« ハングリー! 第11話 | トップページ | ドラマ番宣 3月23日 »

2012年3月23日 (金)

ゴロウ・デラックス 3月22日

今週は岩下尚史さんに赤坂の料亭で日本の花柳界について学ぶ、という素敵なロケ企画。
春らしいスーツに大きなドット柄のネクタイ。眼鏡。
今週の眼鏡はちょっとクラシカルな少し大きめなタイプで、今年の流行なのでしょうか。
朝のWSで見たシャネルのコレクションに来ていた成宮くんの眼鏡に良く似ていました。
お二人ともとても良く似合っていてキュート。
私、今のヘアスタイルも結構好きです。
後ろ短めでウェーブを生かして全体を軽くふわふわ後ろに流し、前髪は少し長めで額3/5位出した感じで前へ下ろす・・・
きちんとしたスーツにもラフな格好にも似合うと思う。

TBSを出て赤坂の街を歩く3人。
最初から、岩下さんは「ゴロウさんと一緒で嬉しいheart02とわざと小島さんに冷たくしてみる(笑)。
政財界の人達が接待場として使うという高級料亭「浅田」に。
大広間に入ると、そこには場違いな「金のだるま」がwww

book今週の課題図書:芸者論
岩下さんには前回は男女の粋な遊び方とか会話を学んだので、今回は実践で料亭に来たそうです。
「最近、お二人は遊んでいらっしゃる?」と聞く岩下さんに、
「ありますよ。やるときはやりますよ」とお約束の答えのゴロウさん。

*料亭遊びって高いの?
分からない事は分かった振りをしないで率直に聞く。
予算と目的を伝えれば、お茶屋さんの方でアレンジしてくれる。
東京の場合は値段が決まっているので大丈夫。関西はまた少し違うそうだ。

*お気に入りの芸者は指名できるの?
芸者さんの世界では「貰い」「是非貰い」などという指名の仕方があるそうだ。
「実力で稼げるのね」とつい洩らした小島さんに、
「嫌な言い方しますね~お茶屋に来て、そんなぁ」といじめる(笑)岩下さん。
小島さんがちゃんと応えてくれるので、岩下さんも楽しそう。
今回のもう一つの隠れテーマは、岩下VS小島らしい(笑)。

*はじめての芸者さん
金屏風の前に座るゴロウさん達の前に3人の芸者さんが登場。
育子さんは、50年以上一線で活躍し東京の花柳界を代表する大物芸者さん。
芸者さんって、さすがに厳しい芸の道を通って接客仕事をしてきているから、とっても色っぽい外見なのに意外にさっぱりした受け答えが気持ちいいのですね。

*料亭でも朗読book

*芸者さんに向いているのは「聞き上手な人」
そして「自分から話しを変えたりしてはいけないんですか?さっきから全部こちら(客側)のペースですよね」と、鋭い感想を言うゴロウさん。
もちろん、その通りだそう。

*芸者遊び「しめましょう」
「でも僕がお客さんとかになったら、本当に恋に落ちちゃいますよ」という吾郎の一言に、
育子さんの「しめましょうか!」、岩下さんの「しめましょう!」で突然、よぉ~っと手を叩きだすみんな。
久しぶりに吾郎のきょとんdog
芸者さんのいるところでノロケ話をしたら、すぐに「しめる」。
しめられたら、一人一人にご祝儀を配らなければいけないそうだ。
更にご祝儀は、一人ずつお札を服や着物に入れ込まなければいけないのです。
顔を近づけて胸元や背中にお札を滑り込ませる姿はなかなか色っぽいです。
ATMみたいだとか言われてましたけど(笑)。
小島さんの告白
「さっき背中に千円札を入れて貰ったのは、何週間か毎晩思い出すと思います(笑)」

*芸者の余興を見る時の客の心得
踊りなどは喋らずにちゃんと見なくてはいけない。
これだけでなく、粋に遊ぶには客の方にもそれなりの会話術とか心得が必要なのですね。
そういう文化を伝えてくれる岩下さんが、こうしてTVで面白く語ってくれる企画は貴重だと思いました。

*初めてのお座敷遊び
お座敷遊びというのはビギナー編であって、慣れた人がやるものではないそうです。
今回は「とらとら」というジェスチャーじゃんけんをゴロウさんvs芸者さんで。
「ガォー」というトラのポーズを選んだゴロウさんはアイコになってもう一度。
何故トラを選んだかというと、トラのポーズが一番可愛いと思ったからheart

penここの世界にしかない良さって何なんでしょうか、という問いに対する岩下さんの答えは

美しい嘘

岩下さんの美しい日本語で面白いお話、最後も美しくまとめてくださいました。

|

« ハングリー! 第11話 | トップページ | ドラマ番宣 3月23日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

まだまだ東京にも残っている粋な世界。高級料亭で一流芸者さんを呼んでのお座敷遊びに相応しい岩下さん、吾郎、小島さんでしたね。岩下さんの艶っぽさはもとより、吾郎の品の良い艶っぽさがあの雰囲気にぴたりとハマッテいて目の保養になりました。

東京と京都の花柳界の違いや、お座敷遊びのルールなど、岩下さんのお話も面白かったし、聞き上手な吾郎の的確な質問、岩下さんvs小島さんの毒舌トークを大らかに受け止める殿吾郎が見られて、楽しい30分でした。岩下さん、吾郎、小島さんのトークは本当に気心が分かって、信頼関係が構築されていないと出来ないものですが、人の心を鷲掴みする術を無意識のうちに出している吾郎はさすが!としか言いようがありません。

どんな世界でも一流の人は美しいと3人の芸者さんを見て思いましたが、やはり印象に残った言葉は「美しい嘘」でした。

投稿: あや | 2012年3月24日 (土) 11時48分

appleあやさま
コメントありがとうございます。
まだまだ東京にもこのような世界が残っているのですね。
絶やして欲しくはないけれど私には無縁の世界、でもとても楽しいお話でした。
>吾郎の品の良い艶っぽさ
・・・まさに、それですね。
内面から出てくるものですから、誰にも真似できません!
本当に良い企画でした。
4月には1時間SPもあるらしいとのこと。楽しみですね。

投稿: サイトー | 2012年3月25日 (日) 01時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハングリー! 第11話 | トップページ | ドラマ番宣 3月23日 »