« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

SMAPXSMAP 10月29日

今週のスマスマは面白かった!
restaurantビストロ
ゲストはかたせ梨乃さんとピースの二人。
かたせさんはピース綾部さんの憧れの女性という事で、女優さんと若い芸人さんの組み合わせが今回は上手くいったなと思いました。
それにしても、かたせさんの脚のきれいな事!
吾郎とは何回か共演しているに、吾郎との話が聞けなかったのが残念。

ビストロ特選御膳がとっても美味しそう。
特に木村吾郎チーム・・・ノドグロご飯、できたら混ぜないで食べてみたい。もちろんスープもかけないで(笑)~これが私の好み。

bellフェンシング五輪銀メダリスト選手と対決 
待ちに待ったフェンシング!
先日予告にもあったのに放送してくれなかった時は、まさかのお蔵入り!?と心配したのですが、ゲーム的にも面白いしエクスプレス君がとても愛すべきキャラで、別の日に放送になった訳が分かったような気がしました。
みんな背が高いからフェンシングのユニフォームかっこいい。
吾郎のフェンシング姿って、一体何なんだろう・・・何の違和感も無く似合いすぎ(笑)。
肩から背中がしっかりしていて更に長くて真っ直ぐな脚、最後の仕上げはちょっと乱れた巻き毛・・・今日は遠慮無く言わせて貰う。
吾郎王子heart
しかも、フェンシングで風船割り対決、落ち着いて綺麗に割っていく様は本当に素敵で何回繰り返しても見ても飽きない。
意外に当たり前に見てしまったんだけど、終わった後全く呼吸が乱れていないのが凄いと思った。日頃の鍛錬がうかがえるわ~
あ、一回「はぁ~」というため息が聞こえてこれは可愛かった(笑)。
かっこよく決めるんだけど、何故かすごく若い。
可愛い笑顔満載で、この先何回可愛いheart02って書くか分からないので、フェンシングの事はこの辺で止めておこう。

ただ「まさかの吾郎さん」って言ったあなた(笑)sign03
吾郎の好成績って派手に盛り上げてくれないし日頃の運動苦手キャラもあるから忘れられがちになるかもしれないけど、吾郎は意外にいい成績を残しているのですよ。
ボーリングゲームでもミラクル出すし、最初のマラソンで一着だったのも、流鏑馬で利き手でない右手で挑戦して見事に当てたのも、最初にアーチェリーで真ん中を2回当てたのも全部吾郎なんです。
忘れないでねheart04

cafeスマスマ喫茶&歌
初めてのコーナー。歌のゲストを招いてのトークがスマスマ喫茶というコーナーになったのでしょうか。
今週はゴールデンボンバーがゲスト。
このコーナーはこれからも続いていきますように。

「女々しくて」
こういう曲ではっちゃけるSMAPは最高。
本当に楽しそうなんですもの。
毎週違うゲストを招き様々なジャンルの歌を歌って踊る訳で、「音楽を楽しむ」事で技術を補っているのがSMAPの歌なのかなとか生意気な事を思ってしまいます。
ゴールデンボンバーさんも楽しんで貰えたようで嬉しかった。
こういうテンポの速い曲になるとより面白いのが吾郎で(笑)、ものすごくかっこよく歌っていたかと思うと次の位置まで一目散に走ったり、ちょっと必死に踊っているのが可愛かったり、こちらも何回見ても楽しめてしまう。

とっても楽しかった今週のスマスマですが、
「ごりーぱみゅぱみゅ」から吾郎をそろそろ解放してあげて欲しいな。

| | コメント (2)

2012年10月28日 (日)

ゴロウ・デラックス 10月25日

オープニングの立ちトーク
小島さんのエッセイ「女たちの武装解除」の紹介。
そして「吾郎さん、Twitterやってますか?」という会話、なめらかによく喋る吾郎・・・日常でもこうなのかな(笑)。

book今週の課題図書:「日本は」 G.Dグリーンバーグ著
日本語ペラペラ在日アメリカ人、グリーンバーグ氏のツイートをまとめた本。
ところがグリーンバーグさん、足の具合が良くなくて代理のスージー鈴木さん(この本の仕掛け人)がご出演という事に。

グリーンバーグ氏の「日本(人)に対する愛と皮肉のつぶやき」を紹介。
それについて、小島さんと吾郎の毒舌を交えたお喋りが進んでいく・・・
始まった頃のゴロウデラックスに戻ったみたいな懐かしい感じで面白い。
私はやはり吾郎のお喋りが大好きらしい。

chickゴミの分別をしていて思うけれど、ビニールが多すぎる
まさかのスーパーのビニール袋の話から、吾郎の私生活の近況へと発展!
*変装してスーパーに行ってるのにバレてる(笑)。
*しかも先日はスーパーのクジで1等を当てたとか。
スカイツリー一泊旅行sign03

chick次々に出てくるグリーンバーグ氏のツイート。
「なるほど!」「あるある」と思っているといつの間にか、日本企業で働く日本人が思うようなものまで~
次第に疑問を持ってくる小島さん(笑)。
「グリーンバーグさんって、どんなお顔をしているの?」
確かに写真もないのも珍しい。
「山田くんがロケすれば良かったのよ」という小島さんの声で、奥に引っ込む山田くん。
やがて「グリーンバーグさんと電話が繋がりました」と電話を手に戻ってくるAD山田。

スージー鈴木さんが話し出すが、話がスムーズに通じているのか通じていないのかも怪しい・・・と思ったら、グリーンバーグではなく「西原マリーンパーク」でした、というオチ。
ちょっと嘘っぽすぎて、ゴロウデラックスはここまでやらなくても、とは思ったのですが、
電話に出て「SMAPの稲垣吾郎です」と名乗る吾郎。
「苦情はTBSに~」と最後まとめていたのはさすが。
山田くんには「詫び状書いといてね」
おお~よく気がつく中間管理職!

それでも疑念が消えない小島さんというテイで進んでいくなか、

「会えないから面白いのかな」という吾郎の言葉に凄く納得いきました。

「読んでいて本当に面白かったし、書いているのがグリーンバーグさんでもマリンパークさんでも(どちらでもいいじゃないですか)」
顔の見えないネットの社会では「誰が書いている」か分からなくても「書かれている内容」が面白ければいいのですものね。
ネットではプロフィールなど書こうと思えばどうとでも作る事は出来るのですから、実際に会って年齢や容姿などで印象が覆されたりしない方が良い事もあるかもしれないです(笑)。

「もしグリーンバークさんが来て下さったら、書店ロケしてポップ書いたのに~」と和やかに話を締めくくって今週も終わりました。

| | コメント (2)

2012年10月26日 (金)

