« STOP THE SMAP 5月3日 | トップページ | Sma-STATION 5月5日 »

2012年5月 4日 (金)

ゴロウ・デラックス 5月3日

bell新企画「伝説の漫画家」
時代を超えて愛される名作を描いた漫画家の先生たちに話を聞くシリーズ

第1回のゲストは楳図かずおさん

小雨の降る中、ビニールの傘をさして住宅街を歩く吾郎と小島さん。
ベージュとグレイのシックな組み合わせの衣装が雨模様の天気に絶妙にマッチ。
スラッとした美男美女のツーショットは絵になりますが、更に街中で見たらハッとする位にかっこいいんだろうなと改めて思いました。
だってこの背の高さの二人が歩いていたらすごく目立ちません?

後ろから付いてくる金のだるまが、クスッと笑える可笑しさ。
こういうユーモアが好きです。

だるまをからかいつつ(笑)やがて楳図先生のお宅に到着。
噂通りの赤と白のしましまの家。
可愛い!
玄関先には、おなじみ岩下さんが流し目で二人を迎える(笑)。
楳図先生、こちらも噂通りの赤と白のボーダーのパーカーを着て元気に現れました。
一旦一人で家の中に入る時も
ススススス サササ バタン という先生自らの擬音付き。
吾郎も「TV向きですね!」と感心。

楳図先生に眼鏡を持ってもらい、小島さんにシャツの首を拡げてもらってヘアスタイルが崩れないようにするするとしましまシャツを着る吾郎。可愛いheart04
中に入ると「ヘビ女」をモチーフにしたデザインの玄関。
広い玄関スペースにも、至る所にキャラクター人形が置いてある。
みんな子供に戻って楽しそう。
岩下さんは赤と白のしましまのう○ちを頭に乗せるし、
吾郎なんて「作れないんだよね。巻き○ソがなかなかね~」って言ってますし。

リビングがまた素晴らしい!
赤と白を基調にした部屋、デビュー作をモチーフにしたステンドグラスやおろち階段、そしておろち階段にある大きな姿見が気に入る吾郎。

楳図先生、とても楽しそうにご自宅を案内され、褒められると「ありがとうございます!」って、本当に純粋な方なんだなと思いました。
75歳になられるというのに、お元気で楽しそうで一つも偉ぶったところが無い素敵な方。

先生のお宅がとても綺麗だという話から発展して、小島さんの家は汚いのではないかという岩下さんの言葉に「そんな事はない!」と掃除好きを主張する小島さん。
それに対して、すかさず
「今度小島さんの家に行きましょうよ」と吾郎と
「そうですね、点検に」と、ノリのいい楳図先生。

4人で「まことちゃんの初ぐわしシーン」を朗読。
小窓でいいから、朗読する顔を見せて欲しかったな、それだけが残念。

次は2階の素晴らしいウォークインクローゼットへ。
赤白ボーダーの様々なデザインのシャツがずらりと下がり、奥にはファンの方から送られた派手な衣装がたくさん。
小島さんが赤と白のボーダーにこだわる理由を聞いている間、岩下さんと吾郎は奥でファッションショーを繰り広げ・・・もう舞台衣装ですね。似合ってます。

黄色の寝室。
可愛い白と黄色~赤のボーダーのカバーがかかったベッド。
ここに岩下さんと一緒に横たわってみせる吾郎impact
もう、ばかとしか(笑)・・・大好きです。

次の部屋への渡り廊下が凄い!
1階から吹き抜けになっている所2階の高さの部分が橋のようになってます。
で、ここを先頭が渡り始めた頃、吾郎はベッドカバーを綺麗に直していました。
目立たないようにそっと。

渡り廊下の先には可愛い部屋。
そして更にはしごが、屋根裏部屋へと続く。

屋根裏部屋には映画に使った「タマミちゃん」が潜んでいました(笑)。

小島さんが
「先生のいつも明るくて飄々としているお人柄と、描く作品とのギャップが凄すぎますよね」と言うと
「僕、実生活はまことちゃんなんだけど、頭の中はこう(ヘビ女を指しながら)じゃないと作品じゃないじゃないですか」と答える楳図先生の真剣な眼差し。
私、楳図先生のファンになってしまいそう。

「想像していたよりも楽しかったし、より刺激的だったし、なにより美しいよね」
とは、美しいものが大好きな吾郎さんの感想でした。

なんと、来週も楳図邸から更にディープな世界を見せてくれるそうで、とっても楽しみです。
何やら階段の所を這うようなポーズを取って、先生に描いてもらっていました。
ヘ・ヘビゴロウですか!?

とっても楽しい30分、何回も見返してしまいました。

漫画家シリーズ、これからも楽しみです。
次は是非、 萩尾望都さんにいらして頂きたいsign03

|

« STOP THE SMAP 5月3日 | トップページ | Sma-STATION 5月5日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

私的にすごいツボな新企画で嬉しい限りです、稲垣芸術館で岡本太郎さんのお宅にうかがった企画を思い出しました(あのときも面白かったナ)
楳図作品は小学生のころ教室で『ミイラ先生』を回し読み、駅前の本屋さんで『おろち』『洗礼』『恐怖』…立ち読みしまくりました(笑)『漂流教室』も面白いですよ!
ごろさんと楳図先生−岩下さんもか−は揺るがない美意識というところで通じ合ってる感じがしました。後編も楽しみです。

投稿: かねちゃん | 2012年5月 4日 (金) 21時45分

appleかねちゃん
コメントありがとうございます。
楽しかったですねぇ。
漫画はほとんど読まない私でも、楳図かずおさんは知っていますもの。
「ヘビ女」を読んだ事があったような・・・
「漂流教室」に興味がわいてきました!

楳図先生と岩下さんと吾郎・・・何だか半年後くらいにまた何か企画をやってくれるかもしれないと期待させられる位、楽しかったです。
来週が待ち遠しいsign03

投稿: サイトー | 2012年5月 4日 (金) 22時26分

 嬉しい新企画ですね。吾郎・小島さん世代のそれぞれ好きな漫画家さんに出演して欲しいですね。私も楳図作品はホラーものばかりでした。この方がこんな怖いものをと初めて先生を見た時はびっくりでした(笑)
 ここのところ、吾郎と小島さんのトーク、ゲストの方とののバランスがよくなって、聴きやすくなったと思っています。
 金のだるまが載っていた台車にちゃんと黒いカバーがかかってた細かい仕事ぶりが、ツボでした。

投稿: 柊 | 2012年5月 5日 (土) 06時35分

大らかでいて繊細、高い美意識の持ち主という点で4人は共通しているように見えました。特に楳図さんと吾郎は。楳図さんのテーマパークのような邸、ミスマッチのようでバランスがとれている不思議な感覚でしたが楽しかったですね!

白と赤の太いボーダーシャツもキュートに着こなしてしまう吾郎。私が一番注目したのは、楳図さんの寝室で岩下さんと横になる図を披露した(笑)後、寝室から渡り廊下に移った岩下さんと、楳図さんの後ろでまだ寝室に留まって何かしている吾郎でした。よく見るとベットカバーをきちんと直しているんですよね。本来ならスタッフに任せてもよい所を自ら動いている姿に感激しました。ややもするとそのまま帰ってしまう撮影スタッフもいるでしよう。

番組の要の吾郎が中々寝室から出てこないので、楳図さんが戻って見に行っていますが、この場面を見て吾郎が一緒に仕事をした人達から一目を置かれていることが凄くよく分かりました。撮影をさせてくれた楳図さんに対しての礼儀を、自然な形で示す吾郎を益々好きになりました。

来週もこれから続くシリーズも楽しみですね!!

投稿: あや | 2012年5月 5日 (土) 08時28分

コメントありがとうございます。

apple柊さま
「楳図かずお」という名前だけで、怖い!って感じがしますよね。
私は楳図かずおさんを映像で見るのは初めてだったので、作品から想像するのとは違い、明るさとかサービス精神に驚きました。

>ここのところ、吾郎と小島さんのトーク、ゲストの方とののバランスがよくなって、聴きやすくなったと思っています。
・・・確かに、そうですね。去年の後半、少しバランスが崩れていたように思ったので、とても嬉しいです。
細かい所にちょっとした可笑しさが隠れていたりする所が、ゴロデラらしくて好きです。
金のだるま、結構いい仕事してますね。

appleあやさま
岩下さんもすっかりなじんでいらっしゃいますね。
楳図さん宅リビングのステンドグラスを見て、デビュー作とすぐに分かったのはただの番宣ではないな(笑)さすがだと思いました。

やはり、ベッドカバーを直した所は注目してしまいますよね。
それも何も言わずにそっと。
そこがとても吾郎らしくて、楳図先生も気づきながらもそのまま続けた所もまた嬉しかったです。

来週も続きがあるとの事、ものすごく楽しみです。
漫画家シリーズも少しずつ続けていけますように。
1回目が大成功でしたから、きっと大丈夫ですね。

投稿: サイトー | 2012年5月 5日 (土) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 5月3日 | トップページ | Sma-STATION 5月5日 »