« ゴロウ・デラックス 11月8日 | トップページ | SMAPXSMAP 11月12日 »

2012年11月11日 (日)

9月10月ノート

ticket最強のふたり(2011年 仏)
tvあしたのパスタはアルデンテ(2010年 伊)
tv食べて、祈って、恋をして(2010年 米)
tv天国の口、終わりの楽園(2001年 メキシコ)
tvカラヴァッジョ 天才画家の光と影(2007年 伊/仏/スペイン/独)
tv三銃士(1993年 米)
tv三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船(2010年 独/英/仏)
tvソフィー・マルソーの三銃士(1994年 仏)
tv戦場のピアニスト(2002年 仏/ポーランド/独)
tv灼熱の魂(2010年 カナダ/仏)
tvドリアン・グレイ 美しき肖像(1970年 英/伊/西独)
tv赤と黒(1954年 仏)
tv悪の華(2003年 仏)
tv未来を生きる君たちへ(2010年 デンマーク/スウェーデン)
tvハンナ(2011年 米/英/独)
tvロング・エンゲージメント(2004年 仏/米)
tvラブ・アクチュアリー(2003年 英/米)
tvトライアングル(2009年 英/豪)
tv戦慄の絆(1988年 カナダ)
tv舞台「十三人の刺客」
ticket白雪姫と鏡の女王(2012年 米)

吾郎さんに薦められて(笑)観た2本、これは大正解sign03
「最強のふたり」は8月のananシネマナビ「今月の1本」になっています。
シネマナビでの問いかけ「エンドロールに入っていた実話モデルの写真についてどう思うか」について、何となく違和感を感じたのはもしかしたらまだ実際に元気に生活をしている方達だからかなとも思いましたが、どうでしょうか。
とにかく本当に誰にでもお勧めできる映画で、確か日程終了ギリギリで観たつもりが評判の良さで上映期間がどんどん延びていったようです。
「最強のふたり」でもそうでしたが、フランス映画の好きな所の一つは、自然に歳を重ねていっている女性が素敵な事。顔は年相応になっても、経験を積んだ自信と知性の表れた表情や綺麗な脚、きりっとした姿勢、流行は追わずとも素敵な着こなしなど、いつもいいなぁと見惚れてしまいます。

「白雪姫~」も最高でした。ターセム監督の映像はやはり綺麗で好きだし、衣装は素晴らしい!ゴージャスな衣装も好きですが、森の小屋に居る時のブルーと黒の衣装が大好き。
もちろんリリー・コリンズは可愛いし、こういうジュリア・ロバーツは新鮮で良かった。
私は演技の巧さとか役者の味?とかあまり分からないので、ただただ美しさにひれ伏すのです(笑)。

あしたのパスタはアルデンテ」(笑)・・・凄い邦題(まるでアイドルざくざくの青春群像劇みたい)ですが、意外に面白かった。どういう意図でこの邦題になったんだろう。
「天国の口終わりの楽園」、これも2002年7月のシネマナビで吾郎が紹介していますが、映画を観た後でまた読んでみると面白いです。やはり書籍化する意味はあると思った。

「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」芸術家の半生を描いたような映画は基本的に好き。とりあえず録画して観てしまいます。17世紀、ローマの街を行き交う人々の後ろ頭がみんな吾郎みたい(黒髪の巻き毛)で面白かった。

「ドリアン・グレイ」は・・・原作を読んでず~っと頭の中に描いていた肖像画とあまりにも違っていて少々がっかりしました。ヘルムート・バーガーの美しさは大好きなんですけど、何だろう(笑)あれは。単に好みの問題だと思いますのでスルーお願いします♪

「ラブ・アクチュアリー」のような映画を観たハッピーになった後で
「トライアングル」「戦慄の絆」・・・という後味の悪い作品を観て(でも結構好き)、極めつけは舞台「十三人の刺客」。
殿のキャラクターがオリジナル版と三池版の両方を取ったみたいな感じだと思いましたが、まあ舞台ですしね。

10月を「白雪姫と鏡の女王」で締める事ができたのは良かったですheart

|

« ゴロウ・デラックス 11月8日 | トップページ | SMAPXSMAP 11月12日 »

映画一般 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 11月8日 | トップページ | SMAPXSMAP 11月12日 »