« 3月4月ノート | トップページ | STOP THE SMAP 5月10日 »

2012年5月 9日 (水)

anan シネマナビ 5月

movie今月の1本 ミッドナイト・イン・パリ
監督はウディ・アレン。
相変わらず、吾郎の紡ぎ出す文章が素敵。
私もパリの街は大好きなので興味を持って公式サイトは既に見ていたのですが、映画公式のイントロダクションよりもずっとそそられる!

私もヌーベルバーグの頃のパリの街を彷徨う吾郎を、発表されたばかりのシトロエンDSを運転して街を走る吾郎を見てみたいな。

今月の写真も素晴らしい!
モスグリーンのサファリっぽい(でも柔らか)シャツと同色のインナー、色白の肌と真っ黒な瞳がシャツの色と合っている。
透明感が素晴らしい。
これはもう、写真集を作らないと勿体ないですheart

|

« 3月4月ノート | トップページ | STOP THE SMAP 5月10日 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

ミッドナイト・イン・パリは公式を見て興味をそそられたのですが、吾郎のレビューを読んで絶対観たいに変りました。古きパリ、そこに集う人々の名を見ただけで確かに回顧的になりますね。ジャン・コクトーの考えに感化されたり、へミングウェイの小説を読みあさったり、ダリの絵画展にも行ったっけ・・・等々。でも吾郎の、回顧的な考え方に対しての説得力の有るコメントに感心しました。今を代表する音楽や藝術一般も時を経ると「あの時代は良かった」となるのでしょうね(笑)古き良き頃のパリを探したり、今のパリを巡る番組を吾郎にやって欲しいです。

今回の写真も素敵でしたね!如何にも女性の写真家らしい感性が好みですが、もう相当写真はたまっているはず。そろそろ写真集を出して欲しいですね。またラジオにお願いしますか。

投稿: さやか | 2012年5月10日 (木) 19時46分

movieさやかさま
コメントありがとうございます。
吾郎のレビュー、素晴らしいですね。
「あの時代が良かった」・・・人はいつの時代の人もよその時代に憧れるという皮肉をサラッと言ってくれたのも面白かったです。
実は公式を見た時、もっと奇想天外な映画かと思ってしまったんです。
でも吾郎のレビューを読んで、とても惹かれました。
また吾郎で、歴史を巡る紀行番組を見たいですね。
たまには当時の衣服に身を包んでも全く違和感が無さそうです。

写真集・エッセイ集、たとえ読んで貰えなくても(笑)お願いのできるラジオ番組があるのは嬉しいですね。

投稿: サイトー | 2012年5月11日 (金) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月4月ノート | トップページ | STOP THE SMAP 5月10日 »