« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ゴロウ・デラックス 11月22日・29日

ゴロウ・デラックス・・・相変わらずの振り幅の広さ。

【22日】外でロケ。早い時間からのロケだったもよう。
book課題図書:タクシーほど気楽な商売はない
ゲストはタクシードライバーの下田大気さん。
先日ゲストで出た志茂田景樹さんの息子さん。

まずは下田さんが運転するタクシーに乗って、東京の街を流しながらお話を聞く。
学生時代、親の七光り(ご本人談)俳優デビューしたけれど結局その後芽が出ず、いろいろな職を転々として最後にタクシー会社に就職。

ここで、意外なお話が!!
何と、あの有名な「ヒロくん」はタクシー会社の社長さんだそうです。
吾郎って時々こういう事をボソっていうけど、だから本当かどうなのかかえって疑ってしまう。上手いやり方なのかも(笑)。

都内で渋滞を避けるとっておきの脇道とか、男性が好きそう(笑)。
あちらこちら走り回ってもたいして変わらないような気がするんだけど。
車道と歩道が分かれていない細い道で危険を冒すより、少々時間がかかってもいい派です。単に運転に自信が無いというのもありますが。

最後、TBSまで行く時間がなく途中で下ろして貰う吾郎。
いくつかの目撃情報から察すると、この後「社長の代理」でJASRACの表彰式に出席したんだと思う。衣装も同じでした。
次の仕事が・・・と走り去る吾郎と、残されて料金を払う羽目になった小島さん。
先週の「やり逃げ」に続いて、今日の吾郎は「乗り逃げ」だそうです(笑)。

【29日】
突然の歌セットから始まったゴロウデラックス。

ゲストは伝説のフォーク歌手、友川カズキさん。
「魂のライブ」と言われているように、ギターをかき鳴らしながら世に訴えかけるように激しく歌う。ところが歌い終わると途端に穏やかになる友川さん。
「テレビも十何年ぶりです。緊張しとります。最後です、これが」
でも今までのゴロデラゲストの例からすると、今後TVに出る回数が増えていくかも。

book課題図書:友川カズキ歌詞集「夢は日々元気に死んでゆく」

ギャンブル好きもあって西村賢太さんの本はよく読まれるとの事で、西村賢太さん出演の時もTVを見ていたそうです。
山田ADが持ってきたカップ酒を飲み始めるのも西村さんと同じ。
またその交遊録には赤塚不二夫さんも。
ますますゴロデラ世界内の繋がりを感じてしまいます。
考えてみると凄い番組だ!!

友川さん、競輪が大好きだそうで趣味ではなく生活の為と言い切り、でも「一攫千金を狙っている自分にうっとりする自分」などとも言う。
ギャンブルをやらない人にはきっと分からない事なんでしょうね。

「トドを殺すな」の朗読の後に、同曲を友川氏が魂から叫びながら歌う。
そして最後に

「歌っていうのは友川さんにとって、どういう大切なものなのですか?」
「・・・小銭を稼ぐっていう・・・それをギャンブルに・・」

今週もまたゴロウ・デラックスらしいゲストが楽しかった。
最初はちょっと怖いのではないかというような方が、どんどん打ち解けてくる様子はいつも見ていて興味深いです。

多分きっと誰でもが面白い番組ではないのかもしれない。
でもゴロデラを好きな人は「ただ漫然と」ではなく「好きだから」観ているのに違いないとは思うのです。
もっともっといろいろなゲストの方を観たいので、長く番組が続くようしっかり応援していきたいと思います。

| | コメント (0)

STOP THE SMAP 11月29日

loveletter自動販売機でコーヒーを買ったらもう1本当たりました。ラッキーって喜んでいたら、おつりを取ってくるのを忘れました。
よくありますよね、こういう事って。
レジでお金払って商品を貰わずに帰ろうとする事、ありますね。

ここで、一旦次のコーナーに行くとおもいきや・・・

オープニングの呟きメッセージがツボにはまってしまって、他にもいろいろあるなと(笑)。
セブンイレブンに免許証のコピーを取りに行った。ただ、今までコピーとか自分でやった事がないので、いろいろ苦労しながらようやくコピーできて嬉しくて必要もないのに5枚も取っちゃって、50円も使っちゃって(笑)。
それをかごに入れて買い物を続けて、レジでお金を払って商品だけ持って帰ってしまった。
お店の人がコピーを持って追いかけてきた(笑)。
もう~絶対に言われてるんだろうな~~


pen吾郎さんとは正反対過ぎる私が唯一同じところ、それはせっかち。もう全部私も経験済みです。分かりすぎるくらい分かるので、楽しい♪

loveletterミュージカルがあまり得意でないと書いてありましたが、その後変化はありましたか?
あまり観るのも好きじゃ無かったし、
元々フィクションである舞台とか映画の中に更に歌を歌うというフィクションがあるという事があまり好きではなかった。
あまり観る事もなかった
僕の持つちょっと非現実的なキャラクターが嵌まるのかなと思って、信頼の出来るスタッフの方達によるミュージカルだったので、今回挑戦させて頂いている。
稽古しているうちに凄く楽しくなって最初の引っかかりが全く無くなって今後もやっていけるかな、いきたいかなという気持ちになっている。
歌と踊りとかそんなに得意なものではないので(笑)、まあ大切な事は技術的な事だけではなく歌によって芝居をより伝える事ができるかもしれない。
ミュージカルいいですね。

loveletter「恋と音楽」の稽古の真っ最中だと思いますが、ミュージカルの稽古の様子や出演者の方たちとのエピソードがあったら教えてください。
毎日同じ人と顔を合わせて狭い空間の中で1ヶ月間くらいずっと稽古して一つの目標に向かってみんなで団結してやって本番を迎えていろんな緊張感や不安そして喜びいろんなものを共感しあえるっていうのは凄い事ですよね。
もちろんそういうお仕事をやってきているんですけどね、ドラマなり映画なりバラエティなり。でも特に舞台はより密接、家族みたいな感じ、逆にそうでないとやっていけないし。


稽古って「素」が出るから、稽古とかってすっぴんで来る訳だしキラキラした中だけでの共演でなく大変な事も一緒に乗り越えていくって感じもまた舞台の面白さなんですけども。
共演者にも恵まれて、今回はキャストが5人で少ないんだけど、真飛さん、大和田さんの女性陣がぐいぐい引っ張っていくという女が強い現場。お二人はミュージカル経験も多いのでいろいろとアドバイスして頂いたり、何か熱量が高いというか女性陣が引っ張っててくれる感じです。
楽しみにしていてください。


pen舞台についてミュージカルについて、自分の気持ちを正直に熱く語る吾郎。
漏れ聞こえてくる声を総合すると、とってもいい曲ばかりでとびきり楽しいミュージカルのようで、楽しみです。初日は明日だっ!!

musicMONSTER

pen今週もたっぷりと楽しいトークが繰り広げられ、とてもバッサリいけないので長々と「続きを読む」に書きました。
結局木村くん木村くんになってしまう(笑)メンバーとの時間、監督へのラブコール等々・・・

続きを読む "STOP THE SMAP 11月29日"

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

おじゃマップ

event波瀾万丈な夫婦の食堂に感謝のハッピーサプライズsign03
金屏風の前に今週の助っ人として現れる吾郎。
番宣バラエティにもなっているけれど、番宣は?と聞かれ
「告知も無いんだけど」と吾郎。
舞台の告知をしないの?と一瞬思ったけれど、何も告知もなく出てくるゲストってかっこいいわ。
おじゃマップのマップはSMAPのマップ、だから僕は準レギュラーみたいなもんでしょ
勝手に理屈をこねる吾郎。

今回の依頼人、食堂のお母さんの息子さんが出場、吾郎を見て一言。
「綺麗なお顔立ち」

狭い食堂の中で、気づかれないように超入念な変装。
何故か女装をさせられた吾郎を見て、慎吾が一言。
「俺は小学生の頃から吾郎ちゃんと知り合いだけど、改めて脚きれいだね」

脚も綺麗だけど、顔も綺麗。
顔立ちが変わるほどの濃いメイクではないのに、いやになるくらい(笑)本当に美人。
おっさんに変装した慎吾が食堂のメニューを試食した後、
ザキヤマと夫婦として店に入る吾郎。
小さい顔とあの細さだけど、やっぱり小さな店内では女性としては背が高い!!
食堂のお母さんにご家族の事を聞き出すという課題をこなす為に、いろいろ話しかける二人。吾郎、いくら美人でも声が(笑)・・・それにもめげずにお喋りする吾郎が、いいわぁ。
慎吾は「完全におネエだ」と言っているけど。

やがて、このトンカツ屋さんにお世話になった人達が続々と全国からやってくる。
何?一体どうしたの!?とビックリするお母さんに、慎吾が登場。
慎吾ちゃんが大好き♪というお母さんは大喜び。
女装した吾郎には気づかなかったお母さん、吾郎ちゃんも好きだそうで、これまたビックリ&大喜び。ここでまた一言「綺麗よ~」
でも(手を顔の前に持ってきてオネエを表すように)「こっち系」の人だと思ってたって(笑)。
最後に、ご夫婦でファンだという布施明さんが登場して生歌披露!!
布施さん、若々しくて声量たっぷり、素敵でした。

なかなか心が温かくなる企画でした。

bell最後の最後に、吾郎ファンへのハッピープレゼントpresent
たった3枚ですが舞台のお稽古の写真が出て舞台の告知。
「この冬一番のとびきりおしゃれなミュージカルコメディ」
相変わらずの黒ずくめの服装で細くてかっこいい吾郎。
なかなか見る事はないけれど、たまに舞台パンフレットに載っているお稽古風景の写真。
こういう時のシンプルで黒っぽい服を着た吾郎が、文学青年みたいで大好きです。

| | コメント (2)

2012年11月27日 (火)

SMAPXSMAP 11月26日

期待していなかったせいなのか、結構楽しめた1時間でした。
restaurantビストロにゲストぞろぞろというのは、組み合わせが良くないと楽しめないのですが、今回は皆さん見た目と違い(笑)穏やかで和やかな感じが良かったです。
ゲストからSMAPへのプレゼント、みなさん、それぞれ考えていて面白かった。
一番ツボだったのは、樽美酒が使っているというスポンジのスティック。
「東京都の条例では、燃えるゴミ?燃えないゴミ?」と即座に返す吾郎が超素敵でございました。
今回のCCB吾郎の入れ方は好きだった。
ああいう意味も無い遊びが贅沢でスマスマらしいなと、初期のスマスマを思い出しました。

shoeダンスコンテスト、思ったほどいやではなかった。
年配の人を馬鹿にするコントより、年配の人が頑張っているダンスの方が私は好きだ。
みなさんの笑顔が良かったというコメントが吾郎らしかったな。

shadow殿リーマン
まさかのタッキーまで殿リーマン。しかも負けず嫌い。
ず~っと前、myojoで「そっくりさん」特集のようなもので吾郎とタッキーのそっくりな写真が載っていたのだけれど、大人になって随分違ってきたなと思ってもやはり小さい頃似ていた人は基本的に似ているのですね。
白塗りした2人が似ていて、更に面白かった。
タッキーも平然とした顔で負けず嫌い殿リーマンをやりきってくれたので、尚更面白かったのでしょうね。
今度は是非2人ともかっこいいままで、変な兄弟コントなどが見たいなぁ。

ーーーriceballriceballriceballーーー

dollarPRICELESS
スマスマとは関係無いですが、PRICELESS面白いです。
木村くんがすごく金田一二三男をいう役を生き生きと演じていて、キュートで大好き。
もちろん、香里奈もかわいいし、中井貴一さんも凄くいいし、(普段ほとんどドラマを見ないので)久しぶりに毎週楽しみにドラマを見ています。

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

TVfan

今年はスマスマ本が期待以上に素晴らしく毎月楽しませて貰ったのですが、まさかの11月終わりに、こんな素晴らしいグラビアを見ることができるなんて!!

まずは見開き2ページ、ソファに寝転んだ吾郎の麗しい事!
何か書くとイタいファンの嘘くさい賛辞に見えてしまいそうで・・・
とにかくじっと見つめてニヤニヤして時間が過ぎていく。
困ったもんですheart

でも実は表紙の吾郎も目次の吾郎も、いい表情なんですよね。
ソファに横になって目を瞑っている綺麗な横顔
ギターを弾いている吾郎の脚の長い事!
ベランダで上を見上げているのもいいし、
焼き芋を持っている笑顔が、楽しそうでこちらも嬉しくなる。
極めつけは、ブランケット?を被ってこちらを見つめている吾郎。
微笑んだ口元も美しい。  ・・・ああ、結局書いてしまった。

少し前、撮影をした黒須さんがTwitterで「かわいい」「かわいい」と呟いていらっしゃいました。こんなに素敵な写真だったとは!

写真ばかりではない、インタビューもとっても良いです。
インタビュアーの方が、ちゃんと吾郎の仕事を把握しているのが嬉しい。

clip良い気分転換になるんじゃないかな
12月の札幌公演の前日も翌日も舞台の本番でハードですよね?の質問に
そういう切り替えは慣れているんで、良い気分転換になるんじゃないかな、という答えが余裕たっぷりで素敵。
考えてみたら今までもライブとドラマ、連ドラと舞台など、結構大変な同時進行がありましたものね。

clipラブストーリーに酔いしれたい
カーテンコールの時に昔冗談で「次は歌って踊れるミュージカルに挑戦します」って言ったら、それが冗談って通じなくてファンの方が盛り上がってた記憶があるんですよ。
ああ、確かに聞きました(笑)!千秋楽の時ですよね。魔法の万年筆かしら。
でも歌って踊るジャニーズですからね、別にミュージカルやりたいって言って真面目に取ってもおかしくないと思うんですけど(笑)?
とてもひさしぶりにラブストーリー色が強いから、その甘い感じにちょっと酔いしれてみようと思う
そういえば、恋愛要素の入ったものは本当に久しぶり。
それにしても「ラブストーリーに酔いしれたい」という言葉が全く違和感ない吾郎って・・・

clip言葉とちゃんと向き合いたい
今年を振り返ってお仕事面での大きな変化は?という質問に
(ゴロウデラックスが始まったのは去年だけど)本を読む事が凄く多くなった。
本を読んでいると知らない言葉が多くて、辞書引きっぱなしですよ
でも大人になると辞書を引くのは面倒だったりして、なかなか調べたりしないで終わってしまう事も多いんですよね。
本当に勉強しなきゃって思いでいっぱいですね。
これは私が尊敬している絵の先生もいつもおっしゃっていた。
いくつになっても「勉強する事がいっぱい」と思っている事って、すごく大切だと思う。
反省ーーーーー

clipラジオは友達と電話で話す、みたいな感じでやってます。
ネガティブな事も何でも、自問自答みたいな感じで。
誤解があったり新しい発見があったり~ラジオはファンの方との凄くいいブリッジ。

clipその時の自分が笑っていられたら
今後の理想や思い描いているものは具体的なものはないけれど、その時の自分にうそがなければいいのかな、笑っていられたらいいんじゃないのかな。
その時の自分にうそがなければ、というところに結構大きな意味を感じてしまいました。
言葉では簡単ですが、なかなか難しい事ですよね。

| | コメント (4)

2012年11月24日 (土)

Special Thanks!

23日で締め切りましたSpecial Thanks企画、たくさんの方に参加頂き本当にありがとうございました。
今年は、お誕生日、クリスマスなどイベントが盛りだくさんなので、いつもと少し違ったアレンジも作って貰う予定です。
初日まであと1週間、お花に添えるカードなどを準備しつつ、お花屋さんとの連絡もしっかりととって無事にお花を届けたいと思っています。

|

STOP THE SMAP 11月22日

loveletter今年39歳を迎える吾郎さん、まさに3956ですね。3956記念として写真集とか企画していただけたら嬉しいです。
そんなのさ、誰も求めてないから。確かにさ、僕の事をマニアックに応援して下さる大切なファンの方ですよ、もちろん僕も皆さんの事大切にしてますし、期待に応えたいと思うけども、3956写真集とか出しても・・・でも何か考えますよ。

penま~た、こんな事を言っている吾郎。
あのー吾郎さんを応援する事は、別にマニアックな事ではなく、自分の目で見て心で感じた事を信じて好きなものは好き・美しいものは美しいと愛でる事なのですよ。
いい加減分かって欲しいけど、もしかして、結構最近は分かっているのではないかと思っている。ただ、照れくさいから、そんな事を言っているのではないの?と思っている。
でも、吾郎さんが根負けするまで「写真集」「写真集」言い続けますから!

【SMAPな時間】

loveletter「桜、ふたたびの加奈子」にゴローという柴犬が登場するのですが、映画ではどうなるのでしょうか?
これは楽しみにしといてください。サプライズはあるかもしれませんね、映画の中で。
ナンバーが56だったりとか。そういうの結構あるんですよ。
来年公開なので、原作も素晴らしいので是非原作を読んから映画をご覧になっていただきたいなと思います。

loveletter12月の舞台「恋と音楽」ミュージカルという事でボイストレーニングなど通常の舞台とは違う準備などあったら教えてください。
(SMAP6人でミュージカルをやった事があるのに初めてのミュージカルになっている事については)初ミュージカルと言った方がキャッチーじゃないですか、その辺あまりつっこまないでください(笑)。6人でやったのは、まだミュージカルという域には達していなかったから。本格的なミュージカルは初めてじゃないのかな。
僕の中でミュージカルと言ったら、宝塚歌劇団とか劇団四季のようなものなので、今回はミュージカルと言ってもお芝居の中にミュージカルの要素があると思った方が近いのかな。
ジャンル分けはあまり気にしないで、またパルコ劇場で鈴木聡さん原作で河原さんが演出して下さって舞台に立つ、自分の中ではそういった気持ち。
確かに歌も歌い踊りも踊るので、普段の稽古とは違う。佐山さんが曲を作っているんだけど、それとは別に音楽の指導の先生がピアノを弾いて歌を教えてくださる。
いつもはオーケストラで歌うので、生の楽器で歌を歌う、ピアノ一つで合わせて貰いながら歌うのってすごく気持ち良くて楽しい。
トレーニングという感じはないけれど、トレーニングになってるとは思います。
とっても楽しい愉快なミュージカルなので、楽しみにしていてください。


pen舞台の事を話す吾郎がとっても楽しそうなので、期待が大きくなります。
歌を歌うのが気持ち良くて楽しいって、いい事ですよね。
あと1週間。来週の今頃は初日観劇後の乾杯をしているんだろうな。

musicMONSTERS

【メンバーとの時間】
loveletterTVLifeで色紙に「ロハス兄弟」って書いてありましたが、何故こう書いたのですか?
はぁ~これやっちゃった系ですか(笑)。
1人で楽屋で書いたので、ちょっと悪ふざけしていいかなと思って書いた。
ロハス兄弟ってこの番組で生まれたから、この番組の宣伝も含めてちょっとふざけて書いたら、他のメンバーは真面目にいいコメントを書いていてビックリ。
謎に思った人多いでしょうね(笑)。

loveletter雑誌で「思い出の駄菓子」の質問に、木村くん・草なぎくんと3人同じ「すもも」と答えていましたが、どんなものだったんですか?
(投稿した方→)○○さん・・・23歳、世代が違うんですね。
律儀に「すもも」の説明をする吾郎。そういえば「哀愁探偵1756」で駄菓子屋さんに行っていましたっけ。

telephoneイケTELSMAP
ライブで8連吾郎うちわを振って吾郎にアピールしたファンの方への電話。
東京ドーム最終日、たまたま通路挟んで隣の席にも吾郎ファンが2人、4人揃って8枚のうちわが揃ったとの事。コンサート会場でお友達ができた。

penドームで吾郎うちわを持った人と隣り合わせになった事について、僕の名前のうちわを持っている人を探すなんてウォーリーを探せより大変だと思うのに、とかまたネガティブな事を言っている吾郎。一体どうしたんだ(笑)?あんまり心配はしていないけど。

musicあの夏の日

【五六二三】
loveletter冬は好きですか?冬に必ずする事って何ですか?私は鍋パーティーをします。
いいですね、これからの季節~鍋!!
以前は豆乳鍋とか鶏鍋がいいよとか言っていましたけど、最近嵌まっている鍋はみぞれ鍋。泥が付いてる新鮮な大根を田舎の知り合いの農家の方が送って下さって、すごい量の大根だったんですよ。
最初はバーニャカウダとか生のままスティックとかで食べていたけれど、どうしようこの量の大根って思ってみぞれ鍋をしてみたら、本当に美味しかった。
一つの鍋に対して大根1本分くらい入れる。
にんじん、カブなど根菜類、他にはブロッコリーなどの洋野菜も合う。
出汁は和だしをとって醤油で味付けしてお酒を入れて、濃いめに作る。
ここにごつごつした野菜を入れて煮込むとポトフみたいで美味しいですよ。
お肉類は、意外にベーコンが合う。
ブロックを買ってきてスライスして入れると大根によく合う。
心も体も温まるこの冬お薦めの鍋、試してみてください。
みぞれ鍋に関しては、鍋だけでお腹いっぱいになって〆の雑炊とか麺とか必要ないのでダイエットにもなりますよ~


restaurantこれは是非、今度やってみよう!

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

anan シネマナビ 11月

movie今月の1本 チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢

素敵な作品に出会いました
という書き出しで、もうこの映画がたまらなく気になる。
まあ、ファンですから。
そして公式サイトに行って、立て続けにtrailerを何回も何回も観てしまいました。
監督がコミックも書くそうなので所々絵画的だったりするのでしょうか。
ちょっと変わった感じの映像が美しくて惹かれました。
また、主人公は天才バイオリニストなので音楽も素晴らしそう。
これは、舞台が始まる前に観ておかないと。

「家庭も顧みずに何もかも投げ捨てて、恋こそ人生の中で一番大切なものと位置づけてしまう」という事ができることに「僕はちょっと嫉妬してしまう」と、吾郎は書いています。
SMAPという立場にあると、普通の人では考えられない位いろいろな制約があるのでしょうね。それは人気者・有名人というだけでなくグループでいるから尚更の事かと。
「ナセル・アリ(主人公)くらい自分の気持ちを解放して、パフォーマンスをしてみたい」と吾郎に言わせる、この映画の中にある”主人公の隠された秘密”を是非、観てみたいと思った。

主演のマチュー・アマルリックは、「ミュンヘン」「潜水服は蝶の夢を見る」「クリスマス・ストーリー」しか観た事がないのですが、とても印象に残る俳優。好きです。
目の力はあるけれど上品で繊細、こんな風に年を重ねるほど深みを増していければ~と語る吾郎、そういう吾郎が大好きですheart

shadow今月の1枚、春の日だまりのような吾郎の笑顔・・・癒やされる。いいなあ。

| | コメント (2)

2012年11月18日 (日)

ゴロウ・デラックス 11月15日

おや、見た事のあるスーツ・・・
と思ったら、先日のJASRACの表彰式で社長代理として出席した時のと同じだ!!
とても素敵なグレンチェックのスーツなんだけど、パンツがゆったりしているのは流行の先取り?
表彰式では眼鏡をかけていなかったけれど、ゴロデラでは眼鏡有り。
男の大人!!って印象だった表彰式とは打って変わって、ほんわか楽しそうな可愛い吾郎。同じスーツなのに。

book今週の課題図書:生きる悪知恵
著者であるゲストの西原さん、いろいろ暴走なさる方らしい(笑)。
・・・私はその、あまりTVをほとんど見ないので分からなくて。
ただ、ゴロウ・デラックスの西原さんはいつもよりおとなしかったそうです。
「正しくないけど役に立つ60のヒント」と副題があるように、たくさんの質問に西原さんが独特の視点と価値観でもって答えるのが面白い。
西原さん、漫画描くのやめちゃおうかと思ったくらい、売れたんですって。

karaoke朗読タイム
いつもは読む側が朗読箇所を決めるのに、今回は西原さんが指定。
予想通り、ジャニーズ的にも結構厳しいらしい深夜風味の内容。
西原さんが「たくさんの女子を敵に回す・・・」などとニヤニヤしながら読むページを指定すると、「やっぱり、ここだ!」と爆笑する吾郎。
「俺はここかなと思ったんだよね。『ソープに行け』か こっちかと思ったんだけど」と楽しそう(笑)。
かなりな悩み(本人にとってはすごく深刻でしょうけれど)を、一呼吸置いてからスラスラ読み上げると、スタジオ中声は出せないけれどくすくす笑いが聞こえてきそうな雰囲気。
それでも、こらえながら(笑)あの美声で読み切るゴロウさん、男前!

もちろん小島さんもそれなりの(笑)お悩み相談を読み上げ、西原さんの独特な回答と共に楽しい朗読会が開かれたのでした。

今度は、AD山田くんが街に出て街の人の悩みを聞いてきて、それについてスタジオで話す・・・これもなかなか面白かった。

「自分が幸せになるのに何の遠慮がいるか」
実生活ではご主人のアルコール依存症や病死という波瀾万丈な人生を送ってきた西原さんならではの「悩んでいる人が前に進むように背中を押してあげる励まし方」なのかなと思いました。

なかなか大人が普通には口に出せないような言葉を、まるで意味が分かっていない子供か外国人のように普通に口にする吾郎、さすが役者だわ。その顔でそれ言うかsign02という感じが面白かった。

最後に西原さんが小島さんと吾郎のイラストのプレゼント。
小島さんには「生き残る」
吾郎には「やり逃げ」・・・の一言を添えて(笑)。
これは、上昇気流に乗ってこのままガ~っと行って逃げちゃえ、という意味の「やり逃げ」だそうです。

今週も楽しかった、あっという間の30分でした。

| | コメント (2)

2012年11月16日 (金)

美しさをもってそこに存在・・・

movieシネマトゥデイー今週のクローズアップー
ジャニタレ映画名作選
・・・ジャニタレ?何かちょっとひっかかる(笑)タイトルですが、しっかり真面目な「名作選」になってました。
そこの筆頭に上がっていたのが「十三人の刺客」での吾郎の演技。
美しさをもってそこに存在することで、悪を悪とも思わない暴君を演じきった
という紹介文。
ここにも書いてあるように三池監督がイメージしたキャラクターを吾郎が見事体現する事ができたからこそ。
記事はこちらから。

night海外で選ばれだ「101 Greatest Movie Villains~偉大な映画の悪役101」に、世界の名だたる悪役が次々に出てくる中、吾郎演じた"13Assassins"のLord Naritsuguが何の違和感も無く存在したのが嬉しかった。

101 Greatest Movie Villains Supercut の映像はこちらから。
CINEMA BLEND COM

penまだまだ続く「十三人の刺客」の話題、嬉しいです。

| | コメント (2)

STOP THE SMAP 11月15日

loveletter毎日凄く忙しいと思いますが、どうやって自分の好きな事をする時間をとっているんですか?
時間の使い方は上手いと思います。10代の頃から時間のない中で仕事をさせてもらっているのでその辺は器用になっている。でもかえってたっぷり時間があってもお休みの日があってものんびりできない。時間が勿体ないという時間の貧乏性になってしまう。
何もしない贅沢というのができない。ついいろいろな事を詰め込んでしまう。
でもまあ時間は大切に使う事をお薦めします。

【SMAPな時間】
loveletterSMAP全員を見ていて「役を引きずっている?」と思う事がありますが、吾郎さんから見てSMAPの皆さんは役を引きずりますか?また吾郎さんはどうですか?
「役を引きずる」カッコイイ言葉のようで、ダメなような気もしたり、難しいですよね。
特に僕らは短い時間の中にいろんな事を詰めて多忙な日々を送ってきて、いろんなジャンルの仕事をやらせてもらってきたので切り替えを凄く大切にやってきた。切り替えないとバラエティから急に芝居をしたりするのは難しいですからね。
役を引きずる雰囲気に酔いしれたいなと思うけど、ちょっと役者さんっぽいじゃないですか。
メンバーも引きずっているという感じは僕はしない。僕から見てどちらかというと草なぎくんは少し感じるかもしれない。スマスマの楽屋でもずっと台詞をリピートしている。
僕はスマスマの現場でドラマの台本を見たりする事はあっても、現場では他の現場の事を忘れるようにしないとうまく切り替えられない。(中略)
最近いろいろドラマ・舞台と忙しい日を送っているんですけど、僕らの心理状態まで細かく感じ取ってくださっているんだなというお便りでした。ありがとうございました。


pen吾郎の気持ちの切り替え方って素敵ですよね。普段の撮影に出会える事はありませんが、舞台の時、今まで観客の鼻の先で大胆なキスシーンをしていた人が、カーテンコールでは何だかシャイで控えめで初な感じで出てくる所とか、そのギャップに萌えます。

loveletterミュージカル「恋と音楽」楽しみです。メンバーとの間で何か話したりしましたか?
メンバーって・・・SMAPのメンバー同士、個人の活動について話す事はあまり・・・「見たよー!」それくらいはあるけどね。
稽古も始まって、毎日稽古場に向かっているんですけども。
何か冬に舞台っていいですね。僕はほとんど春ですね、去年初めて秋に「石川啄木」をやらせて貰いましたけれども。
冬にミュージカル、いいですよね。何か舞台を観に行くって感じしませんか?コート着て厚着して白い息を吐きながら劇場に入ると暑くてコート脱いだりとか。
何か雰囲気がいいですね、NYでブロードウェイ観に行くみたいで。
今回の芝居は恋愛がテーマになっていたりするんで、寒い冬に暖まるみたいな、冬の方がロマンチックじゃないですか。冬の景色、雰囲気に合うミュージカルだと思います。
今、稽古頑張っていますので、皆さん楽しみにしていてください。


pen冬の観劇・・・吾郎の言っている事がすごく分かる気がします!コートを脱ぐとちょっとよそ行きの服で着飾った人で賑わう劇場のロビーとか、私も好きです。

musictwo of us

pen今週のストスマもレポ部分を随分短くしたんですけど、どうしても面白くて長くなるのでこの先は「続きを読む」に隠しました。ドジっ子吾郎、最高です。お時間があったら、続きもどうぞ♪

続きを読む "STOP THE SMAP 11月15日"

| | コメント (2)

2012年11月14日 (水)

恋と音楽

clip稲垣吾郎が主演舞台『恋と音楽』で、妄想の女性に恋をする

吾郎のインタビュー付きの記事がweb news

鈴木さんの作品はこれで4作目なんですね。
謎の下宿人(2003年)
魔法の万年筆(2007年)
ぼっちゃま(2011年)
恋と音楽(2012年)

「鈴木さんの書く登場人物はキュートでしかも作り込まれていくうちに鈴木さんの優しさも注ぎ込まれている」
「僕の女性っぽいところと真飛さんの男性っぽいところがうまくはまると面白いんじゃないかなと思う」

など、相変わらず吾郎らしい言葉の選び方が素敵。

今まで押し殺してきたような部分も含めて「それで君は魅力的なんだよ」と言ってくれる演出家が近くにいて嬉しい。

吾郎の演じる素敵な変人heartとても楽しみです。

bell舞台「恋と音楽」は2013年、仙台でも上演します。
12月は渋谷パルコで上演、来年1月は大阪・仙台での公演もあります。
吾郎って、阪神大震災の時も翌年神戸で「夜曲」を上演しているんですよね。
結局、東北でのコンサートができなかった今年でしたが、今まで舞台では行ったことのない東北に行く吾郎の気持ちを、そっと応援したいと思います。

仙台公演はまず東北にいる吾郎ファン・SMAPファン・演劇ファンの方々にチケットを優先させてあげて欲しいと心から思います。Twitterを見ていると、つくづく思う・・・
さんざん東京で観た方は、(気持ちは分かりますが)先行販売は自分が申し込める範囲内に留め、当たらなかったら後からゆっくりチケットを買えば良いし、もし残っていなかったらいろんな方に吾郎の舞台を観てもらえると喜べばいいのではないでしょうか。
吾郎もきっとそれを望んでいるのではないかと思う。

敢えて仙台を公演地に選んだ吾郎の優しさをファンも大切にして欲しい。

| | コメント (6)

SMAPXSMAP 11月12日

restaurantビストロゲストは、マッチとヨッちゃん。
ビストロの進行に(オーナーとは関係無いです)イライラした先週とは違い、今週は楽しかったので感想を少しだけ。
実は、吾郎とSMAPに出会う前は本当にTVを見ない毎日で、たまに洋楽系の番組を見る位、紅白歌合戦だって見なかった。
だから、たのきんトリオも光GENJIも何も知らな過ぎて申し訳なくなるのですが、そんな私もアイドル全盛一時代を作った人達の一グループである「たのきんトリオ」の映像を見て、その人気絶頂ぶりが少し分かりました。
いつもSMAPは先輩達を立てつつ、色眼鏡で見られがちではあるけれど結構興味津々で見られるジャニーズの内側をいろいろなエピソードで楽しませてくれる。
「先輩と後輩」という関係は誰にとっても身近な話題でもあるので、ジャニーズをあまり知らない私だって面白い。

そして、マッチさんとヨッちゃんはさすがバラエティにも慣れているからか、トークも楽しいし、ゲームをやっても盛り上げるから面白い。
そして、SMAPが張り切るsign01
中居さんの司会がこれまた絶妙でみんなノリがいい。
楽しいビストロでございましたmaple

bombそれに引き替え、歌のコーナーの酷い事!
ますます痩せて吾郎がキレイで、その美しさに目を奪われましたが、吾郎ソロになると突然カメラが遠のいて遠景を映し出したり、信じられないカメラワーク。
よく通る吾郎の歌声が、コーラス部分で目立っていました。なのに・・annoy
美しい吾郎の静止画像だけ保存して、この映像はBDの中に一応保存はしておくけれど、悲しい嫌な気分にならないように、しばらくは見ないようにしよう。
うん、そうしよう。

| | コメント (2)

2012年11月11日 (日)

9月10月ノート

ticket最強のふたり(2011年 仏)
tvあしたのパスタはアルデンテ(2010年 伊)
tv食べて、祈って、恋をして(2010年 米)
tv天国の口、終わりの楽園(2001年 メキシコ)
tvカラヴァッジョ 天才画家の光と影(2007年 伊/仏/スペイン/独)
tv三銃士(1993年 米)
tv三銃士/王妃の首飾りとダヴィンチの飛行船(2010年 独/英/仏)
tvソフィー・マルソーの三銃士(1994年 仏)
tv戦場のピアニスト(2002年 仏/ポーランド/独)
tv灼熱の魂(2010年 カナダ/仏)
tvドリアン・グレイ 美しき肖像(1970年 英/伊/西独)
tv赤と黒(1954年 仏)
tv悪の華(2003年 仏)
tv未来を生きる君たちへ(2010年 デンマーク/スウェーデン)
tvハンナ(2011年 米/英/独)
tvロング・エンゲージメント(2004年 仏/米)
tvラブ・アクチュアリー(2003年 英/米)
tvトライアングル(2009年 英/豪)
tv戦慄の絆(1988年 カナダ)
tv舞台「十三人の刺客」
ticket白雪姫と鏡の女王(2012年 米)

吾郎さんに薦められて(笑)観た2本、これは大正解sign03
「最強のふたり」は8月のananシネマナビ「今月の1本」になっています。
シネマナビでの問いかけ「エンドロールに入っていた実話モデルの写真についてどう思うか」について、何となく違和感を感じたのはもしかしたらまだ実際に元気に生活をしている方達だからかなとも思いましたが、どうでしょうか。
とにかく本当に誰にでもお勧めできる映画で、確か日程終了ギリギリで観たつもりが評判の良さで上映期間がどんどん延びていったようです。
「最強のふたり」でもそうでしたが、フランス映画の好きな所の一つは、自然に歳を重ねていっている女性が素敵な事。顔は年相応になっても、経験を積んだ自信と知性の表れた表情や綺麗な脚、きりっとした姿勢、流行は追わずとも素敵な着こなしなど、いつもいいなぁと見惚れてしまいます。

「白雪姫~」も最高でした。ターセム監督の映像はやはり綺麗で好きだし、衣装は素晴らしい!ゴージャスな衣装も好きですが、森の小屋に居る時のブルーと黒の衣装が大好き。
もちろんリリー・コリンズは可愛いし、こういうジュリア・ロバーツは新鮮で良かった。
私は演技の巧さとか役者の味?とかあまり分からないので、ただただ美しさにひれ伏すのです(笑)。

あしたのパスタはアルデンテ」(笑)・・・凄い邦題(まるでアイドルざくざくの青春群像劇みたい)ですが、意外に面白かった。どういう意図でこの邦題になったんだろう。
「天国の口終わりの楽園」、これも2002年7月のシネマナビで吾郎が紹介していますが、映画を観た後でまた読んでみると面白いです。やはり書籍化する意味はあると思った。

「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」芸術家の半生を描いたような映画は基本的に好き。とりあえず録画して観てしまいます。17世紀、ローマの街を行き交う人々の後ろ頭がみんな吾郎みたい(黒髪の巻き毛)で面白かった。

「ドリアン・グレイ」は・・・原作を読んでず~っと頭の中に描いていた肖像画とあまりにも違っていて少々がっかりしました。ヘルムート・バーガーの美しさは大好きなんですけど、何だろう(笑)あれは。単に好みの問題だと思いますのでスルーお願いします♪

「ラブ・アクチュアリー」のような映画を観たハッピーになった後で
「トライアングル」「戦慄の絆」・・・という後味の悪い作品を観て(でも結構好き)、極めつけは舞台「十三人の刺客」。
殿のキャラクターがオリジナル版と三池版の両方を取ったみたいな感じだと思いましたが、まあ舞台ですしね。

10月を「白雪姫と鏡の女王」で締める事ができたのは良かったですheart

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

ゴロウ・デラックス 11月8日

オープニングで現れた二人、何とおそろいのデニムのオーバーオールにボーダー柄のシャツ、そしてキャスケット。
ゲストの水森亜土さんに敬意を表して・・・可愛い♪

そして最初の話題がスマスマで共演した時の話題に。
水森さん、「とてもツンツンしてて、感じ悪かったっすよ。ほとんど無視されてましたから」と(笑)。
これは先日のストスマでもおたよりが取り上げられた話題。
吾郎「ファンの人から、亜土さんのジャズコンサートに行ったらMCで『本番まで全然テンションが低くて、本番になったら急にテンションが上がっちゃって、テレビの人って怖いな』みたいな事を話されたと聞いて~」
亜土「あ、失礼しました(笑)・・・」と和やかな雰囲気。
吾郎「いえいえ、逆に失礼だったなって、配慮がなくて僕らも」
亜土「本番は凄かったですね」
吾郎「本番になったら急にニコニコしだして・・・」とニッコニコの笑顔を披露する吾郎。
ここでさすがの連携プレーで、小島さんが「OKです!」と声を入れると、
急にクールな顔になった吾郎が「お疲れ様です」と、現場を再現。

あの時はアニメ曲特集でゲストは大勢、しかもスマップは持ち歌ではない曲をたくさん歌わなければならない・・・そういう状況でついクールにやってしまったのかもしれませんが、ゲスト側からすれば1回のコラボ、全力をあげてリハーサルから臨んでいたらスマップとの温度差を感じてしまうのかも。
でも、「配慮が足りなかった」と思ったという事を伝える事ができたし、これからはゲストの方に対する気遣いも違ってくると思うので、とても良かったと思いました。

book今週の課題図書・・・これは「水森亜土」という本なのでしょうか。イラストとエッセイのような本。「女の子らしさとは」という所を小島さんが朗読。

この後は亜土さんが有名になったきっかけのNHK教育テレビ「たのしいきょうしつ」の映像を見たり、この亜土さんの両手書きの練習。文字からイラストまで。
透明な板の向こうで一生懸命描く吾郎の顔を見ているのがすごく楽しい。

亜土さんの両手描きになったいきさつや、イラストの原点など、興味深い話がいっぱいで、亜土さんに興味のある方にもとても面白く楽しい30分だったのではないでしょうか。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

STOP THE SMAP 11月8日

loveletterライブの特殊効果について。爆音が大の苦手です。間近でパフォーマンスをやっているみなさんはどうなんですか?
うん、怖いですよ、なかなか。ただどこで鳴るか場所が決まってるので(いいですが)~場所分かってないとお客さん怖いでしょうね。
意外に火薬の粉が蔓延するので、飛び散った粉を吸ってしまうとむせて歌を歌えなくなるのは辛いです。
今年はなによりも味の素スタジアムでの花火は気持ち良かったですね。
何となく聞いてはいたのですが、結構びっくりしました。今年の夏は一度も花火を見なかったので、皆さんと一緒に見れたのはいい思い出です。
ドライアイスは、ステージがすごく滑るし、オイルを使って焚くスモークは臭いでむせたりします。
安全第一でやっているので危なくはないので、楽しんで頂きたいし一緒に驚きたいですね。


pen爆音だけでなく、意外にいろいろな影響があるのにビックリ。ステージ上の彼らはプロだからニコニコしているけれど、見えない所で大変な思いもしているのですね。

【SMAPな時間】
loveletter「桜、ふたたびの加奈子」について少し教えてください。
栃木県足利市の方で桜の季節に撮影、「桜」が一つのキーワードになっている。
重い話なので辛い事も多かったけど、広末涼子さんも素晴らしい女優さんですし、いい夫婦役を演じられていい作品に仕上がっているんじゃないかなと思います。
広末さんとは何度か共演はあってもガッチリ夫婦の役は初めてだったんですけど、凄くやりやすかったし逆に助けられたりもした。
監督は栗村実さん。海外でも作品が評価されている。
普通の映画の撮影とは違った手法で撮影。ワンカットで長く回して撮影、またコンパクトなデジタルカメラで撮ったりするので、あまりカメラとかスタッフを感じないでお芝居ができたし、お芝居をやりやすい環境をスタッフが作ってくれたので、良い感じに突き抜けて心を燃焼してお芝居をする事ができたので楽しみにしていてください。

pen「いい感じに突き抜けて、心を燃焼してお芝居ができた」~って、この言葉だけでも映画がとても楽しみです。
静かに展開していくストーリーだから、きっと映画本来の楽しみ方ができるのではないかと今から期待してしまいます!
全編美しい弦楽曲が流れているそうで、それもとても楽しみです。

loveletter木村くんのドラマ、木村くんの役名は金田一二三男、そういえば吾郎さんの金田一シリーズは完結してしまったんでしょうか!?
最近ご無沙汰しているようですが完結した訳ではないので、皆さんの声があれば。
まだ名作は残っているし金田一は歳を取ってからでもできるので、リクエストがあれば作品化して貰えるのではないかと思うので、是非TV曲の方にそういった声を伝えてください。

penこれはもう、私たちがTV局に「金田一耕助シリーズ」復活のお願いをしていく他、ありませんね。がんばりましょうsign03

telephoneイケTELスマップ

musicSpecial Thanks

【五六二三】
loveletter吾郎さんはスケジュール帳は使いますか?使うのだったらどんなのを使うか教えてください。
スケジュールは携帯に入れてしまう。また自分の字が好きじゃないのもあってスケジュール帳は使わない。
メンバーだと草なぎくんが使っている。
携帯が便利だから、つい携帯に頼ってしまう。でも自分で書き込む方が忘れないでいいかもしれない。

loveletterズゴック豆腐知っていますか?是非ともお鍋に入れて食べてみてくださいね。
添付の写真を見ながら「これはシャア専用ではなくて量産型ズゴックなんですね」
(・・・などガンダムトークを繰り広げそうになった所を自分で押しとどめました!)

でも俺・・申し訳ないけど、もう見たよ(笑)ズゴック豆腐。スーパーで買い物をした時に。
今、グリーンスムージーに嵌まっていて、よく野菜を買いにスーパーに行く。
豆腐は体にいいし、豆乳も健康のために飲んでいる。


pen俺・・・申し訳ないけれど、もう見たよ、の言い方が可愛くて(笑)。
それにしてもグリーンスムージーのおかげもあるのでしょうか@最近の細くて美しい吾郎sign01

loveletterストレッチの効果はありましたか?
本当に体硬くて、お医者さんからもトレーナーからも硬いと言われるし、これから体柔らかくする事が生きていく上において大切なキーポイントだと思うくらいに(笑)体が硬い。徐々に頑張っているから少しは柔らかくなったんじゃないかな。
正しいストレッチをしないと体壊すし、動かしながらのストレッチがいいとか言われている。
お風呂の中で正座するストレッチがいいそうで、多少浮力がかかって正座苦手な人でもやりやすいので、最近お風呂の中で正座して本を読んだりしているんですけど。
ちょっと柔らかくなった気はしています。
この成果が12月のミュージカルに出たらいいな。

【吾郎の自由時間】
loveletter女性の部屋で意外と気になる場所はありますか?
う~ん、部屋ねえ、ちょっといやらしいですけどお手洗いとか見ちゃいますね、人んち。シャワーの辺とかお風呂とかも覗いてはいけないかな(笑)と思ってちらっと覗いてしまったり、冷蔵庫の中とか。
僕は根っからのきれい好きではないから、もしこの瞬間人が来てトイレ使ったら、とか人が部屋に来たりしたらとかずっとシミュレーションしてますね。
家出るときとかも綺麗にして部屋を出ないと、もしかして人と一緒に帰ってきたりするかもしれないし。
人に見られる事を意識してるっていうのは、部屋に限らずすべて「美しい生活をする」っていう意味で大切ですね。

musicスマップのポジティブダンス

【メンバーの情報】
*MONSTERSのリリースを記念して、通常版に入っている応募券でイベントにご招待!
*12月1日から、舞台「恋と音楽」本格ミュージカル初挑戦。
パルコ劇場でやるので、お芝居の要素も強い、おしゃれで粋な大人のラブコメディーが出来るんじゃないかと思うので、楽しみにしていてください。

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net
  

| | コメント (2)

2012年11月 7日 (水)

月曜・火曜日の吾郎さん

motorsports月曜日
*午前中からTwitterにロケ目撃情報がチラホラ。
ゴロウデラックスの撮影らしい。
*昼頃、やはりTwitterで、渋谷での目撃ツイ。
*夕方入ってきたニュースは、何と
SMAP稲垣吾郎、ジャニ-社長代理で表彰式出席というもの。
日本音楽著作権協会(JASRAC)から30年間を通じて最も著作物使用料の分配額が多かった作品として「世界に一つだけの花」が金賞を取った。
早速7時からのNHKニュースを録画、ジャニーズ出版社長代理として出席した吾郎はグレンチェックのスーツを品良く着こなし社長から預かってきた手紙を代読。
背筋がピンと伸びた綺麗な立ち姿と丁寧なお辞儀もとても良かった。
詳しくはこちらのプレスリリースから見る事が出来ますが、「世界に一つだけの花」はバランス良く様々な分野で愛されている事が分かります。

*スマスマでは、歌のコーナーの吾郎が美しすぎて~
ゲストはLOVE PSYCHEDELICO
This is Love
Beautiful World
 の2曲。
大きな襟が付いたロングコートみたいなシルエットのベストが最高に似合っている。
さすがミュージカルのお稽古に入っているから、声が楽に出ていて高音が綺麗。
後ろの方でちらちら映る横顔が美しくて、何回静止させて見入ってしまったことか・・・

motorsports火曜日
WSのチェックに大忙しの朝。
一段落付いた頃には、舞台の先行予約の当落確認受付が始まった。
会費を払っているパルコカード会員の枠すらも落選で落ち込んでいましたが、結局は狙っていた日のチケットは手に入れる事が出来ました。
後は初日を待つのみ・・・楽しみです。

そんな火曜日、夜のTwitterを賑わせたのは、
武道館きゃりーぱみゅぱみゅのライブに稲垣吾郎がサプライズ登場というニュース。
アンコールで突然登場、1曲ご本家と一緒に歌って踊って帰っていったそうです(笑)。
この舞台稽古で忙しいだろう時に・・・
会場は暖かく迎えてくれたそうで、きゃりーさんのファンの方々の優しさが嬉しかったです。
ごりーぱみゅぱみゅも、瞳だけはそのままだから可愛いんだけど~デブキャラなんて要らないのに。まあ、コントだから仕方ないか。

社長代理の翌日はデブキャラでライブ乱入。
だから、吾郎ファンは止められないsign03

| | コメント (2)

2012年11月 5日 (月)

STOP THE SMAP 11月4日(東海ラジオ)

loveletter味の素スタジアムでの雨は大変でしたね。5人で一斉に髪の毛を乾かす時って、どんなフォーメーションになるんですか?
味の素スタジアム二日目、雨が凄かったですね。皆さん雨の中を本当にありがとうございました。風邪ひいた方とか多かったのではないでしょうか。凄く心配だったんですけど。
途中から雨止んできたんですけど、オープニングが凄い雨で一気に髪の毛のボリュームが半分くらいになってしまって、癖毛で猫っ毛なので濡れるとぺったんこになっちゃうんですよ。
濡れても張りがある人、メンバーだと木村くんとか香取くんとかね濡れてもパリッとしていますね。僕とか草なぎくんとかは癖毛なんでね、雨に弱いんですけど。
自分は立って着替えながらなので、メイクさんも立ちながら頭を直してくれる、普通は考えられない未知の映像ですよね。
でも、ごめんなさい。5人はおおげさでした(笑)。ちょっとトークで面白くしただけなんじゃないでしょうか。多分4人・・・あんま変わらないって(笑)。3人か4人だったと思うんですけど。
いろいろ悪戦苦闘して、メイクさんのおかげで何とかSMAP稲垣吾郎を保つ事ができてたんですけれども。味の素スタジアムで楽しい思い出ができました。

【SMAPな時間】
loveletter13日の味の素スタジアムのライブに参加する事ができました。野外で気持ち良かったです。野外という事でドームと違うと感じた事、気をつけた事などもあったら教えてください。
野外ならではのライブ、お天気に振り回されたりもしますが、SMAPとしてはかなり久しぶりでしたけど開放感があり一体感もあり気持ちいいですね。
この「参加する」という言葉、いいですね。見に来るというより一緒に参加するという感じが・・お祭りですからね。そういった意味ではいい思い出ができた。お客さんの笑顔が印象的でした。
規模のデカいライブは楽しいですしお客さんが待っているのも分かりますし、ライブは僕らにとって重要な意味を持つものですよね。いろいろな仕事をしているけれど、ライブはSMAPの原点。右も左も何も分からない頃、コンサートのステージの上に立たされ、そこから学んできた事が大きいので、ジャニーズのタレントさんみんなそうなのかもしれませんが、そこから培ったベースみたいなものありますからね。これからもライブは続けていきたいです。
野外ライブ、気持ちいいのでこれかもたまにいいんじゃないかなと思います。


pen久しぶりの野外ライブに関してのお便りが続けて2通。
お天気が良くて気持ち良くても、雨に降られていろいろ大変だったにしても、どちらも楽しい思い出ですね。それを楽しそうに懐かしそうに語る吾郎の口調に少し胸が熱くなりました。
今年のツアーはまだ終わってはいないのですが(笑)~
ライブはSMAPの(ジャニーズの)原点・・・吾郎はよくこれを言いますが、彼らを見ていると本当にそうなのだなと心から思います。
20年以上続けていても、今年のライブなど前回より格段に進化したと思います。
こういうのを見ていると、まだまだSMAPやってくれるなぁとこの先もとても楽しみです。

loveletterビストロメニュー、吾郎さんのサラダ美味しかったです。吾郎さんはコンビニに買いにいかれましたか?
ちょっとコンビニに行く機会がなかったので、まだ買ってません。
コンビニの食品とSMAPがコラボするのって初めての経験でしたので面白かったです。
僕らみんなでアイディアを出しながら、開発者の方々と共にレシピを作ったんですけど。
工場は本当に面白かったですよ。あんなにも手作業でやっているとは思わなかった。あんなにも人の手や人の気持ちがこもっているんだなと思いました。


pen吾郎さんのサラダ、本当に美味しいです。特にバジルチーズドレッシングのおいしさは格別。チョイスしてある野菜もそれぞれのドレッシングに合っています。
是非、ドレッシングだけ別売りでお願いしたいです。

music胸騒ぎを頼むよ

【メンバーとの時間】
loveletter味スタ2日目、MCコーナーで雨の降った後のステージを拭くSMAP5人がわちゃわちゃして面白かったです。
「わちゃわちゃした」っていいですね。SMAPは5人集まると「わちゃわちゃ」するんです(笑)。ちょっとやんちゃな感じがしますよね、日本語って面白いね。
MCコーナーはノープラン、日によって全然違うし、かなり自由な感じでわちゃわちゃトークしてる。
TVと違って制限がないので、良くも悪くもSMAPらしさが出てしまうな。
ステージを拭くと、本当にちゃんとすぐに乾くんですよね。メインステージはちゃんと乾きました。プロだからこういう事言っちゃいけないんだけど、雨で濡れると全く歌えないし踊れないんですよ。アイススケートのリンクくらいと思って頂ければ、それくらいよくすべる。
いろいろなハプニングがあったけれど、それもいい思い出ですよね、楽しかったなライブ。

【メンバーの情報】
*木村くんのドラマ、始まりましたね。初めてですよね、わちゃわちゃしたコメディー、月9ドラマ「PRICELESS」。好評放送中という事で毎週月曜日はお見逃し無く。

*稲垣吾郎さん、僕ですね
cherryblossom来年4月6日公開の映画があります。
「桜、ふたたびの加奈子」広末涼子さんと共演。
ちょっぴり不思議な映画です、楽しみにしていてください。

dramaミュージカル初挑戦
初という事ではないけれど、1人で舞台をやり始めてからはストレートプレイが多かったので、初めて。
制作サイドのスタッフはいつもお世話になっているメンバーではあるのですが、大人のラブコメディー、ミュージカル。
共演は元宝塚トップスターの真飛聖さん。草なぎくんのドラマにも出演されていた素敵な女優さん。  
心強いですよね、元宝塚の方が一緒だと。ミュージカルですから歌って踊らなきゃいけないですからね。
結構この辺がまだ僕もプレッシャーあるんですけどね。1人で舞台で踊るって初めてですからね、大丈夫かな(笑)今更後戻りできないですからね。
でも楽しみだなぁ。本当に。
タイトルは「恋と音楽」。ミュージカル作家の役なんですよね。ラブストーリー。
人ごとにみたいに話していて申し訳ないんですけど、まだ台本もちゃんとすべて完成していなくて、舞台ではこういう事あるんですけど、稽古しながら台本作っていったりとか。
話聞いていると、おいおい大丈夫かよと思うかもしれませんが、必ず素敵なミュージカルにしたいと思いますので、楽しみにしていてください。
12月の1日からです。

pen吾郎のお仕事の紹介ができることがとっても嬉しいsign01
映画もミュージカルも本当に楽しみです。

あんまり吾郎のお喋りが楽しくて、やはりあれもこれも書きたくなって長くなったので、続きは隠します。
ライブの前の時間、それぞれのメンバーの過ごし方などは、「続きを読む」から、どうぞheart

続きを読む "STOP THE SMAP 11月4日(東海ラジオ)"

| | コメント (2)

2012年11月 3日 (土)

「Special Thanks」企画 【Top記事設定】

ロンドンからの chateau de l'ange で今年も素敵な企画を立てて下さいました。

吾郎さんと出会えた奇跡・・・「Special Thanks」企画です。
盛りだくさんの今年の締めくくりは
12月の吾郎さん主演ミュージカル「恋と音楽」!
公演中にお誕生日も来ます。
そこで、吾郎さんに私たちから「愛と感謝」の気持ちを送ろうという訳です。

*吾郎さんのBDに寄せてメッセージを
*今年も吾郎さんの舞台にお花を
・・・この二つを合わせて「Special Thanks」企画
詳細はchateau de l'ange内、kazuyoさんのブログ天使の呟きからどうぞ。

ribbon舞台へお花を贈る企画は、私もお手伝いさせて頂いていますので少し宣伝を。

2010年の舞台「象」の時に「お花企画」として始めましたが、今回で4回目になります。
一口1000円からの参加で、東京・大阪・仙台の全会場が対象。
申し込み締め切りは11月23日(金・祝日)
お花のアレンジメントには、毎回参加者全員のHN(名前)を入れたカードを付けます。
こちらも恒例ですが、仙台の千秋楽には私たちから吾郎さんへのメッセージを1冊のミニアルバムに入れて届けたいと思っています。
第1回目から、初日は参加して下さった人数分の薔薇を花束風のアレンジにして贈っています。
それぞれの愛と感謝を薔薇の花一本一本に込められたらいいなと思います。

1007 これは去年の「泣き虫なまいき石川啄木」の初日に贈った参加者人数分の薔薇です。

年末でお花の価格も高騰していると思いますが、お花屋さんと相談して吾郎さんに相応しい美しく上品なお花を贈りたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

clip参考までに過去のお花企画はこちらからご覧になれます。
劇場に来られない方の為に、お花の画像はANGEL BBSの方へupいたします。

「象(2010年3月)新国立劇場」

「ぼっちゃま(2011年5月~6月)パルコ劇場・シアター・ドラマシティ」

「泣き虫なまいき石川啄木(2011年10月)紀伊國屋サザンシアター」

| | コメント (3)

2012年11月 2日 (金)

ゴロウ・デラックス 11月1日

今週のゲストは小島さん曰く「少し怖い人」(笑)。
「大丈夫ですか?」と言う小島さんに
「僕は平気だけど、怖い人に対してヒヤヒヤするようなことを・・・」とゴロウさん。
「そ・そんなこともないっすよ」と笑いながらの小島さん。
やっぱりセット前での立ちトークは好きだなぁ。
大人のファッションでかっこよく立っている二人にはお酒のグラスとか持たせたくなるけど~あ、お酒が入るとちょっと危ないか(笑)。

book今週の課題図書:やくざ監督と呼ばれて
著者の野々村直通さん、何と今日は着物姿で現れ、角刈りの頭といい見た目はやはりちょっと怖い。
ゴロウさん「本当にやくざの方かと思っちゃうんですけど(笑)・・・」なんて言っちゃってるよ。こっちがヒヤヒヤですよ~

野々村さんは部員15人の弱小野球部を甲子園常連にまで育て上げた監督。
2年前に問題発言で世間を騒がせたそうで、この時の事が課題図書「やくざ監督と呼ばれて」に書いてある。
これを読んだ吾郎は「ほんっとうに大変だったんだなと思いました」と言ってましたけど、一言の発言で世間で大騒ぎになって思い切り叩かれるという事は、SMAPとしては身に染みているんだろうな。
でも野々村監督、生徒達の署名運動で無事復帰できたし、こうしてTV番組でもその時の事について語れて良かったですよね。

監督の日頃の話を聞き写真を見るに付け、吾郎じゃないですがTVドラマみたい。
野球部を強くするためにスカウトの時「○○(他校の強い選手)も来るようだ」と嘘を言ってまで強い選手を勧誘。○○が来なかったと文句を言われようと、最後には入った子達を甲子園に連れて行く事で約束を果たした事になる、とのこと。
「詐欺じゃないですか~」の声に
吾郎「まあでも・・・プロポーズする時に『絶対幸せにするよ、一生』って、そんな保証はないのにさ、言ったことに対して自分が賢明に命をかけてっていう・・・そういうことと近いんじゃない?」
小島「いつか言うんだ?君を絶対に幸せにするよって」
吾郎「え、そのいつかって・・・しょっちゅう言いますよ。言いますよ、そんなの」
監督「詐欺だ!」
小島「なかなか形になってない気もしますけど(笑)」
吾郎「最終的に形になってないですね。ダメだね(笑)」

・・・こんな和やかな楽しい会話になっちゃった。
吾郎の、自分を少しだけ親しみやすく落とした言い方は嫌味がなくて場を和ませて、いいなぁといつも思う。

野々村監督、学校の先生なのにやくざファッションだし(笑)、不良を懲らしめるためには暴力をも辞さない感じで武勇伝もいろいろあるようですが、最後にビックリしたのは美術の先生との事。
卒業する野球部員全員に1人1人似顔絵を描いて贈るそうです。
ゴロウデラックスでも最後にレギュラーの3人を書いてきた似顔絵が贈呈されました。
みんな優しいいい表情で、素敵な似顔絵でした。
”吾郎ちゃんの唄に酔いしれて夢枕”
やはり「吾郎ちゃん」なんですね。
野々村氏の温かな絵には優しい人柄がにじみ出ていて、見た目は怖くても(笑)芯が通っていて根は優しい頼れる先生なんでしょうね。
こういう先生だったら、いじめを黙って放っておくことなんてしないと思った。

いいなあ、この最後の和やかな楽しい雰囲気。
どんなゲストでも、どんなジャンルの方でも、ゴロウ・デラックスの空気に包まれて終わる感じがとても好き。

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »