« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

怪しい噂の集まる図書館

芸能人にまつわる怪しい都市伝説 徹底検証SP
ジャニーズにまつわるウワサというのはスタジオゲストがタッキーだったからでしょうか。

SMAP稲垣吾郎はライブで絶対に乳首を見せない!?

一体どういう意味が?と思ってしまうようなウワサの検証。
「本人に聞くにはあまりにも失礼」なのでSMAPのライブDVDを見て検証・・・という事になったのですが・・・
ジャニーズの後輩君二人が、かったるそうに(笑)早送りで映像を見る。
いくら他のメンバーが裸になっていても一人しっかり着込んでいる吾郎。
可哀想に後輩君達も疲れちゃうよね。
だから8時間見続けてようやく吾郎の上半身裸を見つけた時の
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! の嬉しそうな事!
静止画面にドアップ、しかもupwardleftまで付けられて(笑)。
そんな大苦労の後に発見したものは・・・
「ちくび、普通だよ」

VTRを見終わって
「何なんだよ、これは。恥ずかしがり屋、シャイなんですかね」という中居くんに関根さんが
「他に吾郎ちゃんタイプ居ないの?」と聞く。
「稲垣くんタイプは後にも先にもジャニーズには居ないんじゃないの?
最大のSMAPの武器ですからね」
タッキー「確かにいないですね」
「踊りとかあんまり得意じゃないっていう。ジャニーズなのに」
・・・あ~ここまでは良かったのに。

「本当に踊れないです!練習もしないですから」
は~ へぇぇ~・・・・と周りがざわざわ
「自分は踊りが劣ってるな下回ってるなと思ったらちょっと頑張るじゃないですか。
人より先に入るとか。一切しない!
一番後に来て一番最初に帰ります」・・・ここでバッサリこの検証は終わり次へ。

・・・こんな言葉で締めくくられちゃうと、ちょっと悲しいよ!中居くん。
吾郎は絶対に努力した、大変だったと自分からは言わないです。
でも遅刻はしない、いつも現場には早く入るとも聞いています。
ダンスのコーチがブログで、吾郎が残って練習をしていた等と書いているのを読んだこともあります。
他のメンバーから一緒にダンスの練習をしたと聞いた事もあったと思います。

この発言は、単に忘れ物が多いとかスリッパ履いたままで帰ってしまった、などというレベルとは基本的に違うと思うのです。
吾郎の「仕事に対する態度」を責めているのと同じですから。10代の子なら笑えても30代になると厳しい。
だから話を盛るのは仕方ないけれど、少しだけ影響度を考えて欲しいです。
ファンにはいつものヲチだと分かっても、TVを見ている一般の人は信じてしまう人も多いんです。
中居くんにはいつも感謝する事がいっぱいですが、そんな仕事のできる男前な中居くんの発言だからこそ、それくらい一般視聴者にも信用性がある事を自覚して欲しいです♪

きっと中居くんの事だから、
「最大のSMAPの武器ですから」なんて言ってしまって慌ててヲチをつけないと・・・と思ったのだと解釈する事にします。

痛い吾郎ファンだと、また責められるのでしょうね。
それを分かっていて書いています。
本人のいないところでTVで言われるのはフェアじゃないですから。
だから最後に本人のコメントでも入れて貰えれば随分違ったのに。

wineところで、私は別にライブ会場で吾郎に脱いで欲しいと思った事はありません。
脱がない吾郎が好き。
VTRでのがっかり映像(笑)のように
裸に前全開のジャケットより、適度に付いた胸筋と平らなお腹が感じられる白いタンクトップを着ている方がずっと上品でセクシーだと思うタイプです。

勿論、演技の上とかグラビアで脱ぐのは大歓迎ですheart

| | コメント (2)

2011年11月29日 (火)

SMAPXSMAP 11月28日

SMAPXSMAP 名曲歌謡祭 アニメソングスペシャル!!

髪の毛短く切って首元すっきり。
長めのジャケットはラインが美しい。
襟とインナーのサンドベージュとジャケットなど黒との組み合わせがシック。
デニムをブーツインしてスタイルの良さが際立っていました。

吾郎ファン的i印象に残った曲をいくつか。

note残酷な天使のテーゼ~新世紀エヴァンゲリオン
吾郎ってこういう男の子っぽい歌も似合うんですよ。
最後のポーズがすごくかっこよかった。

noteロマンチックあげるよ~ドラゴンボール
でも!女性とのデュエットを素敵に歌ってしまうのも吾郎。
ゲスト歌手を立てて、自分は前へ出て行かない気配りも良いなぁ。

noteTHE GALAXY EXPRESS 999~銀河鉄道999
スマスマでも過去に何回も歌っているような気がします。
だからなのかこの曲を歌っているSMAPが好き。
それにしてもゴダイゴの生演奏付き、贅沢ですよね。

noteタッチ~タッチ
木村くんと吾郎はやっぱり声質がすごく合う。
何の無理も無く「タッチ」を楽しそうに歌っていたのが良かった。
是非、来年のライブの時は二人の曲を聴きたい!!
 

実は漫画も読まない、アニメも見ない、SMAPが出ない時は邦楽歌番組も見ない・・・という極端な私にとっては知らないはずの歌ばかり、なのにみんな聞いた事があるのは凄いと思いました。
このみんなに愛されているアニメの主題歌を歌っている歌手の方々がSMAPと一緒に楽しそうに歌っているのはスマスマならではの光景。
スマスマ始まってからずっと、ゲストの方の持ち歌をSMAPが一緒に歌うのが歌のコーナーでしたから。
そして吾郎は終始ゲストの歌手の方を立てて控えめに、大人の対応が素敵でした。
美しい立ち姿にもうっとり。

~何て楽しくて贅沢な一時間だったでしょう。

番宣の方々がとっても要らなかった、という事を除けば。

| | コメント (0)

2011年11月26日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月24日

book今週の課題図書:ボーダーを着る女は、95%モテない!

占いについては「いいことは信じるけど、悪い事は無視」という吾郎と小島さんが迎える今週のゲストは
占い師のゲッターズ飯田さん
地上波では顔を出さない主義の飯田さんは、目の部分だけ白い仮面のようなものを付けて登場。「ハロウィンパーティーの続きですか?」なんて吾郎さんに言われてました。

多くの占い経験から得たデータをまとめた本だそうで、
恒例の朗読コーナーは、吾郎さんが自分に当てはまると思った所を朗読。

グルメに詳しい男は、甘えん坊heart

本に書かれているいくつかの項目について街でアンケートをとっているVTRを見ながら、楽しそうに雑談(笑)。
やっぱり、ガールズトークだ。

後半では、生年月日・名前・手相の三要素から2012年の運勢を占ってくれる。

apple吾郎
妄想が大好きで他の事を考えがち。言ったことをすぐ忘れ、同じ話を繰り返す。
身近な女が好き、おしゃれな女が好き、ダサイ女は嫌い。いちゃいちゃするのが好き。

他、下ネタも(笑)。
2012年、ここ数年で一番楽しい。モテ期も到来。
10月11月は運が開放され、元々持っている運を本当に使える。
2013年は更に運が良い。何をしても成功する。楽しくて仕方ない。

・・・だそうです。

これを聞きながら、小島さんは
「吾郎さん、良かったね~ホント、良かったねぇ~」ととっても嬉しそうに笑っていました。
嬉しくて一生懸命メモを取る吾郎がものすごく可愛かった。
最後に「完パケちょうだい~heart02」と言っていましたが。

apple小島さん
「負けず嫌いで頑張り屋。心は少年
運気は登り始めている。来年はいい出会いがあり、親友ができる。
大金持ちの相。女優の星がある。」

お互いの運勢を聞きながら一喜一憂する二人は仲の良い姉弟みたい。(小島さんの名誉の為に~1歳違いの姉弟ね♪)
番組が始まった時の探り探りの感じが懐かしい・・・まだ半年と少し前なだけなのに。

そしてsign03
2012年から2013年にかけて、もう最高に運が良く何をやっても成功するという吾郎さん!
是非、映画をsign01映画を是非sign03映画を是非是非~sign01sign03

| | コメント (3)

2011年11月23日 (水)

火曜22時:ハングリー

2011年1月期火曜22時ドラマ「ハングリー」出演発表!

昨年秋「流れ星」~今年夏「ブルドクター」に続いて連ドラ出演。
また敵役?とも思わなくはないですが(笑)・・・
吾郎にこのような役をさせたいと思うプロデューサーや作家が多いという事は嬉しい事です。
そして、主演ではないところでもう少し自由に役作りをするのを楽しんでいるような吾郎を見ると、役者として面白いんだろうなと思います。
向井理くん演じる主人公のライバル役、新進気鋭の実業家、激辛ヒール役だそうで、楽しみ。

今朝のめざましTVでは、スチール撮影の様子が流れましたが、タキシードを着て立っている吾郎がもうかっこよくて・・・
フレンチレストランのオーナー役ですから、やはりスーツ姿が多いのでしょうか。
吾郎さまの上から目線の毒舌は好物ですので、今から楽しみです。

clipドラマ詳細は、こちらをどうぞ♪

関西テレビ放送 プレスリリース2011

webザ・テレビジョン Entertainment News

Orion Style

| | コメント (2)

SMAPXSMAP 11月21日

wrenchベビスマ
先週の続き、いよいよ合コン相手の女性の職業当てに突入。
さすがに頭の回転の速い中居さん、いち早く職業は分かってしまいながらも、わざと変な方向へ話を持って行きたがる。
ゲストの女性陣もさすが頭脳明晰とみえて、ちゃんと乗っかってくる。
先週、合コン企画という事で、完全に隣の吾郎の方へ体ごと向けて照れている中居くん、
「この3人で何ができるんだよ、おい、おい、おいっ!」って言っていたけれど。
どの組み合わせになっても、中居くんは必要だと思いました。
完全にバラエティのノリで、キャラを作りつつ、みんなに気を配り、ちゃんとゴールへ行けるように導く。すべてさりげなく。
さすが中居くん・・・
このあんぽんたんトリオ、とっても良いと思いました。

でも、合コン企画はもう要らないと思ったら、来週も!?

restaurantSMAPXSMAP
ビストロゲストさまぁ~ずの軽妙なトークで、気軽に見れる楽しいビストロでした。でしたのに・・・
ジャニーズJrとのコーナーは意味が分からないし、少しも面白くない。
吾郎が超絶可愛いけど。
さんざん期待させた新曲初披露・・・「ほん恋」ドラマに被せて流れてきて、ものすごく残念。
「働き盛りの彼氏の事を理解できずに出て行ってしまったわがままな女に、未練たっぷりな男の歌」みたいじゃないの、ヤダ(笑)。出演している剛と国仲さんも気の毒。
映像が用意できないのなら、よくある静止画像を繋げて歌を被せるヤツ(名前知らないです)、あれが良いのに。
メンバーのドラマからいろいろなシーンを切り取ってきて繋げたら、すごいものが出来そう。
SMAPファンが素晴らしいものを作りますよ、愛情たっぷりに。

smap girl の恋の伝道師 チャック・ガスだけちょっと面白かった。

何だかとっても残念なスマスマになってしまいました。

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

ゴロウ・デラックス 11月17日

book今週の課題図書 花祀り

ゴロウ・デラックス初の官能小説
「やだ、ゴロウさん、ハレンチ!」

・・・なんていう予告で過剰な期待をしてしまった木曜深夜。

まずは番組始めに”マイルドな箇所”を朗読。
伏せた睫毛の影が・・・素敵。

著者 花房観音さんは意外にも本職のバスガイドの制服で現れました。
官能小説を書く女流作家ってどんな方かと思っていたら、ごく普通にお話される方で楽しかった。
京都と歴史が大好きな所も伝わってきました。

小説を書く前はブログに自分の思いを正直に書いてそれが人気になったそうで、その時のHNが凄い(笑)。
すかさず
「あまり表現としては文学的じゃないですねapple」と言う吾郎の率直さが好きです。

だがしかし!
何でもOKの吾郎ファンが期待していたような話にはならなかった(笑)・・・
一体何を期待していたのやら。

物足りないように思いながらも(笑)、今になって考えると
官能小説の時は控えめに
産婦人科医の話の時は積極的に躊躇わずに、
・・・というスタンスが今後のゴロウ・デラックスの為にも良かったのではないか、と思いました。
官能小説で楽しみすぎてしまうと、次に性に関して真面目に取り組みづらくなってしまいそう。

花房さんのツイッターには
「稲垣さんと小島さんは、きちんと本も読んでくださって、お二人ともビックリする位率直で知的で素敵な方達でした。ホントに。」
のような事が書いてありました。
結構長い間お話していたようですが、放送できないような話も多々(笑)、でもいやらしくならない会話だったそうで・・・
さすがガールズトーカー稲垣だわ。

apple今週のゴロウさんも、ますますお顔は細く首すじもすっきり。
ハッとするような透明な美しさ。
横顔が多いのもゴロウ・デラックスならでは。
思わず画像保存したくなるような吾郎さんがいっぱいheart04でした。

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

SMAPXSMAP 11月14日

wrenchベビスマ
「合コン~?せっかくSMAPのベビスマとしてリニューアルしたのにannoy
と見る前から怒っていたのに、いざ放送されたら面白かった・・・
吾郎がモテモテだったからなのもあるかもしれませんが。
照れて完全に吾郎の方を向いて体育座りになる中居くんが可愛かったし、
妙に慣れた風に乾杯の音頭をとる剛も面白かった。
来週はもっとぐちゃぐちゃになるのだろうか。
スポーツやゲームで対戦系になると、夏の風トリオ
点数・勝敗関係無しだとあんぽんたんず
の組み合わせがバラエティ風味になるのかしら。
ツナギの衣装も可愛さ倍増なのだな。

restaurantSMAPXSMAP
吾郎さん、カラオケ対決を盛り上げてお疲れ様。
でも1曲くらいちゃんと歌った方がいいと思う。損しちゃうよ。
でもTIME GOES アイ~ン は何度見ても上手いと思う(笑)。

ribbonごりーぱみゅぱみゅもお疲れ様。

歌の時の吾郎は、ビストロの吾郎と同一人物とは思えない超美麗ぶり。
このギャップ男heart
でも、ビストロ見ていた人が最後まで見てくれるとは限らないのよね。
ああ、私ってしつこい(笑)。

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

SMAP FaNxFuN PARTY 2011

13日、SMAP FaNxFuN Partyに参加してきました。

詳しいレポは至る所に出ていますし、細かい事を記憶しておくのは大の苦手なので、おおざっぱな感想だけ書かせて頂きます。
ほとんど吾郎の事ばかりですが、これはいつもの事ですね(笑)。

会場は、前日の美空ひばりさん追悼コンサートのセットをそのまま使ったような構成。
ステージ中央に大きな階段があり、赤いカーペットの花道がアリーナ中央をバックステージに向かって通っています。
他にはアリーナをぐるっと回るトロッコの道。

明かりが落ちてバックステージから現れたSMAPさん達はピンクのロングコートを着て、花道を練り歩く。
アラフォーアイドルの貫禄でひたすらかっこいいです。

ピンクのコートを脱ぎ捨てると、タキシードの5スマ達。
吾郎のスタイルの良さを引き立てていて眼福この上なし。

ネットではジャニーズJrが出るという噂が飛び交っていて、SMAPのコンサートでは慣れないことで心配したのですが、デビュー曲”Can't Stop!! -LOVING-"で、わぁ~っと出てきたJr達。

SMAPが当時の格好をして歌って踊るより、”黒いタキシードの素敵な大人SMAPが当時の歌を歌っている周りで、Jr達が元気よく踊っている”という演出が思いの外良かった。
今の「若さ」にしか価値を見いださないような人達に、歳を重ねて大人になる事はかっこいい
shineという事を見せつけて欲しいと思いました。

