« STOP THE SMAP 11月8日 | トップページ | 9月10月ノート »

2012年11月10日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月8日

オープニングで現れた二人、何とおそろいのデニムのオーバーオールにボーダー柄のシャツ、そしてキャスケット。
ゲストの水森亜土さんに敬意を表して・・・可愛い♪

そして最初の話題がスマスマで共演した時の話題に。
水森さん、「とてもツンツンしてて、感じ悪かったっすよ。ほとんど無視されてましたから」と(笑)。
これは先日のストスマでもおたよりが取り上げられた話題。
吾郎「ファンの人から、亜土さんのジャズコンサートに行ったらMCで『本番まで全然テンションが低くて、本番になったら急にテンションが上がっちゃって、テレビの人って怖いな』みたいな事を話されたと聞いて~」
亜土「あ、失礼しました(笑)・・・」と和やかな雰囲気。
吾郎「いえいえ、逆に失礼だったなって、配慮がなくて僕らも」
亜土「本番は凄かったですね」
吾郎「本番になったら急にニコニコしだして・・・」とニッコニコの笑顔を披露する吾郎。
ここでさすがの連携プレーで、小島さんが「OKです!」と声を入れると、
急にクールな顔になった吾郎が「お疲れ様です」と、現場を再現。

あの時はアニメ曲特集でゲストは大勢、しかもスマップは持ち歌ではない曲をたくさん歌わなければならない・・・そういう状況でついクールにやってしまったのかもしれませんが、ゲスト側からすれば1回のコラボ、全力をあげてリハーサルから臨んでいたらスマップとの温度差を感じてしまうのかも。
でも、「配慮が足りなかった」と思ったという事を伝える事ができたし、これからはゲストの方に対する気遣いも違ってくると思うので、とても良かったと思いました。

book今週の課題図書・・・これは「水森亜土」という本なのでしょうか。イラストとエッセイのような本。「女の子らしさとは」という所を小島さんが朗読。

この後は亜土さんが有名になったきっかけのNHK教育テレビ「たのしいきょうしつ」の映像を見たり、この亜土さんの両手書きの練習。文字からイラストまで。
透明な板の向こうで一生懸命描く吾郎の顔を見ているのがすごく楽しい。

亜土さんの両手描きになったいきさつや、イラストの原点など、興味深い話がいっぱいで、亜土さんに興味のある方にもとても面白く楽しい30分だったのではないでしょうか。

|

« STOP THE SMAP 11月8日 | トップページ | 9月10月ノート »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 11月8日 | トップページ | 9月10月ノート »