« ブルドクター episode9 | トップページ | ほんとにあった怖い話 »

2011年9月 2日 (金)

ゴロウ・デラックス 9月1日

book今週の課題図書:うつノート
はっきりした定義が分からない「うつ」について、著者の精神科医・備瀬哲弘さんをゲストにお迎えして今週はお勉強会。

「うつ」とは端的に言うと「脳の機能が疲れている状態」

5年くらい前に「不安障害」になったという小島さん。
「自分の心が弱いからだ・・・」「性格が弱いからだ・・・」などと悩んでいる人がいたら、「我慢しなければいいのにな」と思う、と。
たとえば、内蔵の疾患と同じように精神疾患も考えたら良い。
誰にでも起こりうる身近な病気なのだから。

うつ病にかからないようにするために気をつけるには
バランス
ストレス発散
オンとオフを切り替える など。

先週9日間の夏休み中、一度も仕事の事考えなませんでしたね、という小島さんに
「ちょっとは僕の事思い出してください」と訴えるゴロウさん。
「思い出しましたよ。吾郎ちゃん、今頃何してるかしら。
ゴロウちゃん!なんて呼んでみたりして。」

「呼んでないでしょ!apple
・・・このやり取りが、番組始まって5ヶ月経った事を感じさせてくれて嬉しかったです。

今までうつ病とは縁の無かった人としての、ゴロウさんの質問もとても良かった。
「まず、どこの扉を叩いたらよいのか」
「心療内科では、心のやり取りをする訳だから、医師との相性が大切だと思うのですが」

日常の出来事のストレスの大きさを数値化したストレス点数表。
ただ、ストレスというのは単にマイナスのものばかりではなく、「心の体力を使うこと」という分かりやすい解釈も。
このストレス点数表に出ている項目が、あまりにも日常的なものなので、結論としては「うつ病とは誰でもなりうる病気」

clipうつ病の予防法
睡眠を大切にし休養を取る
ものの見方を柔軟にする
人と人との絆を大切にする

ここで出た吾郎語録!
僕の中にはオトナ吾郎とコドモ吾郎がいるsign01
・・・その中でバランスを取っているので、大丈夫だそうです。

あの悪夢のような2回の放送を経て、小島さんと吾郎の絶妙なトークの素晴らしさを改めて感じました。
毒舌でも知られるクールビューティーな二人、頭が良いのは勿論実はとても優しい人だと思う。
今回の「うつ病」に関しても、表に症状として表れにくく、また精神疾患に対してまだまだ偏見のようなものもあると思われるのですが、備瀬先生と共に誰にでも起こりうる事として分かりやすく解説。今、一人で悩んでいる人の背中をそっと押してくれたような気がしました。

芥川賞受賞作家とのお酒を交えてのトーク、身体やセックス・癌・精神疾患に関しての話、野草から廃道までマニアックな話題など、様々なジャンルに渡って深夜自由に語るこの番組、長く続いて欲しいです。
今度、北海道でも放送されるとの事、より広い地域で放送されるように祈っています。

ribbon今週の吾郎、ますます顔はほっそり、濡れたような瞳はキラキラ・・・
とんでもなく美しいのですがsign03
立ちトークでは、小島さんのレオナールのワンピースを「いいですね」と褒め、
渋谷東急本店の話題に。
・・・そうか、うなぎですかφ(。。;)

|

« ブルドクター episode9 | トップページ | ほんとにあった怖い話 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

恥ずかしながら、私は自律神経失調症で、5年ほど通院と投薬の経験者です。原因は両親の介護と死によるものでした。ただ傷が治るみたいに、完治がわからないから、通院をやめるのもストレスになりました。そんな時に稲垣吾郎という薬は、心のエネルギーをあげて活力源になり、笑顔は優しい気持ちをくれました。だから吾郎君にはずっと輝いていて欲しいです。

投稿: なな | 2011年9月 3日 (土) 13時36分

サイトーさま、こんにちは~
今回の「ゴロウ・デラックス」とても良かったです。落ち着いて見られて、一緒に勉強した感じがしました。同じような事を取り上げていても、やたら引っ張ったり、大袈裟に表現したりする番組が多い中でこういう形も貴重だと思います。
小島さんが不安障害になった事があるという話は少々驚きながらも、あのストレス点数表を見ていると、精神的な疲れ、病気というのも身近にあるという事がよくわかって、ファンとしては心配になる吾郎の事ですが、本人の口からちゃんと発散方法が聞けて安心しました。良かった~
オトナ吾郎とコドモ吾郎発言も可愛いです。
二人のトークも程良く聞けて、こういう形が良いですね。
東急本店のうなぎ屋さん、取りあえずネットで調べました(笑)
サイトーさまは行かれた事はないのですか? ?

投稿: 流星 | 2011年9月 4日 (日) 17時05分

コメントありがとうございます。

appleななさま
ご両親の介護と他界、本当に大変だったと思います。今回、ストレス点数表がとても分かりやすかったですね。
自律神経失調症・・・多分私もあの時なりかけたのではないだろうか、という記憶はあります。
きっとそういう人は多いのでしょうね。今回のゴロウ・デラックスを見て、そう思いました。
誰にでも起こりうる事と思えば、そのような病に罹った人に対する気持ちもまた変わってくるでしょうし、とても良い取り組み方だと思いました。

確かに、吾郎くんは心の薬箱です。
ずっと輝いていて欲しいですね。私もそう思います。

apple流星さま
この番組、テーマの取り上げ方がいいですね。
やはりMC二人の性格にもよるのかもしれませんが、いつも身近な事として深刻になり過ぎず、茶化したりもせず、優しい気持ちでユーモアも交えつつ語ってくれるのがいいです。
小島さんの不安障害にも驚きましたが、それだけ誰にでも起こりうる事なんですね。
ものすごくストレスの多い所で20年も仕事をしてきた吾郎さん、いつも飄々としていますが本当の所はどうなんだろうと私もファンとして時々心配にもなりますが、良かったですね(笑)。
アンニュイな吾郎さん、作品の中では好きですが、普段は明るい吾郎さんがいいです。

東急本店、たまに行きますが、食料品売り場とワインショップだけなんです。
今度、行かなくては!

投稿: サイトー | 2011年9月 4日 (日) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/52632423

この記事へのトラックバック一覧です: ゴロウ・デラックス 9月1日:

« ブルドクター episode9 | トップページ | ほんとにあった怖い話 »