STOP THE SMAP 10月25日

loveletter苦手な匂いはありますか?
僕もタバコ、かな。タバコの匂いは好きじゃないなぁ。
嫌いな臭いの近くには行かないという事かな。


【SMAPな時間】

loveletter水森亜土さんのSMAP話。リハの時はコーラス隊を含めテンションが低かったのに本番になるとものすごく全力でパフォーマンスして下さって楽しかった、プロだねぇと思ったそうです。スマスマでは毎回違うゲストの曲の歌も振り付けも短時間で覚えないといけない中、本番までにテンションをどうやって上げているのですか?
まあ本番まではテンション低いでしょうね、SMAPの場合は。モチベーションの持ってき方などあるんでしょうね。ゲストの方とかびっくりする人もいるかもしれないですね。
ベテランの方ってリハーサルから全力でやるみたいな凄い真面目な方多いし、今どちらかというと甘やかされちゃっている世代なのかな、僕らは。ね、どうなんでしょうか。
ま、最大に本番で一番いいパフォーマンスを発揮したいという思いもあって、本番まではちょっと押さえたりとかね、ただゲストの方に迷惑をかけちゃいけないのでね、その辺の配慮ももちろん必要だと思うんですけどね。ちょっと亜土さんには失礼な事をしてしまったのかなぁという・・・亜土さんには失礼いたしました。
本番までにリハーサルを4回とか5回やったりするんですけど、一番最後のリハーサル、ランスルーと言ったりするんですけどね、その時は結構全力でやってたりしますよね。メンバーによって持って行き方はそれぞれ違うと思うんですけども。
でもなるべくゲストの方には気持ち良くパフォーマンスをしてもらって気持ち良く帰ってもらいたいなぁと思います。
あと、結構メンバーみんなシャイだったりするんでね、うちのメンバーって。本番までそんな会話しなかったりするんですよね、ゲストの方と。
比較的、僕とか木村くんとかはそういう所、少し、ちょっとリハーサル中にゲストの方と世間話をしたりとか、今これからやるパフォーマンスについていろいろなお話をディスカッションしたりとかはやったりしますけどもね。
多分、お喋りなのかもしれないですね。いい意味でちょっとミーハーな所もありますしね。
ゲストの方とお話したいなぁ~という気持ちになったりするので。お話したりします。
ま、メンバーいろいろな収録の臨み方があるんですけれども。


penお便りでは「水森亜土さんが、スマスマに出演時SMAPは本番になると全力でパフォーマンスしてくれて凄かった・とても嬉しかったとおっしゃっていた」事を伝えたかったのだと思うのですが、リハーサルの時にゲストに心配させてしまったかもしれないと心苦しく思ってしまう吾郎、大人だなぁと思いました。きっと今後はこういう所も気をつけるのだろうな。

loveletter東京ドームのコンサートで腰を痛めたと聞いて心配です。見にいった人は皆腰が痛いなんて気づかなかったって言われていて、ファンにそれを感じさせない吾郎ちゃんのプロ意識の高さに凄いビックリです!
このハガキがいっぱい来てるんですけどね、これMC中に中居くんがちょっと喋ったんですよね。何であそこで僕の腰の話をしたのかよく分からないんですけど。コンサートの前日くらいからかな、中居くんはぎっくり腰と言ってましたけど、ぎっくり腰というのはちょっと大げさなんですけどね、ちょっとまあ腰を何となく仕事をしていく上で疲労がたまっていたのか、ある一瞬ギクッという訳では無いんですけど、そんなに弱い方ではないんですけど、たまにありますよね。それでコンサートの初日くらいに「あれ、痛いなぁ」と思いながら、それでもいろいろとコンサートのスタッフの中には、いろんなトレーナーさんとか、いろいろと見て貰ってなるべくお客さんにそういうのを気づかれないように最大のパフォーマンスが発揮できるようにライブやったんですけども。

でもね、これはまあ本当に思ったんですけど
やっぱ、本番に入るとファンの方、目の前に大勢居て、あんだけ喜んで声援を感じると、痛み飛んじゃいますね。ホントに。
ホントに思いましたね。不思議ですね、本番の力。
お客さんいなかったら成立しないもんだし、コンサートっているのは。
これはメンバーみんな言ってる事だし。
ホントにファンの方に助けられたという気持ちでいっぱいですね。

まあ気にされてるファンの方もいると思うんでね、今お話したんですけども、そういう事を考えてコンサートのMCはした方がいいですよね。

pen今までこういう場が無かったから、こんなにもファンは心配しているという事を吾郎は知らなかったのでしょうか。思いがけない反応に少し驚いているみたいだったけど、私たちはいつもものすごく心配したり喜んだりしてるのですよね~
たいした事はないと言いながらも、MCでこんな事を言ってはいけなかったと反省する吾郎、本当にこういう所までメンバーそれぞれ違うんだなと思いました。
それにしても、コンサートで分かりやすいファンサ(ファンへのサービスの事です)が無いと言われがちの吾郎ですが、みなさんのおかげで痛さも感じないとか、私は最高の言葉だと思いましたheart

*今週は書きたい事だらけでまた長くなってしまいましたので、後半は「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 10月25日"

| | コメント (2)

2012年10月25日 (木)

野の花によせて

深沢紅子展 「野の花によせて」

   武蔵野市立吉祥寺美術館
   ~11月4日(10月31日(水)は休館)

私の尊敬する深沢先生の作品展が、今吉祥寺美術館で開かれています。

強いものより弱いもの、華やかなものより落ち着いたもの、賑やかなものより静かなもの、
私の選ぶもの、求めるものは、幼い頃から、心に染みた、野の花の心、ひっそりと佇む野の花の姿以外の何ものでもなかった事を悟りました。
その思いが、争いごとをも忘れて、終生を貫けたことを幸せに思います。
                      ~深沢紅子 「野の花によせて」

花を描くためには、花の個性、花の気持ちをよく知る事が大事だと思う。
たとえば、これは無邪気な花だなとか、風になびいているところが美しいなとか、そういうところを描きたいと思う。       ~「油絵ノート・花」

今回は水彩画の花の絵が中心で、先生の生き方そのもののようで胸が熱くなりました。
水彩画の他に油絵も素敵、そしてお書きになる文章もやさしい言葉で人柄が溢れていて大好きです。


art随分昔ですが、先生のアトリエや軽井沢の山荘にお邪魔して少しだけ絵を教えて頂いたり、うろちょろしていた頃がありました。
明るくて広いアトリエには、そこかしこにキャンバスが置いてあり、描いているうちにドライフラワーになってしまった花や果物などがそのままになっているのに統一感があり、先生の人柄とか美意識などといったものに満ちた素敵な空間でした。
その頃は若くてあまり分からなかった事も、今思い返してみると「こういう事だったのか」と分かる事も多いです。
いくつになっても勉強する事は山のようにあると、いつもおっしゃっていて、
凜としていらっしゃるのに、いつも目が優しく微笑んでいるような素敵な方でした。

そのうち、いろいろ私も忙しくなって行けなくなりましたが、教えて頂いた事・お話した事などは私の宝物の一つになっています。

柄でもなく「芸術の秋」っぽい記事でした(笑)。

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

火曜曲

放送事故についてではありません(笑)。とはいえ、なかなか貴重な体験でしたが~

SMAPコンサート東京ドームでのリハーサル風景。
カメラワークから照明まで入念なチェックを怠らず細かくスタッフに指示する中居くんの仕事っぷりが素敵。

みんなが踊っている中、一人立ったままの吾郎。
終わって捌けていく時、すっと中居くんが近寄って肘のところを支えて何か喋っていた。
そうか、東京ドーム1日目に腰を痛めたと中居くんによってバラされていた事実。
吾郎は「たいした事ないよ」と笑っていたけれど、慎吾も「吾郎ちゃん、ステージ裏ではバスタオルかけて寝てる」と言っていた。
東京ドームではそんな腰の痛さなんて微塵も感じさせない元気で笑顔いっぱいの吾郎でしたが、この映像を見てやはり痛かったんだなぁと実感しました。

裏での努力とか、こんな忙しい俺とか、痛くて辛かったとか・・・
表では言わず見せずに、結果だけを差し出す吾郎。
こういう所も大好きなんだな。
もちろん最初は顔とスタイルから入ったんだけどheart

| | コメント (2)

2012年10月23日 (火)

パルコ劇場公式サイト更新!

日程などの詳細が発表になりました。
間にSMAPコンサート札幌公演も挟んで大変なスケジュールになっていますが、年末まで楽しませて貰えるのですね。
共演者。演奏者などのお名前を見ると、更に実感としてドキドキしてきます。

パルコプロデュース 恋と音楽

*サイドバーにもリンクを張っておきましたがチラシ風のデザインは便宜上私が勝手に作ったものなので、本公演とは無関係です。早くポスター、チラシなどが見たいですね。

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

ミュージカル!!

吾郎の舞台の詳細が発表されましたsign03

「恋と音楽」
鈴木聡さん書き下ろしのミュージカル。
相手役に元宝塚の真飛聖さん。
演出は河原雅彦さん、音楽は佐山雅弘さん。
12月1日~28日     渋谷パルコ劇場
2013年1月11~14日  大阪森ノ宮ピロティホール
     1月26日・27日 仙台・イズミティ21

稲垣吾郎が初ミュージカルで新境地
稲垣吾郎、初主演ミュージカル

パルコ劇場、鈴木聡、河原雅彦、佐山雅弘・・・去年の「ぼっちゃま」ですごく温かで素敵な舞台を見せてくれた組み合わせ。
そういえば、去年秋の「泣き虫なまいき石川啄木」の時、紀伊國屋サザンシアターにパルコ劇場からお花が来ていましたっけ。
あの頃からもう考えていたのかしら@吾郎でミュージカル♪
たっぷりと歌と踊りの訓練をして、素敵な歌声を期待しています。
仙台でも公演があるのも嬉しい。

吾郎が演じるのは、恋愛経験ゼロのミュージカル作曲家。
大人のラブコメだそうで、ちょっとヒュー・グラントっぽい雰囲気を想像しつつ、12月1日初日までめくるめく妄想の毎日になりそうです。

嬉しすぎて、何を書いているのか分からない。
とにかくいつも以上に素敵な年末年始になりそう。

| | コメント (2)

2012年10月21日 (日)

月イチゴロー 10月

movie今月の5本

*第5位:ゾンビ革命
久しぶりに香取くんの悪ふざけが出てしまった。
「映画としては・・・ヒドイですよね」と、ごく真面目に言い放ったコメントに小窓の慎吾と生瀬さん、顔を見合わせて大爆笑。

*第4位:エクスペンダブルズ2
歩くバイ○グラ、
ここまでいくとポルノですね、
筋肉団子

・・・今月も素晴らしい名言が誕生sign03

*第3位:鍵泥棒のメソッド
日本映画を代表する3人の俳優さんが手を組んだ作品。
2時間の間にいろいろなストーリーがぎゅっと凝縮されてて、緻密に考えられたストーリーが素晴らしい。
逆に2時間に盛り込みすぎとも言える、これだけのストーリー展開だったら連ドラにするとか。
内田けんじ監督、連ドラの脚本とかどうですか?「よろしくお願いします」

*第2位:アウトレイジ ビヨンド
面白かった。たけしさんの真骨頂。
どこかにユーモアがあるから救いがある。残酷だけどおかしみがある。
権力闘争はどんな世界にもあるから、そういう意味でも楽しめる。
ある意味、島耕作と変わらない。
俳優をやっている限りは北野映画に出てみたい。

*第1位:白雪姫と鏡の女王
面白かった。好きですね。
主演のリリー・コリンズがめちゃめちゃ可愛かった。恋しちゃった。
美術が良かった。石岡瑛子さんの遺作になってしまったが衣装が素晴らしい。服飾を越えてしまっている。
大人から子供まで楽しめるエンターテインメント・ムービー。
大絶賛。

pen吾郎って、どうしてこう言葉のチョイスが面白いんでしょう。
これはもう、生まれつきのセンスですかね。
エクスペンダブルズの時なんて、小窓の二人は体を二つ折りにする勢いで笑っていました。
私も、時々この名言を思い出して一人で笑ってしまいそう。

鍵泥棒のメソッドは、なかなか評判が良いようですが、3位でした。
ananシネマナビでは堺雅人さんの「この夜の侍」を堺さん山田さんの演技と共に絶賛していましたが、お仕事では「映画」単位で見るから同じ俳優さんが主演だからと言って評価は分かれてしまうのですよね。

そうそう、月イチが始まる前に慎吾が生瀬さんに「監督にも俳優にもキレッキレの・・・」と言っていましたが、吾郎は俳優の演技を褒める事はしても貶す事はほとんど無いです。
今までだったら、消しゴム男(笑)と役に対して太りすぎの俳優さんに対しての苦言(笑)くらいじゃないでしょうか。
・・・ちゃんと見もしないでTwitterやブログなどで月イチを批判している人に、これだけは言いたかった。

いつもたけしさんの作品に温かな目線の吾郎、アウトレイジビヨンドについての感想がとても楽しみでした。
どんな社会にも当てはまるので面白い~というコメントに深く同意しました、見てはいませんが。
ただ全員が悪人で残酷なシーンもあるとなると、食べ放題行列ランキングなどを見ている視聴者にはお勧めできないかもしれないですね。
だから・・・そもそもスマステの方向性に絡めての月イチゴローは、大変だろうなと思います。

1位の「白雪姫と鏡の女王」・・これは何か見た事のあるような色彩感だと思ったら、ターセム監督なんですね。
初めて買ったブルーレイが「落下の王国」だった位、ターセム監督の映像美が気に入った私なので、これもすごく見たくなりました。

リリー・コリンズ・・・すっごく可愛くて綺麗。フィル・コリンズの娘さんだったなんて!!知りませんでした。
吾郎が好きなタイプって、一貫してますよね。
骨格からきちんと美しい知的な女性sign03趣味がいいわ♪

clip月イチゴローのコーナーが終わっての生瀬さんの言葉、
「はっきりしてていいですね。
吾郎ちゃんの趣味なんでしょ。」

そう、吾郎はどんなに忙しくても真剣に5作品を見て、自分の好みも入れながら、この番組に合ったランキングを考えているのですよね。
だから月イチで1位にならなくても、ananシネマナビの「今月の1本」として紹介していたりする事があるのだと思います。
双方ともにそれぞれの面白さがあって、好きです。
できたら、両方とも書籍化できたらいいなぁ。

drama今月の吾郎
秋らしくベージュとグリーンの組み合わせ、ジャケット、ニットベストにネクタイ・・・枯れ葉散る図書館の前にでも置きたくなるような装い。
色白で、ぐっと細くなったまま、本当に美しい。
横顔の顎のラインは素晴らしいし、真っ黒な瞳は相変わらずキラキラ。
是非、今の吾郎で写真集を!と叫びたくなるようなビジュアルでした。

| | コメント (3)

2012年10月20日 (土)

ゴロウ・デラックス 10月18日

今週はお台場にあるレゴランド・ディスカバリー・センターでロケ。
吾郎とレゴって、色彩的にも(笑)結びつかずどうなのかなぁと思っていたら、案の定本人が認めるテンションの低さ。
それはちょっと 今回ゲストのレゴ認定プロビルダー・三井さんに失礼じゃないの?と思っていたら、まさかの小島さんの行動!

三井さんが10時間もかけて作ってきてくれたという、ゴロデラオープニングのキャラクターの二人を忠実にレゴで再建したお人形、それを・・・
小島さんの扱いが少し雑かなぁとは思っていました(笑)。
何故って、昔WINで操り人形になっているピノキオの手をもいでしまったという過去のある吾郎が、とても大切そうにそっと棚に置いたのを見ているからです。
まさかの小島さん、自分のお人形の首をもいで部品がその変に散らばるという大惨事が!
他人の不幸をテンションアップで大喜びする吾郎。
小島さん、GJですsign01
ここには、レゴブロックで作られた東京の街のジオラマがあり、忠実に再現された街は特別なパーツなどはなく、すべて市販されているもので作られているそうです。
すごいsign03

book空間的思考法 三井淳平著
三井さんが伝えたい「レゴブロックの本当に遊び方」
説明書通りに作るだけでなく、自分で作りたいものをイメージして組み立てる、それがレゴの面白さなのではないか、という事が書かれています。

実は私、レゴとか大好きなんです。
ただ、色がちょっと・・・だったので、三井さんの「ゼブラシ」「ホワイトタイガー」に感動しました。
いろいろ作品を見せて頂くと大きなものは内部が建築物のようにしっかりした骨組みが作られているんですね。
コンピューターに頼ったりせずに頭の中で設計図を組み立てながら作るという・・・さすが東大!

最後はレゴ教室を体験。
白とグリーンだけを使ったシンプルな「家の土台(笑)?」は、いかにも吾郎らしいと思いました。
三井さんからは、レゴで作られた番組タイトルを入れたボード

ゴロウappleデラックス 

がプレゼントされました。
これもまた素晴らしい!出来が良すぎて遠くからだとレゴだと分からないかも(笑)。
いや、とっても素敵です。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

STOP THE SMAP 10月18日

loveletter吾郎さんが縁起担ぎに持っているものなどあったら教えてください。
あまり拘らないです。あんまりそういうものに囚われたくないというのが正直な気持ち。

すみませんhappy02つまんない答えで~という言い方が可愛かった。

【SMAPな時間】
loveletterスマスマ本、大切な宝物になりました。黄色本の中で、今までやってきたコントで面白かったものに職人シリーズとありましたが私も大好きです。
結構マニアックなコントですがシュールで僕も好き。中居くんにつっこむといういつもと逆の立場も面白かったんですけど。なかいまさひろの頭をスリッパでひっぱたくというのが面白くて新鮮だった(笑)。
たまにつっこみとボケを替えてみると新鮮で面白い。

loveletter踊る大捜査線、先日のストスマで、最後に出た香取くんがみんなの心に残るんだろうなとおっしゃっていましたが、踊るファンでもある私が断言します!吾郎さんが犯人になった歳末SPはファンの間ではTVシリーズに次いで人気がありますよ。脚本も面白いのですが、歳末が評価されるのは鏡くんのキャラにもあります。鏡くんが手錠を掛けられた後の表情は秀逸です。踊るファンの間では歳末SPもすごく人気があります、その事を知って欲しくてメールしましたsign01
すごい・・・凄い情熱が伝わってきますね。一回言えば分かりますよ(笑)。歳末も良かったんでしょ(笑)?ありがとうございます。吾郎のくすくす笑いとスタッフの笑いが聞こえます、楽しそう。
仲間由紀恵さんとか原沙知絵さんとか、結構今ビッグになられた俳優さんも出てたりして、ファンの間では秀逸な作品と言われているのかもしれませんけれど、Sさんもかなりの踊る大捜査線ファンなのでしょうか。ただの僕のファン(だけ)だったら、こんな事言っちゃダメですよ。
贔屓するのが当たり前じゃないですか、僕のファンだったら(笑)。
本当に踊るファンで平等に作品を見た中で言ってくれてるんだったら嬉しいですけどね。

因みに鏡くんというのは僕のイメージから「鏡をよく見る」とか、そういった所から脚本の君塚さんが書かれたみたいですけどね。
で何かこの時、髪型にすごく拘る役という・・結構自分のパブリックイメージとリンクさせてるのもあったのかもしれないですけど、髪型を朝1時間くらいセットしているという役だったんですけど、意外と普通の髪型してるんですよ僕、その時。
それで織田裕二さんに、その髪型全然拘っているように見えないよね、と言われたのが凄く印象的で~(笑)


pen15年経って、「鏡恭一」の名前の由来を知る驚き!
ちょうど「恋の片道切符」と同時期で前髪を下ろした可愛いヘアスタイルだったんですよね。
織田さんにそんな事を言われていたとは(笑)・・・

musicThis is Love

clipこのあとは「続きを読む」からどうぞ~

続きを読む "STOP THE SMAP 10月18日"

| | コメント (3)

2012年10月18日 (木)

秋のバラ

bellマレーラ
あこがれのマレーラ。
今年の春にひょろひょろの新苗を買って育て、途中でうどんこ病になってほとんど葉が枯れてしまったり一時はどうなるかと思いましたが、暑い夏を越えた辺りからどんどん葉が茂り茎が太くなり、とうとう花をつけました。
まだ1年目なので茎は短く花は小さめですが、形が美しくて上品で華やかな香りが素晴らしい。
どうにか大切に育てたい。1018

hairsalon初めての夏剪定
バラの初心者本を頼りに夏の間はつぼみを付けると咲かないように摘み取り、秋の花の準備。
覚えておきやすいように夏剪定は9月9日に行う。
それが間違いの元で、残暑の厳しかった今年はもっと遅い方が良かったようです。
剪定してすぐに芽が出てあっという間に伸びて小さな花を付けてしまった。
ディスタント・ドラムス、ラ・パリジェンヌ共に、春の3分の2くらいの大きさの花が次々に咲きました。これからは長期天気予報を見て考えないと。

bomb大失敗
大きく育っていたマダム・ヴィオレ、少し葉が元気ないけれど残暑が厳しいせいかと思っていましたら、台風で根元から倒れているのを発見。
あんなに元気だったのに、見ると15cmくらいのひょろっとした根っこがあるだけで、ほとんどの根が無くなっている。
ああ、これがコガネムシ幼虫の害だったのですね。
時期も何もお構いなしに大慌てで鉢の土を全部替えたのですが、どうなる事か・・・
バラはちょっとした油断がいけないという事をひしひしと感じました。
マダム・ヴィオレさま、本当にごめんなさい。どうか復活しますように。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

GIFT of SMAP 味の素スタジアム

10月の野外ライブ、凄く良かったsign01

13日は鱗雲が浮かぶ秋の空。始まりの時はまだ薄明るかったのが嬉しかった。
野外ライブで明るかった空がだんだん暗くなっていく感じが凄く好きです。

そして二日間晴天のはずだったのが14日は昼前から雨がぽつりぽつり・・・
久しぶりのアリーナで雨合羽を着るという初体験をしました。
10分遅れくらいで始まった味スタ2日目、始まったとたんに細かい雨が本格的に降ってくる。
ライトに照らされた雨は実際よりも激しく多く降っているように見えるのですね。
ちょっとした豪雨に見えたかもしれませんが細かい雨なのでそれほどではなく、でももちろんそこら中びしょ濡れ、双眼鏡のレンズにも雨がかかって見えない状態でしたが(笑)。
でも雨が降る中で始めるライブ、会場全体で「雨なんかに負けない!絶対に凄く楽しいライブにしてやる!」という思いで結束する感じが好きです。

「この雨の中、よく集まってくれたなー!今夜のうたげ思いっきり騒ごうぜ!!」という木村くんの熱い言葉に更にヒートアップしていく会場。
私の席の前方には男性が何人も居て、みんな楽しそう。

karaoke雨といえばMC
水ですべりやすくなった床をきれいにするためにお掃除SMAP
モニターに映し出された床は、濡れた床なんてものではなく「水たまり」。
それをワイパーみたいなのでぬぐい取ったりタオルで拭いたり・・・
なんかごちゃごちゃ言いながら作業している姿が、雨ならではの光景でした。
ちなみに、吾郎の濡れた髪の毛を乾かすために5台のドライヤーが使われたそうで(笑)・・・

でも、髪の毛が全部濡れちゃった吾郎、すっごく素敵でしたけど。
急いで乾かした感じの髪の毛はボリュームアップして、もうトイプードルみたいで本当に可愛かった。
くるんくるんのままで、十分に素敵なのに。
でも小さい頃から、いろいろ言われて悩んできたんだろうなぁという位に本当にくるっくるでした。ああ可愛い・・・heart04

pen今年のライブで特に感じた事。
吾郎の笑顔が素晴らしいheart
めいっぱい走り回ってまたはトロッコの上で、手をぶんぶん振って「上まで見えるよ!」という風にスタンドの上の方まで笑顔を届ける。
リフトの上でも大きく手を振って・・・本当は怖いんでしょうに。
8月の終わり、生で見る吾郎が随分細くなったなぁと思ったのですが、更に東京ドームそして味スタになると更に細くなって~
でもキラッキラの笑顔で、とても元気そうなので安心しました。

いつだったか夜空ノムコウの時、3塁側のステージ真横の見切れ席の真ん前で一人で客席に向かってしばらく両手を振っていた。
昨日はラッキーさんの時、バックステージの一カ所のカメラにみんなが集まりがちになると、すぐに反対側の誰もいない方へ移動して客席に向かって大きくお手振り、これを何回か繰り返していました。
自分で声には出さないけれど、目立たないようにファンを気遣う気配りが吾郎らしいと思った。

musicMoment
正面モニターのメインにはずっとあの巨大足のMVが映し出されているのですが、終わり頃になって歌う5人の映像になります。
その時毎回(私が行った会場で確認した限りですが)、正面足元からパンアップして顔まで映るのが吾郎で、それがすごく嬉しかった。

musicSpecialThanks
屋外で聞くこの曲は格別。
スタンドのペンライトがまるで星のようで、吾郎の歌声が夜空に上がって吸い込まれるような思いになります。
私の周りではみんなが立って気持ちよさそうに聞いていたのがとっても嬉しかった。
最後の笑顔が最高。
曲前のトークによると木村くんは、この曲が何故か①お風呂に入っている時②眠る時、に頭に浮かんでくるそうです(笑)。

music真夏の脱獄者
檻の中から見つめる冷たい吾郎の目にゾクゾクする。
そして檻を登っていく吾郎のかっこいい事sign01
檻の上で歌う吾郎、強いライトに照らされて頬に影ができて・・・大好きな吾郎だ。
この曲が終わってロングコートを脱ぐと更にまたロング丈のジャケット・・・この辺りの衣装でジャングルジムのようなセットを踊りながら上がったり下ったりの振りが大好き。
階段の中程で木村くんと並んで踊っている所など、本当に美しい。
ウエストが少し絞ってあるロング丈のジャケットは、吾郎にすごくよく似合う。
ここは是非マルチアングルでじっくりと見たいsign03

musicshake~アンコール
トロッコに乗った吾郎の笑顔がもう天使。
赤いリボンが付いたツアーグッズTシャツにブルーのカーディガンがすごく良く似合う。
白くて綺麗な肌が引き立つんですよね。
しかも薄くて丈が短いから体の線が見えて尚更お得♪
味スタはアリーナ部分が広いので、他では見られなかった中央通路を横切るという演出も加わり、更に嬉しい思いをした客席も増えたようです。

impact花火
野外と言えば花火!
夜空に打ち上げられた花火の綺麗だった事!
つい花火を見てしまって、花火を見ているSMAPを見れば良かったかな~とも思うのですが、客席のみんなに見て貰う為に打ち上げた花火だから、花火を見るのが正解なんでしょうね(笑)。

味の素スタジアムを以て、私の2012年GIFT of SMAPツアーは終わりました。
SMAPとバンド、ダンサーそしてスタッフの方々みんなの力が合わさった素晴らしいステージでした。
素敵な時をありがとうheart

| | コメント (2)

2012年10月12日 (金)

anan シネマナビ 10月

movie今月の1本:「その夜の侍

「重いテーマなのにシュールでコミカルな要素が全編に含まれている。僕は好きです。」
この何とも言えず、素直で正直な感想に惹かれます。
多分、私は進んで観ないだろうジャンルの作品ですが(ヒミズもそうでした)、吾郎の言っている事を確かめたくなります。

演じている堺雅人さんと山田孝之さんの演技についても感じたままの言葉で褒めている・・・自分も演じる立場に居て、媚びるわけではなくこういう素直な気持ちで褒められる純粋さが、吾郎らしくていいなぁと思う。

この映画の公式Twitterやプロデューサーの方のTwitterでも、吾郎のシネマナビに触れてその深い読解力や感性について呟いていました。

shadow今月の1枚
先月と同じ、ごくシンプルなグレーのニット。
余計なものをそぎ落としたような潔さと、こちらを見つめる澄んだ瞳が、今の吾郎を表しているように思える。
美しい。

| | コメント (3)

STOP THE SMAP 10月11日

loveletter吾郎さんはどんな時に馬鹿笑いをしますか?
「馬鹿笑い」いいですよ、想像しているだけで楽しそうじゃないですか。
普段は無いと思うけど、バラエティ番組やっている時はテンション上げているからスイッチが入りやすい事もある。でも、いい言葉だと思いますよ「馬鹿笑い」。

【SMAPな時間】
loveletterBIRDMANのFlyのPVについて
SMAPのPVについての中ではかなりゴージャスな方ですよね、映画的というか。
一つのコンセプトアルバムになっていたので、僕たちがBIRDMANになるというか、ストーリーがあった方がコンセプトが明確に伝わりやすい。
僕が敵に捕まって拷問を受けていて、4人が助けにきてくれるというストーリー。
石井監督なんですけど「是非、捕まって拷問されて血だらけでボコボコになってやられているのは稲垣さんがいい」って言って、何でだろうと思ってたんですけど。
何かちょっとやられてる感じとか血が流れている感じとかは、僕似合うんでしょうかね。
凄い楽しかったですよ。
何か、みんなが助けに来てくれて嬉しかったなぁ(笑)。

コンサートでもオープニング車に乗って登場してギャングの格好して・・・って、やってたんですけど、懐かしいなあ。
コンサートのオープニングで木村くんがアメ車を運転して登場してくるんですけどね、みんなが乗って。木村くん、運転上手いんだけど本番テンション上がってたんでいるもひやひやしていましたね。だいじょぶかなって(笑)。ま、木村くんの運動神経だから大丈夫なんですけどね。

SMAP5人でギャング映画、やくざ映画とか面白そうですよね。5人のギャング姿いいですよね。もしかしたら見れるかもしれませんよ、相当の数の希望者がいれば。
&G第2弾よりも可能性高いですね、これは。映画化、いいなぁ。


penFlyのPVは最高でしたね。
青白くお人形みたいに綺麗な吾郎が血を流して拷問を受けていて、他のSMAPのメンバーもそれぞれがいかにも「らしい」設定になっていて、それを見たファンでない人も「なるほどなあ」と納得してしまう所が、そのフルネームだけでなくキャラまで広く浸透しているSMAPなんだなと思いました。
こんな映画、見たいですよね。まあ、5人の作品・・・というと吾郎ファンとしては何となくあまり期待するのは止めてしまう習慣が付いてしまっているのですが、吾郎が面白そうに楽しそうに語っていると「いいかもしれないsun」なんて笑顔になってしまう安上がりなファンです。
吾郎も映画デビュー作は「さらば愛しのやくざ」ではありますが、今は任侠は剛くんの世界。
だから、SMAPはやっぱりギャング仲間とか、スナイパーチームとかがいいなぁ。
でも5人だと多分吾郎は内部に居てコンピューターを操る頭脳部門になるんでしょうね。一番拳銃をぶっ放したいのは、きっと吾郎なのに(笑)。
ああ見えて意外に男の子っぽいのが吾郎、だからどうか銃は持たせてあげて。

「さらば愛しのやくざ」といえば吾郎が演じた隆、ろくな大人にはなれないだろうな。それとも壮絶な十代後半を経て「聖なる黒夜」の練みたいになっていたりして。
隆の20年後を描いた映画も面白いかも。
ああ、また吾郎中心に話題が逸れてしまいましたorz・・・

相当数の希望者がいれば「&G第2弾よりも」可能性が高い(笑)とか、番組を通してリスナーとの交流がちゃんと行われていて嬉しいです。

musicFly

【メンバーとの時間】
loveletter木村くんは同期は吾郎だけ、と言っていますが、慎吾くんともオーディションの日が同じだと聞きました。本当の事を教えてください。
そんな事知りたい(笑)!?
僕の記憶が確かならば1987年の11月の上旬なんですよね、木村くんの誕生日の前後。
僕と香取くんは同じ日。日比谷線の六本木駅に降りた時、反対側のホームにジャニーズのオーディションに行きそうな可愛らしい少年が居るなと思って、それが香取くん。
香取くんはお母さんと一緒、僕はお姉ちゃんと、厳密に言うとお姉ちゃんの友達とも一緒。
で、その日に木村くんも一緒だったんですね。
だからオーディションを受けた日も事務所に入った日も同じ日なんですよ。
でも木村くんは僕の記憶しかなくて、慎吾くんは木村くんの記憶が無いらしい。
・・・どうでもいいよって最初に言ってる割にはすごく親切に答えている僕って、相当優しいですよね。
3人同じ日のオーディションだったわけなんですね。
でもジャニーズってどこから事務所に入ったとか、何となく曖昧な所があるんですよね。

1987年11月に知り合った人間が25年一緒ですよ。凄いですよね。
最後に言っときますと、僕の記憶も定かではありません。90%くらいは合っていると思いますけどね。香取くんが居たのは合ってます。あ、でも木村くん、俺見てるからな。確かなんですね。その日、結構人が多かったんですね。
それに次の週かなんかに、僕のお姉ちゃんが律儀に僕のレッスンに付いてきてくれた時、木村くんにサインを貰った事は今でも忘れられないんですよね。
木村拓哉って普通に漢字でサインしたんですよね、木村くんがね。
懐かしいというか運命的な出会いですよね。
楽しんで頂けたでしょうか。


penはい、吾郎さん♪楽しめましたheart
吾郎の記憶力の素晴らしさ!今回だけでなく、いつもすらすらと昔の事を映像のように語りますよね。凄いです。

bell長くなりますので、この後は「続きを読む」から~

続きを読む "STOP THE SMAP 10月11日"

| | コメント (6)

2012年10月10日 (水)

桜、ふたたびの加奈子

今年の桜の季節に目撃情報が飛び交い、新津きよみさん原作「ふたたびの加奈子」が広末さんと吾郎で映画化されるらしい、
という噂が流れて半年・・・
ようやく今日、発表になりましたsign01

「桜、ふたたびの加奈子」
広末涼子・稲垣吾郎 栗村実監督、20013年4月6日公開
詳細はこちら シネマトゥデイ

「新津きよみ先生の原作を、ギリシャ神話で妻を黄泉の国へと迎えに行ったオルフェウスの逸話をモチーフに掘り下げた物語」
だそうで、更に楽しみになりました。

新津きよみさんと言えば「トライアングル」の原作者。
「トライアングル」放送の頃、新津さんの本を「トライアングル」他何冊か読みましたが一番印象に残ったのが「ふたたびの加奈子」でした。
ラストがとても好きだったので~
そんな事があったので、とても嬉しいです。

広末さんも吾郎も、役の上でごく自然にどんな場所にも時代にもするっと入り込んでいける役者さんだと思うので、(時は現代ですが)この日常のような非日常のような世界で、2人がどう演じるか、とても楽しみです。
WSで流れた桜満開の中にいる2人の映像がとてもきれいでした。

| | コメント (10)

2012年10月 5日 (金)

STOP THE SMAP 10月3日

loveletter吾郎さんは梨派ですか?林檎派ですか?
単体で考えるとしたら「梨」かな。
毎朝、草なぎくんに貰ったジューサーでジュースを作る時は林檎とにんじんを入れる。
でも両方とも大好き。果物大好きです。

pen残念・・・私は断然、林檎派だ。梨ならば洋梨が好き。

【SMAPな時間】
loveletter先日ごりーぱみゅぱみゅの収録に参加させて頂きました。
待ち時間にスタッフの方が吾郎さんのヅラに時間がかかってますのでとおっしゃってました。
メイクにはどれくらい時間がかかっているんですか?裏話を教えてください。

実際にファンの方がスタジオに来て下さって、ライブをやるというような形で新しいコントのパッケージでお送りしているんですけども、待たせてしまったみたいでどうも失礼いたしました。
ヅラは被るだけだから多分特殊メイクに時間がかかっていただけじゃないかな。
スタッフが時間かかっただけなのに僕のせいにすれば皆さん許して下さるのではないかという事だと思う。多分僕は時間通りにやっていたと思います(笑)。
最近はビストロなんかもお客さんが入ってくれるので、一緒になって応援して頂いて気分も乗ってきますし、ライブ感覚でできるし近くにファンの方がいらっしゃると空気も変わってきますので凄い力になります。

でも結構待たせてしまう事が多いのですが、それは大体タレントのせいになるという事が、ここで判明しましたね(笑)。

ごりーぱみゅぱみゅの顔の特殊メイクだけで1時間くらいかかります。
特殊メイクは、メイクするにも時間がかかるし取るのも大変。

スポンジで出来たような顔の肉を糊みたいなもので貼り付けていくわけだから、肌にも良くないと思うけど、それだけ変われるという事は自分を捨てて役に没頭できるという事になるからやりやすいって言えばやりやすいです。

うちのコント職人慎吾はビストロスマップのリアクションで、あの時間内で扮装しているわけだから、あれは最速ですね。

loveletter先日放送された「おじゃマップ」、ステージの上のプロポーズについて
すごく感動しました。ステージ裏でプロポーズを聞いていた僕たちは、普段は黙々と着替えていたりするのに僕らめちゃくちゃ盛り上がりましたね。
まだ22歳とか凄く若いカップルでしたが、末永くお幸せに~

終わった後も、舞台捌けてきたところにそのカップルが居て、みんなで祝福した。
コンサート終わって「バイバ~イ」と言った後、僕はやたら捌けてくのが早いんです。
心は余韻に浸っているけど、体は早くシャワーを浴びたい。

おじゃマップ凄い~という事から、話題は慎吾くんドラマのMONSTERSへ。

そんな香取くんは新ユニットを作り11月にはCDもリリースします。
僕も新ユニット組もうかな・・・ゴロウデラックス繋がりで山田親太朗くんと(笑)。
ドラマの方も楽しみにしていてください。
皆さんよろしくお願いします。

musicMONSTERS

【吾郎の自由時間】
loveletter単行本派ですか文庫本ですか?
単行本を買ってしまう。気に入った本とかは単行本で欲しい。
ただ、正直あまりこだわりはない。
移動の時とか、読むのは文庫本の方が読みやすい。
革で出来たお気に入りのブックカバーを持っているので、文庫本も好き。
番組では新刊を紹介する事が多いので、最近は単行本も多い。
先日ゴロウデラックスにゲストで来てくださった赤川次郎さんが、革でパッケージされた本をプレゼントして下さって凄い立派だった。
どちらでも用途に合わせて~気に入ったものは単行本で取っておく、そんな感じ。


penこの話だけで、吾郎は前から本を読むのが好きなんだなというのが伝わってくる。
革で出来たお気に入りのブックカバーというのが、吾郎らしい。
電車なんか乗らなくても(笑)文庫本の方が読みやすいのですね。
あの綺麗な指でページをめくる所を想像してファンはいちいちうっとりしてるなんて吾郎は分かっているのかなぁ。
昔、夏休みなどの文庫本のキャンペーンを吾郎でやったら似合うのに~とよく妄想していたのを思い出しました。

loveletter沖縄の泡盛飲まれた事ありますか?
泡盛って100年近く持つらしい。太平洋戦争の時に、酒蔵とか瓶がたくさん破壊されたらしい。そうでなければ、今ももっと100年ものとかも飲めたかもしれないのに。
泡盛も好き。お酒全般好きで、用途に合わせて食べ物に合わせて飲むのが好き。
男同士で焼き肉などガッツリな時はジョッキにビールとか。

ひらがなで「まさひろ」っていう泡盛があって、うちのメンバーの中居さんを思い出してしまう。
何で沖縄で「まさひろ」なのかなぁなんて思うけど、美味しい。
僕は「まさひろ」好きだなぁ。
焼酎も好き。
ロックで少し氷が溶けてきた位が好き。水で薄めすぎるのはあまり好きではない。
サワーをお店で頼む時、お店の配合が分からないので、すっきりしたサワー系を飲みたい時には、
*普通の麦の焼酎を長いグラスでロックで貰う。
*別に炭酸水とカットレモンを貰って自分で作る。
店の人に迷惑がられるけど、カクテルとか合わせるのは自分の調合とかに拘りたい。
僕の些細なこだわり、楽しめて頂けたでしょうか(笑)。


pen吾郎がするお酒の話は楽しい!特にお酒好きな私には。
焼酎はロック・・・これは同じなので嬉しいわ。私もロックで頼んで氷が少しずつ溶けていくのをゆっくり飲むのが好き。
サワーを自分で作る吾郎。これもできたら私もやってみたい。私だったら炭酸は少なめに(笑)。
で、私がお店の人だったらいやがったりするどころか、まずは焼酎、そして炭酸水、次はレモン・・・と小分けにして持っていきますsign03
吾郎の些細なこだわり、楽しかった。またいろいろ聞きたい。

吾郎も大好きだという「まさひろ」一度飲んでみたいわheart04

loveletterSpecialThanksは一番のお気に入りです。&G名義でCDを出してください。
僕も出したいですけれどね、&G名義で。
今となってはいい思い出です、ははははは(笑)。
ね、聞いてください、稲垣吾郎でSpecial Thanks♪


penそ・そんな・・・多くの吾郎ファンは&Gのアルバムをすごく待っています。
Special Thanks はアルバムの中の一曲には勿体ない名曲、Wonderful Life も、そのカップリング曲平和の歌 ももっと多くの人に聞いて欲しい。
大人の吾郎が歌う If You GiveYour HeartSeptember Rain, それはただの気分さ、 あの夏の日も聴いてみたい。
Beautiful, Thousand Nights, to be continued, 愛や恋や・・・
思いついただけでも、こんなにたくさん。

舞台などの活動は積極的にやるけれど、歌はそんなに積極的ではないのかしら。
今までの吾郎の仕事と同様(苦笑)、ひっそりと出してくれればそれで私たちは嬉しい。
録り下ろしDVDなどが付いていたらなお嬉しい。
豪華ブックレット付きなら卒倒します。
写真集は別にもお願いしますけれど。
まあ、吾郎がどう思っていようと(笑)ファンとしての希望は出し続けたいと思います。
&Gのアルバムと写真集、よろしくよ!!

musicSpecialThanks

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net
     

| | コメント (4)

2012年10月 4日 (木)

SMAPXSMAP 10月1日

SMAP vs ロンドン五輪メダリスト
   ドリームスポーツバトル

leoレスリング
オリンピック3連続金メダルの伊調馨選手登場!
まずは、腕だけでロープを登るトレーニングを紹介。
そして見事な伊調選手の綱登りの後にキタ、「SMAPチームの皆さん、誰か」(笑)
こういう時に呼ばれるのはいつも吾郎。
観覧の人達もTVの前でもみんなが「(無理そうだけど)頑張れheart02」と応援する中、
位置に着く吾郎。
期待通りのヘタレっぽい構えで笑いを取る。
だがしかし!!
2本の腕でぐいぐいと上に登っていく吾郎。
普段からきちんと鍛えているのがうかがえて感動しました。
で、普通ならドヤ顔になる所ですが、自分のいる位置に気づいてしまって突然騒ぎ出す。
「高い!高い!ちょっと待って。おりれない!高い所ダメなのよ~」
驚きと感動から、ちゃんとオチまで作る吾郎、さすがだわheart

そしていよいよレスリング対決
ここでまた例のごとく一番手は吾郎。
伊調選手を前に「気合いだ!」と口だけ張り切る吾郎。
それを見ていた中居くんの「あいつ、足が細っせぇな」という言葉に短パンの裾を引っ張りあげて美脚披露sign03
最近の吾郎のファンサービスには感動♪

レスリング対決は、その後剛、慎吾、木村と続くのですが、これはおもしろかった。
木村くんの「添い寝攻撃」(笑)もさすが。
慎吾は大きな体を生かして大活躍。
SMAPはどんな時でも役割分担が出来ていてTVの前の人達を退屈させないんですね。
でも途中でチャンネルを合わせた人はビックリするかも(笑)。
体に手を回し、しっかり体を密着させて・・・でもバラエティは任せとけで大人のSMAPとキュートで感じのいい伊調さんだからこそ成立したかな、と思った。

tennisバドミントン
第1セットは○○さんでなくて良かったという言葉がゲストから聞かれたのがちょっと残念でテンションダウン。何だろう、言い方かな。
でもわざわざ利き手を真ん中にするシンゴロ-ペアは可愛かったし、木村剛ペアはさすがの運動神経、そして本日の大目玉(笑)上2人チームの迫力は凄かった。
そして、ベンチの3人が常にもり立てているのもさすがのチームワーク。

restaurantビストロゲストはビートたけしさん率いるアウトレイジ軍団。
たけしさんからの映画作りについての話はとてもおもしろかったし、自ら大ベテランなのに監督たけしさんと一緒にこのような場にいて緊張する、フランクすぎる中居くんは失礼なヤツだなと言う三浦友和さんには笑いました。(そんな事言いながら目はちゃんと笑っていましたし)
区役所の人と言われる(笑)加瀬さんの役の変わりようには驚いたし、試食では毒舌家になる中尾彬さんと意外にそれをフォローするたけしさんのチームワークも良かった。
吾郎さん、連勝おめでとうございます。
さんまの炊き込みご飯がとっても美味しそうでした。

carouselpony卓球対決
スマスマではおなじみの福原愛ちゃんと平野早矢香選手。
最初の的当てで初めの1発を失敗する吾郎に
「オンエアないな」という中居。
そこで中居くんにボールを命中させて見事オンエアさせた吾郎。
ライブ福岡での中居vs吾郎が蘇った楽しい瞬間でした。
黒いユニフォームの襟を立てて着ていたのもツボ。
でも良く似合っていてかっこよかったのも事実。
卓球も全員が終始笑顔なのも良かった。

来週はフェンシング対決らしいsign03
吾郎はドラマ明智以来でしょうか。
ものすごく楽しみです。

| | コメント (2)

2012年10月 2日 (火)

GIFT of SMAP 東京ドーム

26日、29日、30日に行ってきました。
今までは2回行けば十分だったのに、今年は連日でもチケットが手に入る限り行きたくなる。
それくらい、今回のコンサート好きです。

正確なレポなんてとても出来ませんしもう十分に詳しいレポは落ちていますので感想だけ書いておきます。

東京ドームは3日とも3塁側。
26日は3塁側脇花道先端のスタンド1階。
目の前に吾郎が何度も来て、しかもほとんどスタンド側を向いているのでひたすら吾郎観察。
まあ、どの席にいても基本は吾郎ばかり見ているのですが。
こちらに顔を向けている時は綺麗な顔を見て見て見まくる!
向こう側を向いているときは、真っ直ぐな美脚とぷりけつをガン見。
お星様席から下にいる吾郎を見る時は大好きな巻き毛と形の良い頭を眺める。
今年はノースリーブがあったので、白くて細いけれど綺麗な筋肉のついた二の腕も良かった。
一緒に見ていた筋肉に詳しい(笑)友人が言うには、ストスマで吾郎が言っていたように確かに「見せる筋肉」ではなく「正しく鍛えられた美しい筋肉」だそうです。
ごろうのきんにくばんざい♪

コンサートがある毎に吾郎は踊りも良くなっているなぁと思う今日この頃。
中居くんの歌も上手いし・・・いい加減2人とも「踊り下手」「歌下手」ネタ止めたらどうですか?なんてストスマにハガキだそうかな~と思っていたのですが、30日に思いがけない事を知らされました!
中居くんからの「稲垣さん、東京ドーム1日目の時腰を痛めたって言ってきて~」という発言。
全くそんな感じは無かったので、本当に驚きました。
でも慎吾の「吾郎ちゃん、プロですよ。ヤなヤツっぽく(MCでは)盛り上げてるけど、楽屋ではソファーに横になってバスタオルかけて寝てる」という証言は嬉しかったな。

この日のMCは、東京D5日間そろそろ体にガタが来てる、という話から「腰を痛めた」という話題になったのですが、その時ちょっと吾郎がヤな人キャラになって客席を弄ったんですね。感じ悪い言い方(笑)で「楽しいの?」みたいな。
その流れもあってか、
話題が変わった事で腰痛の件がうやむやになったのを気にして、ファンを心配させまいと
「訂正しておくけど、元気ですよ」と報告する吾郎に
「腰痛いのなら4人で踊るから、真ん中で休んでて」のようなノリになっていき、アリーナ辺りではちょっとそれに乗って面白がる人達もいたようでした。
私はスタンドの上の方でしたが、スタンド席からは「ダメ!ダメ!」という声がたくさん上がっていたのでそれほど気にならなかった。
今年のツアーでは何となく子供の喧嘩(笑)みたいな中居vs吾郎のネタが続いていたし、この日は吾郎もちょっと嫌な男キャラやってたし。
こんな子供の仲間はずれネタみたいなやり取りが続いた後で、
「これ以上やったら吾郎泣くぞ」という木村くんの男前な仲裁が入ってMCは終わったのでした。

実際にその場に居ても、何に対して心を痛めるかは本当に人それぞれだと思うのです。
ただ私は、この「4人で」というネタに対してはいつもの事か(苦笑)と何も感じなかったし、それより何と言っても吾郎が「腰痛」に関して自分からは一言も言わず、5日間誰にも気づかせずに踊って走り回って高いリフターの上から手を振って笑顔を絶やさなかった事に感動しました。

台風17号が上陸していてコンサートが終わる前まで凄い雨が降っていたそうですが、終わる頃に雨は止んで風だけになっていました。
以前の日産スタジアムや国立競技場の時もそうでしたが、雨雲を寄せ付けるのに雨をSTOPさせてしまうSMAPの威力は凄い!と思いました。

denim最後にもう一つ
リボン付きTシャツの時に履いているパンツがすごく可愛いのに気がついた!
黒の細いシンプルなパンツなんですが、後ろが裾からふくらはぎの辺りまでファスナー開きになっていて引き手に大きめの丸い輪っかが付いているのです。
あれは真っ直ぐで細い脚の人しか履けないと思うけど、女性でも可愛いだろうな。
シンプルなのにちょっとした所が凝っているのが吾郎らしいなと思いました。

| | コメント (3)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »