« STOP THE SMAP 5月24日 | トップページ | 広島に原爆を落とす日 »

2012年5月26日 (土)

ゴロウ・デラックス 5月24日

book今週の課題図書:2012年本屋大賞受賞「舟を編む
著者の三浦しをんさん、飄々としていて飾らなく素敵な方でした。
私は読んでいなかったので、突然出てきたイラストを見てびっくり。
だって天パーのもしゃもしゃ頭にメガネをかけた痩せ形の長身男が、ダメ人間吾郎に見えなくもない・・・

「すごく好きになった、僕は彼の事を。
馬締くんを誰かが演ってたら、ちょっと嫉妬するかもしれない。」
「(作家さんを前にして言うのはアレですけど)自分がもし演じるとしたら、こういう風に演じてみたいなとか、しかも
天然パーマは地毛でイケる  とか思った」

吾郎がテレビカメラの前で営業(笑)なんて、珍しいですよ。
是非、馬締くんを吾郎で「舟を編む」の映画化を・・・sign03

三浦しをんさん、お話がとても面白い。
*本や漫画が好きなので編集者になりたくて出版社の入社試験を受けた。その時に採用担当の編集者の人から入社試験の作文が面白いので何か書いてみろ、と言われたけど・・・出版社は落ちた。
*毎日近所の本屋さんを巡回して(自分の縄張りと勝手に思っているので)雑誌の乱れとかを直す。
*小説を読むときは仕事目線になってしまい、面白くてもつまらなくても腹が立つ。
こんな面白いものを書きやがって・・・私の存在意義はもうなくなった(笑)。落ち込みますね。
*大体は家に居て、2週間くらい誰とも話さない事なんてザラにある。
*息抜きとかは漫画を読む・寝る (に対して吾郎「・・・」) 今、哀れまれた・・・(笑)。
*友達を拡げようとか、無いです。気軽に友達の友達の飲み会などに行くっていう人とか考えられない。
*今、MAXですね。
*頭の中でいろいろ妄想している。思い出捏造(笑)。

言葉よりも伝える気持ちかどうかという話しになった時、
「でも言葉は必要だね。
言葉なんて、とか気持ちで通じ合ってれば、とか言うけれど
基本的には(言葉が)ないとね。」

・・・と言った吾郎の言葉、これは吾郎がよく言っている事で、いつも変わらないなぁと思ったのでした。
それに、言葉を使って表現している作家さんの前ですから「言葉は大切」と言って欲しいですもの。

三浦さんは5種類の辞書を使い分けているそうです。
そこで各辞書の違いの話にまで及び・・・
一つの単語を説明するにも、辞書の作り手の意識や主観が表れるのですね。
私は国語が大の苦手で辞書を引くのも好きじゃなかったので、こういう楽しさは今まで知らずじまいでした。
中でも特徴ある「新明解国語辞典」
ここから「いたちごっこ」の項目を見る。長い!!熱い!!!

「辞書に対する気持ちなんじゃない?どんどん新しい言葉が出てきて・・」
と、この事実に気づいた吾郎(笑)。
「いたちごっこ」という言葉の面白さに笑いました。

小島「そうよ、大切な事を忘れていたわ!
  新明解国語辞典には「熟女」という言葉を載せているのよ!

  熟女 もう若いとは言えないが、成熟した魅力と社会人としての存在感とを備えている女性。す・て・き・・・新解さん・・・」
三浦「隣が淑女なのもいいですね。」
小島「淑女 品位のある立派な女性。レディ」

「ん・・・・」と吾郎がリンゴに矢を放った!
小島「何、このシーンとした感じ」
吾郎「ちょっとお二人、『可愛げ』をひいてください(ぺこり)」

小島「可愛げなんて今更知ったところで、わたしたち・・・」
三浦「私たちの辞書には載ってないという事ですね」

・・・とそそくさと辞書をかたづける二人なのでありました。

「なるほどね。辞書はそれぞれの頭の中に」と吾郎。

会話の中のそれぞれの言葉選びが面白いので、本当に何回聞いても面白い。

楽しかったheart

舟を編む」は辞書の後ろに人間がいる、という事を教えてくれた小説、だそうです。

|

« STOP THE SMAP 5月24日 | トップページ | 広島に原爆を落とす日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

昔から百科事典や辞書を読む(のです、マジモードで読みふける)のが大好きなので「舟を編む」はずっと気になってました、こうしてゴロウ・デラックスで紹介されるとやはり面白そうでしたね。
「新明解」は「新解さんの謎」という本(これも面白いです、発売されたのが今だったらゴロデラで取りあげてほしいような(笑))があるくらい、個性的な辞書ですよね、ほかにもジーニアス英和・和英辞典とか、勉強の助けに使うだけじゃもったいない、辞書の面白さが今回のわちゃわちゃしゃべりで伝わったように思いました。
吾郎さんが「役づくり」について熱く語ってたのもよかった!

投稿: かねちゃん | 2012年5月26日 (土) 18時44分

bookかねちゃん
コメントありがとうございます。
いいな、かねちゃんは確かに大好きそう!
私は親にすぐ「辞書を引きなさい」と言われたので、辞書=勉強という感じで、まさか「読む」なんて考えた事もなかったですね(親のせいにww)。
>辞書の面白さが今回のわちゃわちゃしゃべりで伝わったように思いました。
こんな私でも、今回のゴロウ・デラックスでちょっと辞書に興味を持ちました。
実は「舟を編む」買って来ちゃいました。
頭の中では馬締くんが、吾郎の顔でしゃべったり動いたりしています(笑)。

投稿: サイトー | 2012年5月26日 (土) 20時44分

「舟を編む」が日本で最初に作られた辞書「言海」からきているとは知りませんでした。また一つこの番組を見て勉強させて貰い、何か凄く得をした感じになっています(笑)

作者の三浦さんは魅力ある素敵な方でしたね。イラストを見て眼鏡吾郎にそっくりなので先ず吃驚しました。私も言葉が大好きなので、新明解国語辞典を愛用していますが、1981年の古いものなので、熟女も可愛げも出ていませんでした(爆)でもあの3人のやり取りは上手いですねぇ~。三浦さん、小島さん対吾郎!熟女2人を前にしての吾郎の切り返しの上手さに爆笑しました。

もう「舟を編む」を読まれたとか・・・さすがですね。私も番組を見て読んで見たくなりました。相変わらず吾郎のコメントも良かったし、主人公の馬締とその恋人?香具矢という名前にも惹かれました。映像化するのなら、これは絶対吾郎でお願いしたいですね!

投稿: あや | 2012年5月27日 (日) 11時44分

bookあやさま
コメントありがとうございます。
この番組、いろいろなミニ知識が増えて面白いですね。
あやさんも言葉がお好きなんですね。
かねちゃんもあやさんも、普段のメールなどでも正確できれいで無駄の無い文章だなぁといつも感心しているのですが、そういうことなんですねぇ。
寝る前にくだらない推理小説など読んでいないで、国語辞典を読もうかしら。すごく寝付きが良くなってしまうかも。
今回は3人の会話が楽しくて、ずっと続いて欲しいと思いました。

「舟を編む」はまだ途中です。
馬締くんは吾郎に特別似ているわけではないのですが、吾郎が演じる馬締くんを見たいと思いました。
ただ年齢が27歳なのですが・・・そこは少し設定を変えて(笑)吾郎で映画化して欲しいです。

投稿: サイトー | 2012年5月27日 (日) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 5月24日 | トップページ | 広島に原爆を落とす日 »