« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

ゴロウ・デラックス 4月28日

先週に引き続き、今週も西村寛太さんがゲスト。

ワンカップ大関も2杯飲み終え、タバコ休憩も取って(笑)、だいぶ落ち着いて慣れてきた感じの西村さん、話し好きなんでしょうか、どんな質問にも淀みなく答えてくださいます。
そして対する吾郎、女芸人さんにも「垣根を作らない」と言われていましたが、多分、吾郎はどんな人にも垣根を作らないのではないでしょうか。
たとえ芥川賞作家でも、物怖じせずに興味津々の目で好奇心たっぷりに話しを進めていく。
愛想笑いをしたり見え透いたお世辞を言ったりしないのが、いいなと思う。

西村さんも、面白そうにきわどい質問を投げかけてくるも、それに対して
「僕はしたことないです」なんて、アイドル仮面を被ったり。
そのかわし方が、見ているこちらも気まずくはならないし、上手いなぁと思う。
小島さんも、女性でありながらどんな話題でも淡々と話しを進め、または臆せずに質問で話しを展開していくので、こちらが普通に見られるのだと思いました。

一方、小島さんの事を何故か「坂本さん」と呼ぶ。
天然のゴロウちゃん、てんこ盛り!

book更に、朗読タイム
TV誌によると、この番組の為に週に1冊の本を読まなければならないらしい。
映画を見て本を読む、なかなか大変。
今回は吾郎、小島さんに加えて、西村さんもご自身の作品を朗読してしまう、という贅沢なコーナーに。
この受賞作品「苦役列車」は、きわどい言葉や文章ばかりがクローズアップされてますが、なるほどと思ってしまう細かい人物描写や、絶望的な孤独な日常の不安な気持ちなどに興味をもち、今回の朗読を聞いて読んでみたくなりました。でも、やっぱり凄いのかなぁ。

とても楽しい時間を過ごせたようで、最初と比べると随分打ち解けて収録は終わり西村さんはセットを後にします。
小島さんと吾郎はきちんと立ち上がってお見送り。
再び座って今日の感想を言い合っている二人の所へ、セットの外から再び西村さんが・・・

「ゴロウさん!帰ります!」(もう、一回ご挨拶しているのにw)
「今度、飲みにいきましょうよ!」と笑顔で手を振りながら帰っていく西村さん。
その後ろ姿に
「編集部の人と仲良くして下さい」
「帰り方分かりますか?」
「千代田線で」
と見送る吾郎。

来週はカメラマンの方がゲスト。
どんな30分になるのか、とても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

「ぼっちゃま」続・続報 (追記有り)

脚本・鈴木聡さんのインタビューはこちら

戦後、没落した大地主の長男
太宰治的な破滅型
漱石「坊っちゃん」の主人公
純粋といいかげんの相矛盾する感情
・・・等々、妄想をかき立てる言葉が並んでいます。

敗戦で、人々の生活や価値観ががらりと変わった時代、
ある意味、大震災で日本人の心の何かが変わった現在と呼応するのかもしれないという事で、いろいろな意味でますます期待が大きくなりました。

衣装も気になる、非常に気になります。

それから、ピアノもとても気になるのですが・・・
あと10日で、始まるのですねheart

pen追記
TBSラジオのデイ・キャッチ内「メキキの聞き耳」で演劇ライターの金田明子さんがゲストで「ぼっちゃま」に触れていました。podcastで聞く事ができます、 こちらから。

現在、金田さんは「ぼっちゃま」の現場に密着で入っているようです。
鈴木さんが脚本を書いている途中で大震災が起きた事で、そのままの内容では今の社会では通用しなくなったので、ラストシーンをすべて書き換えたそうです。
今の世の中で、演じる意味が大きくなったのではないでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

「ぼっちゃま」チラシ

「ぼっちゃま」大阪公演の詳細が発表になり、チラシも出来上がりました。
(私はまだ手に入れてはいませんが)

何代も続いた写真館に飾ってあるようなセピア色の写真。
脚を組んで椅子に座った「ぼっちゃま」の後ろには、品の良い「ばあや」が立っています。
「七色インコ」の時のチラシを思い出しました。

設定は戦後間もない昭和25年。
旧家の主人である「ぼっちゃま=井上幸一郎」は愛と美学の人、らしい。
唯一の理解者は「ばあや=千代」。
兄弟、その連れ合い、愛人、出入りの骨董屋、八百屋、ご近所さん・・・
チラシの写真を見ながら、いろいろ妄想する時期もとても楽しいです。

粋でおしゃれで滑稽で哀しい物語

素晴らしく贅沢なキャスティング!
初日まで2週間切りましたね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

TV navi

1ページ目のグラビア
椅子の背に手をかけて、視線は前方のやや下の辺り。
指先まで美しい。
30代後半にしてこの透明感。
いつまでも見ていたくなります。

3ページ目のまっすぐにこちらを見つめる吾郎も好き。

水溶性の美学 ~「ぼっちゃま」公演を控えてのインタビュー記事

演技との出会い
1989年「青春家族」、1990年「さらば愛しのやくざ」の思い出。
マネージャーさんもいない中、一人で電車に乗って歩いて撮影場所まで行く。
初めての世界でどれだけ不安だったかとも思いますが、褒められて自分が「これだ!」と思えるものを見つけた喜びは大きかったと思います。

一つの大きな壁ともなった「広島に原爆を落とす日」。
膨大なセリフの量に、声が出なくなった時が一番辛かったと。
きっと今だったら声も枯れずにやり通せるでしょうね。
でもこの作品に出会った事で舞台をやり続けたいと思ったようで、その意味でも「ひろげん」は素晴らしい!

綺麗なお皿で出すのが僕のエチケット
”努力は惜しまないが、それを受け手に感じさせたくない”とは20代の頃から思っていたそう。
「広島に原爆を落とす日」で声を枯らしながらも、当時レギュラーだった深夜生放送番組WINでは「今、舞台中で~」と何でもないように言っていましたっけ。
また「十三人の刺客」では、あたかも生まれたときから白い馬に乗っていたかのように、優雅に白馬を乗りこなす殿が居ました。
まずは「役作りの努力」を宣伝する人が多い中、若い頃から自分なりの美学を持っている吾郎が素敵!

・・・水の中に溶けていく水になる

こんなにゴチャゴチャ書いてしまっては、素敵なインタビューが台無しになってしまいますね。TV navi、是非手にとって読んでみてください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

ゴロウ・デラックス 4月21日

まずは立ちトーク。
今週はグラビア暴露合戦。
週間プレイボーイ袋とじ・小島慶子さんの水着vs15歳の吾郎「朝は悩める夢小僧」かわいいっheart04
小島さんのグラビアを見ながら週間プレイボーイのページをパラパラ。
そういえば、吾郎は1995年にプレイボーイでエッセイを連載していました。
タイトルは「ひとりぼっちの好奇心」
連載を通して読んでみると、まるでオムニバスドラマを観ているみたいに次から次へといろいろな風景が広がる楽しいエッセイでした。
話しが逸れました。番組、番組・・・
”立ちトーク”吾郎は要らないんじゃないですか、と言ってましたけど、要りますっ!
最初に立ち姿見たいですもん。

book今週の課題図書は「苦役列車」。
そして、いきなり芥川賞作家西村賢太氏がゲストで現れる。
どうしてこの番組に出演して下さったのですか?という質問に
「一回SMAPの方にお会いしたいと思って」と(笑)。
突然、緊張しているので飲んでもいいですか?とワンカップ大関を飲み出す西村氏。
ここで、吾郎と大関のポスターのツーショットがとても嬉しかったです。
緊張して汗をかき、お酒臭くしている(笑)西村さんをビックリした目でみつめ、はじめは言葉も出ないと言っていた吾郎。
次第にいろいろな質問が次から次へと飛びだしてくる。

自分の体験を書いたというこの小説、風俗がたくさん出て来るかなりきわどい表現などもあるようですが、これを映画化するんだったら誰に主演してもらいたいか、という質問に
「できれば、ジャニーズの方に(笑)。」
「でも絶対に無理だと思うんですよ」
と言う西村さんに対して、
「いやいやいや、僕、やってみたいですよ」と、吾郎。

「吾郎さん、また新境地」って、小島さん、「また」って事は『殿』に次ぐという事でしょうか。

「新境地、開拓していかないと。もう全部捨ててさ。やってみたいよね」と目をきらきらさせて語る吾郎は、本当に俳優の仕事が好きなんだなと思いました。

好きな女性のタイプを聞かれ「今はガッキーですね」と即答する西村さんは結構ミーハーな所もあるのでしょうか。逆に「SMAPの稲垣吾郎の普段の生活」を聞いてみたり、やはり小説を書くにはいろいろな所にアンテナを張っておくのかな。
そんな西村さん、緊張して今度はタバコを吸いたくなり、タバコ休憩に。
喫煙所に行くまでの廊下で、突然吾郎についての感想を語り出す。
「稲垣さんって結構、背が高いですね」
「凄いオーラ、スターオーラって言うんですかね」
「でも、髭のそり跡とか・・・非常に人間的で」
等々。

「人間に興味があるので、人見知りはしない。これからすぐにでも西村さんと居酒屋に飲みに行ける」と言い切る吾郎。
素敵だ。
西村さんとのトークは来週も続く。ものすごく楽しみです。

吾郎のトークが大好きで、ゲストにいろいろな方を呼んで普通に話しをする番組があったらいいなとずっと思っていたので、「ゴロウ・デラックス」は本当に嬉しい。
これからも楽しみです。

ツイッターでも「面白い」とかなり評判良いです。
もっと広い地域で放送されますように。
番組HPでは、感想・聞いて見たい事・取り上げて欲しい本などを受け付けています。
どんどん送りましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

not alone

月9ドラマ主題歌 not alone~幸せになろうよ
スマスマでも初公開。
イントロの部分がちょっとビートルズみたいな懐かしさがあって、メロディーがキレイで好き。
ひとりじゃないよ と、そっとやさしく包み込むような曲調が、今に合っていると思う。

吾郎のパートがとても高音なのですが、今舞台のお稽古の最中だからキレイに声が伸びていると思う。私、ロックを歌う吾郎の低音も好きなのですが、SMAPだと高音担当になるのでしょうか。

しかも皆ビジュアルが良くて、吾郎がものすごく美しくで、何回も何回も繰り返して見ています。
歌番組が楽しみです。(た・楽しみなのかw?)

スマスマは他の事を語ろうとすると何を言い出すかわからないので止めておきます(笑)。
一言だけ。
吾郎さん、ビストロ優勝おめでとうございますheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

まだまだ語りたい「十三人の刺客」

十三人の刺客」アメリカ公開にあたり、大震災の影響で当初予定だった渡米がキャンセルになった三池監督が、Skypeでインタビューに答えたそうです。

その詳細がシネマトゥデイに載っています。
今の日本映画界についてに触れ、「十三人の刺客」について語っている三池監督のインタビュー、読み応えありますので、是非。

やはり吾郎ファンとしては、稲垣吾郎が松平斉韶という役を演じるにあたっての監督からの要望に注目してしまいました。

悪役の芝居はせずに
美しくそこに立っていてもらいたい

なんて素敵な。
そして、吾郎は見事にこれに応えたのですね。

もう一度大きなスクリーンで観たくなりました。

調べて見たら
早稲田松竹で上映予定が。
5/21~5/27

「ぼっちゃま」の上演期間とは被りますが、一度行っておくかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

ゴロウ・デラックス

今週から始まった新番組 appleゴロウ・デラックス
ラジオブースのような小さくて簡単なセットの前に両側から歩き寄って中央で挨拶する二人。
二人ともスラッと背が高くてスタイル良い事!
最初にまず立ち姿を見せてくれたTBSさん、ありがとう。

そういえば、ドラマの番宣でTBSのWSに出ると、必ずと言っていいくらいにまずは吾郎の立ち姿の全身を映してくれる。これは本当に嬉しいです。

初対面で打ち合わせもないまま始まった(らしい)新番組。
お互いを探り探りという割には、なかなか息の合った所が嬉しい。。

「今のはちょっといい人って思われたかったから言っただけ」というのが、この番組で少し良い事を言ってしまった時の吾郎の言い訳になるのでしょうか。
別に毒舌キャラにならなくてもいいけれど。

「吾郎にもラジオ番組を!」と願うファンが多かったですが、この番組はまさにヴィジュアル・ラジオとでも言ったら良いのでしょうか。
まずは吾郎に聞きたいこと、聞いて貰いたいこと、お願いしたい事など、何でもどんどんファンが思っていることを届ければ良いのではないかと思っています。

TBS様。この番組に、いろいろ試行錯誤する時間を下さい!
絶対に面白くなると思うので。
繋いでいくためにも、私たちのたくさんのハガキは必要だと思います。

そうそう、小島さんのツイッターによると「1回分の収録にお喋りが止まらず1時間半以上。回を重ねる毎に、吾郎さんはお喋りになっていった」そうなので、これからがますます楽しみです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

anan シネマナビ 4月

今月の一本 イヴ・サンローラン

今月は映画「イヴ・サンローラン」を通じて、ファッションなど芸術や文化が持っている力についても語っています。
今回の震災で大きな被害を受けた方々、今は映画やファッションどころではない。でも、一瞬でもその心を和ませることができたら・・・と。
私はそんなに深い悲しみを味わったこともなく呑気に今まで生きてきたかもしれません。
普通より早く母を亡くしたことくらいでしょうか。
とても深い悲しみの中でも一瞬それを忘れる瞬間があります。その一瞬一瞬が少しでも多くなりますように、と思います。

サンローランのエレガントさはきっと吾郎が好きだとは思っていましたが、「お店に入るときにちょっと緊張します」という表現は敬意が表れていていいなと思いました。
サンローランって黒髪で黒ぶち眼鏡をかけ、細身で繊細、エレガントなイメージ。
吾郎ファンになった頃、ちょっと感じが似ていると思ったりもしました。

自分が何を愛して何を選ぶのか

もしかしたら余分なものかもしれないけれど、大切な自己表現。
今は日々を生きるのに精一杯かもしれないけれど、自分が大好きだと思えるものを選ぶ事のできる時が一日でも早く来ることを祈っています。
というような言葉で締めた今月のシネマナビ。
吾郎らしい言葉で綴った思いやりと優しさに溢れた素敵なレビューでした。

だから、吾郎が好き。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

深夜ノンストップトークバラエティ誕生!

いよいよ今週木曜日14日から始まるゴロウ・デラックス

こちらに詳細が出ました!
(左のサイドバー公式HPからも行けます)

とうとう、SMAP一のおしゃべりが認定されたのでしょうか。
稲垣吾郎と小島慶子の言いたい放題!斬りたい放題!
ですって!
とても楽しみです。

appleハガキで質問も受け付けるとの事なので、ハガキは常に用意しておきましょうsign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ぼっちゃま

ぼっちゃま
パルコ劇場 5月7日~6月5日

チケットの一般発売も終わり、ようやく少し落ち着いた感じがします。
でも、大阪の方はまだなのですね。早く発表して欲しい。

今日、共演者の方がツイッターで
「パンフレットの写真撮影があり、クラシカルなお化粧をしてもらった」と呟いていらっしゃいました。
クラシカルなお化粧って・・・
やはり、設定は少し前の時代なんでしょうか。
鈴木聡さんの作品は、まったりした品の良さがあり好きです。
ハートフルなコメディとか。(やはり共演者の方のブログより)
衣装なども楽しみ。
もう少し舞台の詳細など早く知りたいですね。
先週からお稽古に入っているようですが、稽古場はほのぼのしているそうです。
でも、白石加代子さんをはじめとして凄い!方々との共演なんですよね。
とても楽しみです。

tulipファン有志で舞台へお花を贈る企画
kazuyoさんのサイトchateau de l'angeで、吾郎さんの舞台にファン有志でお花を贈る企画のお手伝いをさせて頂いています。
今年は初日にまず参加者の数のローズピンクの薔薇を贈る予定です。
後は千秋楽、大阪公演、それと集まった額により回数を調整したいと思っています。
毎回参加者全員のHNを入れたカードを添えますが、更に舞台の感想や吾郎さんへのメッセージも受け付けて、千秋楽のお花と共に届けたいと思っています。
詳細はこちらからどうぞ:ぼっちゃま」お花企画

*こちら「象」お花企画を見て頂くと、昨年の舞台の時のお花企画の様子がわかると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

Marching J

ジャニーズ事務所所属のアイドルたちが、東日本大震災の被災者支援のため募金を呼びかけるイベントが代々木体育館前で3日間にわたって行われました。

このニュースを聞いたとき、
「ただでさえこの大変な時に混乱を招くようなことをして、何かあったらかえって迷惑をかけるのではないか?チャリティーCDでも出せばいいのに」と思った人は多いと思う。
私もその一人。
私は行きませんでしたが、TVでたくさんその様子を伝えていました。

SMAPは二日目の土曜日は揃って生放送に出演なので、その日に来るのではないかと密かにささやかれていましたが、その通りになりました。
舞台の上で挨拶をした後、SMAPは募金箱の所まで降りてきて会場を訪れたファンにも感謝を伝えていました。

しかも、3日目もSMAPは来場。
今度は、ステージの上で歌をアカペラで披露したり、中居くんがお得意のMCで後輩たちを紹介したりの大活躍だったそうです。

混乱するかもしれないなんて思ってごめんなさい。
考えてみたら、ジャニーズファンっていつもいつも並ばされて待たされて、そういう事に慣れているんですね(笑)。
そして、さすがこういう時は貫禄のSMAPだと心から思いました。

みなさん、ノーメイクで(笑)私服だったそう。
二日間とも吾郎の私服、素敵でした。
こういうときは目立つアクセサリーも無しで、黒のニット(1日目)、ピーコート(2日目)がいかにも吾郎らしかった。

被災者支援と言えば、中居くんがプライベートで福島の避難所へ炊き出しに行っていたのですね。プライベートだから勿論テレビカメラも入っていない。
ずっと大きなマスクと眼鏡で黙って炊き出しをしていたそうです。
子供達にはおもちゃ、そしてマッサージチェアも届け、最後に眼鏡を取って
「みんな元気に明るくいきましょう!」と励ましたそうです。
避難所の方がこっそり撮った写メにだけ、その中居くんの姿が残っていました。
黙って実践してしまうところ、素敵ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タモリXSMAP 宇宙への挑戦

何故、今、突然この番組なのか。
とりあえず、有人宇宙飛行50年SPらしい。
SMAPファンの間では「タモスマ」と呼ばれているこの番組、
有人宇宙飛行の歴史に絡め、宇宙生活クイズ、感動秘話、飛行士訓練体験、アニメなど盛りだくさんなので、簡単に「タモスマ」という呼び名が便利(笑)。
せっかくの貴重な映像は普通にドキュメンタリーで見たい方なので、今回はスタジオ部分だけについて書きます。

・・・などと冷静を装って書いていますが、放送前のめざましTVで紹介された映像が、もう吾郎がキレイで可愛くてキレイで。
そればっかりが気になって、内容が全然入ってこなかったというのが正直な感想。

宇宙飛行士の訓練服のような青いツナギがものすごく似合う。
吾郎って、ツナギが凄く似合うと思うんですよ、何故だろう。
ゆとりがある作りなのに、スタイルの良さが際立ってしまうというか。
以前スマスマで見たカーキのツナギも素敵でしたが、青が吾郎の色白の肌を引き立てていると思う。

flag宇宙生活グッズQUIZ
浄水器を通した水を飲むとき、中居くんが一口飲み、普通に吾郎に渡し吾郎も普通に一口飲んでからタモリさんへ。
ここで、タモリさんも普通にその水を飲む。
それなのに、木村くんと剛はそれぞれ一つずつコップを受け取っていました。
この光景はかなり興味深かった。
ツイッターのTLが「間接キッス」で埋め尽くされていたことは言うまでもありません。

typhoonロシア宇宙基地にある回転する「宇宙酔い訓練椅子」。
これがスタジオに置いてあり、誰がやるかになって当然のように
「さあ、それでは~ 誰が?・・・稲垣さん!」とリーダーに指名される吾郎。
そうなんです、この映像をめざましTVで見ていたので、もう楽しみで楽しみで。
30秒間、回転椅子に座って回され、その後立って小さな穴に旗を立てる、という実験。
「わぁー!」なんて騒いではみるものの、ちゃんと笑顔まで作ってみる余裕。
終った後、3~4mは離れていると思われるところまで急いで行って意外にちゃんと旗を立ててしまう。
「中途半端だよ」
「つまんないんだけど! 何やってんのよ」
「ダメだな、ごろちゃん」

・・・ちゃんとやってのけたのに、口々に文句を言われる吾郎。
いったい何を求められているのか(笑)。あ、オチですか。
そんなごろちゃんなのに、ものすごく美しいのが、また素敵。
回転椅子で髪の毛が乱れているのが、たまらないheart04

もう、これだけ見ればお腹いっぱいなのですが、最後に一つ。

コロンビア号事故の映像を見て、言葉を失うスタジオ内。
すると、NASAを訪れて野口さんに会ったときのエピソードを淡々と語りだす吾郎。
自分が体験したことは、きちんと整理されて自分のものになっているんだな、といつも思います。

そういえば、以前タモリさんと吾郎でやっていた「未来予測TV」がとても好きでした。
2003年に第1回が放送されたので、随分いろいろと変わっているでしょうね。
また、続きが見たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

SMAP☆がんばりますっ!!!

結局3時間余りの長時間、最初から最後まで楽しかったです。
出ているのは司会の大下さんとSMAP、途中で羽鳥アナが番宣(笑)に出ただけ。
最後にサプライズゲストはありましたが。
SMAPファンにとっては丸々永久保存版になったのではないでしょうか。

movieSMAPの禁断秘蔵映像ベスト5
第5位:FAXの取り扱いビデオでSMAPが熱演(1991年)
最初の5人並びの静止画像、みんながアイドル笑顔満開の中、ちょっと不良っぽい超絶美少年吾郎に目を惹かれました。
この「おたっくす」のCM映像は持っていたので知っているのですが、それぞれソロで説明する映像の時、小窓の5人が何故か吾郎の時に特に大騒ぎになるのがおかしかった。
どちらかというと、今とは全く違う剛の素朴なぐるぐる周りの方が面白いと思うのですが。

第3位:初めての舞台「聖闘士星矢」(1991年)
これはもう最初から最後まで笑いました。
ごめんなさい!これでもファンです、と謝りながら大笑い。笑うっていいなっていう位、笑いました。
でも、今あんなに素晴らしい舞台が出来るからこそ、大笑いできるのですよね

1位:ミュージックステーション秘蔵映像集
1993年、具合の悪い中居くんを庇って壁を作りながら歌うSMAPに感動。
1991年、新曲発表の自分達の歌は1分で切られ、すぐ続けて先輩の曲のバックダンサーとして1分30秒踊るSMAPにビックリ。ジャニーズだからもっと優遇されていたのかと思ってた。
でも、そうやって歌番組に出させて貰うだけで嬉しかったし当たり前の事だと思っていたという。昔は厳しかったんだ・・・
だからこそ、今のSMAPがあるのですね。

basketball超過酷フリースロー~5人連続成功させたら終われまSMAP!
まずは、投げる位置を固定して投げてみる。
すると一投目を投げる人は誰かがミスをする度にまた最初に戻って投げなければならなくなる。
この一投目を投げるのが吾郎。
すぐに慣れて上手く投げられるようになるも、何回もの繰り返しで次第に集中力も鈍り無駄にたくさんのボールを投げる。周りからもいろいろ言われ、でも何も言い返しも言い訳もせずに、黙って投げ続ける吾郎。
途中で、全員が順番に投げていくローテーション作戦に切り替えたり、いろいろ工夫をする5人。
1番目・2番目に投げる事が多かった吾郎は、一人真っ先にシュート数が100投を越えていた事が分かり、中居くんに
「そんな好きだったっけ、バスケ?」と言われ、
「好きじゃない・・・」と答える吾郎。
ああ、かわいい。

結局1時間10分で成功してしまったSMAP
しかも、吾郎は4投目に成功!
それぞれのカラーのウエアを着て肩を組んでぐるぐる回る5人。
「結構大喜びでしたよ」と言われて
「そんな喜んでいないですよ」
「演出的なことでやってるから」
と口々に言う上二人のツンデレぶりがいかにもSMAPでした。

karaokeSMAPの元気になれる曲ベスト10
がんばりましょう
世界に一つだけの花
オリジナルスマイル
はじまりのうた
夜空ノムコウ
らいおんハート
SHAKE
This is Love
この瞬間、きっと夢じゃない
Dear WOMAN
・・・曲が増えてくるとライブで抜かせない曲も増えてきて嬉しいと吾郎も言っていましが、良い曲がたくさんありますね。
元気が出る歌というと、Majorとかも好きです。

pen記者SMAPによるインタビュー~私が震災で見つけたもの
阪神淡路大震災体験者に当時の事・その後の心境の変化などを聞く。
いつの間にか神戸まで行っていたのですね。
「忘文」を何年も続けてきただけあって、話を聞くのが上手いなと思いました。でもあんな見つめられたら、話す言葉さえ忘れてしまいそう。
このコーナー、実はどうなるのか心配していたのですが、思わず聞き入ってしまいました。
取材しての感想として
「ああいう経験をした方にしかない、目の奥の強さとか優しさ」という吾郎の言葉が印象的でした。

dollarMarching J 基金イベントのメンバーの後輩達が登場
「今わたしたちにできること」を語る。
みんな若いのにしっかりしてるな、というのが感想でした。

musicSMAP元気が出る生ライブ
この瞬間、きっと夢じゃない
がんばりましょう
オリジナルスマイル
・・・オリジナルスマイルで、後輩達が出てきて一緒に歌う。
ジャニーズって全く知らないんですけど、でもとっても良かった。

「常に意識を持つこと、関心を持つこと、忘れないこと」
忘れないようにしよう、と思いました。

今回は、震災があって急遽内容を変えたようですが、それでもとても温かで良い番組だったと思います。やはり、SMAPの人柄でしょうか。
若い頃の映像を余裕を持って楽しむ事が出来るのも、今それ以上に輝いて大きな存在となっているからだと、小窓の中で大笑いする彼らを見て思いました。

次は「SMAPvsボーリング!!五人連続ストライクで終われまSMAP」だそうです。
楽しみ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

新CM!

新しいCMが決まりましたね!
ツイッターで目にしたとき、一瞬エイプリルフール!?とか思ってしまいましたが、Johnny's netにも出ていました。

富士写真フイルム アスタリフト 美白スキンケアシリーズ
従来の松田聖子さん・中島みゆきさんのCMに新たに加わるようです。
テニススクールに通っているらしい(笑)。
でも、木陰で見ているのですね。
クラシックなテニスウェアとか似合いそうなんですけど。

関東・東北を除いて、明日から全国で放映ですって。
私たちはまだ見られないらしい。
でも、すごく楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »