« anan シネマナビ 7月 | トップページ | 音楽の日 »

2012年7月13日 (金)

STOP THE SMAP 7月12日

loveletterセブンギフト「桃太郎トマトゼリー」を使ってヒラメのカルパッチョを作ってみました。
材料:桃太郎トマトゼリー ヒラメ チーズ(カマンベールチーズ)
    レモン・バジル・オリーブオイル・ワインビネガー・塩・こしょう
   *写真付き
トマトは一時ダイエット効果があるって話題にもなったし、夏にいいんじゃないでしょうか?

penチーズはカマンベールか・・・スモークチーズとかはどうだろう~と真剣に考える食いしん坊吾郎がツボ。
トマトにダイエット効果・・・こんな話題もちゃんと知っているのね、さすが吾郎。

【SMAPな時間】
loveletterニューアルバムの発売が楽しみです。メンバーそれぞれのソロ曲はどのタイミングで初めて聴くのですか?
もうレコーディングは終わって後は発売を待つだけ。
ソロの曲に関してはディレクターさんと自分たち個人個人が話し合って意見を言い合って作っていく。
他のメンバーがどれくらい意見を言ってどういう行程を経て完成させているのか分からないけれど、中居くんはコンサートでやる事を前提として曲を収録しているので、きっと全部自分で決めているんじゃないだろうか。多分、曲の分数、間奏は何小節とか全部自分で作っているくらいな感じだと思う。
自分の場合は、プロのアーティストの方に提供して頂くのでその方の才能を信じて任せっきりという訳ではないけれど、あまり口出ししすぎないでイメージだけ言って出来上がってくるものを楽しみにしている。
出来上がってきたものに、コンサートでやる事を考えてテンポを上げてもらったり大サビを付けてもらったり少しアレンジを加えて欲しいとかの注文を加える感じ。
自分たちで作詞したり作曲したりするわけではないので他のメンバーもそうだと思う。。
それぞれの各部署にそれぞれのプロがいますから、そういう意見を尊重してやっていくのがSMAPのやり方なのかなという気がする。

メンバー同士のソロっていうのは意外に最後まで分からない。
コンサートのリハーサルが始まって初めて聴くという、完成してから知る事もある。
リハーサルではいつも驚く事が多く、お披露目会みたいで楽しい。

全員の曲でもレコーディングもメンバーバラバラでやるので、他のメンバーがどういった感じでその曲歌っているのかも分からない。
8月1日発売の「MOMENT」、1番歌い始めのAメロを自分が、2番では木村くんが歌っていて、全く同じ歌詞とメロディーの所があるけれど人によって歌い方が違うのを完成してきてから知ったりして面白い。
完成してみないと自分たちでも分からないというのが現実の話。
これもまたSMAPっぽいって言ったらSMAPっぽい。

8月1日 シングル「MOMENT」
8月8日 アルバム「Gift of SMAP」が発売
メンバーそれぞれの個性がギュッと詰まった僕らのGIFTを受け取って貰いたいと思っているので、楽しみにしていて下さい。

pen吾郎のラジオって本当に心地よいいい声だし聞き取りやすいし、整然としていて分かりやすい。
SMAPのCD制作の過程もよく分かりました。
いろいろ自分たちの意見もそれぞれ言っているのね。
そういう事も含めて今までのソロ曲を考えてみるのも面白い。
パフォーマンスとしては「Thousand Nights」「愛や恋や」が抜群に好きです。
「Life Walker」もかっこよかった。
今年はシンプルだそうなので、どんな感じになるのか楽しみです。

吾郎は演技においても脚本を大切にし監督の意見を尊重する。
自分は一人の俳優として、できる限りの力を発揮する。
その姿勢はず~っと変わっていないですね。
こういう所も、好きです。

musicMOMENT

loveletterいいともの後説で、中居くんが吾郎ちゃんの話をたくさんしていて嬉しかったです。吾郎ちゃんの物まねをやったり楽しくて面白かった。たまに見せる吾郎ちゃんの少年の顔が大好きです。
嬉しいですね、少年って。いつまでもそういう気持ちは忘れてはいけないですよね。
結構「いいとも」で僕のネタって昔からやられてますよね。
受けるんでしょうね、僕のネタね。言ってましたよ、僕のネタうけるって。
全然勝手に使ってくださいっていう感じなんですけどね。
意外と事実に反する事も言ってたりするんでね、たまにチェックしとかなきゃ危ないですよね。
「いいとも」だと「いいとも」に出てないから・・・でも木村くんのネタとか面白いと思うんですけどね、木村くんのネタ言いづらいのかなメンバーもね、まネタになるような事もあんまり~隙が無いからね、彼もね。
どうなんでしょうか、でも「いいとも」も後説放送しますからね。侮れないですよね。
「いいとも」と言えば今年27時間TVですよね。
タモリさん頑張って欲しいですね。
タモリさん一睡も出来ないそうですし、草なぎくんはずっと走ってますしね。
感動できる思い出に残る27時間TVになるのではないでしょうか。
楽しみにしていてください。

pen少年のよう、に嬉しいと反応する吾郎。率直な言い方がよいわ~
でも、ネタの内容には要注意です!!
ファンはネタと分かっても、たまたまそれを聞いた一般の人は信じてしまいます。
結構おもしろ可笑しくちょっと落としたような話もありますから・・・
笑いを取った後で「まあ大げさに言っただけですから」くらい言ってくれたら、随分違うと思うんだけど(泣)。
そして、「いいとも27時間TV」をきちんと真面目に宣伝する吾郎。
いつも本当に優しいと思う。

【吾郎の自由時間】
loveletterananのシネマナビ、吾郎ちゃんが映画について語る言葉が優しくて大好きです。映画評も読み応え十分ですが1枚の写真にもかっこよすぎてテンションが上がります。
シネマナビ、ず~っとやらせて貰っていて、自分自身もやっていて勉強になるし楽しい。
月イチゴローよりももっと前からやっている。
これは正真正銘、稲垣吾郎Recommendの映画です!