いつの間にかジャケットを脱いで、ベスト姿に。
これがまた大変(笑)!
私の席は一塁側2階席中段、はるか下の方ですが距離的には結構近くにバックステージを見ることが出来ました。
それなのに真ん中にいる木村くんの手前に立っている吾郎、もう完全に木村くんの方に体ごと向いているため、後ろ姿しか見えない!!
おかげで、大好きなベスト姿を後ろからたっぷりと堪能させて頂きました。
しっかりした肩と絞られたウエスト、その下のプリケツと長くて真っ直ぐな脚!!
すでに汗でくるんくるんになった後ろ頭もものすごく可愛かった。
背が高くて顔が小さい。
髪の毛が短くなった分 頭が小さくなるので、ますます顔が小さくて全体のバランスが素晴らしい!まるでフィギュアだよsign03

MCも長くて中身がいっぱいつまっていて近年で最も楽しかったかも。

入り口で配られた”SMAP20周年記念 御縁メダル”の話。
そして木村くんのお誕生日祝いpresent

Happy birthday! TAKUYAheart

大きなケーキに立てられた1本のろうそく。
会場の明かりと客席のペンライトも全部消して、東京ドームを1本のろうそくで照らす。
「くさいけど、うちら5人で・・」と言う木村くんの言葉で、木村くんを中心に顔を寄せた5人が一斉にろうそくを吹き消しました。
それが自然で何だかとっても良かった。
スクリーンに映し出された木村くんの瞳がうるうるしていたように見えたのですが・・・
負けず嫌いで情に厚い木村くん、大好きです。

中居くんが司会で上手く仕切ってくれたので、とても面白かった。
吾郎ファンとしての収穫は
吾郎が木村くんの誕生祝いをコンサートでやるのかどうか聞きたかったのに、いつも木村くんが近くにいるので(笑)なかなか聞き出せなかった事
吾郎から木村くんへのお誕生日おめでとうメールには添付画像が2枚付いていた等・・・

白い衣装がまた素敵でした。
白にファーをあしらって、5人がそれぞれ違うデザイン。
吾郎は白のパンツに白い長袖シャツ、白い細身のロングコート。
コートにはゴールドフォックスっぽいファーのベルトとストール付き。
白に明るいブラウンのファーがとてもゴージャスsign01
勿論着ている中の人も負けずにゴージャスsign03
動く度に軽やかに揺れる白いコートの裾
後ろに垂らされたファーのベルトも2本の尻尾みたいにゆらゆら。
首にかけたファーのストールも揺れる揺れる・・・
白に毛皮の衣装で、こんなにもすっきりしなやか細身にうっとりしました。

コートを脱ぐと下はシンプルな白い長袖Tシャツ。
他のメンバーはタンクトップだったりするけれど、長袖がいかにも吾郎らしくて優雅。
12日はストールも外していたようですが、13日はストールはかけたまま。
吾郎ってTシャツになると、急にがっしりとした肩が強調された男っぽい体型になるんですよね。かえってコートを着ていた方が華奢。
このギャップがいいんですよね@ギャップ男の魅力heart

挨拶もとっても良かったです。
「来年はコンサートもしたい。時間的に余裕があったらします。SMAPは忙しいのです。皆さんだけのSMAPではないんです」という中居くんに続いて
「来年はコンサートやります。SMAPは皆さんのものです」という慎吾。
それを受けて、
「僕たちのダメな所も少しだけかっこいい所も全部受け入れて好きでいてくれる皆さんは、家族のような存在です。
僕らは皆さんだけのものと言いましたが、皆さんも僕たちだけのものです」
と言う吾郎。
だからSMAPは楽しい♪

アンコールでは新曲「僕の半分」も披露。
ちょっと懐かしい感じのするバラード。
ユニゾンの所では吾郎の声がよく通って聞こえてきて、東京ドームで生披露するだめに練習重ねたんだな、と思いました。
久しぶりのラブソング、失恋ソングだけど。木村くんと二人で大人っぽく歌うこの曲も聴いてみたい。

最後は各メンバーが一人ずつお見送りをしてくれました。
ブロック毎に順番に呼ばれ列を作って通路へ。

通路に出た所は天国。
前方で吾郎が団扇と手を振っていましたbell
ひとりひとりしっかりと目を見てくれましたよ。

5人で揃ってお見送りが出来ないから、5人団扇を振ってくれたのでしょう。
その優しい気持ちがもの凄く嬉しかったです。

吾郎の一回り小さな手作り団扇を小さく掲げたら、ちゃんと見て頷いてくれました。
SMAP FaNxFuN PARTY 2011の文字が入った普通のTシャツなのに、美しく輝いてました。
通り過ぎてからも何回も振り返って「夢なんかじゃない、今のは本当に吾郎だったんだ」と確認。
くるほわの天使みたいな可愛い頭は吾郎でした。
あの姿は一生忘れない自信があります。
最高の見送り、どうもありがとう~heart

今回のファンパーティー、とてもシンプルな会場だったけれど、楽しかった!
SMAPはSMAPだけで、東京ドームを隅々まで満たすことのできるオーラがあるのだから、わざわざ過剰な演出は要らない、
無理に曲数に拘ったりせずに、1曲1曲を全部大切に歌ってくれたので凄く楽しめたので次はこういう感じでコンサートをやってみて欲しいと思いました。

とっても温かくて素敵なファンパーティーでした。
参加した人だけのものにしておくのは本当に勿体ないし申し訳ない。
これは是非、DVDにして頂きたいです。

デビュー20周年を迎え、新たな20年を進んでいくSMAP
今までになかったアイドルの道を、更に切り開いていくのでしょうね。
かっこよくて素敵な大人の男とはどういうものかを見せつけて欲しいと思いました。

| | コメント (3)

2011年11月11日 (金)

ゴロウ・デラックス 11月10日

book今週の課題図書 事件現場清掃人が行く

ゲストは著者の高江洲敦さん
自殺や孤独死などで主が居なくなった部屋を整理する仕事。
家族が居なかったり、居ても疎遠になっていて後始末をする人も居ない・・・
今、都会では孤独死が増えているという。
高江洲さんは、この本を読んで誰かに連絡してみようかな、と思ってもらえたら良いと思って書いたとおっしゃっています。

そして、ゴロウさんは
「読めて知れて良かった」と。

高江洲さんに話を聞きながら事件現場の写真を見ていく。
今まで考えた事もないような凄惨な様子が写し出されている。
でも番組は決して大げさなノリで煽る事もせず、淡々と高江洲さんの話は続いていく。
時折挟まれる小島さんとゴロウさんの的確な問いや感想。

この取り上げ方がとても良かった。
ショッキングな題材であるから、いくらでも音楽と大げさなテロップで煽る事もできたと思うけれど、それをしなかった。

後半では、番組スタッフが実際の清掃現場に参加してその様子も知る事ができました。
高江洲さんの静かで心のこもった清掃と、亡くなった方の無念さ・寂しさを引き受けるような優しさに見ているこちらも救われました。

私も、見ること・知る事ができて良かった。

人間は一人では生きることも死んでいく事もできないのですね。
何でも一人で出来るなどと驕ることのないように気をつけよう。
そして、命とか生きる事についても考えさせられました。

どんな題材でも真正面から向き合って、茶化したりせず素直に率直に優しく接する小島さんと吾郎のMCだからこそ成り立っている番組だと思いました。

| | コメント (0)

2011年11月10日 (木)

anan シネマナビ 11月

movie今月の1本  50/50 フィフティ・フィフティ

50/50って何の事かと思ったら・・・
基本的に難病モノは好きではないのですが、この1ページのレビューを読んで映画をものすごく観たくなりました。
脚本を書いた人の実体験がベースになっているそうですが、同情を誘うような描き方をしていないのは脚本家がそういう人だからなんでしょうね。
TVなど見ていると世の中、同情して貰いたい人もたくさん居るような気がしますもの。
とても悲しくて辛い事をおもしろ可笑しく描いてしまう、ってまるで「泣き虫なまいき石川啄木」みたいじゃないですか。
私は、扇情的な音楽と涙・涙で綴られる悲劇よりも、ふとした表情に深い悲しみを見る方が好きです。

公式サイトでは”難病エンタテインメント”と紹介していて笑いました。
日本公開では、どんなCMにするのでしょうか?
映画館から出てきた女性客が涙を拭く真似をしながら「号泣しましたsweat02sweat02」とかいうのは止めて欲しい(笑)。

どんな人にも薦められる映画、心温まる映画・・・と書いていますが、この映画に向ける吾郎の視線もとても温かいと思いました。

主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットは「(500)日のサマー」公開時に、よく「吾郎ちゃんに見えて仕方なかった」という感想を見かけました。
顔は似ていないのですが「(500)日のサマー」を観て少し納得。
何となくゴツくなくヒョロンとした体型や、一見頼りなさそうで優しそうな所など、なんとなく”吾郎ちゃん”を思い出させる要素がたくさんありました。
まあ、海外の俳優さんを見て「吾郎ちゃんに似ている」という感想はよく見かけますけれど。

shadow今月の1枚
ブルーのボタンダウンのシャツに細いタイ、紺のカーディガンの吾郎がこちらをじっと見つめています。ものすごくいいっheart
これはもう、毎月の写真を利用してシネマナビを本にして頂かないと勿体ないです!
これも、引き続きお願いしないと。

先月のシネマナビ「ラビット・ホール」は上映中の映画館に貼られているようで(吾郎の美麗写真が目立っていました!!)、今月の月イチゴローの話題と共に公式サイトのニュースにも載っていました。
こうして静かに、吾郎の”映画語り”は信頼され得るものとなってきているのだと思いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

観たい・・・

「泣き虫なまいき石川啄木」の千秋楽からちょうど1週間。
何だか1ヶ月位経ってしまったような気がします。

今回の舞台、あんなにボロしか着ていなかったのに、
良かったなぁ。。。
あの風情がたまりませんのです。
大いに笑って罵り合って・・・の果ての最後の静かな一ちゃんの台詞、
ものすごく心に浸みました。
舞台としては、「ヴァージニアウルフ~」のような大人の会話劇、「象」のような世界も観たいのですが、今どうしても映画も観たい!

「刑事」とか「探偵」なども面白いのですが、啄木を観てしまった今、職業ものではなくしっとりと演じる吾郎を観たいのです。
たいした事件もなく静かな日常を扱ったような作品が希望なのですが、今のこの世の中では無理かしら。
それなら、文豪シリーズで、という事でちょっと調べてみました。

夏目漱石(1867~1916)
森鴎外(1862~1922)
芥川龍之介(1892~1927)

夏目漱石没後100年には、あと4年・・・とりあえずこれにリーチをかけておこう(笑)!
イギリス留学とか、いろいろ面白そう。
そして「ぼっちゃま」を思い出します。

映画またはNHKのドラマなどで、どうでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月イチゴロー 11月

モノトーンのフェアアイルニットジャケットにグレーのベスト、白いシャツに白の蝶ネクタイ・・・可愛いsign03
短くなったヘアスタイルがこの服装に良く似合って、妄想が広がる。
イギリスの古い大きな館にでも置いておきたい感じ。これ以上は止めておこうww

movie今月の5本
カイジ2
1911
アントキノイノチ
マネー・ボール
ラビット・ホール

*パート1は人間対人間の頭脳戦
今回はパチンコ台が相手だから”戦闘”としてあまり面白くなかった。
パチンコ台の前に座るのは誰でも良かった。

*中国版大河ドラマ、年表にある事実をそのまま箇条書きにしているような映画。
ドラマを感じられないし、ジャッキー・チェンの魅力が生かされていない。

*若い人に観て貰いたい映画。
”ヒリヒリするようなキスシーン”という表現がこれから時々使われる予感(笑)。
月イチで使われた言葉が、その後いろいろな所で使われる事が最近よくあるんですよね。
”奥行きを感じる3D”から”猿のCG映画”まで。
何て言い表したら良いかモヤモヤしていたものを、吾郎がシンプルで簡単な言葉でズバリと言ってくれるから。

*ブラッド・ピットじゃないと地味かもしれない。でもブラッド・ピットはかっこいい。
最近の彼らしい作品の選択、エンターテインメントに媚びてすぎてない。
ブラッド・ピットの存在はデカイ。

*テーマは重いけれど優しい、いろいろ考えさせられるい映画。
ニコール・キッドマンは20代・30代の頃より綺麗かもしれない。何でも若ければいいみたいな日本人男性には珍しい言葉。
ラストが好き。ラストは大切。ラストが好きな映画は”好きな映画”と言いたくなる。

5位の映画について、心配していた通りネットでかなり批判が出ていました。
と言っても、匿名掲示板でわめいているだけ。
でも騒いでいる事が全く的外れなので、普段の月イチゴローを観ていない事が丸わかり。それなのに「コイツはいつも××だから・・!」みたいに的外れな事で怒っている。

penとりあえず、やたらに攻撃だけしてくる人達に言いたい!
月イチゴローはSma-STATIONという番組の
「香取慎吾がチラシを見て選んだ5作品に(慎吾に薦めるための)順位付けをする」という一つのコーナーです。だから基本的にSMAPの映画を入れるのは間違っていると思うの。
映画の評論をするコーナーでは無いし、自分の好みで意見を言うだけ。
もし影響力が大きくなっていたとしたら、それは吾郎の映画選び・コメントのセンスが認められてきたという事でしょう(ドヤsmile)。
そして名前も顔も皆がよく知っているSMAPのメンバーであり自分も映画に出演する立場でもある吾郎が、映画の順位付けをする事で批判される事を承知で引き受けている仕事です。男前sign03
10代の頃から「映画が大好き」と言い続けたくさんの映画を観てきた吾郎が、仕事が忙しい時は移動中や待ち時間にDVDで観る事もあるようなスケジュールの中で、自分なりの基準に従って順位付けをしているのです。これはずっと月イチを観ていれば分かるはず。

吾郎は基本的に、俳優さんの演技を褒めることはあっても貶さない。

下位にした理由は大体「何故これを映画にしたのか」から始まって映画の構成などについて。そして基本的にドキュメンタリー映画は1位にならない。あとは全く好みの問題。
吾郎が下位にしたのは自分の好みに合わなかったからであって、作品自体を否定した訳ではないし、ましてや出演者の悪口を言っているわけではないのです。

文句を言って貶す事だけが目的の人に何を言っても効果は無いけれど、ネットを利用して流された悪意により曲げられた情報が違う方向に一人歩きされるのは怖いです。

いくら甘いファンの私でもかばいきれない事が一つ、それはSMAPの映画を扱うこと。ラインアップに入っていても、別枠として考えて頂きたいなぁとは思います。このコーナーを楽しみにしている映画ファンには、最近そのように考えている方も多いようで、それは嬉しいです。
いくら作品が素晴らしいから1位にしたとしても、一般の方にはなかなか素直に受け取って貰えないのは仕方ないですよね。
新しいアイドルがデビューした頃はこのような強引な方法で効果があっても、今は逆効果になるという事が何故分からないんだろう、この事務所は。

bell月イチゴローで邦画を下位にするたびに巻き起こるこの騒動。
その度に、稲垣吾郎さん的に果たして月イチゴローはやらない方が良いのではないかと思う瞬間もあります。下位に選んでしまった作品の強烈なファンには嫌われ、多分吾郎さん自身、自分の出演作品も相当選ぶようになってしまうのではないか、と。
でも、長い目で見てきっとこれは良いのだろう、と思う事にしています。
少なくとも、演じる立場に居ながらTVの番組に一つのコーナーを持ってこれだけの率直な映画感想を言う事はかなりの覚悟が必要、でもきっと何かに役立っているはず。
映画をより客観的に観られるようになったのではないかとも思います。
過去に出演した映画、数は少ないけれどほとんど外れ無しですもの。

吾郎ちゃん、頑張れsign03
私たちが付いていま
heart

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月3日

book今週の課題図書「開放区2」

ゲストは勿論、木村くん。

いつものヘンな入り口から入らずに窓を跨いで入って来て
そして小島さんの隣の席に着くけれど「こうやって座るのも変じゃないですか?」と言いつつ、椅子ごとするすると吾郎の隣に来てしまう木村くん。
気を遣いつつも自分流でやってしまう所が、らしくていいなぁ。

右下には
20年来の大親友
木村拓哉X稲垣吾郎
 の文字がまぶしい。

オリスタ11月7日号の記事によると、
ジャニーさんがラーメンを食べに連れていってくれた時、ラーメンを食べるのが遅い吾郎に向かって
「待っててあげるから、ゆっくり食べな」と木村くんが言ってくれたという二人の出会いのエピソードと、その時から二人の関係性は変わらないと吾郎が話したそうです。
これは聞きたかったなぁ。

*「この番組の吾郎さんは、木村さんから見るとどんな感じですか?」
木村「課題図書というものがあるじゃないですか。スタッフの方にも言いたいけれど、吾郎は時間があったらずっと本を読んでいるんですよ。SMAPなのに締め切りに追われている(笑)」
・・・女性自身の記事によると、移動の時は本を読んだりDVDで映画を見たりいつも締め切りに追われている。更に飛行機の中でブツブツ一人で喋っているかと思った舞台の台詞を覚えていた、と木村くんが話してくれたそうです。
木村くんは、いつも吾郎の仕事の事を茶化さずちゃんと伝えてくれるのがとても嬉しい。

木村とゴロウは帰るのが早い
振り付けを覚えるのも、仕事が終わって帰るのも、早いのが木村くんと吾郎だそうだ。

木村の開放区2をゴロウが小島さんが、そして拓哉が朗読!!
小島さんが読んだ部分について、思わず話が弾む小島さんと吾郎。
「女の人からするとね・・・」「分かる・分かる・分かる!」
それを横で見ていた木村くんが「ここから見てると完全にガールズトークだぞ」

木村くんが自分で選んだ部分の朗読を聞いて、吾郎がすぐにあるエピソードを語る。
以前、吾郎が体調が良くなくて4日間くらい仕事を休んだ時(こんな事があったんですね・・)
「トラブルをパワーに変えていかないと・・・何も残らなくなるから」というメールを貰って、それがとても印象に残っているそうです。
「最前線にいる事。風当たりは強いけれど」とNHKプロフェッショナルでも言っていましたが、何をやっても叩かれる木村くんは本当に大変だと思うけれど、こうやってピンチをパワーに変えて20年頑張ってきたのだなと思いました。
そして、親友が弱った時にそっと励ましのメールを送る木村くんの優しさに胸が熱くなりました。

正味20分の番組だけど、何と濃密な時が流れたことよsign03
吾郎の事について木村くんに聞く質問が多かったようにも思いましたが、
・木村くんの事について吾郎に聞く
・吾郎の事について木村くんに聞く
・・・どちらか選ぶとしたら、ゲストにたくさん喋ってもらう方になったのでしょうか?
それとも単純に「木村くんが喋る吾郎」が面白かったのか・・・

吾郎に直してもらいたい所「ベテランっぽくなる」というのも笑いましたが、ベテランっぽい自分を演じる吾郎がおもしろかっこよくて何回もリピしちゃいました。
本番を前にして集中しすぎて周りに愛想を振りまくのも忘れてしまう吾郎・・・とても好きです。

「キムゴロ、キャーheart04」で萌えるよりも、もっと深い友情・肉親のような愛情を感じました。
SMAPメンバー6人の出会いも奇跡ですが、木村くんと吾郎の出会いも奇跡ですよね。
しかも太陽と月のような正反対の雰囲気を醸し出す美形二人・・・
ことさら「仲良し」を強調せずとも、しっかりと結ばれた絆を感じさせる二人だと思います。

20年以上経ってもなお、ゲストに来て緊張するなんて可愛いじゃないですか!

「俺と吾郎」
「僕と木村くん」

・・・この言葉を随分たくさん聞いたような感じたような気がしました。

そして、小島さん!
木村くんをこんなに普通に自分の番組に迎えた人って今までいたかしら、と思いました。
ものすごく自然に『ゴロウさんと同じグループの仕事仲間であり大親友の木村くん』として接していたように思います。
きっと「緊張した相手にとりあえず”かっこいいですね”と言われ続けてきた(勿論、かっこいい事は事実なのですが)」木村くんも、とても気持ちが楽だったと思うし、それは木村くんの穏やかな笑顔、とても素直な分かりやすい話(笑)などに表れていたと思う。
改めて、小島さんの頭の良さ、勘の良さ、気配り・・・などを心から実感しました。

今までの「別格木村くんをお迎えする」SP回の番組と違う、温かな空気に満ちた素敵な20分でした。更に「ゴロウ・デラックス」が好きになりました。
放送地域の拡大も頑張ってお手伝いしていきたいと思います。

オリスタ編集部ブログによると、たくさん話が弾んだ様子。
1回だけじゃ足りない!
是非、未公開SPで、たくさん流して欲しいです。

clip関連記事はこちら:
オリスタ密着24時 10月31日:木村&稲垣が20年分のぶっちゃけトーク

オリスタ密着24時 11月2日:稲垣吾郎の名言

オリスタ密着24時 11月5日:”紳士”稲垣はファン想い

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

SMAPXSMAP 10月後半

私が舞台に出ている訳ではないのに、何だか毎日慌ただしかった1ヶ月間。
スマスマは2週まとめて、ようやく追いついたかな。
舞台のお稽古などで超多忙の中、ほとんどのコントに出演、ぱみゅぱみゅ覚えて(笑)水に落ちて・・・吾郎の頑張りはやはり記録しておかないと。

restaurantビストロ
24日のゲストは映画「ステキな金縛り」ご一行様
とりあえず、ゲストが一列並びで済むような人数にして欲しいわ。
嬉しかったのは、「ヒーローよりも悪役をやってみたい」という二択問題で、悪役を選んだ吾郎に理由を聞いてくれた中居くんありがとう、そして吾郎がタイトルを言っていないのにゲストの方々が口々に「十三人の刺客良かった・・・」と言ってくださったこと。
珍しい事に「十三人の刺客」DVDの詳細と画像まで出てビックリ!スマスマなのに。

31日ゲスト、新婚さんカップル、幸せそうで良かったねという事で良いのでしょうか。
面白かったのは「」くらいかなぁ。何故か長かった・・・
これ短くしてEDトーク長くしてくれたら嬉しいのに。

soccerダレッジボール
吾郎が凄く身軽に動いていたのがツボ。

bicycleがんばれジャニーズ
これは「SMAPが頑張っちゃうコーナー」として見れば良いのでしょうか。
高い所から後ろ向きに水の中に落ちるとか別に見なくても良いのですが。
でも細くて長い脚・スタイルの良い(中居くん談w)短パン姿をたっぷり見せて頂いた上に、水に落ちてずぶ濡れの吾郎がものすごく可愛くて、思わずお礼を言いそうになりました。
可愛い可愛い言う歳ではない事は知っていますが、可愛いんですもんsign03

ribbonゴロクミ
ごりーぱみゅぱみゅは面白いんだけど、2~3回見せてもらえばいい。
舞台の大変な時にせっかく覚えたのだから、ゴロクミちゃんがダイエット成功したという設定で、今のままの吾郎にメイク・衣装だけでぱみゅぱみゅすればいいと思うの。

karaoke
木村カエラさんもナオト・インティライミさんも、とっても良かった。
吾郎は細くてかっこいいし、舞台をやっていると特に発声が良くなるので歌声が素敵。
ナオトさんがご自身でもブログに書いておられるように、まるでSMAPの曲みたいによく合っていた。
たまにはSMAPもこういう素直なメロディーラインの曲を歌えばいいのに。

wrenchベビスマ
3週前から始まった「SMAPが出るベビスマ」
SMAPが5人だけで好き勝手に喋っているだけですが、とっても楽しい。
白いシャツにツナギをそれぞれの着こなしで、というのも好き。
どうか、このままシンプルに続けていってください(魂の叫びw)sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 1日 (火)

ゴロウ・デラックス 10月27日

karaoke今週の立ちトーク
いつものように画面の右側から登場したゴロウさんの髪の毛が短~い!
舞台で短くなったとは思っていたけれど、普通にセットするとこんなにスッキリしているんですね。
「この間はありがとうございました」と舞台を見に来てくれた小島さんにお礼を言う吾郎。
楽屋に挨拶に行ったら黒いバスローブ姿のゴロウさんが・・・と、さすがツイッターをやっている小島さんは吾郎ファンが喜ぶツボを心得ていらっしゃる。

book今週の課題図書「生まれたままの私を」
ゲストは著者の加藤ミリヤさん。
私が勝手に持っていた華やかな現代的な印象とは違い、ミリヤさんは古風なまでに落ち着いたシャイな感じの方に見えました。
ミリヤさんが「ゴロウ・デラックス」に出演したいと思ったのは、『朗読』してくれるから、だそうです。
舞台をやっている事もあってか、いつもより少しだけ低い声での朗読がとても素敵。

「孤独」をテーマに書いたというミリヤさんは今、自分が一人でいる時間を愛し「孤独」は必要だと思っているそうですが、小さな時は順応性があってみんな友達という子供だったそうです。
逆に、小さい時は友達も順応性もなく一人でも良かったけど今思うと少しも楽しくない、そして一人でいる事をそれを孤独とも思っていなかったというゴロウさん。
時期は違っても「孤独」を味わっている二人だからこそ、言葉に出なくても何となくお互いの共感があったように感じました。

朗読した「表参道ど真ん中の歩道橋の上にいる主人公ミクとあこがれの男性レイが会話するシーン~自分たちだけは他の人達と違うと言っている」事に対して、
「申し訳ないけれど、この二人は街行く人達と何ら変わりは無いんだよね。自分たちだけが特別だと思ってしまう事が若さであって・・・」
「(表参道は)いろんな気持ちが交差している場所だよね」

と、とても率直な感想が、良かったです。

番組終わりにゴロウさんについてミリヤさんが言った言葉
「もっと知りたいと思いました。どんな風に生まれてどういう風な過程を経て今があるのか」
   私も知りたい・・・

pen先日、こちらでもお願いした「ゴロウ・デラックスを全国放送に」のアンケートの結果をkazuyoさんが集計してくださっています。
こちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »