« ギャラクシー賞マイベストTV賞 | トップページ | 滝CHANnel »

2012年2月18日 (土)

ゴロウ・デラックス 2月16日

ディズニーランドデートをした事がない吾郎サン。
そもそもディズニーランドには15歳くらいの時に1回行ったっきりな吾郎サン。
それはもう、10代の頃からジャニーズでSMAPだったら、ディズニーランドで楽しくデートなんて不可能ですよね。
でも、もしSMAPじゃなかったら、吾郎はディズニーランドに行くのかなとふと考えてしまいました。

book今週の課題図書:「ディズニー そうじの神様が教えてくれた事

著者の鎌田洋さんは、東京ディズニーランド開園当初から清掃部門カストーディアルに携わってきた方です。
私達が考えも及ばないようなきめ細かな配慮で、ディズニーランドはいつ行ってもキレイに掃除され安全に気を配られ環境を整えられてきたのですね。
ディズニーランドではキャスト(従業員)は誇りを持ってゲスト(来園者)を笑顔にする
・・・これは朗読タイムで読まれた二つのエピソードだけでも、とても伝わってきました。

東京ドーム約11個分の広さのディズニーランド。
「あれだけ広い敷地の中で、楽しくない人が一人もいないんですよね。
コンサートなんかやっててもそうだけどさ、この広い空間の中で悲しい感情を抱いている人なんかいないじゃないですか。
それってすごい素敵なことだよね」

この吾郎の言葉が印象的でした。
吾郎って、どちらかというときれいに完成されたものを見せて夢を与えたい、と思っているような気がします。
コンサートDVDの特典映像で食事をしている所を延々と映すという企画がありましたが(私はこの吾郎が大好きなのです!)この時も、こんなの見せたら夢が壊れると盛んに言ってましたっけ。
人それぞれなので、裏でドロドロに努力している所も見て貰いたい人もいるでしょうし、完成されたものだけを見て貰いたい人もいる、どちらが良いとかではないと思います。
20年間、人を楽しく幸せにするSMAPという職業をやってきた吾郎ですから、ディズニーランドのバックステージというものに、とても興味津々のように見えました。
そういえば、以前どこかでSMAPをディズニーランドに例えている文がありなるほどと思った事がありました。
誰でも知っていて、人を楽しく幸せにする、というような事だったと思います。

最後に、プロの掃除の仕方を教えて貰おうという事で、
吾郎の割烹着姿がキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
コメディチックに割烹着でトイレ掃除をしている映像がほんの少し映りましたが・・・
どうせだったら、あれをもうちょっと見せて欲しかったです(笑)。
それにしても、割烹着に三角巾ってsign03

今週のゴロデラは、とっても普通に良い番組でした。
深夜に限られた方だけで無く、幅広いたくさんの方に見て貰いたかったです。
見終わると、ディズニーランドにすごく行きたくなりますね。

ゲストの鎌田さんは、穏やかな方でお話も上手、しかも鎌田さんが話し出すとティンカーベルか!?っていう感じにバックに★がキラキラ舞います(笑)。
ゴロデラのスタッフさん、頑張ってお仕事してくださって嬉しいです。

|

« ギャラクシー賞マイベストTV賞 | トップページ | 滝CHANnel »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャラクシー賞マイベストTV賞 | トップページ | 滝CHANnel »