« SMAPXSMAP 9月19日 | トップページ | 月イチゴロー 9月 »

2011年9月24日 (土)

ゴロウ・デラックス 9月15日・22日

book二週続けて課題図書は「大人の流儀
ゲストは伊集院静さん

番組はじめの二人のトークで、小島さんと吾郎で
「何故この番組に出て貰えるのか、その経緯を・・・」
「あまりこの番組がおわかりになっていないのではないか」
などと話していましたが、いえいえそんな事ないです、
ゴロウ・デラックスこそ、とても合っていると思います!

伊集院氏登場、挨拶の後「家内がよろしくって言ってました・・・」と。
ドラマ『』の主題歌、ダイアナ・ロスの歌声が流れ、私の頭の中はあのドラマの世界にちょっとだけタイムスリップ。
私が吾郎ファンになって、待ちに待った初めての連ドラ。
しかも、吾郎がハンパ無く美しくて色気満載だったので、放送後は毎日暇さえあればうっとりとビデオを見ていたなあ・・・なんて。
その時の主演が伊集院さんの奥様の篠ひろ子さん。

それなのに奥様のドラマは「観たことがないね」と一言。
大人の男はTVなんて見ている暇はないそうです(笑)。
一生懸命働いている人はTVなんて見れないという伊集院さんに
「僕らはゴールデンタイムにテレビに出ているので、それは困ります」などといい感じに返していく吾郎。
ウィスキーのオンザロックを飲みながらトークは続く。
伊集院さんの話を真剣に聞きながらも、突然
美徳!いいねぇ」などと声を大きくして
「ビックリするから、君の声は(笑)。
面白いね、稲垣君は。」と言われる吾郎。

番組半ばにしてちょっと疲れて休憩したくなる伊集院さん。
この辺りで、伊集院さんはMCの二人が一つ一つのパートを一生懸命うまくまとめようとしているのを理解し、
小島さんは、ゴロウさんが年上の男の人に可愛がられるんだな~っていうのが手に取るように分かったようだ。

*お金
「僕は結構真面目にちゃんと貯めてます!」とはっきり言い切る吾郎、可愛い。

*結婚
「社会的に君みたいな整えがあってだね
目もなんかこう・・・・・・・

訴えるようなとこがあったら
(女が)転ぶだろう、普通」~やっぱり「訴えかけるような目」なんだ・・・

そして、吾郎は25歳くらいの時に宮沢りえちゃんから聞いていた伊集院さんの話を明かす。
これは舞台「七色インコ」の時ですね。

私は「七色インコ」のパンフレットに載っていた伊集院さんが書いた宮沢りえさんへのメッセージがとても印象に残っています。

「私は宮沢りえさんの贔屓のひとりであります。贔屓というのは、その人のあらゆることを、うんうん、さすがだ。ほうっ、こりゃ見事だ。まったくもって素晴らしい、美しい・・・と勝手にうれしがり、独占し、喜々とすることです。~2000年5月七色インコパンフレットより

私はこれを読んで、ファンの一つのあり方としてこういうのもいいんだなと思えるようになりました。当時から、辛口ファンの方が愛がある、みたいな考えが結構あったのですが、自分の所有物ではないのだから、皆の目の届く所ではひたすら褒めるファンが居てもよいのではないかと思い、現在に至っています。

このパンフレットにホリヒロシさんが書いた吾郎へのメッセージ「美しき巡礼者」が素晴らしいのですが、これはまた別の機会に。

慣れるに従って、次から次へと問いかけて話しを発展させていく吾郎、これは司会技術とかではなく、人間に興味を持って相手の話をきちんと聞き何でも一度受け止めて自分なりに考えて~という過程を経て自然に成り立つコミュニケーションなのでしょうか。
ただ、これはかなり吾郎の人間的魅力が加わっての事だと思うのですが。
そして毎回思うのが、MC二人の頭の良さと素敵なコンビネーション。
ツイッターで呟く暇もなく、面白く見入ってしまいますね。

はじめの頃は「稲垣君」だったのが、最後には
「ゴロウ」呼びになってました。

「是非、また第2弾、第3弾もお時間が許せば、また」という誘いを
「そういうことはない、もう」
とバッサリ拒否する伊集院静さん。
その名残惜しい感が、良かった。

伊集院静さんについて、ちょっと調べてみたら、読んでいた小説がありました。
「ジゴロ(1995)」
渋谷の街で生まれ育った「吾郎」が主人公。描写されているその外見と吾郎という名前から、当時吾郎ファンは一度は読んだ作品でした。
こうして何の繋がりもないようでいて、何年も前の事と次々に関わりがあったりするのを見つけるのは面白いと、いつも思う。

|

« SMAPXSMAP 9月19日 | トップページ | 月イチゴロー 9月 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

サイトーさま

久しぶりにテレビの画面を凝視して、3人の会話を聞き漏らすまいと耳を傾けていました。伊集院さんは少し毒舌なところもあるけれど、実に優しい方だというのが分かります。そして聞き上手な吾郎!何時も相手が誰であれ、話し相手の方に身体を向けきちんと目を見て話を聞く吾郎さん。自然に身についたマナーの良さが、人生経験豊富な人の共感を呼ぶのでしょうね。「ゴロデラ」は色々な事を学ばせてくれる奥の深い番組ですね。吾郎と小島さんの2人のトークも清清しく魅力的です。こういう番組こそ全国放送をして欲しい!

伊集院さんが吾郎を誘って銀座あたりで一献を酌み交わし、親交を深めて欲しいと思ったりしました(笑)

投稿: さやか | 2011年9月25日 (日) 20時39分

appleさやかさま
コメントありがとうございます。
私も伊集院さんは本当は優しい方なのではないかと思いました。
品良く、マナー良く、媚びずに、でも訴えかける目で(笑)、ゲストの方も皆何となく心を許してしまうというか構えないでリラックスしていくのが、いつも分かりますね。
同じような番組が多い中、他とは違うゴロウ・デラックス、本当に貴重だと思います。

是非、全国放送に向けて私たちも頑張りたいと思っています。
そういえば、東海地方が放送になるとか。
自分の事のように嬉しいです。

伊集院さんとはカメラ無しで良いので是非銀座辺りで飲んで頂きたいですね。

投稿: サイトー | 2011年9月25日 (日) 23時30分

サイトーさま、こんばんは!
今ゴロのコメントで失礼します。ここで東海地区もゴロデラの放送が始まる事知り驚きました!! ありがとうございます。ちょっと体調が良くなくて数日PCを開いてないと浦島太郎状態です(汗)皆さんの後押しがあっての事だと思うのでとてもうれしいです。

伊集院さんは独特な持論をお持ちで、ちょっと矛盾しているんじゃないかと思った所もあるのですが(編集されているからかもしれません)ズバッとおっしゃる事に納得する所もあって、大きな印象を残された回になりました。
後半は伊集院さんも対吾郎と話しているような感じになって、きっと伊集院さんも吾郎とのやり取りが心地よくなってきていたのではないかと思います。気のせいか吾郎の口調もいつもと違って少しだけ可愛い感じがしたのですが・・・
わたしも伊集院さんとお酒を飲む機会が遠からずあるのではないかと思いました。と言うかそうだといいな~と・・・

もっと多くの所で放送されるように頑張ります。いつもありがとうございます!

投稿: 流星 | 2011年9月27日 (火) 21時33分

apple流星さま
コメントありがとうございます。
そして
bell放送決定おめでとうございますsign03

伊集院さんのように、何でも若い人に迎合するのではなく、ちょっと頑固で矛盾があっても「こうなんだっ!」と断定するような大人がもっと必要だなと思いました。
吾郎さんは、媚びる事なく年上の方を尊重するので、先方もそれを感じ楽しく話す事ができるのではないかと思いました。
是非、またお酒を一緒に飲んで欲しいですね。

そして、こんな楽しいゴロウ・デラックス、もっと多くの地域で放送されますように。
出来る事があったらお手伝いしていきたいと思います。

投稿: サイトー | 2011年9月28日 (水) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/52820278

この記事へのトラックバック一覧です: ゴロウ・デラックス 9月15日・22日:

« SMAPXSMAP 9月19日 | トップページ | 月イチゴロー 9月 »