいと思ったら、難しい、一回観ても分からない、と率直に言うのも月イチゴローさん。
第2位の作品名を言ったときの、慎吾の
「ドラえもん・・・」と呟いた表情が面白かった。
やはり印象的だったのは、一位のドラえもんについての
「映画版のドラえもんって、ポケットが主役にならない。ちゃんと人間ドラマになっている所に感動できて、素晴らしいなと思う」
というコメント。とても良かった。

もしかしたら過去の月イチゴローで、テレ朝アニメの映画化作品を意地でも(?)一位にしなかった月イチゴローさんに対してのラインアップ?と余計な事を一瞬でも考えてしまいましたが・・・
この時期、ドラえもんだ、わさおだ、いえラプンツェルよ!という感じで良かったんだ、と思いました。
実は「私を離さないで」などについて聞いてみたいと思っていたのですが、やはり命を扱ったりする重い作品ではなくて良かったのかもしれないですね。

bookマナスマブック発売という事で、マナスマブックSP
マナスマブックからマナーについての質問が20題。
これ、はじめの方の問題は、今までのスマステでやっているのですよね。だから、レギュラーのお二人はもう答えも知っているのもいくつかあるはず。
その中、吾郎の回答の早さと正確さはさすが、と思いました。
分からない問題についても、答えを出す考えの根拠がしっかりしている。
ものすごく真面目に考えて答えている姿が新鮮でした。

soccer次週「SMAPがんばりますっ」の見どころを紹介
バスケットフリースロー5人連続成功にチャレンジ
SMAP禁断の秘蔵映像解禁
阪神淡路大震災体験者にSMAPインタビュー、今すべきことを考える
・・・だそうです。
3時間生放送、楽しみです。

しっかりと慎吾や大下さんの方を向いた時の、吾郎の横顔がとってもキレイでした。
やっぱり顎がとんがっているのって素敵♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

木村拓哉のWHAT'S UP SMAP

25日放送、木村くんのラジオ番組、WHAT'S UP SMAP は、お台場からSMAPのメッセージ付きでした。
TVとはまた違い、熱くてそして優しく温かなメッセージにとても感動しましたので、私としては多分初めてだと思いますが、レポします。
細かい言葉使いなどは違っている箇所もあると思いますが、そこはお見逃しを。

music木村拓哉のWHAT'S UP SMAP
日本って素晴らしい国だよね。(曲はがんばりましょう♪
今回の事で僕は改めてそう思いました。
大変な被害に遭われた方がたくさん居て、そういった意味では打ちのめされてしまったと言えるのかもしれません、日本というのは。
でも日本人は、まだまだ立ち上がろうとしています。

日本の大地は打ちのめされてしまったのかもしれませんが、でも日本の人はその打撃以上の勇気でこの困難に立ち向かっています。
今回失った物は本当に大きいかもしれません、でもそれを越える「ありがとう」が存在してるんじゃないかと僕は思っています。
今、現在被災地で負けずに前に進もうとしてくれてるみんなに、まずはありがとう
僕、何度も言わせて貰ってますが、TVの報道とかで伝わってくる被災地のみなさんの前向きさにパワーを貰ってます。ありがとう
そして、どんな危険な場所ででも、どんな困難にでも逃げずに立ち向かってくれてる自衛隊の隊員の皆さん、警察の皆さん、消防隊の皆さんにありがとう
更に先週のこのワッツで僕の呼びかけに「私たち、そんな協力なんて当たり前にやりますよ!」と言ってくれたこの番組のリスナーにありがとう
今僕の頭に思い浮かんだだけでありがとうがゴロゴロあります。
被災地にも被災地じゃない所にも日本中にあるといいなと思ってます。
日本がこんなに素晴らしい国だと再確認できた事にある意味感謝して、今日のワッツはスペシャルな内容でお届けしたいと思います。
何がスペシャルなのか。
あれ?今日何かちょっと音違くね?と思ってる人、居たら凄い!
何故こんな音質になってしまってるかといいますと、ここはですね、いつもの慣れ親しんだ東京FMのスタジオではありません。
(内緒の声で)何とですね、ここは・・・お台場です。お台場のフジTVに今、僕はいます。僕だけじゃないんです。何とですね、今、この建物の中にはSMAPという、ま、僕もその一員なんですけどね、そのSMAPがですね、今、隣の部屋とかに居ます。

shine木村拓哉のWhat's up SMAP

今日のワッツは、まずはこんな曲を日本中のみんなに届けたいです。この日本にこんな素敵な言葉があって本当に良かった。
SMAPで ありがとう♪

loveletter岩手県の19歳大学生の方から
「先週のワッツはどうもありがとうございました。キャプテンのどんな声が流れてくるのか少し不安がありましたが、聞こえて来たのはいつもと変わらない力強いトークでした。その声の力強さにとても励まされました。今、東北を中心に大変な事になっているこの日本ですが、私の未来がなくなった訳ではありません。その事を思い出させてくれたワッツでした。本当にどうもありがとう」。
こんなに丁寧に気持ちのこもったお礼を言われるような事、オレ先週したと思ってないんで、このメッセージオレ宛なのかなって再確認したいくらいなんですけども。僕はTVから流れてくるみんなの被災地の映像に前向きさを感じて、それに自分自身の背中を押されているっていうのが、ここのところの現状でありまして、今鋭意撮影中のドラマ「南極大陸」の方もですね、そんな皆さんの姿に背中を押して貰って、やる気というものも今まで以上に現場に存在して充実した時間を過ごさせて貰っているんです。みんなのおかげですね。ま、いつかみんなに見て貰える日がきっとくるとは思うんですけど、その日が恥ずかしくないように今、作ってるという気持ちもホントありますね。

shine木村拓哉のWHAT'S UP SMAP

今日はですね、せっかく・・・今ちょっと熱い話になりかけたんですけど、(内緒話の声で)せっかくあのフジTVのタレントクロークというね、僕、普段居ないんですけど、僕あの3階のスタジオの前室という所にいっつも居るんですけど、今僕が喋っている場所というのは、2階のタレントさんが皆その部屋に入る一室に、あの実は僕クリリンと共に忍び込んでいるんですけど、今日のワッツはこの流れで、メンバー全員を出しちゃいたいと思ってます。

あ、急がないと時間がないんですね。
まずは誰の登場でしょうか。

clip長くなるので、次のSMAP5人からのメッセージheart は(続きを読む)から、どうぞ。

続きを読む "木村拓哉のWHAT'S UP SMAP"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

哀愁探偵1756 3月24日 

哀愁探偵1756最終回 大団地で大団円

最終回という事で、今回は哀愁探偵1756こと吾郎の哀愁を皆さんに味わっていただこうという趣向。
小雨が降っている・・・吾郎は本当に傘が似合いますね。

building傘を差して団地の中を歩く二人。
掲示板の前に立ち止まって、案内図を見ながら突然団地について語り出す吾郎。
団地評論家誕生!?
「団地の番組とかやりたい・・・あ、今やってるか(笑)」
一通り団地の中を歩いた後、今度は団地の中の一件のお宅にお邪魔する。

団地が好き過ぎて、結婚して団地に住んでしまった”団地の哀愁探偵”照井さんのお宅へ。
ちょっと狭い階段を上り、玄関には牛乳受け・新聞受け、少し低めの天井、少し前の団地特有の形態のお風呂やトイレなど、いちいち歓声をあげて懐かしむ・・・
照井さんが監修したという団地の写真集を見ながらまた饒舌になる吾郎。

「貴重な経験で胸がキュンキュンしました。
でも続けて下さい。いいですよね、古き良き時代のもの・・」

と丁寧に挨拶。

この後、団地の空き家で一人佇む哀愁探偵1756さんのショット。
哀愁漂う横顔が美しい。
吾郎のナレーションをバックにまさに映画のワンシーンのようなサービス映像!
TBSさん、本当にありがとう。

runこんしゅうのリエコ
結局半年で12kg痩せたそうで、本当に理想的なダイエット。
この12kgがどれ位の重さなのか、吾郎に妊婦体験ジャケットを着て体験してみてもらうことに。
最初普通に歩いていた吾郎が、突然SHAKE♪を踊り出した。
結局、中居くんダンスが踊りたかっただけなのか(笑)。
このコーナーも今週で終わりですが、リエコさんはこれからもダイエットを続けるそうです。
頑張れ、リエコさんheart04