月イチゴローの方は香取くんが最初に5本選んでそれを評価するというコーナー。
シネマナビは何本か観て本当に自分が好きな映画をチョイスして紹介させて貰っている。
ananのコーナーと月イチゴローの映画が被る事ってあんまり無い。
どちらかというとTVで紹介するようなメジャーな作品というよりも単館上映でやっているようなマニアックな映画通好みな作品をピックアップしている。
でも大勢の人に楽しんで貰えるような作品を選んでいるので、凄いお薦めです。
別に月イチゴローの作品がお薦めじゃないと言っているのではないけれど(笑)、僕の血しか入っていないので、よりお薦め、僕の個性も感じて貰えるのではないか。
ananのコーナーは何回か他の担当者が変わっているけれど、僕をずっと起用してくださって自分でも嬉しい。

皆さん、応援よろしくお願いします。

penananシネマナビ、私も大好きです。
ですからできるだけ毎月、吾郎のお仕事としてこちらにも記事を上げようと思ってやっています。
1ページ、読み応えのある文章には映画への愛が溢れ、ちょっとしたエピソードなども入れつつしかもネタバレ無し。読むと必ず観に行きたくなります。
確かに毎回吾郎が好きそうな映画ばかり。
そう、そして毎月の一枚の写真が素晴らしい!
この1枚の為に、たとえ表紙がどんなであろうとも内容がどんなであろうとも、レジに持って行ってしまうのです。
勿論、応援しますともheart

telephoneイケテルSMAP
「あ、電波が・・・」と訝るほど(笑)電話の向こうで興奮している吾郎ファンのお嬢さん。
本当に嬉しそうで聴いているこちらも楽しい。
一つ、吾郎に言いたい事があったそうで、それは
20周年イベントの西武園で握手した時、こちらが何も言っていないのに
「あ、ありがとね」と吾郎に言われたとの事(笑)。

吾郎:「その前に思ってること、心から通じたんじゃないかな」
イケテルお嬢さん:「じゃ、そう思ってます」
吾郎:「ありがとうのフライングって事はありがとうに心がこもってないってことだよね(笑)」

まあ、ぬけぬけと(笑)「心から通じた」とか咄嗟に言えてしまうのが稲垣吾郎。
でも相手の方もすぐに「そう思ってます」と答える所が凄い。
だから話が弾んで長かったけれど、とっても楽しかったです。

イケテルお嬢さんは名古屋の方だそうで、名古屋ライブの話に・・・
名古屋のコンサート会場楽屋には必ずひつまぶしと天むすがあるそうです。
普通は大きな器に入っていて端から食べていくのに、一人だけ違う所から食べる人がいる。
ひつまぶしの食べ方が上手じゃないという所をDVD撮影の裏側で見せようかな。
~なんていう構想まで出来上がりました。
今年のライブDVDに入るといいですね。
それぞれメンバーが食べる所も是非。
実は、前回のライブDVDで剛と二人でお昼を食べている映像がすごく好きなのです。

musicGift

吾郎の声に癒やされながらこんな事を書いていたら、ようやくライブのお知らせが届いたようですsign03

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

    

|

« anan シネマナビ 7月 | トップページ | 音楽の日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

今回も初めから終りまで充実した内容で楽しめました。お便りの選び方がバランスが取れていてそれにきちんと真面目に対応する吾郎が素敵!仕事に向き合う姿勢が一貫してぶれない、それが役者の仕事でも、音楽関係でも。NHKのプロフェッショナルでも人の話をじっくり聞いてから自分の意見を端的に述べる吾郎。どんな場でも仕事に対するスタンスを変えない拘りは素晴らしいですね。

吾郎のネタは、ご本人は大らかに構えているのでファンがとやかく言うことではないのでしょうが、やはり行き過ぎはいけませんね!特に有る事無い事を言うのではなく、無い事、無い事は止めていただきたい。

シネマナビは私も大好きです。吾郎の選ぶ作品、紡ぎ出す言葉、そして一枚の写真・・・全てが好みで言う事なし(笑)なのですが、沢山語ってくれて益々好きになりました。

イケTELのトークも可愛かったし、吾郎の声を聞いているだけで癒されますね。来週はどんな話題だろうと早くも心は飛んでいます。

投稿: あや | 2012年7月14日 (土) 23時58分

catあやさま
コメントありがとうございます。
お便りの内容もバラエティに富んでいるし、選び方もバランスが取れていていいですね。
それにしても、本当に吾郎って心の広い人だと思います。
何言われてもにこにこしているし、反論がある時は笑いながらはっきり返すから、メンバーもつい話題にしてしまいますね。

今回は、私も大好きなシネマナビに寄せる吾郎の思いが聞けてとってもうれしかったです。
長く続いているのもうれしいです。
やはり次は書籍化のお願いですね。

毎週、本当に楽しみで楽しみで・・・まさに癒やしの30分です♪

投稿: サイトー | 2012年7月16日 (月) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« anan シネマナビ 7月 | トップページ | 音楽の日 »