« Sma-STATION 5月5日 | トップページ | anan シネマナビ 5月 »

2012年5月 7日 (月)

3月4月ノート

tv ファーゴ(1996年 米)
tv 瞳の奥の秘密(2009年 スペイン/アルゼンチン)
tv 孤高のメス(2010年 日本)
tv 普通の人々(1980年 米)
tv 陽のあたる教室(1995年 米)
tv 尼僧物語(1959年 米)
tv ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路(2010年 仏)
tv アメイジング・グレイス(2006年 英)
tv 哀しみの青春(1970年 伊/独)
ticket ヒューゴの不思議な発明(2011年 米)
tv オペラ座の怪人~25周年記念公演inロンドン(2011年 英)

大体は面白かった。
陽のあたる教室」がgleeの元になっているという説もあるとか後で聞いて、最近になってgleeに少し嵌まってしまった私は、シュー先生の30年後がちょっと見たくなりました(笑)。
アメイジング・グレイス」は、観て得した気分になった映画。
哀しみの青春」、女優さんが美しくてうっとり、wowowの映画紹介には名前が載っていなかったヘルムート・バーガーのそれはもう美しい姿を見つけた時は嬉しかった。
やっぱり映像が美しい作品が好きだ。これはもう好みの問題だから仕方ない。

ヒューゴの不思議な発明」~タイトルとか予告映像からもっとお子様映画なのかと思ってたけど、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツが気になっていたのもあって映画館へ。
監督がこういう世界を描きたかったんだろうな~私は好き。

そして、このところ頭の中でぐるぐる鳴り響いているのが「オペラ座の怪人」。
ラミン・カリムルーとシエラ・ボーゲスの声と歌い方が凄く私の好みで、何回見た事か・・・
その度に涙腺崩壊しているのですが。

他に嵌まったドラマが一つ。
cdチューダーズ~ヘンリー8世*背徳の王冠
全38話(笑)。
これ、見始めたら止まらなくなりました。
5本ずつレンタルして一気に。
まず衣装が美しい。ここから入るのがいかにも私らしいのだけど。
色は渋めだけど、グレーやブラウンのビロード地にゴールドやシルバーのコードや宝石が散りばめられていたり、その地味さと華やかさの度合いがまさに私好み。
勿論、ヘンリー8世とそれを取り巻く人達のドラマは息つく暇もないほど。
ヘンリー8世を演じるジョナサン・リース・マイヤーズは、ananシネマナビお薦めの「マッチ・ポイント」で知った俳優さんなので、私にとって少し親近感があったかもしれない。

5月からはwowowで「ボルジア家~愛と欲望の教皇一族」が始まるので、これも楽しみです。

とりあえず今週は、「裏切りのサーカス」を観る!

|

« Sma-STATION 5月5日 | トップページ | anan シネマナビ 5月 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sma-STATION 5月5日 | トップページ | anan シネマナビ 5月 »