building次は八王子にある集合住宅歴史館へ。
過去の団地の部屋がそのままの形で移築されており、団地の歴史を辿る事ができる。
まずは同潤会代官山アパートに始まって、団地の歴史をその部屋を見ながら体験。
家賃が給料の三分の一以下だから大丈夫とか、意外な所に詳しい吾郎。
キッチンに使用されている素材で時代を感じる二人の会話が楽しい・・・
そうそう、山田くんも喋るようになったし、とてもいい感じになってきたのに。
ゲストがいなくてもマニアックで楽しいユニークな番組になってきたのに。
今週で終わりなんて、本当に寂しいです。

いきなり、番組の終わりを山田くんに告げ、
「もっと哀愁を感じるものを求めて、僕はこれから旅に出ます。
・・・僕はこれから旅に出ますというフレーズはとても吾郎に良く似合う、似合うけど今は寂しい。

山田くん、後はよろしく。
何か適当に締めて・・・

沖縄のあの店に行こうよ」
と、慌てる山田くんを置いてクールに去って行く哀愁探偵1756。

最後のナレーションは
「別れは突然やってくる、さようなら。
1756でした。」

寂しいけど、らしくて素敵heart

ツイッターによると、7年間稲垣吾郎シリーズ”GORO一座”をプロデュースしてきてくださった通称影の男爵さん、今回でこのシリーズを卒業される事になったそうです。
ツイッターを始めたのも、こちらのシリーズ番組のおかげ、楽しいファンの交流の場の一つになったのに。
吾郎の細道・ソナタでは一般の方とロケをしたり、Goro's Barの時からは多くの芸人さん達と仲良く番組を作り、そこから芸人さん達もどんどん有名になっていったり、社員旅行などとても楽しい企画、スペシャルドラマまで。
新しい吾郎の魅力をたくさん発見でき、きっと吾郎の密かなファンや理解者も増えたと思う。本当に愛のある番組でした。
でも、4月から完全リニューアルして吾郎の番組は続くようなので、そちらを楽しみに待つ事にします。

mailto影の男爵様、長い間ありがとうございました。
これから更なるご活躍をお祈り申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

続々と新情報が

3月も残り少ないこの時期に、続々と嬉しい新情報が入って来ました。

3月24日(木) 「月刊ザテレビジョン」SMAP/表紙
3月26日(土) SmaSTATION 吾郎ゲスト出演&月イチゴロー
3月30日(水) 「TVガイド」SMAP/表紙&SPECIALビジュアルBOOK
         「TVLIFE」SMAP/緊急スタート『スマスマ』メンバーリレー連載
4月2日(土)  SMAP「がんばりますっ!!2011 テレ朝系 20:53~

また、SMAPが震災支援を訴えるACジャパンのCMが近日中に放送されるそうです。
記事はこちら

pen土曜日のスマステ出演に伴って、公式HPでは
稲垣吾郎さんに向けてのメッセージを募集中です。
まずは、これですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

SMAPXSMAP生放送 3月21日

いま僕たちに何ができるだろう

真っ白なスタジオに黒いスーツを着たSMAP5人が立っている。
何も音の無い中、中居くんの挨拶から始まった今週のスマスマ生放送。

最初に歌ったのは
*世界に一つだけの花
こういう時のこの曲は、いつもと変わらなくSMAPが居るという安心感を与えてくれる気がする。

この後は、真っ白なバックまたは一面にファックス用紙を貼り付けたパネルをバックに小さなテーブル付きの椅子に一人ずつ座っているSMAP5のみ、というシンプルなスタジオ。
今回の地震について、体験談そして「自分達に出来る事は何か」をファックスを紹介しながら進めていく。

”表立ってやるのは偽善だと思われてしまうのは嫌”とかそういうのは今は二の次三の次であって、自分達に何が出来るのか、どんな役割があるのかもどかしさを感じる毎日だ
と中居くんが語ります。

自分達ができる事を綴ったファックスも、幅広い年代、様々な状況に置かれた方達からのメッセージに心を打たれました。

被災地ではなく東京の人達の「今、できる事、実行している事」のインタビュー映像や、仕事をしている人達の思いを語ったVTRも今までの番組とは違っていた。
戦争を経験した方の「焼け野原からここまで復旧したのだから、絶対に大丈夫」という言葉がとても心強かった。

何てSMAPって微力なんだろうと思う、と言いますが、そんな事はない、この番組を観たTVの前の人たちは、元気や希望を貰えたと思いました。

VTRのバックに流れたスマップの曲
*どんないいこと
*夜空ノムコウ
*朝日を見にいこうよ
*らいおんハート
*この瞬間、きっと夢じゃない

・・・やっぱりスマップの曲、いいですね。

節電や買い占めと言った日常の問題について分かり易く具体的に繰り返すシンツヨの二人、正義漢で熱い木村くんは家庭を持った人の立場としての思いなど、上から目線ではなく自分達の言葉での発言が良かったし、きっちりとまとめて進行させる中居くんは、いつもながらさすがだと思いました。

今回、吾郎は言葉はあまり多くありませんでしたが、最後にきっちりと締めるような忘れられない素敵な言葉がいくつかありました。
*助け合うこと・・・今この時にこそ学ばないと、辛さだけが残っちゃう
*傷を得て、(それを)エンターテインメントのような明るいものを通じて一瞬でも癒すことができたら、その一瞬のためだけでも僕ら頑張らなくちゃいけないのかなと思うし、今、僕らにできる事だよね。
*冷たい心を温めるのは、結局人の心にあるもの

僕らこれからバラエティをやっていいものか「娯楽と不謹慎の境」について考える中居くん。
今、こんなときに詐欺は止めようよ!
みんな一生懸命なんだから、今批判はやめようよ!という率直な呼びかけもとても印象に残りました。

SMAPができること、ファンが望んでいることのひとつは、歌ってくれること、
ということで、最後に歌った2曲。

*どうか届きますように
*がんばりましょう

もう、歌を聞かせるというより(失礼!)、自分たちの気持ちを届けたい!という想いがとても伝わってきました。
どうか届きますように」が収録されているSMAPのアルバム super modern artistic performance の通販サイトでの売り上げが急上昇したそうなので、ファンの思い込みだけではなく、一般の方にも気持ちは届いたのだと思っています。

がんばりましょう♪で見せてくれた吾郎の微笑みに、ホッとさせられました。

通常のCMも流れず、いつもの番組もあまり流れないそんな状況の中、自分たちの冠番組であるバラエティ番組で今回の東日本大地震を扱った生放送を流すことについて、世間の批判などは十分に承知の上での放送であったと思う。
でも、ツイッターなどでの感想を見る限り、一般の視聴者の方もスマップがこの番組をやった意義を認めている方が多かった。
こうして、いつも伝説を作り続けているSMAP、これからもどんどん先頭を進んでいってください。応援しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

今日はスーパームーン
19年ぶりに月が最も近づく日らしい。
幸い良く晴れているのでベランダに出てみたら、まるで電球を付け替えたみたいに月が明るくて大きく見える。
何も無い夜道では、とても頼りがいのある月だと思うけど、鑑賞用にはもう少し冷たく小さな月の方が好きかもしれない。

去年の3月30日。
忘れもしない新国立劇場「象」の千秋楽の晩。
こちらは、ひと月に2回満月がありその2回目の満月ブルームーン
舞台が終わってから外に出たら、綺麗な月が出ていました。
吾郎演じる「男」は
「みなさん、こんばんは。
私はいわば、お月様です・・・」で始まり
「お月様。
明るすぎる。まるで昼間だ」で終わる。
アテ書きのように、吾郎にぴったりの役だと思いました。

何となく月をみていて思い出して
「象」をまた観たくなりました。
あの最凶の殿様を演じた半年後、あんな儚げな男を演じていたのですね。

ガラリと変わって、今年はどんな舞台を見せて貰えるのか、とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哀愁探偵1756 3月17日

今週も哀愁探偵1756と助手の山田くんは「哀愁」を求めて街に出る。
スラッと背の高いこの二人が歩いていたら、目立つだろうな。

巷に潜んで活動している世界哀愁探偵団の仲間に会いに、まずは中野のヨーヨーショップに。
意外な事に探偵1756もかなりヨーヨーが懐かしい様子。
「これ、持ってる!」と興奮したり、突然歌ったり(笑)。
撮影した店主さんのツイッターによると、1756さんはかなり楽しんだらしい。

次はラジコンカーのサーキット場。
最新のラジコンカーや技を見せて貰った後に、探偵さんと山田くんとでレースをやることに。
勿論この二人ですから、カッコ良く走り回るのではなくてドタン・ガタンとぶつかり合いに。
まあ、それでこそ、哀愁探偵1756ですね。

最後はお台場にあるヒストリーガレージへ。
懐かしのスーパーカーがズラリと並ぶ。
「作った人の意志が伝わって来ますね」と
フォルムの美しさにうっとりする探偵さん。
アルファロメオに乗りたくて、免許を取ったとは初耳でした。

BACK TO THE FUTUREで有名なデロリアンに乗せて貰う事に。
レーシングドライバーの運転でスピード感を味わった探偵さん、
今回は哀愁というよりは刺激を感じたそうです。

思い返してみれば、今週は1756さんが哀愁を感じるものを探しての30分だったのですね。
はしゃぐ探偵さんをみていたら、すっかり笑顔になっていました。

先週の金曜日の大地震から、ずっと息をひそめるようにして過ごした1週間。
被災地の方々には申し訳ないような楽な暮らしですが、それでも毎日起きる余震や何となく心の隅から消えない漠然とした不安などを抱えた毎日でした。
そんな中、どれだけ「哀愁探偵」が癒しになったか。
予想以上でした。
それなのに、「哀愁探偵1756」は来週でお終い。
こんな世の中だからこそ、ゆったりと楽しめるこのような番組は貴重なのではないかと思うのだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

2011年3月11日

この日を私は決して忘れないと思う。

素晴らしく便利な生活も自然の災害には、なすすべが無い。
津波が押し寄せてすべてをさらっていく様子は、絶望的な気持ちにもなってしまう。
生まれて初めての凄い揺れ、室内の植木鉢や飾ってあったガラス器が落ちて壊れたり、都内全域交通がストップという体験はしたけれど、そんな事はどうって事ない。
まだ安否の分からない友達がいます。
出来る事と言ったら、ただ無事を祈るのみ。

TVをつければ、恐ろしい災害の爪痕ばかり映しています。
阪神大震災を体験した方によると、もっと楽しい事で気を紛らわせたかったとの事。
そういえば、SMAPが新曲の発表なのに「がんばりましょう」を歌っていましたね。
あの時のSMAPの笑顔と歌声にたくさんの方が励まされたそうです。



今回、ツイッターの働きがとても素晴らしい!
迅速な情報、医療関係など各方面専門家からの知識、大震災体験者の助言、お互いに元気づけ合ったり、またはこんな大変な時に出会った心温まる出来事など、様々な呟きが流れていきます。
交通機関がストップして家に帰れない方用に休憩所やトイレを無料提供した会社や店、見知らぬ者同士でも助け合い励まし合い、どんな状況でもきちんと列を作って並ぶ、ボランティアなんてたいそうな事を言わなくても黙って人のためになる小さな事をする・・・
そんな体験の呟きを集めたものもありました。
日本って日本人って素晴らしいじゃないか、と。
海外の方々の応援の画像を集めたものもありました。
即効、携帯や公衆電話の利用に協力してくれた企業、節電に協力してビジョンをすべて消した渋谷のスクランブル交差点等々、写真入りで次々に紹介されていたのも良かった。
とても悲惨な状況にも光が見えるのが救われます。

どうか、これ以上被害が大きくなりませんように。
少しでも早い復旧を祈っています。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

ぼっちゃま

吾郎主演舞台、情報来ましたsign01

ぼっちゃま

パルコプロデュース
【東京公演】
2011/5/7(土)~6/5(日)
PARCO劇場
【大阪公演】
2011/6/9(木)~6/13(月)

【CAST】
稲垣吾郎
白石加代子
高田聖子
中村倫也
大和田美帆
谷川清美
福本慎一
小林健一
柳家喬太郎
梶原善

【STAFF】
作:鈴木聡
演出:河原雅彦
音楽監修&ピアノ:佐山雅弘

2010年は「殿
2011年は「ぼっちゃま」と呼ばせて頂きます。

まだ詳細は分からないのですが、ものすごく楽しみ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

anan シネマナビ 3月

今月は「私を離さないで」を紹介。

冒頭の
「静かなのにショッキング、そしてじわじわと胸に迫ってくるものがある」
・・・これはまさに私が、原作の小説を読んだ時に感じた事でした。
面白いから読んでみない?と友人に貸して貰って読んで引きこまれ、読み終わってから自分用に1冊買ってすぐにもう一度読み返した位に。

小説を読み終わった頃に東京国際映画祭で上映されると聞いたのですが、その頃は「十三人の刺客」に夢中になっていた時だったので、まだ映画は観ていません。
読んでいてとても情景が浮かんでくる文章で、私の頭の中に描いた世界とどれ位違うのか同じなのか、映画を観るのがとても楽しみ。
そして、特に吾郎の感想が聞きたかった作品の一つなので、シネマナビは嬉しかったです。

それにしても、このネタバレせずに語るのがとても難しい作品を、あんなに美しく語ってしまう吾郎は素晴らしいと思いました。
しかも、今月の写真も素晴らしい。
ツイードのジャケットから覗く胸元がたまらなくセクシーです。
今週の特集なんて、目じゃない位にheart

clip今月のプロフィール欄、「『十三人の刺客』の演技で毎日映画コンクール男優助演賞を受賞」という文字が嬉しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

SMAPXSMAP 3月7日

motorsports ジャッジトーク ゲストは堤真一さん
堤さんといえば、先月の毎日映画コンクールで男優主演賞を受賞されました。吾郎と一緒だったのですが、その時の話が出るはずはないと期待しませんでしたが、やはり出ませんでした(笑)。
お母様の話から椎茸栽培の話まで。
堤さん、楽しい方なんですね。
結婚の話題が出た時に、誰でも答えにくいと思うのにきちんと答えていた吾郎、茶化したりしないのがいい。
再現VTRが無ければもっと楽しいのに。

restaurant ビストロ
今週も、中居vs吾郎のトークが炸裂!
中居くんの突っ込みに逆襲する吾郎が素敵でしたheart
某巨大掲示板の実況でも、吾郎の人気は高かったようです。
でも、笑いというものはだんだん麻痺してエスカレートしていくものなので、毎週続ける訳にもいかないですし。
笑い声の練習する前に、面白い番組にする事を考えて欲しいです。

karaoke 歌のゲストは ベン・E・キングさん
どうやら昨年の撮りだったようで、トークも無し。
ゲストに対して失礼すぎるような気がして、視聴者なのに気をもんでしまいますわ(苦笑)。
吾郎がものすごくキレイでした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

哀愁探偵1756 3月3日

相変わらずの小芝居が大好き。
コードネーム1756さんも所属する哀愁探偵の国際機関は国際哀愁探偵団というのだそうで、本部から山田くんは哀愁の理解が浅いのではないか?と言われたとか言われないとか。
そこで、哀愁探偵の首をかけて、巷に潜む哀愁探偵を訪ねて哀愁を学ぼうというのが今週のテーマ。らしい。

I I AD Companyにて
哀愁探偵2315さんはミニカーのコレクター。
ミニカーを扱うお店も経営していらっしゃいます。

ミニカーは省略の美学
車体フォルムの美しさを堪能する
・・・などの名言と共に、歴史もお勉強しながら哀愁を感じつつミニカーに親しむ。
こういう番組、好きです。

途中参加の
哀愁探偵0005さんはスーパーカーグッズのコレクター
「スーパーカー消しゴムは消せません」という説明に
【山田●カ】という文字を消そうとしている映像付きww
くだらないけど、面白い!

最後は哀愁探偵3人による
スーパーカークイズ!!
ゲストの哀愁探偵さん達も穏やかな方達で、まさに吾郎の番組にぴったりな方達。
とても楽しいひとときでした。

pen今週、特に感じたのが、吾郎と助手山田くんのいい感じな関係。
お店で一番古いというミニカーを手に、しみじみと哀愁を感じている1756の横で
「今、ぼくらが遊んでいるものもやっぱり70年経ったら古いと言われてしまうんですね」と、急にしんみりしてしまう助手の山田くん。
それに対して、
「今日、元気無いけど大丈夫?疲れてんの?」
とちょっと笑いながらもいろいろ心配する吾郎。

50年前のミニカーを手にして助手に向かっていろいろ哀愁を語りかけるも
自分の言葉を助手が全く聞いていなかったのに気づいた探偵さん、
「聞いてる?」
聞いてなかった事が分かったら、もう一度同じ事を言い直す。やさしいなぁ。

車の名前がちゃんと読めないと
「ボカシ入れるよ」
「ヘキサゴン見てると最近ヒヤヒヤするんだけど」
共演している人の番組は、いつもちゃんと見ているのですね。

・・・そんな二人に対してのテロップはこれdownwardleft

助手山田に哀愁ではなく愛情を感じ始めた1756

いいなぁ
誰かを仲間はずれにしたり、人と違うと言っていじめたりしない。
何か深夜にまったりできる。
こういう番組は大切だと思うな。
流行っているからと、何もみんな同じ必要は全くないのだ。

ribbon最後にもうひとつ。
今週の探偵さんが、いつにも増して美しかった!
番組中、ひたすら探偵さんのお顔を穴が空くほど見つめてしまいました。

りえこさん、お大事に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

1月・2月ノート

tv アバター(2009 米)
tv ヴィクトリア女王 世紀の愛(2009 英/米)
tv ジュリア (1977 米)
tv レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い(1994 米)
tv エクスプレス/負けざる男たち(2008 米)
tv ココ・アヴァン・シャネル(2009 仏)
tv シャネル&ストラヴィンスキー(2009 仏)
tv 南極料理人(2009 日)
tv グッドウィル・ハンティング 旅立ち(1997 米)
tv クレイマー、クレイマー(1979 米)
tv 第9地区(2009 米/ニュージーランド)
tv 女の子ものがたり(2009 日)
tv さまよう刃(2009 日)
tv フィラデルフィア(1993 米)
tv プレシャス(2009 米)
tv しあわせの隠れ場所(2009 米)
cd いつか晴れた日に(1995 米/英)
movie 十三人の刺客(2010 日)

絶対に私の好みではないのに、「第9地区」が意外に面白かった(笑)。
シャネルを描いた映画、無駄のない美しい衣装がとても素敵で、私にとっては「SATC」のファッションとは対極にあるもの。
シャネルやそのすぐ後に出てきたデザイナー達が今、この世の中で「これからの世代」だとしたら、どんなデザインをするんだろうと思ったりします。

2月から「大聖堂」のドラマが始まったので、それがとても楽しみ。
俳優さんたちが渋くて良いです。
約600頁文庫本が上中下の3冊という長編を8話で仕上げてあるので、かなり駆け足な内容になっていますが、以前2回読んだ原作をまた並行して読みながら楽しんでいます。

2月最終日にまた「十三人の刺客」を観てきました。
いろいろなインタビューや授賞式などでの言葉などを思い出しながら感慨深かったです。
まだまだ海外の映画祭でも上映されているようで、これからもいろいろな国でたくさんの方に観てもらいたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SMAPXSMAP 2月28日

今週のSMAPXSMAP
吾郎がとっても綺麗だった事しか印象に残らなかった。
それくらい、中身が薄いスマスマだったと思う。

ribbon今、話題!知っておきたいレディ・ガガ
ガガの映像を見たくてスマスマ見ている訳ではないです。

吾郎の衣装は
”This is Love”の時に着なかった衣装だそうで、迷彩柄のジャケットとネクタイ、黒いシャツ、着崩さずにきちんと着ているのがとても素敵。 以上。

restaurantビストロ
キッチントークは「サンミュージック 気になるあの人」。
ボード一面に張られた所属タレントさんの顔写真を見せられても。

吾郎、今週は久しぶりに1位になって、おめでとう!
パエリア、とっても美味しそうでした。

karaokeのゲストは佐野元春さん。曲は”SOMEDAY”
吾郎は革のジャケットにインナーは襟ぐりの深い白のカットソー、ヒョウ柄のストールにもう1本黒っぽい細くて長いストール。
何気にエレガントで素敵。
それなのに、カメラ、吾郎の時だけサッサと移動しすぎ!
「約束の橋」、聞きたかったな。

私の感想としては、WSの特集コーナーみたいに感じた勿体ない1時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »