« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

「ゴロウ・デラックス」を全国放送へ!

吾郎とSMAPへの愛が満ちあふれているkazuyoさんのサイトで、今、

「ゴロウ・デラックスを全国放送へ!」という呼びかけを始めてくださいました。

あんなに面白くてユニークな番組、一部地域だけで楽しむのは本当に勿体ないです。
一人で要望を出すのは、なかなか大変ですが、アンケートは簡潔に要点を記入して送信するだけ。
一人でも多くの方の意見を届けて、是非たくさんの方が見る事ができるよう協力しあっていきたいです。

clipアンケートは、こちらからどうぞ。
締め切りが10月7日ですので、お早めにお願いします。

詳細はBBS をご覧になって頂くとよく分かると思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

共演者の証言!?

25日J-WAVE「東京コンシェルジェ」
舞台「泣き虫なまいき石川啄木」の舞台稽古真っ最中の貫地谷しほりさんがゲスト。
舞台について共演の稲垣さんについて聞かれていました。

お稽古初日から、「石川啄木って、こうだったんじゃないか」っていうくらい、
吾郎さんが石川啄木みたいな感じな、“吾郎色”を出していてですね。

こないだ北京とかも行かれていて、SMAPの活動も忙しかったりしてたんですけど、
「あれ?」っていうくらい、すごい超スピードで台詞がぐっと入ってきて、「やっぱすごいな」と思って。

コメディの要素もあり、「そうだったんだ。そう思ってたんだ」ってわかった時だけちょっとホロっとくるような、ほんとにおもしろおかしくて泣ける、舞台ですね。

SMAPとして吾郎個人としてのレギュラー番組や特番の収録に加え、地方でのファンミーティング、西武園ゆうえんちイベント、北京コンサートという忙しい日程をこなしながら、移動の時はいつもブツブツと台詞の練習をしていた(これ木村さま談)という吾郎、稽古初日から吾郎色の啄木を作り込んでいたなんて。
初日がとても楽しみです。
来週には始まるのですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

月イチゴロー 9月

秋映画スペシャル
   え?秋の映画は今月だけなんて事ないですよね?
今月は特にもの凄く忙しい中での5本鑑賞だったと思いますがひときわ冴え渡った解説でした。
豪華なお食事は無しになったのでしょうか。
まあ、豪華に食べながら辛口批評はますます反感をかうかもしれないので、我慢しておきます(笑)。お食事シーン、大好きだったのですが。
でも、辛口批評と決めつけて紹介するのは止めて頂きたいですね。吾郎は真剣に見て考えて自分の言葉で語っているのですから。

衣装も素敵。
淡いグレーのジャケットに薄いブルーグレーのシャツ、白地に小さな黒のドット柄の蝶ネクタイ、37歳でこれを爽やかに着こなすのは難しいと思う。
西武園で「日焼け止めを塗り忘れた」と騒いでいたそうですが(木村さま談)、相変わらずの色白でお肌はつるつる。
お料理は無かったけれど、ワインは嬉しい。

movie今月の5本
スリ-デイズ
猿の惑星:創世記
ライフーいのちをつなぐ物語
はやぶさ/HAYABUSA
スマグラーおまえの未来を運べ

実はあまり興味の無かった5本だったのですが、コメントが素晴らしかった。

檻の中でちっちゃくドーベルマンが飼われている感じ。
良く出来ている猿CG映画。
猿の表情が豊かすぎる。動物の気持ちは僅かな表情の変化から、こちらでくみ取りたい。
機械だからこそ表情も無いし健気でいとおしく感じる。
毒と毒を合わせた科学反応的作品。

・・・次から次へと名言が繰り出してきました!

ゲストは堺雅人さん、吾郎の言葉を頷きながら聞いて素敵なコメントを返してくださる。
とても楽しい月イチゴローでした。

1位・2位を観たくなりました。
兄貴が気になって(笑)~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

ゴロウ・デラックス 9月15日・22日

book二週続けて課題図書は「大人の流儀
ゲストは伊集院静さん

番組はじめの二人のトークで、小島さんと吾郎で
「何故この番組に出て貰えるのか、その経緯を・・・」
「あまりこの番組がおわかりになっていないのではないか」
などと話していましたが、いえいえそんな事ないです、
ゴロウ・デラックスこそ、とても合っていると思います!

伊集院氏登場、挨拶の後「家内がよろしくって言ってました・・・」と。
ドラマ『』の主題歌、ダイアナ・ロスの歌声が流れ、私の頭の中はあのドラマの世界にちょっとだけタイムスリップ。
私が吾郎ファンになって、待ちに待った初めての連ドラ。
しかも、吾郎がハンパ無く美しくて色気満載だったので、放送後は毎日暇さえあればうっとりとビデオを見ていたなあ・・・なんて。
その時の主演が伊集院さんの奥様の篠ひろ子さん。

それなのに奥様のドラマは「観たことがないね」と一言。
大人の男はTVなんて見ている暇はないそうです(笑)。
一生懸命働いている人はTVなんて見れないという伊集院さんに
「僕らはゴールデンタイムにテレビに出ているので、それは困ります」などといい感じに返していく吾郎。
ウィスキーのオンザロックを飲みながらトークは続く。
伊集院さんの話を真剣に聞きながらも、突然
美徳!いいねぇ」などと声を大きくして
「ビックリするから、君の声は(笑)。
面白いね、稲垣君は。」と言われる吾郎。

番組半ばにしてちょっと疲れて休憩したくなる伊集院さん。
この辺りで、伊集院さんはMCの二人が一つ一つのパートを一生懸命うまくまとめようとしているのを理解し、
小島さんは、ゴロウさんが年上の男の人に可愛がられるんだな~っていうのが手に取るように分かったようだ。

*お金
「僕は結構真面目にちゃんと貯めてます!」とはっきり言い切る吾郎、可愛い。

*結婚
「社会的に君みたいな整えがあってだね
目もなんかこう・・・・・・・

訴えるようなとこがあったら
(女が)転ぶだろう、普通」~やっぱり「訴えかけるような目」なんだ・・・

そして、吾郎は25歳くらいの時に宮沢りえちゃんから聞いていた伊集院さんの話を明かす。
これは舞台「七色インコ」の時ですね。

私は「七色インコ」のパンフレットに載っていた伊集院さんが書いた宮沢りえさんへのメッセージがとても印象に残っています。

「私は宮沢りえさんの贔屓のひとりであります。贔屓というのは、その人のあらゆることを、うんうん、さすがだ。ほうっ、こりゃ見事だ。まったくもって素晴らしい、美しい・・・と勝手にうれしがり、独占し、喜々とすることです。~2000年5月七色インコパンフレットより

私はこれを読んで、ファンの一つのあり方としてこういうのもいいんだなと思えるようになりました。当時から、辛口ファンの方が愛がある、みたいな考えが結構あったのですが、自分の所有物ではないのだから、皆の目の届く所ではひたすら褒めるファンが居てもよいのではないかと思い、現在に至っています。

このパンフレットにホリヒロシさんが書いた吾郎へのメッセージ「美しき巡礼者」が素晴らしいのですが、これはまた別の機会に。

慣れるに従って、次から次へと問いかけて話しを発展させていく吾郎、これは司会技術とかではなく、人間に興味を持って相手の話をきちんと聞き何でも一度受け止めて自分なりに考えて~という過程を経て自然に成り立つコミュニケーションなのでしょうか。
ただ、これはかなり吾郎の人間的魅力が加わっての事だと思うのですが。
そして毎回思うのが、MC二人の頭の良さと素敵なコンビネーション。
ツイッターで呟く暇もなく、面白く見入ってしまいますね。

はじめの頃は「稲垣君」だったのが、最後には
「ゴロウ」呼びになってました。

「是非、また第2弾、第3弾もお時間が許せば、また」という誘いを
「そういうことはない、もう」
とバッサリ拒否する伊集院静さん。
その名残惜しい感が、良かった。

伊集院静さんについて、ちょっと調べてみたら、読んでいた小説がありました。
「ジゴロ(1995)」
渋谷の街で生まれ育った「吾郎」が主人公。描写されているその外見と吾郎という名前から、当時吾郎ファンは一度は読んだ作品でした。
こうして何の繋がりもないようでいて、何年も前の事と次々に関わりがあったりするのを見つけるのは面白いと、いつも思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

SMAPXSMAP 9月19日

スマスマが面白くなってきているsign03

restaurantビストロのゲストは米倉涼子さん
SMAPさんって面白いんですね♪という米倉さんの言葉通り、本当に面白かった。
米倉さんがサバサバして楽しい方だし、中居くんの回し方がとても上手いのだと思う。
間髪入れずにつっこんだりボケたり、SMAPのチームワークが素晴らしかった。
”米倉涼子クイズ”
米倉さんに自分を売り込む吾郎と、米倉さんが吾郎を嫌いになるように仕立てる慎吾の戦いも面白かった。

少し久しぶりに出た”ばかっ!
いつもは温厚な吾郎が、たまに慎吾に反撃にでるのも好物の一つ。
何を言われてもポジティブに取る吾郎に、中居くんの一言
くじけろ!!”も最高でした。

やはり観客が入っているのも良いのでしょうか。
たまに客席に答えてもらったり、面白ければ笑いが起きるし、他にもいろいろ(笑)・・・

今回は最後にもまた楽しいサプライズ。
米倉さんのミュージカルCHICAGOの衣装に身を包んだ慎吾、
ビストロの勝負には負けたけれど、吾郎のほっぺたにキス。
見事なキスマークkissmarkをつけてました。
吾郎の口との大きさの違いにも少しビックリ。

とにかく何回見ても楽しいビストロでした。

flagしょうわ時代とゴロクミちゃん
しょうわ時代は更にパワーアップ、そして何回見ても面白いし、ゴロクミちゃんが今回挑戦したごりーぱみゅぱみゅ、可愛かったです(笑)。
ゴロクミちゃんはあまり好きではないのですが(だって原型をとどめない姿なんて・・・)、これは可愛かった!
何と言ってもキラキラお目々が愛らしくて。
ダンスもなかなか好評でした。
そのうち、しょうわ時代とゴロクミちゃんはSMAVEXのダンスコンテストで優勝を争うのでしょうか。

karaokeBEPとのスペシャルLIVE
BEPが活動休止というのはとても残念。
このライブ、すごくかっこよかったんだけどカメラワークが中途半端にせわしなくて残念。
ツイスターの完全版を流してくれたら100点満点だったのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

SMAP中国へ行く

デビュー20周年にして初めての海外公演。
2回の延期・中止を経て、ついに開催されました。
TVでは前日からNHKを含め各局でニュースに。

国賓級のもてなしを受け唐家璇元外相との面会、
その都度流れる今年5月に温家宝首相が来日した際の面会の映像などに加えて、○○大学教授などという肩書きの人達のもっともらしい解説に、SMAP中国報道はSMAPが政治的に利用されているような印象を与え続けていました。
確かに政治的意図はあるかもしれないけれど、これからの中国を担っていく若い人達がアニメやアイドルで日本に親しみを持てるなら、それはそれで良いのではないかと脳天気な私は思う。
実際にファンサイトやツイッターでは、ファンになってから独学で勉強して日本語が堪能になった海外のSMAPファンの方がたくさんいます。
ニュースなどでは悪い面ばかりを流されても、それとは別のところで普通の交流ができるのは意味があると思う。

そして、SMAPのメンバーはそれぞれ自分たちが担わされているものについて十分に分かっていて、私たちが想像も付かないような過酷な世界で20年生きてきた彼らは、ファンが思っているよりもずっとずっと深く考えていての行動だと思います。

それまでの報道と全く違う方向からSMAPの中国公演を扱ったのがTBS.の情報7daysで、中国のSMAPファンを追ったドキュメンタリーのような構成になっていました。
普段だったら、ファンは要らない!SMAPが見たい!!と思うのですが(笑)、SMAPの事を知りたい一心で日本語を勉強してこの日を心待ちにしていたファンの人達の笑顔を見たら、3度目に中国公演がかなって本当に良かったと思いました。

中国公演とは直接関係ありませんが、大震災後SMAPのメンバーそれぞれが以前とは変わったと感じています。
SMAPという仕事に対してファンに対しての心構えが更に変化してきたように思います。
今年は20周年にもかかわらずコンサートはできなかったけれど「20周年を迎える事が出来た事」に対する感謝の気持ちが胸が熱くなる程に伝わってきます。
西武園のファンミーティングに当選したからこんな事を言えるのだと思われるかもしれませんが。でもスマスマなどを見ていても私は感じます。
これからのSMAPがますます楽しみです。

wineTV報道を見て、ミーハー的・吾郎ファン的な感想
*空港で入国の吾郎、相変わらず木村くんの少し後を歩いている。個人的好みでは帽子は無い方が良いのだけれど、スタイルいいなぁ。脚が長くて細い!!木村くんの人気、凄っ。
*人民大会堂での記者会見、ああ、スーツ姿も素敵。元外相と握手する綺麗な背中!通訳の人に分かるように、はっきりしっかり話す中居くん、さすが。
*リハーサル風景、夜もグラサン・黒づくめでも少しも怖くない(笑)そしてお肌つるつる。
*ファン密着、吾郎ファン17歳の女の子も取材されていて嬉しかった。吾郎団扇もたくさん!
*コンサート映像、中国語の「世界に一つだけの花」の吾郎ソロがたくさん流れてとても嬉しい!笑顔もとても良かった!

次は日本のファンの為に日本でのコンサートですねheart

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

ブルドクター episode11☆最終話

clipゴゴドラ・最終回SP
江角さん・さとみちゃん・吾郎の3人とアナとの座談会。
法医学教室4人の座談会。
それぞれ和気藹々とした雰囲気で、いい現場だったんだなぁと思う。

久しぶりにNG集にも吾郎が登場。
台詞を間違えたり、どうしても一人遅れたり(笑)。

最後に一人ずつドラマの宣伝。
吾郎、上手いなぁ。
上手すぎて、宣伝臭いほど(笑)。
続編・映画化のご要望は日テレまで、ですって♪

taurusブルドクター最終回
最終回の名倉PVは20分。
決意を胸に秘めながらも皮肉っぽい口ぶりに萌え、
ようやく自分をさらけ出す事ができた名倉先生の涙
そして、幸せいっぱいの笑顔
・・・とってもいいものをプレゼントして頂きました。

最終回、あまりにも都合の良い展開に怒るよりも笑って楽しみました。
これは漫画原作の作品なんだと思えばいいのだと。
だったら、突然仕事を放り出し書類をばらまきながらブルドクターが飛び出して行っても、
授業には出ない医学部1年生がいつもおしゃれにめいっぱい力を入れて法医学教室をうろうろしたり法に関係する死体解剖に立ち会っても、
突然どこから衣装を調達してきたのかコスプレごっこが始まっても、
何でも有りだと納得できますから(笑)。

それでも、やはり珠実の家庭は要らなかったと思うけど。
最終回、突然水泳シーンが出てきてビックリ。
真面目に感動シーンに持って行ったのにも驚いた。
でも、視聴者はそういう予定調和が安心して好きなのかしら。

今まで毎回さんざん文句を言っていたので一応最後まで疑問点は挙げてみましたが、名倉先生大活躍の最終回でした(笑)。

何やら怪しげにお酒の件で武田教授を脅して教授の座を狙っていた風だったのに、急に正義の味方になっちゃった?
名倉先生は「明らかな黒」をという事は出来ない、と言っていましたが。

縄文寺に「自殺と書いていいですからね」と言われ、
それに対する返事が「失礼します」だった所から、ああこれは盲従しているのではないんだなと思いましたが、名倉先生が白衣の裾を翻しながら死体の検案に行く姿がとっても格好良かったです。

研究室にいる名倉に、珠実と知佳がいろいろ問いただし、それに対してのらりくらりとかわす表情もとても素敵。ちょっといたずらっぽくキラキラ光る黒い瞳が印象的。

「年間17万体のご遺体をすべて解剖するおつもりですか?・・・」
心の中では味方なのに、ちょっと小馬鹿にしたような言い方に萌える私はゴローバカだという自覚はあります(笑)。

このドラマでは(確か)初めてのネクタイ着用の喪服がもうかっこよくて。
もずく頭に喪服。この組み合わせが妙に色っぽい・・・

ラスト近く、夜の大学に知佳を呼び出す名倉。
白衣のポケットに手をつっこんだまま何も言い出せない。
知佳の告白「(どうしても嫌いになれない) ねえ、どうしたらいい?」この言い方がすごく可愛くて。いいなぁ、顔が可愛い上にこんな可愛くしゃべれるなんて~

小さい頃母親に捨てられ、人の気持ちを信じることが出来なくなってしまったと、ついに告白する名倉せんせい。涙がきれい。
「恋愛偏差値」の夏目キャラだなと、吾郎ファンで言っていたけれど、ここまで同じような感じでした。
あの時も捨てられた子犬のような目で訴えていたなぁ。
知佳に抱きしめられても手はポケットにつっこんだまま、でも最後に両手でめいっぱい知佳を抱きしめた所がとても良かった。
良かったね、幸せでheart
あんな笑顔の名倉先生、初めて。
知佳の笑顔も抜群に可愛かった。

結局、名倉先生は「白もずく」だった訳。
途中で「どうせなら思いっきり悪い奴ならいいのに」と書きましたが、「十三人の刺客」~「流れ星」の次にまた悪役でなくて良かった。
これで次に吾郎が出る時に、「また、どうせ悪役だろう」とは思われないはず。

文句ばかり言ってきましたが、いろいろ考えた結果、
日テレさん、数々の美味しい番宣と共に、
綺麗でかっこいい名倉先生をありがとう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

SMAPXSMAP 9月12日

restaurantビストロゲストは篠原涼子さん

出没ゴロー
”街が好きなのかな”
・・・私はもうこの一言だけで大満足(笑)。
今だから言える、私も出没ゴローに出会った事はあります。

あなたはどっち?
許せる or 許せない
「元の恋人から贈られたものを持っている」というお題に、とっても冷静に答える吾郎が素敵でした。

dramaドリームオークション
もずく頭にボタン2~3個ハズしてスカーフ結んだ吾郎、すごく色っぽくて危険な感じが好き!
ハットの似合う中居くんと高田純次さんとで金持ち相手の詐欺師ファミリーとかのコメディードラマを観てみたくなりました。華麗でワルで妖しげで、凄くいいと思う!
吾郎演じる詐欺師はアストン・マーチンを乗り回せば良いではないか。

3千万円くらいまでなら~というリアルな値段に、吾郎ちゃんの車好きがうかがえてこれまたちょっと嬉しかった。

soccerパンダなふたり
シンシンとゴンゴン
真面目なシンシン、やたらクールなゴンゴンが気に入りました。
どうせなら、もっとブラックなパンダの兄弟でも良かったなぁ。
それにしても、白いタイツを履いてのあの脚の細さ、ウエストの細さには参りました!

karaokeSMAP in 西武園ゆうえんち
ワイドショーの映像のようなものをちょこっと流すだけかと、ハードルをグッと低くしていたので、キャンストをフルで流してくれたのは本当に嬉しかった。
この曲は
胸に☆のついたオレンジのダサイ可愛い衣装
ジャニーズなのにデビュー曲で初登場1位をとれなかった曲
・・・というイメージばかり先行していましたが、今になってちゃんと聞くと、デビュー曲らしい希望に溢れたいい曲なんですね。

20年前、この場所で始まった
楽しいことも
大変なことも
色々あったけど
SMAPはこれからも
走り続けます

バックに流れるデビュー当時の若いSMAPがとても可愛い。
当たり前のように流れる6人の映像も。
締めの挨拶も嬉しかった。

珍しくスマスマにお礼を言いたくなった
ありがとうsign03

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

SMAPファンミーティング2011

幸運にも当選する事が出来、ファンミーティングに参加してきました。

*細かい事を記憶するのは大変苦手なので、吾郎ファン的な感想を書きます。
言葉が違っていたり前後がおかしかったりしたらごめんなさい。
感想って事で許してね。

winewinewine

プール全体を客席にした、ちょうどコンサートでのアリーナ前方部分だけのような会場。

入ってすぐの所に各番組からのお花を飾ったコーナーもあり、撮影は自由。
ただ、肝心な時に役立たずの私は結局ピンぼけの写真を遠くから撮っただけ。
お役に立てなくてごめんなさい(笑)。
ゴロウ・デラックスからはひまわり、カラーなどを使った大きなスタンド花が嬉しかったです。

入場すると正面スクリーンでは、イベントの待ち時間に参加者が退屈しないように急遽作って貰ったという映像が流れていました。
メンバーのCMやスマスマ予告、こち亀映画・南極大陸の予告映像など・・・

そして事務所のT子さんの説明をおとなしく聞く私たち。
堅いプールの底にじかに座り注意事項をいちいち「は~い」と手を上げながら、参加者全員が一生懸命このイベントを無事に楽しく終わらせようとする意気込みが伝わってきました。

bellそして16時半
スクリーンには20年前の西武園の模様が流れる
台風の中で歌うキャンスト。
私たちも勢い込んでその場に立ちます。

いよいよSMAPの登場
黄色のVネックのTシャツ、20年前の衣裳を思い起こす黄色地に赤とオレンジの幾何学模様のベスト、☆も付いています!

2011年9月9日は本当に暑くて暑くて、
ちょうど西日に向かっているステージでSMAPさん達はまぶしそう&暑そう。
中居くんも
「とても暑いです。気分が悪くなった人は稲垣さんに言ってください。保健室に連れて行ってくれます」と、また吾郎ファンの気持ちを乱すような発言を(笑)。

この時は「座りましょう」「ヤダ!」「いや、何かあったらSMAPの責任だから。いますぐに歌うわけではないから」という中居くんとファンとのやり取りの後に、みんな座って和やかにSMAPのトークを聞いていた訳です。
20周年を迎えての挨拶は慎吾から始まり、年齢順に。

話題は勿論今回の衣装についても。

ファンの欲目かもしれませんが、こんな衣装ですが意外におかしくない(笑)のが凄い。
だってSMAP平均年齢30代後半ですよ!
中居くんによるとこの衣装、慎吾でぎりぎりセーフ、吾郎はアウト!だそうで、でも吾郎に向けて会場からの「かわいい~heart04」「似合ってるぅ~」の声に
ぼく、可愛い?shine」とにっこりアイドル笑顔で聞く吾郎@超絶可愛いsign03
会場の
かわいいheart02    可愛いkissmark
   カワイイ・・・heart04
という声にありがとうheart」と笑顔でターン&決めポーズ。(参照@スマステ)
ピンクばかりになってしまったけれど、それくらい可愛かったです。

そして、20年前を振り返り、しばし思い出トーク。

相変わらずのジェットコースターネタに始まり、いろいろ怒られては頭をはたかれていた思い出。良く頭をはたかれたなぁ。今の芸能界はみんな優しいな。などと。
でも、こうやって20年間活躍し続ける事ができたのは本人達の資質と努力、そして頭をはたいて叱咤激励してくれた人達のおかげだと思いました。

karaoke次は質問コーナー
舞台の中央に、既に参加者が送った質問が入った黄色の質問箱が置かれます。
ここからは木村くんが仕切ります。
木村くんが質問箱から紙を取り出し質問を読み上げ、皆が答えトークが展開する。

その時、木村くんは中央の質問箱の後ろに立って、箱の上に右手を置いている事が多かったのですが、何故か木村くんの右側に立っている吾郎の左手が木村くんの右手の傍に置かれているように見えるのが気になって気になって(笑)・・・
私たちはプールの底に椅子も無く座っているので、舞台の上しかも箱の上の手がどうなっているかは見えない訳で、更に気になる気になる。
果たしてあの手は箱の上でくっついているのかどうか(笑)。
だって、角度から言ったらくっついているとしか。

その後です、木村くんがこう言ったのは。
「吾郎、おまえ、なんでこう俺の手にぴとっと当たってくる?」というような事を。

あ・・・やっぱりくっついていたんだ(笑)。

「何でくっつくの?気持ち悪いでしょ」と右隣の中居くんに言われれば、
「中居くんと離れたいのかな(笑)。センサーがおかしい。何故か近づいてしまう」とか言いながらもまた木村くんにくっつく形になって慌てる吾郎(笑)。

でもこの状況から、昔よく仕事の時の移動車で中居くんと木村くんに挟まれて座っていたのを思い出して、この二人に挟まれると緊張するというような話を懐かしそうに語る吾郎。
何かいちいちこの日の行動がデビュー当時の思い出に繋がるような楽しいトークでした。

impact次のコーナーは風船割り
それぞれのパートナーを探す為に客席に降りる5人。
この時に、ちょっと前にあんな事を言っていた木村くんが、吾郎の肩に手を置いて二人で舞台から降りてきたそうです。残念ながら私の所からは見えなかったのですが~

風船割り、結局吾郎のペアはなかなか割れずにビリだったのですが、
何回も風船を割ろうと抱き合い、僕もうへとへとみたいなフリをする吾郎。
風船に倒れかかり「胸が痛い・・・」と。
何か色白で細くて、ああ啄木さんですか?と思わず思ってしまいました。

presentいよいよ歌のコーナー。
地方のファンミーティングのように歌の衣装に着替えてくるのかと思ったら、黄色の衣装のまま。

noteかんばりましょう

note世界に一つだけの花

noteオリジナルスマイル

noteCan't Stop!! -Loving

きらびやかなステージ衣装でなく、この黄色い衣装で歌う所がSMAPらしいなと思いました。
SMAP5人がこれらの歌をこの日にこの場所であの衣装で歌ってくれた事で、また一つ「心のやり取り」があったような気がしました。
剛も言っていたように「ここの会場に来ている方だけでなく全国で僕たちをずっと応援し続けているみんな」とSMAPの繋がりを感じました。

「世界に一つだけの花」のソロの部分、吾郎の歌声が伸びやかで、北京リハーサル頑張っているな、舞台稽古も進んでいるんだろうなと嬉しくなりました。
吾郎の場合、宣伝してもらう事も本人が頑張ってます発言する事もないので、今までもこういうちょとした事でファンは感じ取ってきたのですよね・・・
これからもそうなのかな。それもまたファンの楽しみの一つでもあるのですが。

Can't Stop!! -Loving 今回これを聞いて今まで感じた事のない感動を覚えました。
ああ、いい曲だなぁとめったな事では泣いたりしない私も胸が熱くなりました。

bellファンミーティング締めの挨拶
これは10日発売のスポーツ紙(デイリー)に載っていたので省略しますが
「デビュー曲Can't Stop!! -Lovingを歌って本当に20年間をいろいろ思い出して凄く感激しちゃったんですけど・・・」
と真っ黒な瞳を潤ませて言っている時に(スクリーンのアップが超絶美しい!前髪が張り付いてるのにww)客席から
「前髪!」「まえがみ~」という声が。
「前髪が変?」と客席に向かって聞く吾郎(笑)。
すると両脇から慎吾と中居くんがワラワラ寄ってきて
「前髪が額にね・・・」
などと口々に言いながら汗で濡れた吾郎の前髪を更に七三になでつける。

な・中居さん!潔癖症ではなかったでしたっけ?

されるがままの吾郎のアップが正面スクリーンに。
そんな髪型になっても、黒目キラッキラの綺麗な吾郎でした。(めざましどようび参照)
相変わらずの髪の毛ネタもありながら、
「かっこわるくても良くても僕らの事を全部好きでいてくれるファンの皆さんは家族。20年、30年、40年これからもよろしく」という素敵なメッセージでした。

bell握手会
舞台のすぐ前の所にロープを張っただけの握手コーナー。
待っている間客席からもSMAPが握手している所が運が良ければ見えます。
私は全体の3分の2が終わった頃の順番だったので、一番急がされた頃かもしれません。
とりあえず顔を見るだけで、小さな声でそれぞれありがとう・大好きです・・・と言っただけ。
きっと聞こえていなかっただろうな。

間近で見るSMAPさん達。
ただのスタッフTシャツのような黒いTシャツなのに、あふれ出るオーラは凄くて、皆美しかったです。TVで見るより5歳以上は若く見えましたが、でもただ若くて綺麗なだけのお人形ではありませんでした。
しっかりと強い自分を持つ立派な大人、美しい大人の男性。
コンサート会場でキラキラの衣装を着てスポットライトを浴びているSMAPとはまた違う、もっと強くて輝き続ける魂を見たような思いでした。

吾郎・・・色白でお肌がすべすべ、先をちょっとつまんだような可愛い鼻は近くで見ると更に高いんですよね、日本人の骨格ではないな、と今更のように思いました。
そして、真っ黒な瞳!
でも、大好きな巻き毛を見る余裕もありませんでした。
顔が本当に小さくて、ほっそりして背が高いと思ったら終わり。

でも
唇の片側をキュッと上げてにっこりした木村くんの素晴らしく美しい笑顔と目力
慎吾の超絶可愛い笑顔
剛の優しそうで男らしい顔
中居くんのちょっといたずらっ子みたいな笑顔と整った顔立ち
みんなしっかりと心のSDカードに保存できました。

pen最後に
SMAPファンミーティング、とっても温かくて良いイベントでした。
20年前にもここ西武園に来た人!で何人か手を上げていて、そういうファンがもっと参加できたら良かったのにとは思いましたが、今年になってファンになった人も参加していて、そのような人達が皆一つになってマナーを守り盛り上げ楽しいイベントができた事はすごく素敵な事だと思いました。
20年前は当たり前に森くんが居て、6人で頑張ってきて今があって、という事を感じる事もできました。

風船割りの時、200人くらいのブロックに区切った客席にSMAPが降りてくるわけですが、誰一人立ったり動いたりする事なく楽しい声援を送るだけ。
歌っている時も言われなくても団扇は胸の前。そういえば「団扇が邪魔!」って一度も思いませんでした。

席が後ろの方だったので双眼鏡でしっかりと見てこようと思っていたのですが、限られた視界を見るのは勿体なくて双眼鏡なんてバッグの中に入れたまま、しっかりと身体全体で楽しんできました。

握手の順番を待っていたら、空に刷毛で描いたような夕焼け雲がかかり、次第に暗くなり、いつの間にか大きな月が昇っていました。
あの夕焼け雲も忘れないだろうな。


SMAPデビュー20周年おめでとう!
そして、素敵な時をありがとう!!
これからも応援します!!!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

ぐるナイ

吾郎ちゃんが身体をクネクネ~

ぐるナイのピッタンコチョイスというコーナーに
ブルドクターの5人が登場。
合わせて220回フラフープを回すメンバーとその回数を予測する・・・
江角さん、石原さん、吾郎、大野くん、志田未来ちゃんの5人。
みんな収録途中らしい、ドラマの服装のまま。

最初に誰がフラフープが得意かそうでないかを5人で予想し合う。
ああ、みんなとても和気藹々として仲良さそう(涙)。
あんな記事を書いてしまった自分が自己嫌悪に陥る程に。
みんな、あんなに可愛いのに~

とにかく、吾郎が最高sign01
江角さんが、キャラに似合わずトロトロ回していると、画面の中に入ってきて横でエロく腰を回しながら指導。
自分の番になると、脚を揃えたまま立って、いとも簡単にフラフープを回し出す。
外野の人にお手フリする余裕まで。

番宣の吾郎に間違いなしsign03

・・・この都市伝説は今日も裏切られる事は無かった。

しかもその上、あんなに文句ばかり言っていたのに、
最終回予告映像で、
珠実が「昨日もかっこよかったって言ってたよ」とじゅんちゃんに言って、
じゅんちゃんは真っ黒な瞳で
「えっ?」って返してた。
あの表情だけですべてを許してしまいそうなビジュアル。
反則ですkissmark

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌祭り~SMAP20周年

SMAP5人が表紙の雑誌が次々に。
雑誌毎に同じような質問でSMAPも大変だったと思うわ(笑)。
それぞれの質問と答えが面白かったのですが、一つ一つあげていくと膨大になるので、
私が特に好きだったものを二つ。

bookTV LIFE
黒いスーツ、それぞれ差し色に赤。
オトナSMAP素敵♪
2ページにまたがった記事で、真ん中の吾郎が綺麗な姿を真っ二つに!
この表情がものすごく好きなので、しばらく諦めきれずにいた位。
でも、ソファの肘掛けに腰掛けた吾郎がものすごく素敵なので、どうにか心を落ち着かせることができた次第(笑)。
いや~~脚が長い!
みんなでそれぞれの質問に答えているのだけれど
「他のメンバーのここがうらやましい」で、吾郎は全員のうらやましい所を上げている・・・優しいなと思いました。

bookザテレビジョン
CDデビュー20周年メモリアルQ&A が好き。
「一番長生きしそう」に3人が吾郎と答えていたのは想定内ですけど(笑)、でもやはりメンバーもそう思うんですね。
そして、グラビアヒストリースペシャルブックは永久保存版。
結局ここ10年くらいは、皆あまり変わっていないのかな。
でも、今のSMAPがとても素敵な大人の男性なのは確か。
やはり今まで積み重ねてきた事、内面が表れるのですね。

いよいよ明日は20歳の誕生日sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルドクター episode10

もうやめようと思ったのに、更に暴言暴走中。
ドラマを見ながら思ったままを書きました。

とっても面白くこのドラマを観ている方にはごめんなさい。

だから~

何故武田教授は珠実に大切な証拠(USBと鍵)を渡し、自分の犯した罪まで告白するの?
最終回で武田教授と珠実のこの怪しい信頼関係(笑)の謎についても解明されるのかなぁ。
それとも、よっぽど名倉先生は信用無かったのかなぁ、あんなにちゃんと仕事をしているのに。
あ、色男は好かない・・か・・な。

何故、珠実は朝から晩まで武田教授に付き添ってるの?仕事は?
ねえ、仕事はしないでいいの?

うぉ~~~
珍しく珠実が深夜に一人デスクで仕事をしている!!!
と思ったら、結局あれは武田教授の会見の下準備?

一番、普通なのって珠実のお母さんかなぁ。

日本の古典芸能、バカにしてます?
勤務医がたった3年、ちょっとやってみようかな、であんなに出来るようになるとでも??

仕事の事になると突き進んじゃって・・・
って珠実は言うけど、自分の仕事で突き進んでいる所、見たことないような気がするけど。何だかいつも余計な事に首つっこんで突進していただけのような。

深夜の研究室が似合うなぁ、名倉先生。
でも、「朝になって僕が起きる時に横にいなければいい」という個人主義らしいの男が、
「イヤなら仕事を辞めて僕と結婚すればいい」なんて言うかなぁ?
何か、いつもその場限りでそれらしく聞こえるような台詞ばかり。

教授になる事に拘る事=法医学者としての信念が無い、というのは変だと思うよ、知佳ちゃん。
名倉先生は、ブルさんの影響でみんなが仕事を放り出して外に飛び出して行っても、一人黙って仕事をして、解剖して、夜中まで分析したりいろいろしていたじゃないですか。
ドヤ顔で偉そうに「ご遺体が!」「死因究明を!!」と騒ぐ=法医学者としての信念ではないよ。大学に居て、教授になる・ならないは自分の研究の為にも大きな事だと思うけど。
でも知佳の「法医学者としてもどうかと思うよ?法医学者としての信念は無い訳?」という台詞で、そのまま名倉先生は法医学者としてダメと思う視聴者はたくさんいるのかなぁ(苦笑)。何か変に誘導するような台詞が最近のドラマには特に多い気がします。・・・これが流行ってますといえば、それに飛びつく人が多い世の中だからなぁ。

それにしても鹿賀丈史さんのワルぶりが素敵。
もっと面白いドラマで共演だったらよかったのに(涙)。

で、とうとうじゅんちゃんheart02がTVデビューshineshine
さすがいい男に、カメラは足元から(笑)。
夕刊一面は「美しすぎる室長誕生」 街は大騒ぎですよsign01

更に最終回予告がもう蹴飛ばしたくなる位の・・・以下自粛

どうせなら、名倉先生も縄文寺と悪の道を突っ走ればいいのに。
何だか、さっきの知佳の言葉に反省して正義の味方になっちゃうの??

でも、相変わらず予告も美しい名倉先生でありました。

Johnny's webのスタッフレポートによると、最近の吾郎は早朝からドラマの収録、夜遅くまで舞台のお稽古だそうです。
まだまだ他にレギュラーのお仕事、ファンミーティングや北京ライブのリハなど、本当に忙しいと思います。
そんな中でのドラマですが、まあ綺麗な吾郎のPVを毎週プレゼントして貰っていると思えばよいのでしょうか。しかも控えめながら非常に深い演技付き。

吾郎さん、本当にありがとう~heart
・・・ファンとしてはこういう気持ちでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

SMAPXSMAP 9月5日

今週のスマスマ、楽しかったです。
松本幸四郎さんがあんなに面白い方とは知りませんでした。

編集無しの生放送の方が面白いSMAPなのですから、その素質を生かしてどんどん今回のようなコーナーを設けてくれたら、ビストロも面白くなると思いました。
今回のお見合いシミレーションは最高でした。
お松さんパパじゃないけれど、私も吾郎がていねいにお辞儀をした後、シェフ帽を取ったのに感動しました。あのくしゃくしゃヘアのままでも可愛いのに~~heart04
一時の、料理の説明だけになってしまったビストロとは大違い。
面白くなる事はいい事です♪

ちょっとだけ会いたい人・・・お猿のリクくん
これは凄い!
表情まで作るところが細かいです。
お猿さんに持って行かれてしまったのはちょっと悔しいけど何回見ても笑えます。

そして、SMAP AIDSから2曲。
特に私の好きな曲だったのは嬉しいけど、もう少し吾郎も歌わせて!
2番の吾郎ソロを聞きたいのも本音だけど、
STAYは2番まで歌ってこそSMAPの曲だと思うので。

でも吾郎の笑顔は最高でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

舞台【泣き虫なまいき石川啄木】お花企画 一部更新(9/26)

吾郎さんの秋の舞台「泣き虫なまいき石川啄木」が、10月7日(金)から10月30日(日)まで紀伊國屋サザンシアターにて公演されます。
今回もまたファンで劇場ロビーに飾られるお花を贈りたいと思っています。
正式にはkazuyoさんのサイトchateau de l'angeで告知されていますが、微力ながら私もお手伝いさせて頂いていますので、こちらでもお知らせさせて頂きます。

秋の舞台も初日には、恒例となった「参加頂いた方の数だけのバラの花束風アレンジメント」を贈ります。
そして参加くださった人数によって花を贈る回数は決まりますが、その都度テーマを決めて吾郎さんの舞台にふさわしいアレンジメントを送りたいと思っております。

110507

*画像は、「ぼっちゃま」初日に贈った人数分のピンクのバラのアレンジメントです。

詳細は、”chateau de l'ange”雑談BBS(こちらをクリックして頂ければBBSに行けます)をご覧くださいませ。
参加申し込み締め切りは9月30日「金とさせて頂きました。

千秋楽には参加頂いた方の吾郎さんへのメッセージも花と共に届けますので、吾郎さんを応援する気持ちを花に載せて届けたいと思う方の参加をお待ちしています。

2010年「象」、2011年春「ぼっちゃま」の時のお花企画の様子もこちらの雑談BBSを辿って頂ければ様子が分かると思います。

loveletterメッセージheart
千秋楽に届けるお花にはメッセージも一緒に贈ります。
舞台については勿論、日頃の活動・これからの事など何でも吾郎くんに伝えたい気持ちをお寄せください。
締め切りは10月16日(日)
頂いたメッセージはブック型にパッケージしてお花と一緒に届けます。
どうぞよろしくお願いいたします。
詳細はこちら:  http://goro-inagaki.webspace.ne.jp/bbs/goro-inagaki_topic_pr_1014.html

 

| | コメント (3)

ほんとにあった怖い話

ほんとにあった怖い話」は今年から今までの火曜日19時からではなく、土曜21時からの「土曜プレミアム」の枠での放送になりました。
それに伴って、今までできなかったような尺の長いドラマ、大人向けのドラマも放送できるようになったそうです。(鶴田法男Dのweb siteより)

その為か、今年はごろうさんと子供達のフィールドワークと、浄霊がありませんでした。
フィールドワークはいつもほほえましくて、子供達は可愛いし、子供と一緒で油断するのかたまに表れる「コドモ吾郎」も楽しくて大好きなコーナーですが。
でも、浄霊とセットだとしたら無くてもいいくらい、私の好みとしては浄霊は要らないです。
せめて心霊写真があったら、「ほん怖」らしかったのに、と少し残念。

怖い話好きな私としては、たっぷりと5本のドラマは楽しめました。
ほん怖のドラマのいい所は、霊が出るにはそれ相応の訳がある、という事を分からせてくれた事です。
そして最後のドラマで・・・一番怖いのは生きている人間だということが。
恨まれないように生きていかねば(笑)。

ドラマの後での子供達と吾郎さんの会話は相変わらず面白かった。
短いので尚更インパクトがあったような気がします。

吾郎さんは同窓会に呼ばれた事はありますか?
吾郎さんの部屋には長い髪の毛が落ちてたりしませんか?

・・・そんな無邪気な顔をして怖い事を(笑)!

人数が少なくなったので、ほん怖五字切りの時、下先生が鈴をしゃんしゃんと鳴らしていました。ちょっと微笑ましい♪
そうか・・・このところずっとゲストが何人も居たのですね。
やはり、吾郎さんと子供達と下先生がいいsign03


catほん怖の前日の金曜日は「笑っていいとも」で番宣。
眼鏡吾郎、素敵!
細いパンツが長くて真っ直ぐな脚を強調。で、一人背が高い。
SMAP5人で居ると分からないのですが、他の番組に出るとSMAP大きい!といつも思います。
今までほん怖は火曜日放送だったので、火曜いいともに出演、中居くんとのツンデレな掛け合いが楽しかったのですが、今回は剛くんとのほんわかしたコンビ。
最初のコーナーで、正解が分からず最後まで二人でこそこそヒソヒソしている様は本当に癒やされました。

笑っていいともに出ている吾郎、好きです。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

ゴロウ・デラックス 9月1日

book今週の課題図書:うつノート
はっきりした定義が分からない「うつ」について、著者の精神科医・備瀬哲弘さんをゲストにお迎えして今週はお勉強会。

「うつ」とは端的に言うと「脳の機能が疲れている状態」

5年くらい前に「不安障害」になったという小島さん。
「自分の心が弱いからだ・・・」「性格が弱いからだ・・・」などと悩んでいる人がいたら、「我慢しなければいいのにな」と思う、と。
たとえば、内蔵の疾患と同じように精神疾患も考えたら良い。
誰にでも起こりうる身近な病気なのだから。

うつ病にかからないようにするために気をつけるには
バランス
ストレス発散
オンとオフを切り替える など。

先週9日間の夏休み中、一度も仕事の事考えなませんでしたね、という小島さんに
「ちょっとは僕の事思い出してください」と訴えるゴロウさん。
「思い出しましたよ。吾郎ちゃん、今頃何してるかしら。
ゴロウちゃん!なんて呼んでみたりして。」

「呼んでないでしょ!apple
・・・このやり取りが、番組始まって5ヶ月経った事を感じさせてくれて嬉しかったです。

今までうつ病とは縁の無かった人としての、ゴロウさんの質問もとても良かった。
「まず、どこの扉を叩いたらよいのか」
「心療内科では、心のやり取りをする訳だから、医師との相性が大切だと思うのですが」

日常の出来事のストレスの大きさを数値化したストレス点数表。
ただ、ストレスというのは単にマイナスのものばかりではなく、「心の体力を使うこと」という分かりやすい解釈も。
このストレス点数表に出ている項目が、あまりにも日常的なものなので、結論としては「うつ病とは誰でもなりうる病気」

clipうつ病の予防法
睡眠を大切にし休養を取る
ものの見方を柔軟にする
人と人との絆を大切にする

ここで出た吾郎語録!
僕の中にはオトナ吾郎とコドモ吾郎がいるsign01
・・・その中でバランスを取っているので、大丈夫だそうです。

あの悪夢のような2回の放送を経て、小島さんと吾郎の絶妙なトークの素晴らしさを改めて感じました。
毒舌でも知られるクールビューティーな二人、頭が良いのは勿論実はとても優しい人だと思う。
今回の「うつ病」に関しても、表に症状として表れにくく、また精神疾患に対してまだまだ偏見のようなものもあると思われるのですが、備瀬先生と共に誰にでも起こりうる事として分かりやすく解説。今、一人で悩んでいる人の背中をそっと押してくれたような気がしました。

芥川賞受賞作家とのお酒を交えてのトーク、身体やセックス・癌・精神疾患に関しての話、野草から廃道までマニアックな話題など、様々なジャンルに渡って深夜自由に語るこの番組、長く続いて欲しいです。
今度、北海道でも放送されるとの事、より広い地域で放送されるように祈っています。

ribbon今週の吾郎、ますます顔はほっそり、濡れたような瞳はキラキラ・・・
とんでもなく美しいのですがsign03
立ちトークでは、小島さんのレオナールのワンピースを「いいですね」と褒め、
渋谷東急本店の話題に。
・・・そうか、うなぎですかφ(。。;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

ブルドクター episode9

白衣の吾郎に、小日向さんや亀治郎さんとの共演に、橋部さんの脚本に、ドキドキわくわくしていた頃が遠い昔、残すところあと2話になりました。
何だか役名に文句を言っていた頃が懐かしい・・・

武田教授が高い石の階段から落ちて意識不明の重体。
それなのに、女達は
「私の気持ちなんてどうでもいいの!?きぃ~~annoy」となって亭主や恋人につっかかってるし。

本当に正義を追求する法医学者と警部だったら、武田教授が落ちた状況とかちゃんと調べないのかなぁ。
武田教授、アルコール依存症ではあっても、普段からお酒を飲んでは怪我をしたり失敗していたのでしょうか。
そんな風には見えなかったんですけど。
階段の落ち方だって、突き落とされた時と自分から足を滑らせたときとでは、服の汚れ方とか怪我の位置などいろいろ違うような気がするのですが・・・
~CSI科学捜査班の見過ぎですか(笑)?

一夜明けて落ち着いてもう一度9話を見たら、珠実の家での夫婦げんかとか知佳とのガールズトークは結構ある・ある・・・かもしれないとも思ったのですが、何も物語が急展開な時にそんな話をしなくても。そういう話を書きたかったのなら、最初っから人の生死に関わるような話にしなければよかったのだ。
といつまでも愚痴は続く~
結局、吾郎が出ているので、いろいろ期待してしまうのですね。

そうだ、これはひたすら吾郎のビジュアルを鑑賞するためのドラマでした。
相変わらず名倉先生は素敵。

羽場さん演じる縄文寺の秘書との密談シーン、すごく良かった。
こういう男性同士の探り合いのような芝居、もっと見たいです。
鹿賀丈史さんも含めて男性陣だけで密室劇のようなドラマ、どうでしょうか。
騙し合い、探り合いのような進行で。
派手な音楽も演出も要らない、演技だけで楽しませてくれそう。

そう、「十二人の怒れる男」みたいなヤツ!

clip役名で文句を言っていたら、面白い記事を見つけました。

週刊カトリーヌあやこの「TVのかさぶた」
史上最強の”のれんに腕押し”顔・稲垣吾郎

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »