« 「泣き虫なまいき石川啄木」 千秋楽 | トップページ | SMAPXSMAP 10月後半 »

2011年11月 1日 (火)

ゴロウ・デラックス 10月27日

karaoke今週の立ちトーク
いつものように画面の右側から登場したゴロウさんの髪の毛が短~い!
舞台で短くなったとは思っていたけれど、普通にセットするとこんなにスッキリしているんですね。
「この間はありがとうございました」と舞台を見に来てくれた小島さんにお礼を言う吾郎。
楽屋に挨拶に行ったら黒いバスローブ姿のゴロウさんが・・・と、さすがツイッターをやっている小島さんは吾郎ファンが喜ぶツボを心得ていらっしゃる。

book今週の課題図書「生まれたままの私を」
ゲストは著者の加藤ミリヤさん。
私が勝手に持っていた華やかな現代的な印象とは違い、ミリヤさんは古風なまでに落ち着いたシャイな感じの方に見えました。
ミリヤさんが「ゴロウ・デラックス」に出演したいと思ったのは、『朗読』してくれるから、だそうです。
舞台をやっている事もあってか、いつもより少しだけ低い声での朗読がとても素敵。

「孤独」をテーマに書いたというミリヤさんは今、自分が一人でいる時間を愛し「孤独」は必要だと思っているそうですが、小さな時は順応性があってみんな友達という子供だったそうです。
逆に、小さい時は友達も順応性もなく一人でも良かったけど今思うと少しも楽しくない、そして一人でいる事をそれを孤独とも思っていなかったというゴロウさん。
時期は違っても「孤独」を味わっている二人だからこそ、言葉に出なくても何となくお互いの共感があったように感じました。

朗読した「表参道ど真ん中の歩道橋の上にいる主人公ミクとあこがれの男性レイが会話するシーン~自分たちだけは他の人達と違うと言っている」事に対して、
「申し訳ないけれど、この二人は街行く人達と何ら変わりは無いんだよね。自分たちだけが特別だと思ってしまう事が若さであって・・・」
「(表参道は)いろんな気持ちが交差している場所だよね」

と、とても率直な感想が、良かったです。

番組終わりにゴロウさんについてミリヤさんが言った言葉
「もっと知りたいと思いました。どんな風に生まれてどういう風な過程を経て今があるのか」
   私も知りたい・・・

pen先日、こちらでもお願いした「ゴロウ・デラックスを全国放送に」のアンケートの結果をkazuyoさんが集計してくださっています。
こちらからどうぞ。

|

« 「泣き虫なまいき石川啄木」 千秋楽 | トップページ | SMAPXSMAP 10月後半 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157467/53135968

この記事へのトラックバック一覧です: ゴロウ・デラックス 10月27日:

« 「泣き虫なまいき石川啄木」 千秋楽 | トップページ | SMAPXSMAP 10月後半 »