« 5月の薔薇 | トップページ | めざましTVで皆既日食 »

2012年5月20日 (日)

ゴロウ・デラックス 5月17日

久しぶりにオープニングの立ちトーク!
人生これからだけど、老後の事って考えてますか?の問いに
「老後はワイン造りやりたいです。長野・山梨辺りで」
・・・でも役者に定年は無いですから是非ず~~っと演じる仕事は続けてくださいね。
ワイナリーのオーナーになってGOROブランドのワインを作って下さると嬉しいです♪
ものすごく素敵なワイナリーになりそう。

book今週の課題図書:ミッキー・カーチス著「おれと戦争と音楽と
ゲストのミッキー・カーチスさん。
白いお髭なのに若々しい。おしゃれ。
シャツの襟は控えめなフリフリが付いているし、ジャケットの袖口のスカルが可愛い。

ミッキー・カーチスさんが若い頃の芸能界・・・
吾郎もジャニーさんからいろいろ話しは聞いているみたいで
「めちゃくちゃと言えば、めちゃくちゃですよね。」

週刊誌ない
ワイドショーない
携帯ないし。

取材が無いばかりじゃなく、どこに居ても一般の人に写メを撮られたりする事がないのは本当にうらやましいでしょうね。

「いいなぁ。そしたら、いっぱい遊べるのになぁ。
個室とかでバラバラの時間差で入っていかないとヤバいんですよ。
カモフラージュ要員とかも必要。
家の前で車とかチェックしないといけないし」

・・・だそうです。
遊ぶのも大変sign01

ミッキー・カーチスさん、ロカビリー三人男として人気絶頂だった頃、ステージに現れただけで絶叫、歌なんて誰も聞いていなくてイヤになっちゃった。
でも舞台には上がらないといけないので、そこで落語をやってしまったそうです。
ファンから裏切られたとか言われたりはなかったのですか?の質問に
「無いよ。俺のファンは俺のファンだもん。何やろうが俺だから」
・・ここまで言い切れたら気持ちいいでしょうね。
今はマスコミが揃っていろいろ操作していそうで、大変なんだろうなと時々思います。

ミッキーさんは日本初のフリー音楽プロデューサー
そして日本初のタレントレーサー
奥様は33歳年下、白金のカフェでナンパした話(笑)も。

ストリートナンパ”をうらやましがる吾郎。
メールの絵文字も卒業しちゃったらしいし(笑)。

最後にミッキーさんが作ってきてくださった「ゴロウ・デラックスの歌」をみんなで歌う。
シンプルなメロディーと歌詞の中に、ゴロウ・デラックスが詰まっていました。

吾郎「ミッキーさん、本当に好きになりました。
自由でいいんだな、自分が思った事やってていいんだなって思わせてくれる。」

小島「かっこいいオヤジって何ですかね」
ミッキー「常にいろんなものにアンテナを張ってて、好きなものに興味を持って、脇目もふらずに突き進んでくってことかな。
何でもやってみればいいんだよ。
でやってみてダメなら、ダメで元々じゃん。
元々できなかったんだから、ところが出来るかもしれない、意外とコレが。
したら、やった!ってなる」

「やってみてダメなら、ダメで元々」に吾郎はとても心を動かされたみたい。

吾郎はまたいい出会いをしたようだった。
体ごとミッキーさんの方を向いて真剣に話を聞く様子がとっても良かった。
ゴロウ・デラックスの振り幅の広さに改めて嬉しくなりました。

|

« 5月の薔薇 | トップページ | めざましTVで皆既日食 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

若い頃はロカビリーブームの中で脚光を浴び、73歳の今もなお公私共に活躍しているミッキーさんのお話は、説得力があり奥が深いですね。若い時から様々な経験と色々な人との交流があるからミッキーさんはあんなに魅力的なのだと思います。その点、昔のような自由さは無くても、吾郎の交流の広さや、興味あるものに貪欲に向き合っているという情報を耳にすると、吾郎も年を重ねる度に、さらに魅力ある大人になっていくだろうと想像しています。

ミッキーさんも歌まで披露してくださり楽しそうだったのと、「ゴロデラ」の小島さんは他の番組(最近、各局でお見かけします)で見る小島さんと比べてみて数段美しく、輝いて見えるのが印象に残りました。きっと吾郎との共演はリラックス出来るからでしょう。天性のものか、周りを和やかにし、話しやすくさせる術を吾郎は持っていますね。見ている側も教えられる素敵な番組です。


投稿: あや | 2012年5月22日 (火) 11時10分

サイトーさま、こんにちは~
立川談志さんから本を書く事を勧められただけあって、ミッキー・カーチスさんはドラマ以上にドラマチックな人生を歩んでこられたんですね。
なんだか一回の放送では物足りないくらい濃くて面白い回でした。
吾郎もミッキーさんの言葉に吸い寄せられるかのように体をミッキーさんの方に向けて真剣に聞き入ってました。

>ミッキー「常にいろんなものにアンテナを張ってて、好きなものに興味を持って、脇目もふらずに突き進んでくってことかな。
何でもやってみればいいんだよ。
でやってみてダメなら、ダメで元々じゃん。
元々できなかったんだから、ところが出来るかもしれない、意外とコレが。
したら、やった!ってなる」

なんだかすごく心強い言葉でしたね!好奇心、事由、貪欲、ミッキーさんからすごく刺激を受けた事でしょう。素敵なゲストが来て下さってうれしかったです。吾郎の老後?はどんな事しているのかな?ミッキーさんのように元気でいてほしいです。

投稿: 流星 | 2012年5月22日 (火) 15時15分

コメントありがとうございます。

appleあやさま
ミッキーさん、素敵でした。
ことさら若作りはしないから、かえって若々しさが感じられるんだなと思いました。
昔のような自由さが無いという事は、交流の広さや学ぶ事の多さに更に厳しさも加わって、これからの吾郎が本当に楽しみです。
いつもゲストの方がいい所をたっぷりと見せてくれるのも、吾郎と接した時の安心感のようなものから出るのだと思います。
天性のものに加えて、今までの経験などもあるのでしょうね。
これから、どんなゲストが登場するのかも楽しみです。

apple流星さま
ミッキーさん、いろいろな事をしてらしたのですね。
しかも、ご両親がハーフという事で、更に大変な事もあったと思います。
きっと、1回の放送では足りないですね。
波瀾万丈な人生のお話、聞きたいです。
そして、吾郎も「ダメで元々」でいろいろ挑戦して欲しいと思いました。

投稿: サイトー | 2012年5月22日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月の薔薇 | トップページ | めざましTVで皆既日食 »