« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

5月の薔薇 その3(我が家編)

バラを咲かせるのは長年の夢であり諦めていた事でもあったのですが、とうとう今年、2月にまだ芽の出ていないバラの大苗を届けてもらう事から始めました。
11階のベランダでの鉢植えなので、日当たりは良いけれど風が強いです。

とりあえず初心者向きの病気や害虫に強い種類を買い、私にしては毎日の水やりや観察(?)に励み、ようやく5月に花を見る事ができました。

次は高温多湿の日本の夏を無事に越させる事が課題なので、ここで宣言しておこうと思い、記事にしてしまいます。
画像は左が鉢植えの状態、右が切り花にした時です。

Dd
ディスタント・ドラムス・・・初めは濃いピンクからだんだんベージュ・薄紫になっていきます。
右側の画像、右下が携帯です。大きさの目安に。

Photo
ラ・パリジェンヌ・・・フリルのついた花びらが可愛い。

Photo_2
マダム・ヴィオレ・・・結構花が大きくて感動。

秋に黙っていたら、失敗したなとお腹の中で笑ってください(笑)。

| | コメント (5)

雑誌など

吾郎お当番としては、ポポロとMyojo
そして、ついにSMAPXSMAPコンプリートブック Volume1が発売。

bookポポロ
グラビアの吾郎がいい!
襟だけアニマルプリントなんだけど、上品。
オリンピックにちなんで~というならロンドンロケが良かったんだけど(笑)、でも記事の内容は面白いです。

ゴロー責任編集、世界ガイドMAP
今まで行って良かったところ、行きたいところなどについて。
読みながら、その地に吾郎を置いて妄想するのが楽しい。
是非、ロマンチック街道で古城を巡る旅などして、エッセイ&写真集でも出して欲しいけれども、まずはグループ活動だとそれは難しいか。
スペインのマジョルカ島で見た空の色に感激したというエピソードは嬉しい。
本当に空の色って違うんですよね。
だから絵に描かれた空の色も違うんだと初めてヨーロッパに行った時に目から鱗だったのを思い出しました。

ゴロー流、旅の10カ条

電車に乗る・土地の食べ物を食べる・景色を楽しむ・お土産を買わない・・・など、訪れた先を十分に楽しむのが吾郎らしくていいな。

bookMyojo
177ページ、立ち姿が好き。
立っている吾郎はいつも膝から下の真っ直ぐで長い脚に注目してしまう。

読者メールにお答え~イナガキ流ポジティブ悩み解決法
最後の優柔不断な彼氏についての質問に
”知らないよ(笑)!!”と答える吾郎がすごくツボ。
結婚している訳じゃないんだから、他の男の子ともどんどんデートしてもいいんじゃない、と言う自由な考え方が吾郎なのね。

bookSMAPXSMAP Complete Book Vol.1~Pink
5スマの色分けについてはいろいろありましたが・・・
いざ本を手にとってみると、あまりの蛍光ピンクに「これは吾郎のピンクではないな」と思いました。このピンクは書店でも目立つ!!
で、この極上光沢紙の表紙カバーを外して拡げると裏は縦長の中居くんのポスターになってました。なんという贅沢さ。
中身は昔のスマスマ新聞の記事がほとんどかと思っていたら、今の5人のグラビアも結構多く、満足度は高いです。

SMAPグラビア23ページ(うち、2ページは過去のスマスマキャラ写真)
今月の主役・中居くんソロページ10ページ
スマスマ新聞25ページ

・・・見応え・読み応えあります。
懐かしいコントがたくさん。

SMAP SPECIAL
今月は表紙のテーマカラーに従って、全員が白Xピンクの衣装。
5人並ぶ時は、年の順に並んでから毎回中心メンバーが真ん中に来るのかしら。
とりあえず今回は、木村くんが「俺のもの」とばかりに吾郎の腰や肩に両手を回したり腕を乗せたり・・・相変わらずの仲の良さが微笑ましいというか、そこばかりに目がいって他の印象が薄れてしまいました(笑)。

あ、Vol.1の主役・中居くんとのツーショットとメッセージも良かった。
椅子に座った中居くんの肩に片手をしっかり置いて、後ろから笑っている吾郎。
中居くんへの20年余りの感謝の気持ちを「ありがとうheart01」と素直に伝えているのが吾郎らしい。

Beginning of the Legend 1996-1999
様々なキャラクターが次々と登場。
どれもこれも懐かしくて。
そして最後にオンエアリストが更に嬉しい。

膨大なスマスマのビデオテープ、私にはこれを何とか編集してDVDに残すという大変な仕事が待っているのですが、オンエアリストはとても有難いです。
既に次回の発売が楽しみ。

当時の数々のキャラクターやコーナーを振り返って、本当に新しい面白い番組を作ろうと新たな道を開拓していく気概がうかがえました。
スタッフは変わってしまっているのだろうから、SMAPさん達に今一度、当時を思い出して貰いたい。
個人の仕事が忙しいとはいえ、裏事情がいろいろあるとはいえ、ホームとしてスマスマを続けていくのならもう少し大切にして欲しいなと少し思いました。

とりあえず5冊はTVガイドの方にまとめて申し込んであるのですが、こちらだと発売日の前日に届きました。
これは、嬉しかったですheart

| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

SMAPXSMAP 5月28日

基本的に面白く無かった時は書かない事にしているんだけど・・・
愚痴ばかりですが、悪しからず。

spadeジャニーズJr100人が大集合 SMAPを格付け! って、一体何!?

スマスマスタッフは、子供が先輩を格付けするのが面白い、と考えたのだろうか。
ジャニーズJrがスマスマに出演した1回目は、可愛かったんだけど・・・
回を重ねる毎に、性格的にも見た目にも可愛さなんて皆無だし、不快感しか残りません。
これは出演しているJr達にも何も良い事はないと思うんだけど。

前提として、吾郎と剛を落としておけばいいわ、というのが見え見えで。
10代の子がSMAPの事なんて、ちゃんと知らないでしょ。
明らかにSMAPに興味も無さそうな子供達に(知っていたら、もう少し敬意がみえると思う)SMAPに順位を付けさせるなんて、一体誰が考えたのか・・・
キスシーンなんて・・・吾郎の美麗キスシーン知らないでしょ。ま、これはどうでもいいけれど。子供にはわからないし(笑)。
食事に誘われたら誰と行くとか、本当にくだらない。
逆に、吾郎を選んだ二人というのが誰なのか、すごく興味を持ったわ。

ただ一つ良かった事は、大人SMAPの素敵さが再認識できたこと。
ケンカが強い・弱いの件でも、逃げる事をバカにしたような皆の態度に、
「タレントとしては逃げなくちゃダメですよ、絶対に立ち向かっちゃダメだ」と中居くんがきちんと釘を刺してくれたり、何を言われても優しく笑って対処する剛と吾郎とか。
木村くんも慎吾もみんな大人だった。

restaurantビストロ
スギちゃんって初めて見ました。以上。
で、ここでも順位付け。
料理作ってもてなして、そのあげくに順位付けですか・・・
ジャニーズクイズなるものをやって、吾郎が大活躍したそうなんですが、吾郎が活躍するとオンエアできないのかな。(パリスマの恨みは根深いです~)

sunさかさまの空
なかなか良い曲なんだけど、普通にちゃんとSMAPを見せてくださいsign03

一番良かったのは
義援金受付のお知らせだったかも。
やっぱり吾郎の声はいいなぁheart
キリッとした顔も美しいなぁheart

来週も期待できないし、のれんに腕押し糠に釘だとしても、スマスマに要望は出し続けるべきなのでしょうか。
もっと番組を大切にして欲しいです。

| | コメント (2)

2012年5月27日 (日)

広島に原爆を落とす日

今、吾郎ファンのツイッターが「広島に原爆を落とす日」で熱いです。
共演のこぐれ修さんが、当時をふりかえっていろいろなエピソートを呟いて下さり、更にそれをまとめたブログまで作ってくださってます。
・・・吾郎がなしえた偉業byこぐれ修 (サイドバーにも入れさせて頂きました)

「広島に原爆を落とす日」は、初演以来つかさんが上演を禁じていた舞台で、20年経って1997年に主演稲垣吾郎で上演され、翌年に再演、更に広島で上演されました。

初演の時に出演したNHKBSの番組での吾郎の様子(初々しいheart04)は、こちらのブログで素敵なイラストとともに語られています・・・LITTLE GARDEN CAFE
便乗して(笑)私は、広島公演の時の報道などを中心に少しだけ振り返ってみます。

【報道2001】1998年5月31日

 pen広島でこの公演が行われるという5月終わりに世を騒がせたといえば、
インドの核実験に対抗して、5月28日、30日にパキスタンが2回に渡って核実験を行ったというニュースがありました。


この日は広島と東京のスタジオでの2元中継。
 
広島公演一日目を終えた翌日、
つかこうへい氏と吾郎は広島公演会場広島南区民文化センター、ひろげんのセットのある舞台上に置かれた椅子に座って、
東京のスタジオと中継で結んでの生放送。
吾郎はチェックのパンツにゆったりした丸首の黒いTシャツ、何のアクセサリーも無い一人の演劇青年でした。(顔はそれはもう美しいですが~)

karaoke広島での公演はいかがでしたか
吾郎「はじめは、広島で公演することに正直不安な気持ちでいっぱいだったんですけど、絶対に受け入れてくれるだろう、満足して頂けるだろうという自信もあったので、幕を開けてとにかく全力で演じたんですけども、最後にはカーテンコールで皆さんスタンディングオベーションで拍手して頂いて、それでひとつとりあえずこの芝居が完成したかなと、この広島をもって思いました。」

karaokeつかさんのお芝居について
吾郎「つかさんの芝居の台詞の多さについては(つかさんに)役者は台詞が多い方がいいだろう、それは快感だろう、と言われましたので、僕はもう返す言葉がなかったんですけど、確かにおっしゃる通りなんで。(本当に快感ですか?の問いに)ええ、ほかの芝居が出来なくなっちゃうくらいに。芝居をやってる人にしかわからないと思うんですけど。」

karaokeつかさんへお芝居についての質問
つか「ぼくの芝居は、衣装や装置がないため自分の体で表現しないとならないので役者はどんどん上手くなりますよね。(つかさんの芝居って客にケンカを売っているようなところがありますよね、に対して)迫力持ってやらないと、たとえば昨日だって誰か一人立ち上がって俺たちの気持ち分かるかと言ったらそこで中断になってしまう。稲垣さんが「正気で、正義の意思を持って、原爆を投下する」と言い切ってもらわないとお客さんは怒りますよね。

劇団とかを持ってますので、役者たちが愛おしくなっていくんですよね。それでどんどん台詞増やしていったりですね、短くしなきゃいけないところが、この芝居も2時間15分くらいで始まったのに今では2時間35分くらい・・・(笑)」

karaoke広島に原爆を落とす日を広島で上演したことについて
つか「正直言って怖かったですね。実際昨日は原水禁の方とかいろんな方がいらっしゃって、ですから役者も緊張して本当に早い球を投げてましたけどね、それで納得して頂いて、芝居の質に納得して頂いて、お帰りになったという事で、本当に昨日は嬉しかったですね。
20年かかりましたね、僕はこの作品に」

原爆が投下された広島で上演を行うという事がどれだけ大変な事かは、このつかさんの言葉が表していますね。
その舞台の上で原爆を投下する男を演じ続ける吾郎のプレッシャーも相当なものだったでしょうが、その達成感もまた格別だったと思います。
それにしても、25歳でこの2元中継での落ち着いた話しぶりにも、改めて驚きました。
だって上の記事、喋り言葉のままですもの。

【NEWS23】
こちらでは、舞台の映像を使って短いstory解説がありました。今では考えられないぜいたくsign01

karaoke劇場通路でのインタビュー
吾郎「いざ考えるととてもテーマも重いですし、僕がやってもいいのかなという不安も結構あったんですけど、戦争の醜さとか武器を持つ醜さとかそういったものを少しでも理解と言うより意識を持って頂けると僕は役目を果たすことができて嬉しいんですけれども」

この芝居を広島で上演しようという話しは初演の年の秋に出たそうです。
ポスターには後援として、広島平和教育研究所・広島県教育委員会・広島市教育委員会が。
芝居を通じて原爆問題を若い世代に考えてもらうきっかけにしたいという熱意を汲んで、広島公演が上演される事になったそうです。
でもそのような意味では、アイドルグループの吾郎が演じた事で若い世代に訴えかけるものは大きかったと思う。
また千秋楽での映像には、若い女性から戦争を体験したと思われる年代の方まで幅広い観客が揃い、同じ場所でこの芝居を見るというのも貴重な事だと思いました。

【広島に原爆を落とす日】
1997年6月14日~29日 東京
1998年4月24日~5月2日 大阪
     5月9日~26日    東京
    5月30日~31日   広島

主人公ディープ山崎、頭脳明晰でありながら混血であることから銃を持つことが許されなかった。そして南海の孤島に飛ばされたあげく愛するふるさと広島に原爆を投下するという数奇な運命を辿る。

コスチューム的には真っ白い軍服が何とも眼福なのですが、やはりたとえシャツの片側がズボンからはみ出ていたとしても、時には涙を浮かべ故郷と両親と愛する夏江を思いながら語るラスト10分以上の独白が素晴らしい。

以下の言葉で始まり、その後の台詞で終わります(注:TV映像より抜粋)
     *後で自信がなくなりました(笑)独白の最後、まだあったかもしれません。

「私(わたくし)はこの日本を心から愛しております。
私を幼い頃からはぐくんでくれた広島の山河を誰よりも誰よりも愛しております。
その私が父上!広島に原爆を投下するのであります。
新しい世界のために。
新しい日本のために。」

「だが、父上!
あなたの息子は誇りを持って広島に原爆を投下するのであります。誇りを持って40万市民を殺戮するのであります。
私のもっとも愛したもの、何者にも代えがたき妻を引き替えにして広島に原爆を投下するのでありますから。
真に愛するものを自らの手で葬り去り日本の未来を問うのでありますから。

私は何ら恐れてはおりません。何ら恐れることはないのであります。」

| | コメント (5)

2012年5月26日 (土)

ゴロウ・デラックス 5月24日

book今週の課題図書:2012年本屋大賞受賞「舟を編む
著者の三浦しをんさん、飄々としていて飾らなく素敵な方でした。
私は読んでいなかったので、突然出てきたイラストを見てびっくり。
だって天パーのもしゃもしゃ頭にメガネをかけた痩せ形の長身男が、ダメ人間吾郎に見えなくもない・・・

「すごく好きになった、僕は彼の事を。
馬締くんを誰かが演ってたら、ちょっと嫉妬するかもしれない。」
「(作家さんを前にして言うのはアレですけど)自分がもし演じるとしたら、こういう風に演じてみたいなとか、しかも
天然パーマは地毛でイケる  とか思った」

吾郎がテレビカメラの前で営業(笑)なんて、珍しいですよ。
是非、馬締くんを吾郎で「舟を編む」の映画化を・・・sign03

三浦しをんさん、お話がとても面白い。
*本や漫画が好きなので編集者になりたくて出版社の入社試験を受けた。その時に採用担当の編集者の人から入社試験の作文が面白いので何か書いてみろ、と言われたけど・・・出版社は落ちた。
*毎日近所の本屋さんを巡回して(自分の縄張りと勝手に思っているので)雑誌の乱れとかを直す。
*小説を読むときは仕事目線になってしまい、面白くてもつまらなくても腹が立つ。
こんな面白いものを書きやがって・・・私の存在意義はもうなくなった(笑)。落ち込みますね。
*大体は家に居て、2週間くらい誰とも話さない事なんてザラにある。
*息抜きとかは漫画を読む・寝る (に対して吾郎「・・・」) 今、哀れまれた・・・(笑)。
*友達を拡げようとか、無いです。気軽に友達の友達の飲み会などに行くっていう人とか考えられない。
*今、MAXですね。
*頭の中でいろいろ妄想している。思い出捏造(笑)。

言葉よりも伝える気持ちかどうかという話しになった時、
「でも言葉は必要だね。
言葉なんて、とか気持ちで通じ合ってれば、とか言うけれど
基本的には(言葉が)ないとね。」

・・・と言った吾郎の言葉、これは吾郎がよく言っている事で、いつも変わらないなぁと思ったのでした。
それに、言葉を使って表現している作家さんの前ですから「言葉は大切」と言って欲しいですもの。

三浦さんは5種類の辞書を使い分けているそうです。
そこで各辞書の違いの話にまで及び・・・
一つの単語を説明するにも、辞書の作り手の意識や主観が表れるのですね。
私は国語が大の苦手で辞書を引くのも好きじゃなかったので、こういう楽しさは今まで知らずじまいでした。
中でも特徴ある「新明解国語辞典」
ここから「いたちごっこ」の項目を見る。長い!!熱い!!!

「辞書に対する気持ちなんじゃない?どんどん新しい言葉が出てきて・・」
と、この事実に気づいた吾郎(笑)。
「いたちごっこ」という言葉の面白さに笑いました。

小島「そうよ、大切な事を忘れていたわ!
  新明解国語辞典には「熟女」という言葉を載せているのよ!

  熟女 もう若いとは言えないが、成熟した魅力と社会人としての存在感とを備えている女性。す・て・き・・・新解さん・・・」
三浦「隣が淑女なのもいいですね。」
小島「淑女 品位のある立派な女性。レディ」

「ん・・・・」と吾郎がリンゴに矢を放った!
小島「何、このシーンとした感じ」
吾郎「ちょっとお二人、『可愛げ』をひいてください(ぺこり)」

小島「可愛げなんて今更知ったところで、わたしたち・・・」
三浦「私たちの辞書には載ってないという事ですね」

・・・とそそくさと辞書をかたづける二人なのでありました。

「なるほどね。辞書はそれぞれの頭の中に」と吾郎。

会話の中のそれぞれの言葉選びが面白いので、本当に何回聞いても面白い。

楽しかったheart

舟を編む」は辞書の後ろに人間がいる、という事を教えてくれた小説、だそうです。

| | コメント (4)

2012年5月25日 (金)

STOP THE SMAP 5月24日

loveletter5月6日は「ゴローの日」、SMAPファンの友達と「ごろーの日」だからお祝いにカラオケに行ってflyを歌ってきました。吾郎さんは「ごろーの日」を意識しましたか?何をして過ごしましたか?

意識しませんよ、そんなもの(笑)。
ごろーの日じゃないですよ。もっと大切なものが詰まった日ですよ。

pen私は吾郎のこのバッサリ切って捨てるようなものの言い方が結構好きです(笑)。
今発売中のmyojoの記事にもありましたが~
「知らないよ!(笑)」・・・
勿論、ごろーの日として集まって楽しい一日を過ごし僕の事を思い浮かべてくれるのは嬉しいですって。

吾郎さんもお気づきのように、私たちファンは56という数字は勿論、Gとかピンクもずくまで敏感に反応しちゃうんですよ。
それがまた楽しいという事でしょうか。

musicさかさまの空」のカップリング曲「keep my love」のリクエストに応えて、しれっと「さかさまの空」を流してしまう吾郎heart

【SMAPな時間】

loveletterスマステで土曜ワイド劇場の特集で吾郎さんの明智小五郎の映像が出ました。探偵役の楽しさとか難しさなどについて聞かせてください。
探偵ものは台詞を覚えるのは大変だけど、面白い。ゲーム感覚で楽しめる。
監督の佐藤嗣麻子さんとはSMAPは繋がりがある。
お仕事またご一緒させて頂きたい。
実は「陰陽師」を漫画化するのにあたって佐藤嗣麻子さんがお手伝いしていたそうです。

明智小五郎や金田一耕助については、少しお休み中なので、また機会があったら意欲的にやっていきたい。
監督さんとか脚本家さんとかについては皆さん馴染みがないかもしれないけれど、僕らが縁がありお世話になっているので、皆さんに知って頂きたくてお話しました。

pen実は私たちファンって監督さん・脚本家さんとか意外にちゃんと認識しているんですよね。佐藤嗣麻子さんの作品としては、世に奇もの「僕は旅に出る」は大切な大切な宝物。
勿論、明智も好きですし、金田一の脚本も原作を大切にしていて大好き。
是非、またお仕事を一緒にして欲しいですね。
明智小五郎・金田一耕助シリーズ、楽しみにしています。

loveletter先日のお便りで「そんなに敬語を使わなくてもいいのでは?」について、反響のお便り紹介。
優しくて丁寧な話し方が好き、その中にたまに「俺」とか「慎吾・剛」などの呼び捨てが入るとドキッとするなどというお便り。
喋り方について考えた事は無くて自然のままで喋ってる。
無理に友達っぽく喋るのもどうかなと思う。普通にお話している感覚で喋っているし、日頃から友達同士などでもあまり乱暴な言葉は使わない。
名前の呼び方についても、呼び捨てだったり「君」を付けたり・・・何も考えていない、多分その時の心理状態によるんでしょうね。

pen私は断然、今のままの丁寧な話し方が好きです。
10代の男の子ならともかく、大人としての素敵な話し方だと思います。

musicリクエスト”Wonderful Life
ソロでやらせて頂いてすごく緊張した。
歌う=5人でって感じなので、歌は一人では考えられない。
生の歌番組に出たりするのが凄く緊張して、普段なにげに見ていた一人で出ている歌手の方が大きく感じられた。
良い曲だったし、いい思い出になった。

pen確か当時も「思い出作り」(笑)とか言っていたと思いますが、またソロ曲お待ちしています。

【吾郎の自由時間】
loveletter五六堂書店へ届いたお便りよりから、読書のこだわり・お気に入りの本・最近面白かった本などについて教えてください。
読書は昔から嫌いではなかったけど、凄い読書家ってほどでもない。
ゴロウ・デラックスが始まってから最低週に1冊は読んでいる。
これが始まって本を読む速度が早くなってきた。
仕事で本を読むと、普段読まない本も読むので広がりがでてくる。
三浦しをんさん「船を編む」がとても面白かった。
他には「ジェノサイドも面白かった。
舟を編む」これは辞書を作る人のお話だけど辞書を作るという事は莫大な時間と労力を使う大変な作業で、その辞書作りに情熱をかける人のお話。
辞書は身の回りに当たり前にあるものなのに、それだけの人々の情熱やこだわりで作られている事が感じられた。すごく影響を受けた。
番組に出演された三浦さんは、飄々としたユーモアのある方でお話しできて楽しかった。

村上龍さん・島田雅彦さんとの対談などもすごく良かった。
お二人ともとても好きな作家さんなので、新刊が出れば買いますが、
三浦しをんさんのこれからの新作なども楽しみ。

pen今週も楽しそうに話す吾郎のお喋りで、30分があっという間でした。
リスナーからのお便りも個性があっていいなぁ。
せっせと書かなくてはsign01

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

| | コメント (2)

2012年5月23日 (水)

旧古河庭園 ~5月の薔薇 その2

旧古河庭園に行ってきました。
前に行った時は薔薇の季節は終わっていたし雨降りだったのですが、今回は晴天・薔薇は見頃、気持ちの良い5月と美しい薔薇を堪能してきました。

美しいお屋敷とその前に広がる見事な庭園、薔薇は満開だし緑は美しい。
門の外はバス通りなのにそんな事はしばし忘れてしまう・・・
美しい大輪の薔薇からつるばらまで様々な色と種類の薔薇が咲いていて、それはもう見事でした。

05211

05212

05213

思わず、吾郎を配置したくなるようなお屋敷と庭園でした。

| | コメント (4)

SMAPXSMAP 5月21日

朝は金環日食、夜はスカイツリーという豪華なコース。
xmasスカイツリーを大公開
40人乗りの大容量エレベーターで約50秒で一気に350M展望デッキへ。
5人で歩いていると、何となくいつも一緒にいてよく喋り感嘆の声を上げるのが木村と吾郎。
金環日食と同じく、「別にたいしたことないだろ」と思っていた木村くんが一番興奮している。
それにしても良い天気で遠くまで見える素晴らしい展望。

「なんだこれ!」といち早く屏風に気づいた吾郎が「らしい」なあと思った。

次に訪れるのは名物スポット「地上340mガラス床
面白がって抱きかかえるように高い所が苦手な吾郎を引っ張っていく木村とお約束通り「ギャーギャー」騒ぐ吾郎。
でも、どうなんだろう、飛行機が平気だったら実はそれほどでもないかもしれないと思いました。
高い所は苦手だけど守られていれば(飛行機や建物の中)大丈夫、でもいつでも落ちる事が可能な断崖絶壁とか吊り橋は絶対に無理な私の考えですけれど。
SMAPさん達、自分のキャラクターをあくまでも貫き通すから、本当のところどうなんだろう、って思ってしまうのですよ。
更にガラス床に腹ばいになってのぞき込んでいる木村くんを指さして
「あの人おかしいでしょ?昔からこうなんだよ」という吾郎。

地上345mのレストラン。
こちらの鉄板焼きのコーナーで食べるSMAP。
品良くステーキを食べる吾郎のアップrestaurant
これもなかなか美味しかった。

penguinすみだ水族
ブルーが本当に美しい。
くらげの大きな水槽の前に立って「溶けてなくなっちゃうんだよ・・・」と言う吾郎が印象的でした。流れ星の修一兄ちゃん、大好きです。
体験コーナーでは、これまた木村くんと一緒に「プランクトンを使ったクラゲの餌やり」。
左肘を台に乗せて同じ格好で係員の説明を聞いている二人が可愛かった。
ペンギンも可愛いし、小笠原の海を再現したという「東京大水槽」も凄い。

450mの展望台
ここの回廊を歩きながら「ここ、シースルーだったら死んじゃうよ」と笑う吾郎。
最高到達点で絶景に心奪われていたその時、突然カメラを出して
「みんなちょっと写真撮ろうよ!」という吾郎。
ちゃんと自分のデジカメを持ってきていたという事か。
相変わらずの中居くんの「稲垣さん、撮って」におとなしく従い(笑)その上、
「お、いいね。SMAPだねぇ」と。
この後、みんなで撮ろうとしてもお約束通り撮らせてもらえない吾郎。
その代わり、木村くんが超接近のドアップで「最高到達点の吾郎」という大変にこやかで良い写真を撮ってくれました。

restaurantビストロSMAP
SMAPメンバーのお仕事での相棒がゲスト
小島慶子さんとザキヤマ(山崎弘也さんって言うんですね~初めて知りましたww)。
吾郎の相棒として小島さんが出演だった訳で、吾郎についてのクイズが面白かったので大満足。
慎吾も中居くんも楽しそうに吾郎の真似するし、みんな吾郎には遠慮無く突っ込み吾郎も誰にでも普通に返すので何のひっかかりもなく楽しい。
小島さん、ゲストなのにゴロデラの時よりも気を遣ってたかしら。
ザキヤマさんも何気なく吾郎をフォローしてくれたりして、ただのうるさい人だと思っていてごめんなさい!

nightスカイツリーから「さかさまの空」
何日か前、ツイッターで呟かれていた錦糸町のビル屋上でのSMAPやスカイツリー展望台からの映像がとっても綺麗で良かった。
「さかさまの空」のPVこちらにすれば良いのに、と思う位、空に近くて素敵な映像でした。

今週のスマスマは楽しかった。
やはりSMAP中心だったからでしょうね。
これからもこの感じでお願いしますheart

| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

めざましTVで皆既日食

sun2012年5月21日
東京では173年ぶりの金環日食、日本全国で日食を見られる他、広範囲で金環日食を見る事ができるという貴重な日。
その時間帯に放送されるめざましTVにSMAPが生出演&生ライブ。
正直言うと、わざわざSMAPが・・・?とも思いましたが、やはりSMAPって画面の中にいると特別感があるなぁと思いました。
しかも東京の天気予報は曇り。
多くの人が「果たして金環日食はちゃんと見られるのだろうか」と心配していたのにもかかわらず、
7時3分SMAPの登場に合わせて太陽が雲の間から顔を出すという奇跡。
さすが生放送にも俄然強いSMAP、うるさくならない程度に自然に盛り上げてくれる。
フジTVさん、SMAP一人一人の小窓を用意してくれて、SMAP好きには金環日食とSMAPを同時に見られる贅沢さ。
時々雲が出てきて危うくなったりする所が、美しい完璧なリングを見られた時の興奮を大きくしてくれました。

karaokeSMAP天体ライブ「金環日食」SP
「さかさまの空」明るくて前向きでいい曲だなぁと、聞く度に思い起こさせてくれる。
ちゃんと大サビを木村くんが歌い上げてくれているのもいい!
特に爽やかな朝にはぴったり。
アルバムでは思いっきり冒険して欲しいけれど。

ringもうひとつの金環日食
・・・SMAPXめざまし「金環日食」SPの裏側(5月22日)
午前6時25分には屋上の特設スタジオに向かいリハーサル。
この時にはちゃんと着替えからメイクすべての用意が出来ているのだから、大変。
本番前、それぞれ好きなグラスを選び雑談する5人。
雲が流れる空を見上げながら
「さっきまで曇ってたのに、すごくない?」
「さすがSMAP」
「さっき雨降ってたのに、ハンパじゃない」
「SMAP持ってますね。
SMAPまだイケそうですね。
「ダメ、そんなこと言ってたらかかってきた雲が(笑)。」

・・・でもちゃんと雲が脇にどいて、太陽が見えたお台場。

実際に見るまでは、それほど興味なかったメンバーも
日食メガネを探してようやく買い求めたのに、カバンの中に入ったままになってしまったメンバーも
なんで5時起きしないといけないの、と思っていたメンバーも
花鳥風月を愛でる年齢になったけど、月だけはまだだったメンバーも
みんな皆既日食で興奮して楽しかったようです。

収録後のインタビューで、何故か吾郎の後ろに隠れている木村くんにいち早く気づいて、カメラに向かって
「今、金環中ねheart01と言った吾郎。
この木村くんとの阿吽の呼吸と、咄嗟の判断が素晴らしいsign03
太陽の木村くんと月の吾郎・・・この偶然な役割分担も凄い。
しかも、屋上の強風に煽られて髪の毛がちょっとくしゃくしゃになって前髪が下りて、吾郎可愛い。

二日続けて素敵なSMAPを見せて貰いました。
ありがとうheart

| | コメント (2)

2012年5月20日 (日)

ゴロウ・デラックス 5月17日

久しぶりにオープニングの立ちトーク!
人生これからだけど、老後の事って考えてますか?の問いに
「老後はワイン造りやりたいです。長野・山梨辺りで」
・・・でも役者に定年は無いですから是非ず~~っと演じる仕事は続けてくださいね。
ワイナリーのオーナーになってGOROブランドのワインを作って下さると嬉しいです♪
ものすごく素敵なワイナリーになりそう。

book今週の課題図書:ミッキー・カーチス著「おれと戦争と音楽と
ゲストのミッキー・カーチスさん。
白いお髭なのに若々しい。おしゃれ。
シャツの襟は控えめなフリフリが付いているし、ジャケットの袖口のスカルが可愛い。

ミッキー・カーチスさんが若い頃の芸能界・・・
吾郎もジャニーさんからいろいろ話しは聞いているみたいで
「めちゃくちゃと言えば、めちゃくちゃですよね。」

週刊誌ない
ワイドショーない
携帯ないし。

取材が無いばかりじゃなく、どこに居ても一般の人に写メを撮られたりする事がないのは本当にうらやましいでしょうね。

「いいなぁ。そしたら、いっぱい遊べるのになぁ。
個室とかでバラバラの時間差で入っていかないとヤバいんですよ。
カモフラージュ要員とかも必要。
家の前で車とかチェックしないといけないし」

・・・だそうです。
遊ぶのも大変sign01

ミッキー・カーチスさん、ロカビリー三人男として人気絶頂だった頃、ステージに現れただけで絶叫、歌なんて誰も聞いていなくてイヤになっちゃった。
でも舞台には上がらないといけないので、そこで落語をやってしまったそうです。
ファンから裏切られたとか言われたりはなかったのですか?の質問に
「無いよ。俺のファンは俺のファンだもん。何やろうが俺だから」
・・ここまで言い切れたら気持ちいいでしょうね。
今はマスコミが揃っていろいろ操作していそうで、大変なんだろうなと時々思います。

ミッキーさんは日本初のフリー音楽プロデューサー
そして日本初のタレントレーサー
奥様は33歳年下、白金のカフェでナンパした話(笑)も。

ストリートナンパ”をうらやましがる吾郎。
メールの絵文字も卒業しちゃったらしいし(笑)。

最後にミッキーさんが作ってきてくださった「ゴロウ・デラックスの歌」をみんなで歌う。
シンプルなメロディーと歌詞の中に、ゴロウ・デラックスが詰まっていました。

吾郎「ミッキーさん、本当に好きになりました。
自由でいいんだな、自分が思った事やってていいんだなって思わせてくれる。」

小島「かっこいいオヤジって何ですかね」
ミッキー「常にいろんなものにアンテナを張ってて、好きなものに興味を持って、脇目もふらずに突き進んでくってことかな。
何でもやってみればいいんだよ。
でやってみてダメなら、ダメで元々じゃん。
元々できなかったんだから、ところが出来るかもしれない、意外とコレが。
したら、やった!ってなる」

「やってみてダメなら、ダメで元々」に吾郎はとても心を動かされたみたい。

吾郎はまたいい出会いをしたようだった。
体ごとミッキーさんの方を向いて真剣に話を聞く様子がとっても良かった。
ゴロウ・デラックスの振り幅の広さに改めて嬉しくなりました。

| | コメント (3)

2012年5月18日 (金)

5月の薔薇

flag第14回国際バラとガーデニングショウ

昨日は西武球場まで、バラの花々を見に行ってきました。
平日なのに凄い人でしたが、さすがに美しいバラと素晴らしいガーデニング。
あまり美しかったので、少し写真を上げておきます。

05171_5

額縁の中から薔薇が・・・



05174_3

05175_3

05176_3

花の形の美しさが何とも言えないです。

それにしても、自分好みな色の花ばかりになってしまいました(笑)。
一つ、さんざん迷ったあげく買わなかった苗、今後悔しています・・・
買えばよかった。
また来年、行く事にしよう。

| | コメント (5)

サラリーマンNEO!

6月30日(後9:00~10:13)、NHKの人気コント番組「サラリーマンNEO」がシリーズ誕生9年目にして初めてゴールデン枠で「サラリーマンNEO GOLD」として放送されるそうです。
何と吾郎が、その記念すべき番組に出演するんですってsign03

昨日はその取材会があり、あっという間にネットでニュースに。
吾郎と舞台で共演した事のある某俳優さんもツイッターで、舞台の仕事の前に収録していたのが、舞台を終えて帰ってきたらもうニュースになっていると驚いていらっしゃいました。

Sponichi Annex
ORICONSTYLE
MANTAN-WEB

SMAPでの立ち位置は中間管理職。潤滑油になっているぞと自分では思っている。
コントというより密室のストレートプレイという感じで徹底的に作り込んでいる。
秀吉を演じる事で、これは自分のキャリアに入れても良いのか(笑)、秀吉をやったという事を刻み込みたい。

・・・などと、吾郎らしいコメントがいいなぁと思いました。

また一つ楽しみが増えました。
是非、スタジオパークなどにも出て欲しいです。

| | コメント (0)

STOP THE SMAP 5月17日

そろそろゴルフのスマスマカップが開催されるという噂もあるそうで・・・
スマスマカップと言いながら、メンバーはスマスマスタッフとSMAPからは「僕と木村くん」だけだそうです。

loveletter気持ちの良い季節になってきましたが、最近自転車には乗っていますか?
今でも乗るけれど、荷物が多くなると乗れないし季節的には気持ちがいいけれどつい車を選んでしまうそうです。
自転車の魅力・・・見ているだけで欲しくなっちゃう。
機能美というか、形とか綺麗だし。
でも実際に何台持っていても仕方ないので、10年くらい前に買った自転車にいまだに乗っている、駐車場に置いているので、また新品同様にきれい、しばらくはそれに乗っていこうと思っているそうです。

pen自転車を見て、その機能美などに惹かれてすぐ欲しくなっちゃうって、そんなに普通ではないと思いますけど(笑)、そういう吾郎が好きです。
そういえば、昔外国の街を歩いていて見つけた自転車に一目惚れして船便で送ってもらったという話をスマスマのEDトークでしていましたっけ。

【SMAPな時間】

loveletter吾郎くんのソロでロックテイストの曲が聴きたいです。吾郎くんと木村くんのデュオもまた見たいです。希望としてはミック・ジャガーとデヴィット・ボウイのDancing in the streetみたいな曲を。
詳しいですね、この方。よく知ってますね、いいかもしれない。昔はよくやってたんですけど最近はジャズっぽいものが多いですよね。元々ロック凄い好きで、こないだHEY!HEY!HEY!の時なんかも話していたんですけども、メタルとか凄い好きで、ねぇ今の木村くんの、それこそデスメタルコントではないですけども、結構ああいうメタル系なヘビメタとか結構好きでね、そういうメタル系の聖地と言われているXとかもね、デビュー前にライブやっていた鹿鳴館ライブハウスとかも昔行ったりしていた事ありましたね。
今の僕から言うと想像もつかないですね。
結構好きでしたよ、洋楽でいうとねマイケル・シェンカーとか、それからデヴィッド・ボウイに目覚めてしまって、何かテイストが変わってきたというか。
でもやっぱりロック好きですよね、昔はロックばかり聴いていたって感じですけれども。
デヴィッド・ボウイとか、普通に今でも聴いていますしね。
そうですね、だから自分でも何かパフォーマンスの中でそういった趣味があるので、ライブなんかではやってみたいなと思いますね。
確かにブリティッシュロックとかいいですね。

ただ、自分のソロと言ってもSMAPのコンサートの中なんでね、やっぱバランスとか完全に自分がやりたい事ばかりできる訳ではないので、あとはまあメンバーとのデュオみたいなのも全然ありますから、2人でやったり3人でやったりね、そういうのもあるので何か今までにないような、ちょっと変わったコンサートにできればなと思っていますので、まあいつになるか分からないんですけども、みなさん楽しみにライブの方も待っていてください。

penこれまた私も同じ内容のメール送っていました!同様意見多数のうちの1通になると嬉しいな。
何だか熱く語ってくれて嬉しいですね。
吾郎はあの細身のスタイルからして、ロックに合っていると思うの。
SMAP内の立ち位置でソロのロックをやりにくいのなら、是非是非木村くんとツインギターでsign03

loveletter吾郎さんの不思議な交友関係について教えてください。
共演した方についてのお話。

pen吹石さんとの並びがとっても綺麗でかっこよかったし、モロハシ続編激しく希望heart

新コーナーのアイディア
loveletter健康つよぽん”というコーナーに対抗して、吾郎さんには美容について語って欲しい。
「つよぽん」ってひびきがいい、反則だよね。結構市民権得てるよね、このフレーズ。ファンの子の間だけでなく、つよぽんって言うよね。後輩の人とかに「つよぽんさん」とか言われてたよ、こないだ(笑)。健康や美容には興味あるのでいいかもしれない。聴いてる方女性の方多いと思うんでね。ちょっとオネエ吾郎が皆さんにねちょっと情報を提供していく事ができればなあと思っているので是非コーナーとして一度やってみたいなと思います。

pen女子力強い吾郎さんと言われたからって、別にオネエにならなくていいですから(笑)。
美容と健康、吾郎が言うととっても説得力あるので、是非!

loveletter意外といい女の子の瞬間を発表するコーナーはいかがですか?
車とかに乗っていて、横にバイクで二人乗りしているカップルとか見ると、男の人に全身でしがみついている姿、可愛いなと思ったりするそうです。

penバイクに二人乗りのカップルの女の子に可愛いと感じた吾郎は、私にとってはちょっと新鮮かもしれない。
吾郎って映画の一シーンみたいに情景を語りますよね。

loveletter普段思っている感謝の思いを吾郎さんが伝えるコーナーはいかがでしょうか。
「忘文」のような感じでよいかもしれない。

pen「忘文」、大好きな番組でした。
次のbeautiful seasonはいつ来るのでしょうか。

【吾郎の自由時間】

loveletterゴルフ場に着いたらまず始めに何をしますか?
まずは朝ご飯を食べるそうです。
基本的にゴルフ場はレストランにも力を入れているので、土地土地の美味しいものがゴルフ場にもあったりするので、朝ご飯はしっかり食べる。
コースに出る前に軽く練習をする。
勿論ストレッチなどもやって用意周到な方。
日々のルーティーンを大切にしている。

penまずは朝ご飯、という吾郎が、パブリックイメージとは違って笑っちゃうくらいに健康的。
いい仕事をするには健康は大切。
何でも楽しめる吾郎がいいなぁ。

musicGoro's Music Library
さあ、僕が曲を紹介するんですけども、さきほどロックの話しなどもしていたんですけど。
僕の洋楽のルーツとなったデヴィッド・ボウイですね、これがきっかけに洋楽をいろいろ聴くようになって自分もロックが好きになったりファッションに興味を持ったり、すごく僕にとって影響の大きい、ホントに神様のように思っているデヴィッド・ボウイなんですけども。
そんな中でデヴィッド・ボウイ、僕が一番最初に聴いて凄いなと思ったアルバムがZIGGY  STARDUSTなんですね、これは本当に有名なアルバムでデヴィッド・ボウイ初期の頃のアルバムなんですけども、一人のロック・アーティストが宇宙から降りてきて地球でスターになって最後はRock'n'roll suicideって言ってロックスターが自殺しちゃうんですね。
そういう何か変わったストーリー性のあるアルバムで、デヴィッド・ボウイファンの間では本当に人気のある、これなくしてデヴィッド・ボウイは語れないというようなアルバムなんですけども、この曲の中でも大好きな曲を1曲聴いて下さい。
デヴィッド・ボウイ 「ジギー・スターダスト」の中からスターマン♪

penこのコーナー、いいsign03
吾郎が自分の好きな音楽について語って、曲を紹介してくれる。
私でも知っているスターマンを聞きながら、嬉しくて涙が出そうになりました。
ものすごく吾郎のストスマっぽい。

最後に、今発売中「さかさまの空」カップリング曲「keep my love」について。
まだTVガイドとかでは披露していないけれど、「さかさまの空」とは打って変わって大人のラブバラード、ライブなどでバラードのコーナーでは今年歌うんじゃないかなと思う。
いい曲だけど歌がすっごく難しいらしい(笑)。
吾郎の歌い出しの所、すごく好きです。
ライブも楽しみsign03

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

SMAPXSMAP 5月14日

スター達の爆笑&お宝トークSP
~危なすぎてカットしちゃった㊙映像もすべて見せます
・・・だそうです。

baseball楽天田中マーくんビストロゲスト
中居くんとのウォーミングアップというか、オーナー大ハリキリでマーくんに相手になってもらっている時、わざと前を横切る吾郎。
それを見てすかさず、ボールをゆる~く投げて吾郎に当てる中居。
にっこり笑う吾郎
ああ、この流れが素晴らしい。

restaurant慎吾の内田裕也は何回見ても楽しい。
樹木希林さんゲストのビストロは、本来のビストロらしくて良かった。

artせっかく楽しみにしていた阿部寛さんビストロ。
阿部ちゃんの話をたっぷり聞けなくてガッカリしたのに更に未公開SPでもメンタリストさんですかorz・・・
怒っても無駄、ここで私は用事をするために席を外したのでした。
そろそろ終わった頃と思って戻ったらまだ続いていて呆れるばかり。
ただそんな私たちの心を読んだのか(笑)、中居くんと慎吾が心理状態を読まれまいと変顔をするのがもう面白くて面白くて・・・
申し訳ないけれど、メンタリストさんはもうお腹いっぱいです。

karaoke布袋寅泰さんゲストのEDトーク
みんなにギターのピックをプレゼント。
この時、木村くんと吾郎が昔ギターの練習をしたというエピソードを流してくれなくて残念。
でもピックを配った後、吾郎と木村くんに
「これで今日から君も布袋です」って言っていたので、何となくそのくだりが想像できて嬉しかった。

cake家政婦の三田さんSP
ED?トーク
三田さんからケーキのプレゼント・・・更に三田さんからあ~んと一口ずつ。
まずは木村くん、そして吾郎。
すかさず「オレ、吾郎と間接じゃね~かよ」
で、その後も中居~剛~慎吾と続き、全員の間接○○は三田さんのおかげで成し遂げられたのでした。

present倉木麻衣にドッキリ差し入れ
まずスタジオで差し入れを作るシェフ達。
この時、抹茶のミルフィーユを作る吾郎の手が超アップに。
しばし静止画像で美しい手を眺めてしまいました。
懐かしのコントキャラでドッキリ差し入れという楽しい企画なんだから、罰ゲームとかにせずに全員でやれば良かったのに。
サンキューゴロー、大好き。こういう短いコントがいい。
最後は青山の道端で鍋sign01
倉木さんは、一つ一つ「夢みたいheart04」って驚いて喜んでくれたし、楽しい企画でした。

denim最後の未公開映像、実は同じ時の違う映像が地域限定深夜の「ベビスマ」で流れました。
右肘左肘とかいう(スミマセン、芸人さんがやっても面白くもない・・・)ネタをSMAPと一緒にやろう、という事になって~
本当は木村くんとやりたいのに僕を指名したと言って吾郎が拗ねてみせたり、結局は下3人で楽しそうにそのネタをやっているのが、とても楽しかった。
ベビスマの方がずっと面白かったのは本当に残念。

以前に比べたら本当の未公開映像を流してくれるだけ良くなったのかな。
スターの㊙映像なのでは?(スターじゃないし・・・)と問いただしたくなるようなものもいくつかあったし、結局愚痴になってしまいました(笑)。

night来週はスカイツリーに登場。
開業前日に展望台などからの映像が楽しめるそうです。
どうか、これにたっぷりと時間を割いて欲しいsign03

| | コメント (2)

2012年5月14日 (月)

ありがとうございます

bellおかげさまでアクセス数が一桁増えて

1000000を超えました。

普段アクセス数は気にしていないのですが偶然気づいてしまいましたので、ひとくぎりとしてお礼を。

面白い事も書けずお仕事記録になっていますが、
稲垣吾郎さんを応援しているファンがここに1人heart」という初心を忘れずにこれからも続けていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

| | コメント (7)

2012年5月13日 (日)

月イチゴロー 5月

黒のスーツ、白い襟にパールホワイトっぽいネクタイ。
黒髪と色白の肌が映えて素敵。
お仕事が一段落したのか、ちょっと気分に余裕のある感じで、キュート。

今月は3位以下はひどいかな(笑顔)・・・
何言っても、笑顔だったらいいのかな(笑顔)。

・・・3位以下がどの映画か吾郎ファンなら一瞬で分かる瞬間でした。

movie今月の5本
幸せの教室
バッド・ティーチャー
キリング・ショット
裏切りのサーカス
アーティスト

drama吾郎コメント
*
期待してしまうと100%期待を裏切られてしまう。
トム・ハンクスやジュリア・ロバーツは大作を引っ張っていく存在感があるのに、小さな映画に出るのは逆効果じゃないか。
まあゲストの観月ありささんが、映像を少し見てようやく「自分も見た」事に気づいたという感じの映画なんですね(笑)。
良くない映画を説明するのは難しい。
一言、良くなかっただけでいいよね、今思ったんだけど。

*馬鹿な映画ですね~
おバカで可愛いキャメロン・ディアスを楽しめる。
スカッとしたい人にはおすすめ。

*期待していない分、意外に面白かった。
何も考えないでスリルを味わえる。
映像のテンポ感とか映像の見せ方が良かった。

*「裏切りのサーカス」僕は好きですね。結構1位と迷いました。
最近のスパイ映画はアクション映画に偏っているけれど、重厚感があるスパイ映画。
映画ファンは劇場に足を運んで欲しい。
ただ、難しい。
何度も観たくなる魅力のある映画。

*「アーティスト」が1位。
斬新。
サイレント映画でモノクロ、どうなるのかなぁと思っていたけれど、今失われつつあるものがそこにあるのかな。見る側に想像させてくれる映画。
サイレント映画・モノクロ映画を生かした演出が随所に見られる。

pen吾郎が凄く好きそうな「裏切りのサーカス」、多くの吾郎ファンや慎吾の予想を裏切って2位でした。
私も今週見てきましたが、確かに何回も見たくなる映画。
アクションスパイ映画として二重スパイの正体を追っかけて暴くというだけではなく、結果を知った上で俳優さん達の演技を楽しみたくなります。
突然あの曲が流れるラストも好き。
1位は「アーティスト」、テレビを見ている人に薦めるには「アーティスト」なんでしょうね。
必要以上に台詞で説明したりしないと不安になるかもしれないこの時代、台詞が無い映像というのは、私たちが想像する以上に映画を作る側にとっては冒険なのかもしれないと思った。
吾郎の演じるサイレントの小品が突然見たくなりました。
素敵な声は聞けなくなるけれど、その分様々な感情の変化を絶妙な表情の演技で楽しませてくれそう。


吾郎が映画を語る時って、俳優としてまた映画を提供する側の考え方と、映画好きの見方の両方から語るのが面白いと思う。

相変わらず、順位の付け方にはブレないなぁ。
今月は上位2作品が良かったので満足ですが、何となく最近の月イチゴローには物足りない感が・・・
シネマナビの丁寧な語り口を知っていると、勿体ない思いでいっぱい。
年に一回、5分でいいからコトイチの作品についてたっぷり語らせてくれたら・・・

| | コメント (2)

2012年5月11日 (金)

ゴロウ・デラックス 5月10日

楳図かずお先生お宅訪問後編、
さらに楳図ワールドに深く迫る
sign03

デビュー作は中学2年の時、それから55年以上も漫画を書き続けている楳図先生。
楳図かずおという名前がメジャーになったのは「へび女」。
へび女」で恐怖漫画というジャンルを誕生させた楳図かずおさんですが、楳図さん自身は怖い体験とか無く、お父様が聞かせてくれた昔から伝わるへび女の話などを元に書いたそうです。
”「へび女」は三島由紀夫氏も愛読していた”というのは岩下さんからのミニ知識。
子供の頃から絶対に大人になりたくないと思っていたという楳図さん。
長く漫画を書き続けてこられた秘訣は、同じ事をせず今までとは逆の事をするなどして変化をつけたこと。
この話を聞いていた吾郎は目を輝かせて、
「それは本当に大切に置いてるけどね。僕らも、SMAPをやってる時には」としみじみ言ってました。

吾郎が思い入れがあるのが「おろち」。
キレイで可愛くて「結構タイプですよ、僕」
ああああ、お好きそうですよね、端正でミステリアスな美少女。
よく自分と正反対の人を好きになるとかも言いますけど、吾郎って同じようなタイプが好きなのね(笑)。あ、でも実際はミステリアスではないんでしたっけ・・・

「結構、小島さん顔系だよね。楳図ワールドだよね」と突然言い出す吾郎の言葉にうなずき続ける楳図さん。
それなのに何かが足りない、中身が無いのよ~と突っ込む岩下さんと、闘う小島さん。
「ひとさまの家でね、けんかしないの、ね~」とたしなめる吾郎。
ああ、このでこぼこ3人組、いいわぁ~

book朗読タイム:漂流教室
吾郎:正義漢溢れる主人公(台詞少ない)
岩下:自分の事をお姫様と言わせる女番長役
楳図:まぬけな男の子
その他大勢全部:小島さん(台詞、やたら多い)

朗読が終わってすぐに
「小島さん、一人何役やっているんですか?」と吾郎(笑)。
ここで一人一人出来を褒める吾郎が座長っぽくて素敵。
でもみんな上手で面白かった!
漂流教室」は”生命をかけた”勉強の話だそうです。
漫画を書くときは、子供向きとか意識せず”キャラクターが子供”という所だけは合わせるけれど、それ以上は子供とか大人とか考えずに自分の持っているものを思い切り出さないと、中途半端は失礼だという考え。
そうでないと子供にも馬鹿にされてしまう。

ここで金のだるまの後ろから突然現れるAD山田くん。
面倒くさいとお互いになすりつけ合いながらも
「山田くん、ちょっとあるよね。楳図ワールド。
すごくピュアだし、脈絡無く見えるけど、すごく計算できてたりとか~」
と素敵なコメント。
ちょっと冷たくしたりしながらも実は何気なく深い所まで観察しているのが吾郎。

楳図先生に、作品の中のキャラクターに当てはめてもらいました。
岩下:まことちゃん
山田:悟くん(「わたしは真悟」)
吾郎:へび女
小島:まことちゃんのママ

即答で吾郎はへび女という回答に「女として負けた気がした」という小島さん。
その気持ち、すごく分かります。

次はそのキャラクターとしてモデルになって漫画を書いてもらう事に。
まことちゃんとママとしてポーズをとる岩下さんと小島さん。
何か楽しそうに言い合いながらの二人に
「なんか会う度に2人の距離が縮まっていくの。
なんとなく僕だけかな、嫉妬してるの。」
と言う吾郎。
嫉妬してる」来ました!
またそうやって喜ばせて、罪なお方。

へび女の吾郎は、おろち階段で這うポーズ。
これがまたセクシーでいろいろ連想させるポーズで、大盛り上がり。
「グラビアみたい」
「あれで服着てなかったら相当いいですね」
「普通に欲情しますね」
「そうでしょうね。
あらららららら」
「もうね、あそこまでお見せになったら着てるのも脱いでるのも一緒ですね」

「イメージわきますか?(吾郎)」ちょっとした動きをサービスしながら(笑)
「孕みそうですね」
まるでオーディオコメンタリー(笑)。まさに深夜番組heart

それは素敵なへび吾郎の誕生。
でも「トイレはどこですか?」という台詞できちんとオチまで付ける楳図先生、素晴らしい。

次は、楳図先生がビクターからCDを出したという事で、ビクター先輩後輩MC番宣wゲスト入り交じってパフォーマンスを披露。
先生をセンターにみんなで楽しくバックダンサー。
吾郎の「ぐわしsign03」のタイミングが素晴らしすぎる、さすがSMAP

最後に楳図先生にとって漫画とは何か。
「現実を踏まえつつ思い切りどこまで非現実に行けるか、という試みができるのが漫画は手っ取り早い。映画でも舞台でもみんなそうだと思うんですけど」

楳図先生、とっても優しくて真面目で面白い方でした。
大人になった今、改めてまた作品を読んでみたいと思いました。

| | コメント (3)

STOP THE SMAP 5月10日

GWの吾郎さんは、比較的のんびり過ごす事ができ、ゴルフへ行ったり、お母様を誘ってゴルフの試合を見に行ったりしたそうです。去年からず~~~っと仕事続いていたから、良かったsign01

loveletter吾郎ちゃんはいつも敬語だけど、もう38歳でリスナーも年下ばかりなんだから、そんなに敬語使わなくてもいいんじゃないですか?敬語は壁を感じるから。ストスマではタメ口で喋ってみてはどうですか?
・・・なるほど。そんな事言われるとは思ってもいなかったですね。この仕事を始めたのが結構若い時だったから年上のファンの方も多かったりとかスタッフも年上だし、自分が一人で年を重ねている実感が無いし、私生活でも年下にもタメ口ではなくて敬語とまではいかないけど、言葉遣いは気をつける方なんですけども。
壁を作っていると感じる人もいるかもしれないけど、急には変えられないじゃないですか。
ちょいちょい、ちょいちょいはさんでいこうかなって思って・・・いるよ。
という事で、稲垣吾郎のSTOP THE SMAP、今夜も30分付き合ってね。

pen私は吾郎の丁寧語が大好きです。
そして「普段から言葉遣いに気をつけている」ということが聞けてとても嬉しかった。
タメ口にしようとしてかえってぎこちなくなる吾郎が好き。

【SMAPな時間】
loveletterスマスマコンプリートブック楽しみにしています。ところが第1弾、中居さんなのにピンクなんですね。私の中ではピンクといえば吾郎さんのイメージなのですが、実際吾郎さんは自分のイメージカラーについての意識がありますか?吾郎さん本人はどちらでもいいと思うかもしれませんが、これが意外と深刻な問題になる時もあります。
loveletter最近、SMAPのイメージカラーの事で気になっている事があります。中居くんがピンク、吾郎さんが青で表示される事が多く違和感を感じています。
・・・どっちでもいいっちゃどっちでもいいけど、気になる事でもある。
因みに好きな色はグレーね、意外と地味な(笑)。落ち着くんですよね。
ちょっと中居くんと話し合ってみようかな。
ファンの間でも論議してもらいたいと思うのでまたご意見聞かせてください。

penこれは是非今度中居くんをストスマに呼んで、二人でじっくり話し合って貰いたい。
二人だけで気まずかったら(笑)、レフェリー役で木村くんにも出席して貰うとか。

loveletter吾郎くんの声が大好きです。TVでは聞けない話をたくさんしてくれて、正直単独ラジオバンザイです!
ところで、舞台の時期は歌っている時の声量がアップしているような気がしますが終わると元に戻っていませんか?ボイストレーニングの仕方が違うんですか?
・・・舞台の時には歌っている時の声量がアップするというのは自分では心当たり無いんですけどね。むしろ押さえている方かもしれないな。舞台の時って結構声質が変わってしまってちょっと声が低くなってしまうんですね。声帯が太くなってきて高い声が出にくくなってくるんで、逆に太くて強い声が出て高い声が出にくくなってしまうんで、僕の場合は。
歌は凄く歌いづらくなってしまうんですよね。だから無意識のうちに声量をアップして、言い方は変ですけどごまかしてるっていうのもあるのかな。

レコーディングが舞台の時に来たりすると結構大変なんですよね。
こないだの舞台で言うと、石川啄木の舞台をやったんですけど、第一声目に

やあ~、金田一さん」という台詞があったんですけど、その「やあ~」っていう声がだんだん低くなってきたりするんですよね、自分では気づくんですけど。
自分ではすごく気になるんですけど、人からはあまり指摘されたりはしないですね。
まあでも結構声の仕事なんでね、ラジオなんかもそうですけど、気をつけてケアをしなきゃな~と思ってやってるんですけど。<中略>
声は大切にしていきたいなと思っています。
皆さんが聞いて心地の良い声で続けていけたらなと思っています。

pen吾郎の声は最高に心地よいですsign03
心地よかったり優しかったり哀しかったりセクシーだったり・・・素晴らしい声heart
私も舞台の時や直後は歌を聴いているといつも声が楽に出ていていいなぁと思っています。声が楽に出ていると無理が無いから音程もしっかりするし、舞台は良いことずくめだと思うんですけど~
そういえば春の舞台~夏のコンサートの年は、舞台の時期にレコーディングがあるんですね。吾郎は比較的高音のパートが多いから、大変だ!
何と言っても啄木の台詞が聞けたのも最高に嬉しかった。

soccerキャッチボールジャニーズ
メンバー以外からのキャッチボールが始まるそうで・・・
第1回目はsexy zoneの佐藤勝利くんから。
吾郎については、「テレビの中の人って感じでオーラがある。大人の中に少年っぽさも持っている。まだごちそうはしてもらっていない。キャラを作るのが上手」などとコメント。
最後に自分たちの番組の宣伝と新曲をリクエスト。
・・・嬉しいですね。でももしかして番宣でしょうか(笑)。<中略>
先日ミュージックステーションにSMAPが出た時、sexy zoneと一緒で、彼らからの質問で最後に勝利くんから吾郎へ「本当にごちそうしてくれるんですか?」という質問が一応あったんですね。でも生放送なんでミュージックステーションが。ちょっと時間がなくて僕の所まで順番が佐藤君との話が回ってこなかったんでね、ここで話したいなぁと思うんですけどね。
多分僕の話がオチになったと思うんだよね、5人の中で。そこまで行かない間に終わってしまったという。

pen吾郎も「番宣?」とか言っていましたが、SMAPが同じ事務所後輩の面倒を見る位置になったという事ですよね。
SMAPも先輩にお世話になったのだから、そこはあまり文句を言わずにいきたいなと思いました。でも、曲はもう少し短くても(笑)・・・
後輩のファンがSMAPさん優しい・吾郎さん親切~と思ってくれたら、私は嬉しいと思う(笑)。

【吾郎の自由時間】

loveletter吾郎さんが収録する時の私服を教えてください。
・・普段TVとかで着るものとさほど変わりはないですね。自分が好きなものをTVでもスタイリストさんに借りて着てたりするんで。
フードの付いたパーカーとか僕大好きなんで。首の襟が高いものとか首を隠したりするのが、何か安心感があるというかね・・・何か好きなんですよね。
因みに今日は
ボーダーのパーカーにイージーパンツに白いスニーカーに何と白いキャップを被っています。(笑)白いキャップで(笑)・・・
ま、でも毎回、皆さんが興味があるんでしたら、ね、ちょこっと目には見えないラジオの番組何でね(←ここの「でね」の言い方が優しかった!)そういう風に説明してもいいのかなと思っています。

私服で思い出したんだけど、私服がたま~に映る映像の中で「必ずサングラスをかけていますよね」と言われるんですけど、僕ね結構サングラスに度が入っているんですね。眼鏡代わりにサングラスをしている事が多くて、仕事以外では結構眼鏡の方が多くて何かコンタクトあんまり得意じゃないですよね。長時間入れていると逆に疲れてしまうので、普段は家の中では眼鏡をしたりとかプライベートの時・・・
完全に芸能人っぽくしてサングラスしている訳ではないんですよね。

penこれ、素敵なアイディアですよね。
吾郎さんの私服に興味あるので是非教えてくださいsign03
毎回吾郎の衣装を教えて貰うって嬉しい。
でも世間のパブリックイメージとは違って、あんまり見栄張っていろいろ服を替えしたりしなさそうですけど(笑)。
眼鏡の件ですが、俳優のお仕事では眼鏡ではなくコンタクトレンズにしないとダメな時も多いと思うので(しかも時間的に不規則)、普段は無理しないで正解だと思う。
あの美しい瞳は宝ですから、大切にして欲しいheart

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

| | コメント (2)

2012年5月 9日 (水)

anan シネマナビ 5月

movie今月の1本 ミッドナイト・イン・パリ
監督はウディ・アレン。
相変わらず、吾郎の紡ぎ出す文章が素敵。
私もパリの街は大好きなので興味を持って公式サイトは既に見ていたのですが、映画公式のイントロダクションよりもずっとそそられる!

私もヌーベルバーグの頃のパリの街を彷徨う吾郎を、発表されたばかりのシトロエンDSを運転して街を走る吾郎を見てみたいな。

今月の写真も素晴らしい!
モスグリーンのサファリっぽい(でも柔らか)シャツと同色のインナー、色白の肌と真っ黒な瞳がシャツの色と合っている。
透明感が素晴らしい。
これはもう、写真集を作らないと勿体ないですheart

| | コメント (2)

2012年5月 7日 (月)

3月4月ノート

tv ファーゴ(1996年 米)
tv 瞳の奥の秘密(2009年 スペイン/アルゼンチン)
tv 孤高のメス(2010年 日本)
tv 普通の人々(1980年 米)
tv 陽のあたる教室(1995年 米)
tv 尼僧物語(1959年 米)
tv ナンネル・モーツァルト 哀しみの旅路(2010年 仏)
tv アメイジング・グレイス(2006年 英)
tv 哀しみの青春(1970年 伊/独)
ticket ヒューゴの不思議な発明(2011年 米)
tv オペラ座の怪人~25周年記念公演inロンドン(2011年 英)

大体は面白かった。
陽のあたる教室」がgleeの元になっているという説もあるとか後で聞いて、最近になってgleeに少し嵌まってしまった私は、シュー先生の30年後がちょっと見たくなりました(笑)。
アメイジング・グレイス」は、観て得した気分になった映画。
哀しみの青春」、女優さんが美しくてうっとり、wowowの映画紹介には名前が載っていなかったヘルムート・バーガーのそれはもう美しい姿を見つけた時は嬉しかった。
やっぱり映像が美しい作品が好きだ。これはもう好みの問題だから仕方ない。

ヒューゴの不思議な発明」~タイトルとか予告映像からもっとお子様映画なのかと思ってたけど、「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツが気になっていたのもあって映画館へ。
監督がこういう世界を描きたかったんだろうな~私は好き。

そして、このところ頭の中でぐるぐる鳴り響いているのが「オペラ座の怪人」。
ラミン・カリムルーとシエラ・ボーゲスの声と歌い方が凄く私の好みで、何回見た事か・・・
その度に涙腺崩壊しているのですが。

他に嵌まったドラマが一つ。
cdチューダーズ~ヘンリー8世*背徳の王冠
全38話(笑)。
これ、見始めたら止まらなくなりました。
5本ずつレンタルして一気に。
まず衣装が美しい。ここから入るのがいかにも私らしいのだけど。
色は渋めだけど、グレーやブラウンのビロード地にゴールドやシルバーのコードや宝石が散りばめられていたり、その地味さと華やかさの度合いがまさに私好み。
勿論、ヘンリー8世とそれを取り巻く人達のドラマは息つく暇もないほど。
ヘンリー8世を演じるジョナサン・リース・マイヤーズは、ananシネマナビお薦めの「マッチ・ポイント」で知った俳優さんなので、私にとって少し親近感があったかもしれない。

5月からはwowowで「ボルジア家~愛と欲望の教皇一族」が始まるので、これも楽しみです。

とりあえず今週は、「裏切りのサーカス」を観る!

| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

Sma-STATION 5月5日

特集は35周年を迎えたという土曜ワイド劇場

普段は自分から進んで見た事が無いのに、何故か最後に崖に追い詰められて犯人自白というのがうすぼんやり分かる不思議(笑)。
ゲストの高橋英樹さんが「土曜ワイド劇場の魅力」を語ってくださいました。
*10時半くらいには犯人が分かる安心感
*素晴らしい景色・風光明媚な所で犯人が犯行自供
*観光を兼ねて楽しめる
・・・だそうです。確かに~

土ワイ人気シリーズの中から名場面ベストセレクション
「家政婦は見た」「相棒」などが続く中、ようやく待ちに待っていた「名探偵明智小五郎」へ。
勿論、天知茂さんの明智名場面の紹介後、ここで
keyQuestion
1998年に土曜ワイド劇場史上最年少の主演男優として4代目明智役を演じた俳優は?
ここでフェンシングをする吾郎の姿が(顔は見えません)。
慎吾や大下さんは知っている訳で、高橋英樹さんは「だれ・・・?」と。
慎吾が「SMAPです。明智小五郎っぽいSMAP」
「誰だろう・・稲垣くん?」と高橋さん、分かってくださいました!
これは嬉しかったです。

少し吾郎の明智の映像も流れ、それはそれは美しい明智が居ました。
佐藤嗣麻子さんの撮る吾郎は本当に美しくて好き。
吾郎の作品の中で大好きなものの一つの「僕は旅に出る」とか。
当時雑誌で佐藤嗣麻子.さんが、TVドラマ監督として初の作品である土ワイ版名探偵明智小五郎について語っていらっしゃる対談がありました。
とても嬉しい事が満載だったので、要約して書き出してみます。

吾郎との初対面は衣装合わせの時。
ゆっくり歩いてきて、ゆっくりお辞儀して。
すごくジュリアン・サンズに似ている。不思議な空気がある。
休み時間の使い方が上手くて、ヨーロッパの役者さんと似ているような気がする。
TVドラマの演技とは違う演技をする。
すごく映画っぽくて上手い。
だからTVばっかり見ている人には違和感があるかもしれない。
今回はミステリアスにしたかったので、わざと無表情にしてもらった。
ギャグとシリアス、両方ともパッと出来ちゃうのが凄い。
台本をちゃんと読んですごく(役について)考えている。

本当は佐藤嗣麻子さん、もっと不健康な感じが好みでホームズなどお好きだそうで・・・
是非、今の吾郎で明智小五郎を撮って頂きたいなぁと猛烈に思いました。

98年3月「陰獣」
00年2月「エレベーター密室殺人
この二つが吾郎主演の明智小五郎シリーズで、映像も美しく音楽も良いのですよね。
ちょっとこの時間帯の他のドラマとは違う色合いでした。
そういえば、先ほど高橋英樹さんが上げた「土ワイの魅力」の条件には当てはまらないんです。吾郎ドラマらしいと思いました。
1作目が吾郎24歳の時、女性に翻弄されたり若くて青い明智くんでした。
今の吾郎だったら、逆に女性を振り回して泣かせる位の明智を見せてもらえそう。
嗣麻子さん好みとおっしゃるような不健康で嫌なヤツもいいなぁ。(私は、ジョニー・デップだとフロム・ヘルが好き)
でも数字が取れないか・・・私、数字が取れないようなのが好きだからなぁ。
土曜ワイド劇場で求められている明智は、一代目のような明智だろうから難しいか・・・ぶつぶつ
だんだん独り言になってきたので、止めます(笑)。

まずは、テレ朝にお願いに行ってこようdash

| | コメント (4)

2012年5月 4日 (金)

ゴロウ・デラックス 5月3日

bell新企画「伝説の漫画家」
時代を超えて愛される名作を描いた漫画家の先生たちに話を聞くシリーズ

第1回のゲストは楳図かずおさん

小雨の降る中、ビニールの傘をさして住宅街を歩く吾郎と小島さん。
ベージュとグレイのシックな組み合わせの衣装が雨模様の天気に絶妙にマッチ。
スラッとした美男美女のツーショットは絵になりますが、更に街中で見たらハッとする位にかっこいいんだろうなと改めて思いました。
だってこの背の高さの二人が歩いていたらすごく目立ちません?

後ろから付いてくる金のだるまが、クスッと笑える可笑しさ。
こういうユーモアが好きです。

だるまをからかいつつ(笑)やがて楳図先生のお宅に到着。
噂通りの赤と白のしましまの家。
可愛い!
玄関先には、おなじみ岩下さんが流し目で二人を迎える(笑)。
楳図先生、こちらも噂通りの赤と白のボーダーのパーカーを着て元気に現れました。
一旦一人で家の中に入る時も
ススススス サササ バタン という先生自らの擬音付き。
吾郎も「TV向きですね!」と感心。

楳図先生に眼鏡を持ってもらい、小島さんにシャツの首を拡げてもらってヘアスタイルが崩れないようにするするとしましまシャツを着る吾郎。可愛いheart04
中に入ると「ヘビ女」をモチーフにしたデザインの玄関。
広い玄関スペースにも、至る所にキャラクター人形が置いてある。
みんな子供に戻って楽しそう。
岩下さんは赤と白のしましまのう○ちを頭に乗せるし、
吾郎なんて「作れないんだよね。巻き○ソがなかなかね~」って言ってますし。

リビングがまた素晴らしい!
赤と白を基調にした部屋、デビュー作をモチーフにしたステンドグラスやおろち階段、そしておろち階段にある大きな姿見が気に入る吾郎。

楳図先生、とても楽しそうにご自宅を案内され、褒められると「ありがとうございます!」って、本当に純粋な方なんだなと思いました。
75歳になられるというのに、お元気で楽しそうで一つも偉ぶったところが無い素敵な方。

先生のお宅がとても綺麗だという話から発展して、小島さんの家は汚いのではないかという岩下さんの言葉に「そんな事はない!」と掃除好きを主張する小島さん。
それに対して、すかさず
「今度小島さんの家に行きましょうよ」と吾郎と
「そうですね、点検に」と、ノリのいい楳図先生。

4人で「まことちゃんの初ぐわしシーン」を朗読。
小窓でいいから、朗読する顔を見せて欲しかったな、それだけが残念。

次は2階の素晴らしいウォークインクローゼットへ。
赤白ボーダーの様々なデザインのシャツがずらりと下がり、奥にはファンの方から送られた派手な衣装がたくさん。
小島さんが赤と白のボーダーにこだわる理由を聞いている間、岩下さんと吾郎は奥でファッションショーを繰り広げ・・・もう舞台衣装ですね。似合ってます。

黄色の寝室。
可愛い白と黄色~赤のボーダーのカバーがかかったベッド。
ここに岩下さんと一緒に横たわってみせる吾郎impact
もう、ばかとしか(笑)・・・大好きです。

次の部屋への渡り廊下が凄い!
1階から吹き抜けになっている所2階の高さの部分が橋のようになってます。
で、ここを先頭が渡り始めた頃、吾郎はベッドカバーを綺麗に直していました。
目立たないようにそっと。

渡り廊下の先には可愛い部屋。
そして更にはしごが、屋根裏部屋へと続く。

屋根裏部屋には映画に使った「タマミちゃん」が潜んでいました(笑)。

小島さんが
「先生のいつも明るくて飄々としているお人柄と、描く作品とのギャップが凄すぎますよね」と言うと
「僕、実生活はまことちゃんなんだけど、頭の中はこう(ヘビ女を指しながら)じゃないと作品じゃないじゃないですか」と答える楳図先生の真剣な眼差し。
私、楳図先生のファンになってしまいそう。

「想像していたよりも楽しかったし、より刺激的だったし、なにより美しいよね」
とは、美しいものが大好きな吾郎さんの感想でした。

なんと、来週も楳図邸から更にディープな世界を見せてくれるそうで、とっても楽しみです。
何やら階段の所を這うようなポーズを取って、先生に描いてもらっていました。
ヘ・ヘビゴロウですか!?

とっても楽しい30分、何回も見返してしまいました。

漫画家シリーズ、これからも楽しみです。
次は是非、 萩尾望都さんにいらして頂きたいsign03

| | コメント (5)

2012年5月 3日 (木)

STOP THE SMAP 5月3日

5月はお花の季節ですよ!
と、5月の花の話から始まりました。
花は桜だけじゃない、ハナミズキも好き、白い花が好きだという吾郎、これから(いろいろな花が出てきて)ドキドキしてくるそうです。
吾郎じゃないですけど、お花屋さんの前を通りかかると思わず見てしまいますよね。
私も花大好きです!!

【SMAPな時間】

最初のお便りは
loveletter髪と美肌、どちらを優先しますか?
・・・両方ですよ、これは(笑)sign03
自信があるわけではないけれど、ちゃんとしてないとイヤです、僕的には。

loveletter慎吾くんがブログを始めたのはご存じですか?
慎吾は好きですね・・・
僕は、ご要望があれば、いいなぁとは思うんですけども。
基本的にツイッターとかフェイスブックとか凄く流行ってますけれども、タレントさんがブログをやるっていうのはファンの方に対する情報とかプライベート、近況的な事を聞きたいなという時には凄くいいと思うんだけども、なんかみんな結構普通にツイッターとかフェイスブックとかやって逆にトラブルとか起きるんじゃないかなという心配もありますよね。
いいこともあれば、一つ気をつけなきゃいけないなという事もあるんじゃないかな~って思いながら・・・でも僕の周りもほとんどやってますからねフェイスブックとかツイッターとか。
それを否定することは全然ないんですけど、一つのツールとして人間関係を形成していくものとして大切な部分と、あとそれを発明した方々に対する敬意はもちろんあるんですけれども。う~ん、使い方ですよね。
あと意外と僕らはプライベート、ちょっと隠したいっていうのも逆に何かそういう本能的なものもあるのかな、勿論いろんな情報というのはね、皆さんが聞きたいなぁと思ったらいろいろとお話しする事も大切だと思うんですけども、ちょっと一人になりたい時とか、ちょっと一人で静かに過ごしたいなっていうタイミングもありますからね。
僕はあまりこういう事をやってなかったりするんですけども、う~ん、でもね慎吾くんのをちょっと見てみて面白そうだったらちょっと僕もやってもいいのかな・・とも思いますし(ちょっとだんだん声が小さく(笑)~)。
ま、こういう情報がファンの方が雑誌とかTVとかであまり伝えられないようなコアな情報を知りたがりますからね、この番組のファンの方もそうだと思うんですけども、そういうものも大切に、ファンの方と通じ合っていく事も大切なんじゃないかと思っているので、ご要望があれば、僕もやりたいなと思っております。

ここの部分、よどみなく話す吾郎とその内容が素晴らしかったので、珍しくそのまま書き出しました。
私も同じように思っていたので。
私は吾郎が大好きだけどプライベートを知りたいと思わないし、私生活くらい好きなようにしてその変わり素晴らしい仕事を見せて欲しいと思います。
どちらにしても全部さらけ出すはずはないのだし、正直であれば尚更できないのではないかなと思います。

ですからその変わりに、エッセイを! エッセイを!! エッセイを!!!
お願いします。

loveletterゴロウ・デラックスで伊集院さんに連れて行ってもらったバーで飲んでいたものは何ですか?
・・・シングルモルトのウイスキーをロックで。基本的にはストレートやロックがお薦め。

【吾郎の時間】

loveletter地元の十勝ワインの宣伝を吾郎ちゃんがしてくれたらいいなと思ってポスターを作りました。(ツイッターで見せて頂きましたが、素敵なポスターでした!)
・・・いいですね。十勝ワインのコマーシャルやりたいですよね。
どうしても海外のワインがメインになってきちゃいますが、最近は日本のワインもいいですよ。日本のワイン、ここ数年でグググっと伸ばしてきましたね、勢力を。美味しくなってきましたし。

知っている所では、山梨のワインが凄くて、洋服のブランドをやっている友達が最近山梨のワイナリーとコラボレーションしてワインを作ったのもすごく美味しかったそう。
もし、プロデュースしてワインを作るんだったら日本のワインでやりたいと。
探せば日本にもまだまだワイン造りに適している土地があると思うし、日本人は一つのものを研究して伸ばしていく力が凄いから、日本のワインはニューワールドワインの中では一番注目しているそうです。
頑張ってほしい。

先日、私も山梨のワイナリー見学に行ってきたのですが、ワイン造りの歴史の浅い日本で美味しいワインを作るための様々な試みや研究、熱意に打たれ、美味しいワインをたくさん試飲してきました。で、この事について書いて日本のワインについてどう思いますか?というハガキを送ったのですが・・・残念、日本のワインについての話は終わっちゃいました(笑)。

loveletterどんな花を育てているんですか?
・・・基本的には花を買ってきて自分で生けたり、花屋さんでアレンジメントを作ってもらってそれを飾る。他には胡蝶蘭を育てている。
毎週花を飾り、写真を撮る。写真集が出せるくらい写真は貯まった。
大切に可愛がると花は長持ちすると思う。

telephoneイケテルSMAP
看護助手をしながら看護師になる勉強をしているお嬢さん。
小学生の頃からSMAPのファンで、ずっとイケテルにハガキを出してきて初めて読まれたと感動されてました。
感動しちゃって何を話したいか忘れてしまったって、直に声を聞いたら舞い上がっちゃいますよね。
吾郎も丁寧に話しを続けていました。
これから、イケテルSMAPも続きますので、ハガキどんどん出してください、って。

SMAPファンの間ではコンサートの合い言葉のような”summer gate♪”が流れ、ライブの予感を新たにしました。
今週も、とても充実した30分でした。

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »