« 月イチゴロー 12月 | トップページ | ほこXたて »

2011年12月17日 (土)

ゴロウ・デラックス 12月15日

ゴロデラになってから初めての”未公開SP

いつもとちょっと違う始まり。
前にはズラッと並んだ「課題図書」の数々。
こうして並べてみると、凄い。
これらの本を、台詞を覚えながら、ダンスのフリを確認しながら、新曲を覚えながら、北京公演の為に中国語の歌詞を覚えながらの合間に、移動中の車の中で、待ち時間の楽屋の中で・・・
読んだのでしょうね。SMAPなのに締め切りに追われながらww

小島さんの新しいヘアースタイル、似合っていて素敵。
吾郎は、色白でほっそりした顔にツイードのジャケットがとてもいい!中に黒いテーラードカラーのシャツと白いインナーという着こなしも、上品にまとまっていて好き。

appleまずは木村くんの未公開映像”大親友トーク
木村拓哉「開放区」から、「僕の好きな写真」を選ぶ吾郎。
”僕の中の二つの感性”から選ぶ2枚の写真。
女性の視点から1枚・・・とだけ言っていればなかなか芸術的でかっこよかったのに
「おばちゃんトーク的みたいな感じで言うと・・」って(笑)。そういうところがヲチを付けたがるSMAPらしい。でも木村くんが好きではないと思う、と分かっているのもSMAP。
男としてかっこいいと思う1枚。
「やってみたいけどできない、俺もSMAPだからきっとやっていいんだよ。
でもできないぞ!」・・っていう感じの1枚は、
フライングVのギターを片手で持って立っている木村くんの写真。

・・・吾郎ちゃん、出来ると思うけど。SMAPの色分けとかに拘りすぎだと思う。
I'm98年3月号の表紙、大好きでした。
黒い革のロングコートの裾を翻して、白いエレキギターを持っている1枚。
日テレ深夜の生放送情報番組WINでも、エレキギターを抱え込んで音楽誌の表紙の真似をする吾郎(97年)も超絶かっこよかったのですが・・・
または、是非木村兄貴と一緒にツインギターで再び!!

話は飛んでしまいましたが、
木村ファンのオフ会か!?っていう程に、小島さんと吾郎で木村くんの話に盛り上がる中、
横でちょっと照れくさいのを隠して座っている木村くんウォッチングも楽しかったな。
このギターを持つ木村くんの写真を見ながら、
「コンサートのリハーサルをやってる時みたいな感じ。
タンクトップ1枚とかでリハーサルしてますからね。
そういう時が意外にかっこよかったりするんですよ。」
「言えてよかったよ」
・・・
ここでどうか届きますように~♪のサビの部分が(笑)。
良かったね、吾郎ちゃん、木村くんに想いが届いて。

「あ~拓哉が笑ってくれたぁheart04の台詞付きの小島さん推薦写真は、とっても好青年な笑顔の木村くん。
木村くん、笑いながら小島さんに向かって「お昼のラジオでは絶対にやらないよね」
やはり自分の番組を知っていてくれているというのは嬉しいですよね。気配りの木村くん。誤解されがちだけど本当は優しいんです。

そして、いよいよ初対面の時の話にsign03

オーディションの日が偶然一緒だった二人。木村くん曰く
「この世界の門を叩いた日が、バースデーが一緒なんですよ」
吾郎は
「その時初めて交わされた会話で全ての今までの20年の関係性がもう築き上げられてしまったんです。」
出会ったばかりの吾郎はどんな少年だったのか、という木村くんに対する質問だったはずが、お喋りゴローちゃんが語り出す・・・

オーディションの次の週くらいに、ジャニーさんがSMAPのみんなをラーメンを食べに連れていってくれた。皆食べ終わり店を出る時に、まだ食べ終わっていなかった吾郎の方を振り返った木村くんが
「待っててやるから、ゆっくり食ってていいよ」と言ってくれた。
その時、その優しい一言が本当に嬉しかった。

物語の始まりの1ページみたい・・・とは、小島さんの感想。

apple伊集院静さんの「友達について」の話。
「友達というのは、1年に1回しか会わなくてもいいから、彼に恥ずかしくない生き方をしたいと思うような関係。自分中心ではなく思える存在」
これに対して吾郎も
「メンバー同士も、あえて口にはしないけど1年会わなくてもきっと何も変わらないと思う」と言っています。
木村くんとの素敵な大親友の話の後に、伊集院さんの「友達」の話。
なんて素晴らしい編集!と思いました。

apple西村賢太さんの代表作はゴロウ・デラックスらしい(笑)。
ゴロウ・デラックスに出演の後は、初対面の編集者の人達が
「○○を読みました」ではなく「ゴロウ・デラックスを見ました」と言ってくるそうで、
ゴロウ・デラックス、凄い!

appleカメラマン野澤亘伸さんの驚きの体験談
野澤さんが撮った写真を見たくなりました。

そして、木村くんに戻ります。
apple稲垣吾郎が初めて語る木村拓哉への想い
(木村くんとの)関係性は20年前と変わってないと思うし、たとえ去年の木村くん一昨年の木村くんが今ここにいても、やっぱり年上の木村くんなんですよね。
いつまでも兄貴的な存在。メンバーを引っ張ってくれる、言葉多く何かをこうしろああしろと言うのではなく、自分が実行する事によってメンバーみんなが俺等も頑張らなきゃいけないなと引き締まっていく、引力のある存在


番組収録が終わってからすぐに木村くんからメールが届いたそうです。
「今日は楽しかったぜ!」

この時私の頭の中には、今年のフォトブックにある木村くんと吾郎の大好きなツーショットの写真が思い浮かびました。
そして、締めくくりは明るい窓に向かって並んで立っている後ろ姿の二人。


|

« 月イチゴロー 12月 | トップページ | ほこXたて »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

「未公開SP」と題して放送するのなら、こうあるべきという見本のような編集でしたね。その中でもやはり木村君と吾郎、そして伊集院さんの友達の話しに感動しました。友達として恥ずかしくない人間に自分がなっているか?もし、友達に何かあったら、その時手をさしのべることが出来るか?自問自答すると難しいですが、木村君、吾郎は、そういう友情を大切に精神的にも自らを鍛えてきたと思いました。

ゲストの表情が良かったですねぇ~。熱の入った話しにも心がこもっていて、短い時間の中であそこまでゲストの話を引き出してしまう、吾郎、小島さんのMCにも感心しています。

普段見ることの出来ない木村君の表情!20数年、良い事も、苦しい事も全て知っていて、支え合ってきた親友吾郎の言葉に感動しているように見えました。それこそこれから50年、彼らはこの友情を大切に歩んで行くでしょうね。SMAPファンには特に見て欲しいとおもいました。

投稿: あや | 2011年12月19日 (月) 07時47分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
本当に、本編と未公開SP木村くんの部分と伊集院さんの「友達とは」を加えて、一つの完成品になるような素晴らしい編集だったと思いました。
吾郎が言っていたように「もうずっと変わらないんだなと思う事もすべてを含めての仲間」であるSMAP、その素敵な関係を保ちつつ、これからもずっと進み続けて欲しいですね。

投稿: サイトー | 2011年12月20日 (火) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月イチゴロー 12月 | トップページ | ほこXたて »