« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

STOP THE SMAP 12月27日

loveletter吾郎さんは夜空を見上げたりしてますか?
忙しいとなかなか空を見上げる時間がなくなる。それがバロメーターになる。空を見上げるのは昼でも夜でも好きだけども、心が本当に落ち着き心が洗われる。そういう時間を持ちたいと思う。どれだけ忙しくても一日一回空を見上げる時間を作るといいかもしれない。

【SMAPな時間】
loveletter「さかさまの空」の歌詞を間違って歌っています(笑)。「君が出会ったみんな」のところを「君と出会ったみんな」と歌っています。いつか気がつくかと思っていたのですが、その後吾郎さん自身は歌詞の間違いに気がつきましたか?また、誰かに指摘されましたか?
マジで(笑)?気づかなかった。「君と出会ったみんなに♪でしょ?」違うんだ。「君が出会ったみんなに♪」なんだ。マジで、誰も気づいてなかったよ、これ。半端ないっすよね、Nさん。
しかし何でもっと早く指摘してくれなかったんですか、Nさん。何で今?何故今だよ、終わっちゃったよ、もう(笑)。
でもさ、君と出会ったみんなにの方が良くない?・・・・・

全然問題ないよ(笑)、でも一つ、菅野よう子さん、ごめんなさい。
ビクターの人間も気づかなかった、Nさん凄いね。
でも気をつけます。ありがたいアドバイスです。
でもここだけの話で、僕これからも「君とであったみんな」でやっていきます。いつ誰に指摘されるか、Nさん以外の方にね。
今後誰かに指摘されるのを待とうじゃありませんか、皆さんも協力してね。

loveletter先日スマスマの観覧に参加してきました。吾郎ちゃん、手が空いた時に客席をガン見、怖かったです。
たまたま見てた方向だったんじゃないかな。私ガンミされました、とか何その言い方(笑)。
僕に見られる、何かポイントがあったのかなぁ。でも僕タレントだからね、そんなに素を出して客席をガン見する事はないと思うんだけど。何だろう。何か違う事を考えていたのかも、収録中に。その目線のさきにMさんが居たんだと思う。Mさんには申し訳ないけど。
何か気になる事があってガン見したかったら、さりげなくすると思う。

loveletter仙台でミュージカルをやるのが楽しみです。仙台のおいしい空気、食べ物を楽しみにしていてください。
仙台でミュージカルやるのって初めてなんですよね。楽しみだなぁ。昔コンサートで行ってたりしたんだけど。すっげ楽しみ。仙台大好きです。おいしいものもいっぱいあるし。
でも、やっぱり空気とかね、仙台の人に触れたりとか、そっち楽しみかな。
東北、結構好きなんですよ。
映画の撮影で庄内に行ってる時も凄い楽しかったし。
東北、食べ物もおいしいし、人も・・若干シャイなんですけど温かくて。


penファンの投稿にちょっとS発言してみたり、すごくリラックスしているのを感じて嬉しいです。

長くなりますので、木村くんの真似、子育て相談、年の締めくくりの挨拶などは「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 12月27日"

| | コメント (2)

2012年12月30日 (日)

恋と音楽 東京千秋楽 ネタバレ萌え祭り勝手に続行中

12月1日に始まった「恋と音楽」。
あっという間に東京千秋楽を迎えてしまいました。
きっと誰もが認める「大甘」な吾郎ファンである私でさえも、始まる前は内心歌大丈夫かなぁと少し心配した事は事実です。でもその心配を見事に裏切ってくれた初日、そして日を追う毎に喉が疲れるなどとは逆にどんどん声が良く出るように歌も上手くなっていったと思います。

今回、幸運にも昼と夜、2回とも観る事ができました。
27日、風邪を引いたのではないかという情報が飛び交い心配していましたが、28日昼公演では台詞のみに1~2度喉が苦しそうになる所があったような気がしましたが、歌は全く問題なし。
というか素人なりの感想ですが、喉が心配な時は歌い方や声の出し方を少し変えてみるなどの工夫をしていたように見えました。

そしてついに東京では最後となる夜公演。
全ての歌にいつも以上の感慨を込めて丁寧に歌っていたと思います。
出演者全員の歌がものすごく良かった。
舞台の上の方達の、千秋楽に込める思いが伝わってきて、とても感動しました。
吾郎って、本当に舞台が好きなんだな。

present千秋楽のご挨拶、抜けている所もありますが印象的な言葉を書いておきます。
カーテンコールになった途端に素に戻ってしまう吾郎。
いつも何となく熱すぎるファンの気持ちに、嬉しいながらも戸惑っているように見えるのが微笑ましすぎる!

やっと終わりました(笑)。
お客様に言う事ではないのかもしれないですけど、12月に芝居をやるのって本当に大変な事で(笑)SMAPさんの仕事と重なって~
それでも劇場に来るといつもと変わらない景色で僕を迎えてくれるキャストの皆様・スタッフの方がいらして寒い中毎日劇場に足を運んでくださる皆様のおかげで、無事千秋楽を迎えられた事を感謝しています。ありがとうございました。
お体に気をつけて素敵な年末年始を過ごして・・・というか一緒に過ごしましょう。

再び現れた吾郎、下手からすたすたとステージを横切り上手に入っていきかける(笑)。
で、歓声とブーイングの中、中央に戻ってきて再び挨拶。お茶目さん。

喋る事がなくて(笑)・・・
皆さんが立つと距離感が近くなって、ステージに立つオーラというものが無くなってしまうみたいで・・・

もう僕帰って寝たいんです(笑)。
初日はカーテンコールを2回で終わらせて事務所の人に叱られたので出てきたんです(笑)。
僕も名残惜しいです。
何回も来て下さった方もいるんですよね、10回とか。僕も顔を見て、この人また来ているとか(笑)・・・
演出家の河原さんもおっしゃっていましたが、皆さん温野菜のような温かな声援と、お芝居を観て下さるときはしっかり見て下さって、巷ではいいお客さんだと評判でした。

あと紅白とかいろいろあるので遠い存在として、劇場に来て下されば近い存在で、また舞台は意欲的にやっていきたいと思います。パルコさんに限らず。

(ここでマイクの電池切れ。で、生声で)
立って下さってる男性の方とかそろそろ帰りたい方もいらっしゃると思います。
皆さんだけにサービスするわけにはいかないんです。
日本全国のごろーちゃんですからheart

次の舞台はパルコではないけれど、決まっているという事ですか、ニヤリ。

「恋と音楽」
妄想と現実の間を行き来するようなストーリーだったから、ミュージカルに馴染みの無い人にも違和感なく受け入れられたのでしょうか。
キャストが5人という少人数なのに、とっても華やかで楽しい舞台。
吾郎の魅力満載でしたが、それぞれの見せ場もちゃんと用意されていて、大和田美帆ちゃんも「ぼっちゃま」の時より更に歌も上手くなって魅力的な女優さんになっていたし、改めて浅野さんのファンになりました。真飛さんの美しさと、あの綺麗な身のこなしはさすがですし、永二くんのお顔は絶対に忘れません!
バンドの方々の本当に楽しそうな笑顔と素晴らしい音は、「素敵な大人」を体感できるいい機会だと思いました。世の中の人に「大人の魅力」を感じてもらえる作品なのではないかと思いました。
何回でも同じ事を言いたくなって困りますが、本当に素敵な舞台でしたsign01

演奏して下さった方々も本当に超一流のミュージシャンの方達。
スケジュール的にも大変だと思うけど、是非また再演して欲しい。
xmasクリスマスシーズンは渋谷パルコ劇場に「恋と音楽」を観に行く!なんて事が定着したらいいなぁ。

pen浅野さん大活躍とそれにちょっと嫉妬する吾郎(笑)など、28日昼・夜のネタバレは「続きを読む」から。

続きを読む "恋と音楽 東京千秋楽 ネタバレ萌え祭り勝手に続行中"

| | コメント (4)

2012年12月26日 (水)

恋と音楽 ネタバレ萌え祭りPart3

札幌には行けないし・・だったらパルコ劇場でクリスマスを吾郎と一緒にheart01
という事で25日、行って参りました。

clip吾郎スケジュール(表に出ているのだけ)

21日12時~舞台(渋谷パルコ劇場)
   19時~MusicStation生放送(幕張)
22日    札幌SMAPコンサートツアー
23日21時~東京「さんま&SMAP」生放送
24日    札幌SMAPコンサートツアー最終日(4時間20分)
   22時半~SMAPXSMAP生放送
25日14時~舞台
   19時~「火曜曲」生放送

・・・のような過酷なスケジュール。
しかも冬。大雪で交通手段も無くなるかもしれないという綱渡り的状況。
でも、SMAPはきっと難なくやり遂げてしまうんだろうな、とは思っていました。
そして、コンサートオーラスは素晴らしかったそうですし、その4時間以上のコンサート終了後、スマスマ生放送。
久しぶりに雪合戦で楽しそうなSMAPを見た。
そういえば、雪合戦って何故か夢中になっちゃいますよね。

25日、ポケモンジェットでギリギリに東京に戻ってきた吾郎。
声がかすれる事もなく、いつも以上にノリノリで歌ってました。
そのプロ根性には驚くばかりです。

今回はクリスマスという事で終わりの挨拶も少し長め。
「クリスマスという日に来て下さってありがとうございます。
素敵なクリスマスをお過ごしください。」

カーテンコールの時、吾郎と浅野さんが顔を見合わせて笑っていたのが気になっていたのですが、どうやら永二くんが先に捌けてしまったようなのです。
「さっきは永二くんが急いで~彼女と約束でもしていたのでしょう(笑)」
なんて言うモノだから、永二くんが土下座して謝ってました。ここでまた大笑い。

「メリークリスマス!
お気を付けてお帰りください。
僕はこれから次の仕事です」

~というような挨拶でした。

このやり取りからも、とても仲の良いカンパニーだという事が伝わってきて嬉しかったです。

終演後、後ろに居た若い女性二人組は「面白かった~」と満足げな会話をしていましたし、ロビーですれ違ったカップルは「めっちゃ面白かった」と楽しそうにしてました。
初めてのお客さんも多かったようですが、渋谷パルコは幸せな気分で満ちあふれていたと思います。

clip追記
舞台写真でいっぱいの「袋とじ付きパンフレット」~舞台での写真がとても嬉しいです。
吾郎が綺麗でかわいい。あの衣装の吾郎とか、あんな衣装の吾郎とか・・・

少しネタバレになってしまうかもしれないエピソードは「続きを読む」から。

続きを読む "恋と音楽 ネタバレ萌え祭りPart3"

| | コメント (3)

2012年12月24日 (月)

月イチゴロー 12月

今月の月イチゴローは、舞台前のパルコから。
movieお正月映画スペシャル

第5位 フリーランサーNY捜査線
不安要素を煽るだけであって、なぁぁぁぁぁぁ~んの為にもならない映画。申し訳ないけど。

第4位 恋愛だけじゃダメかしら?
コメディ映画に必要な何故かイケメンがいっぱい。
待合室に置いてある雑誌のような映画。

第3位 東京家族
素晴らしい作品。家族に会いたくなる。
リアルに描いていて、どの世代でも共感できる。
日本人にしか作れない映画。
和食のような映画、あっさりしていて、でも奥が深い。

第2位 恋のロンドン狂騒曲
最近のウッディ・アレン、好きです。エロいよね。
年老いたら若い人と再婚したい気持ち分かります?・・・って、大下さん、吾郎はまだ一度も結婚した事ないのに(笑)。
でも、しっかり「分っかるよ!」とサービスたっぷりなお答え。

第1位 レ・ミゼラブル
ミュージカル映画には少し抵抗があったけれど、今までに見た中で一番良かった。
ホントに観てください!とにかくいいから。

・・・と、レ・ミゼラブルを大絶賛でお薦めした後、パルコのエスカレーターの上で両手でバイバイしながら上がって行ったゴロウさんでした。

pen予想通りの結果でしたが、それはゴロウさんの好みが一貫しているという事ですよね。
で、コメディにはイケメン・美男が必要なんですよ、吾郎さん。
だから吾郎さんにはコメディのオファーが多いんだと密かに思う。
でもたまには苦悩する吾郎も・・・と思っていたら1月期のドラマですよ。
「恋と音楽」を観て素敵な歌と笑いで幸せな年末を過ごしつつ、来年のドラマを楽しみに待つ・・・という何とも贅沢な今日この頃です。

| | コメント (2)

2012年12月22日 (土)

ゴロウ・デラックス 12月20日

今年最後のゴロウ・デラックスは、未公開トーク&名場面集

今年読んだ課題図書は40冊
「これだけ読んで頭の中に入っているんだね」と満足げなお二人。
そんな吾郎さんの思い出は・・・
*岩下さんと一緒に楳図かずお先生のお宅に行ったのは印象的
*三谷幸喜さんの販売促進をさせられた。なんかイラっとした(良く言った!)
*赤川次郎さんはとても素敵な方
*一番はアレじゃないですか?伊集院さんが帰っちゃった事(笑)。

karaoke未公開トーク集・名場面集
*西原さんが痩せなくて~という話を始めると、すかさず「でも肌が綺麗だから~」と優しくフォロー。もうさすがイナガキ!
西原さんの言葉を受けて、真面目な端正な顔で「中○しされてしまう」と復唱する吾郎。TwitterのTLがお祭りに。
*阿川佐和子さんに普通ににこやかにダメだしする吾郎。
*演出家本谷さんの「人間的に欠落してないと人前で演技なんてできない」というきつい言葉に、すかさず「なんだコノヤロー!」 この返しが好き。
*岩下さん指導の元に、料亭遊びも何回見ても面白い。

shadowほとんどテレビに出ない方との貴重映像
*赤川次郎さん
*雀鬼・桜井章一さん、何回見ても「ゴロウさんが欲しい」はちょっと衝撃的だわ。
*三浦しおんさん
*おじさん研究家なかむらるみさん。

impactハプニング集
*10時間かかって作ったレゴを一瞬で壊してしまう小島さん。
今までこういう事をやらかすのは吾郎だったのにね(笑)。
*エッセイスト大宮エリーさんにエッセイを書いてもらう為に収録後に食事をする。
この時、すごく自然に普通にいろいろな話をしている吾郎を見て、これが「実際会ってみると、とても気さくで優しい人」と言われる吾郎の素を少しだけ見れたような気がした。
*楳図かずお先生宅で、先生のバックダンサー→すぐに振りを覚えて更にアドリブまで入れてしまい「SMAP凄い!」と小島さんに嬉しがられる。

これらの映像を見て
「対応できる幅がぐっと広がった」と喜ぶ2人。
「ロケもいろいろな所に行って楽しかった」話から、山田くんが自分のロケは街頭インタビューなど結構きついと愚痴り、
「山田くん、いつも大変な思いさせちゃって・・・スタッフの一員としてロケに行ってる」
「山田くん、ビックになってこいつら(スタッフ)見返してやって(笑)」

と笑いながらねぎらう吾郎。
吾郎はいつもこういう立場の人に優しいですよね。

それにしても、ほんの一部の映像を見るだけでも、すごく個性的で幅広いゲストの方々にビックリする。
是非、これからもこの番組には頑張って貰いたい!
こんな面白くて、吾郎に合っている番組って他には考えられないですもの。
今年も1年、ありがとうございました。

新年1発目のゲストは・・・
何と渡辺淳一さん。
禁断の大人のエロスを語ってくださるそうで、早くも乗せられて「はい」「はい」返事をしている吾郎が・・・
うんとエロくて恥ずかしい箇所を読んでください!
期待しています。

| | コメント (4)

2012年12月21日 (金)

STOP THE SMAP 12月20日

loveletter普段はどんなものを飲んでいらっしゃるんですか?たとえばゴロウデラックスのマグカップの中身とか持ち歩いているタンブラーやペットボトルの中身が知りたいです。
うん、いいですね。とても答えやすいお葉書で。
そうですね、コーヒーはあまり飲まないんですね。ライブ中ではやっぱり水ですね。もちろんスポーツ飲料とか飲むメンバーもいるんですけど、甘くなっちゃうんで、口ん中。水が多いですね。
あとはですね、ゴロウデラックスのマグカップの中にはスタッフの方が冷たいお茶を入れてくれてますね。何かあったかいのにして欲しいなって最近思ってたんで。最近舞台ずっとやってるんで、あったかいものを飲むようにしてますね。
喉にいいスローコートというハーブティーとかね、スローコート・・・うん
あといろいろお薦めあります。喉のケアで結構飲んでるモノなんで味云々っていうものではないんですけどね。そのスローコートとか・・・が今、多いですかね、お茶では。
あと基本的には意外と水が好きですね。冷たい~普通に。常温がいいと言われてますけど冷たいもの、つい・・・舞台中とか汗かくんで飲みたくなっちゃうんですけど。
冷たいか温かいかって感じですね。
スローコート、意外とお薦めですよ、ハーブティー。


penやっぱりお水がいいですよね。分かっているけれどコーヒーばかり飲んでしまう私。
昨日も舞台に行ってきましたが、吾郎の強靱な喉には驚くばかり。
たゆまぬ努力と細かい気遣いのケア、そしてスローコートがあの素晴らしい美声を保つ秘訣なのでしょうか。
美と健康の本でもいいな(諦めないぞ)。もちろん綺麗な吾郎さんの写真付きで。

clip今週は、ここからは”ほぼ”放送された通りに書いていきます。

xmasさあ、今週はですね、クリスマスウィークという事で稲垣サンタがスペシャル企画を用意しました。番組のHPでコンサートツアーGIFT of SMAPの思い出の曲を募集したところ、たくさんの方からリクエストを頂きました。ありがとうございます。
そこで本日はですね、GIFT of SMAP「あなたが選ぶ思い出の曲特集」をお送りします。

loveletter今年のコンサートで私の思い出に残った曲は”Just Go”です。オープニング1曲目で思わず吾郎さんから苦笑いとお手振りと笑顔を頂いたからです。私にとっては一生忘れられない曲になりました。吾郎さん本当にありがとうございました。
うん、オープニングですしね。お手振りと笑顔は分かるんですけど苦笑いって何でしょうか(笑)。苦笑いしてたんですかね、僕ね。

musicJust Go

loveletter”HIKARI”です。ピカピカ光る衣装がとってもかっこよかったです。トロッコ移動で目の前に吾郎さんが止まってくれました。2歳の娘も興奮してごろーちゃんと大声で叫んでました。トロッコが動き出す前に吾郎さんが娘に気付いて手を振ってくれました。とても嬉しかったです。それ以来娘はSMAPのCDやDVDをつける度に「あおいのごろーちゃん」と言ってます。かなり嬉しかったんだと思います。
うん、なるほど!嬉しいですね。
僕は、この時から・・あおいのものになってます。

musicHIKARI
あおいのごろーちゃんも参加していますSMAPのHIKAERIでした(笑)。

pen2歳の女の子を相手に(笑)「僕はあおいのもの」とか「あおいのごろーちゃん」とか。
大好きだわsign01

loveletter思い出に残っているのは吾郎さんのソロ”Special Thanks”です。吾郎さんと木村くんのギターを弾く姿がとってもかっこよかったです。ダンサーの方が映像では手話でしょうか、とても優しい感じがして印象に残っています。
そうですね、映像で手話とかをやったりしてダンサーの方も参加して頂いて、ライブDVDの方でも良い感じになっているので、ねぇライブDVDの方も見て頂くと、またライブに浸る事も出来るんじゃないかなという感じがしますんでね、DVDの方も皆さん是非見て下さい。

penさすが宣伝部長。DVDの宣伝もお上手。

musicSpecialThanks

loveletter”手を繋ごう”
楽しいライブの終盤、右隣に居た見知らぬ木村さんのファンの方に「手を繋ぎませんか?」と声を掛けられ、多少の恥ずかしい気持ちも持ちつつ手を握りました。ドキドキと嬉しさを感じつつ、何だかSMAPとファンと気持ちが繋がったような気がして凄く嬉しい気持ちになりました。その事をきっかけに木村さんのファンの方、その方のお連れの吾郎ちゃんファンの方とお話しする事ができました。本当に素敵な思い出になったので、この曲は私の中でスペシャルな曲になりました。
ね、手を繋ごう、すごく良かったですね。ステージから見て客席みんなが手を繋いでいるシーンというのはとても感動的だったし、今回のライブで一番思い出に残っている場面と言ったら、あそこなんじゃないかな。

music手を繋ごう

loveletter(陸前高田市のMさんから)”前に”
震災で目に見えない傷を負った心、また塞いだ気持ちを開くように、また前に向かせるような歌詞がアルバム発売時から好きでした。そしてこの曲がライブの最後に歌われた時は涙が溢れてたまりませんでした。この曲が流れると、綺麗な青空と海が目の前に広がって風がふいてくるような気がします。
う~ん、嬉しいですね。そしてこの綺麗な青空を見上げれば、岩手県から僕らが住んでいる東京にも繋がっている訳ですからね。何かそんな風にも思ってくれると力強くなって貰えるんじゃないかなと思えますし。
この曲はね、ホントにこういう為にある曲というか、こういった心を持っている方とか僕ら自分自身に対して歌って自分自身に対して投げかけてる言葉でもあるんですけど、数多くの人達にこの曲こういう風に思って何かの力になって貰えるという事はホントにありがたい事ですし、その為に僕らも歌っているという感じですよね。

music前に

今日は吾郎サンタがSMAPのGIFT of SMAPの中からいろいろな曲を紹介させて頂いたんですけど、最後に被災地だった岩手県の方からのお便りが凄い嬉しかったですね。「前に」という曲はホントにいろんなメッセージが含まれていて、いつの時代になっても色あせず、今年のコンサートで最後にしめるにぴったりの曲でした。もちろんいい曲他にもいっぱいあるんですけど、この番組で紹介できて良かったなと思いました。
これからも僕らいろんな曲をいろんないい歌を歌っていきたいなとつくづく感じました。


house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net

| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

SoftBank CM

artSMAP GALA篇
新しいSoftBankのカタログとポスターがあまりにも綺麗で嬉しかったのですが(吾郎のスーツなんて青い地に黄色のドット柄なのに~)CMの映像を見て更にうっとり。

SMAPメンバーがそれぞれ1色ずつを担当。
CGによる素敵な映像が繰り広げられる。
吾郎はブルーと水の組み合わせ。
白とブルーの街で、スマホを操作する吾郎。
やがて消火栓から水が噴き出して、その水に乗って吾郎も空高く舞い上がる。
吾郎のブルーのスーツは白い水玉模様になる。
この映像の吾郎が美しくて美しくて・・・
コマ送りしても一コマ一コマ全て絵のように美しい。
色白の肌と真っ黒な瞳には鮮やかなブルーがもの凄くよく似合う。
随分前に、知り合いがパーソナルカラーを勉強していて本を貰ったりしたものですが、吾郎って「冬」のお手本みたいな人だなぁといつも思う(まあ、素人考えですけど)。

そういえば舞台では演出家が上から下までドット柄の衣装を着ていましたっけ。
まさか、これとは関係ないですよね。

木村くんのビビッドピンク、吾郎のブルー、剛のオレンジ、慎吾のイエローそして中居くんのレッド・・・
使われている鮮明で美しい色に負けないオーラと個性を持っているSMAPだから成り立つ映像だと思った。
SoftBankのCMクリエイターの方々の素晴らしさには、いつも驚きの連続です。

このCMが公式サイトに載ったとき、それぞれのメンバーの制作エピソードも1人ずつまとめて丁寧に書かれていたのですが、何故か吾郎のだけが無かった。
1行程度でまとめられているコメントなら「今回は我慢しましょう」と思いますが、そうでなかったので公式サイトに問い合わせ。
この数がよほど多かったのか、意外に早い対応で吾郎のエピソードも掲載されました。
何と、トップバッターで撮影に臨んだのでスタッフの方々と試行錯誤を繰り返し現場と一体感を感じながら参加する事が出来た、というような素敵なエピソードで、ちゃんと載せてくれたのは嬉しいですが、何故このコメント「だけ」載っていなかったのか、謎です。

mobilephoneSMAP スマッホ篇
吾郎・剛・慎吾で、スマホタダ割りキャンペーンのユニットを作るというCM。
楽屋で吾郎が新ユニットの説明をしているのですが、リーダーっぽく説明する吾郎と、何となく適当に聞いている風の下2人といった感じの設定が面白い。
上2人はどうしたの?と問われ「忙しいんじゃないの?」って答え、中間管理職そのものですね。
吾郎のくるほわした自然な天パ風の髪の毛のセットが好みだわ。
最後にちょっと投げやりに「店行って聞いてきてよ」と言う吾郎の口調がツボすぎて、何回繰り返して見ても止まらない!
実際は違うんでしょうけれど、いかにも3人の楽屋はこんな感じというのが上手い!
メンバー同士が絡む事で、広く知られたパブリックイメージに演技力を合わせて、短くても面白いCMが出来上がってしまうのもSMAPならではだと思った。
この映像も早く捕獲したいsign01

全く違うタイプだけど、それぞれいかにもSMAPという素敵なCMが2本。
すまっほの方はまだ他にも新しいのがあるらしい。
すごく楽しみです。

| | コメント (4)

2012年12月16日 (日)

ゴロウ・デラックス 12月6日・13日

パルコが気になって、2週まとめになってしまいました。

apple12月6日
課題図書:ボクの妻と結婚してください
ゲストは放送作家の樋口卓治さん。
バラエティ番組の数々を手がけている作家さんという事で、眼鏡を丸っぽいフレームにしたけれど大丈夫かなと心配する吾郎。クラシカルな感じが良く似合っていました。
今の細い吾郎には何でも似合ってしまいそう。
ウールのしっかりしたダブルのスーツ、茶系濃淡のチェックなのでとてもシックで素敵。

樋口さんはSMAPの番組をいくつも手がけているそうなのですが、実際に会うのは初めてとの事。そういうものなんですね。
よくそこら中に顔を出してくる作家さんが目立つので、放送作家さんってみんなそういうもんだと思ってました。
樋口さんの場合は仕事場は会議室、今(吾郎と向かい合って座っている本番中)はTV見てる感じです、って。

樋口さんが最近関わったSMAPの番組の一つは昨年の「がんばります!」。
その時に考えていた企画が震災で違うものになってしまったそうです。
そのボツになった企画とは
「吾郎がAKB48に入る。フルメイクで振りも完璧にして、AKB48のメンバーとしてMステなどにも出る」というものだったそう。
ちょっと見たかった。でも脚が綺麗過ぎて目立ってしまうかなぁ。背も高いし。
「稲垣吾郎が一番やらなそうな事」というコンセプトで作るらしい。
職業柄、本番でも台本が気になってしまう樋口さんにいち早く気づく吾郎。
「周りを客観的にすごく観察している」とよく言われる吾郎ですが、本当にそうなんですね。

「余命6ヶ月の放送作家が妻の再婚相手を探す」という物語らしいが、単なるお涙頂戴のお話ではなく、放送作家がどのように仕事をしているのか、その日常が描かれているらしい。
樋口さん、初めての小説という事で厳しい校正を受けたそうですが、その時の話題で
「僕が言うのも生意気ですが~」と前置きして自分の意見をきちんと言う辺り、吾郎の真面目さが伺えると思いました。

「TV業界あるある」に絡めて、TVに出てるタレントと放送作家との間の正直な話は面白かった。
AD山田くんからインカムを借りて、インカム初体験の吾郎。
初めは音声さんの名前を聞いて喜んでいたりしたのに、突然
「時間も長いのでそろそろ吾郎さんまとめてもらえませんか?」と言われて久々に
「バカ言ってんじゃないよ(笑)sign03が来ました!!

番組終わりに流れたSMAPライブDVDのお知らせ、吾郎がたくさん映っていて素敵だったわ♪

apple12月13日
課題図書:師匠!
番組最高齢ゲスト、内海桂子師匠と旦那様

久しぶりに眼鏡無し!やっぱり眼鏡が無い方がいいわ、いいわ~
何か髪の毛のカールが可愛くて、このまま顔をずっと見ていたいほど。

内海師匠の24歳年下のご主人も登場。
いつも師匠がチラシの裏に書いている言葉をご主人がTwitterに載せたのが始まりらしい。
結婚のきっかけとか日常の話を聞いた後、新作の都々逸を披露してくださる事に。
さすが現役、90歳とは思えないよく通る声で、
「ゴロウちゃん~」と唄った時の、吾郎の笑顔がすっごく良かった。
師匠を見る吾郎の眼差しがとっても温かい。
「この(2人の)お姿を全国の人に見て貰いたい」という吾郎の言葉が、今回の素敵なゲストのご夫婦ぶりを表していると思った。
自然に笑顔になって優しい気持ちになれた今週のゴロウデラックスでした。

師匠による吾郎の印象は

「いい男だよ。
名前的にはゴロウさんっていうと駄々っ子みたい。
ハンサム駄々っ子だよ」

| | コメント (2)

2012年12月15日 (土)

STOP THE SMAP 12月13日

loveletter「番組中にマッチさんの新曲のタイトル"Let's Go”を口にする」というマッチさんからの指令はクリアされましたか?
この番組じゃだめなのかな?OKだよね。
マッチさんのLet's Goというシングルが出るので、とにかく聞いて欲しいみたいです。
れっつご~・・・
久々のアップテンポな曲、ミッドナイトシャッフルの曲を作った方。
ハード勢いの或る萌えるマッチさんっていう感じの曲
僕らの大先輩なので皆さんの温かい応援をよろしくお願いします。


pen大先輩からの指令をそんな気のない感じで・・・(汗)と、少々ヒヤヒヤしましたが、結局しっかり曲の紹介までやってしまいました。さすが宣伝部長。

【SMAPな時間】
loveletter舞台「恋と音楽」について
舞台の仕事してる時はラジオの仕事を一番したくないんですよね、ほんとは。
舞台用の発声になっているので、このくらいの小さな声が意外と負担がかかるんですよね。
で、声に気を遣って小さな声で喋って今日は実験してるんですけどね、
(更に小声で)ま、ちょっとこのくらいに落としていきたいな・・・と、思ってるんですけどね。
やっぱり自分の身は自分で守らないとね。
皆さん、決して手を抜いているわけではないのでね、楽しい番組をお届けしたいという情熱に溢れておりますので、
(囁き声で)はい、どうかお許しください。
という事で舞台まっただ中、稲垣吾郎。

もう本当に楽しいですね、ミュージカル初めての事なんでね。
まあいろんな大変な事多いんですけども、歌って踊って芝居するってきっと大変な事なんだろうなとうすうす思っていたんですけど、やっぱり大変でしたね。
普通の舞台とは違うっていうか、やる事がねもちろん多いし、お芝居に集中してるだけではいけないし、歌に集中しすぎても基本的にコンサートで歌を唄う事とは違いますからね、舞台の歌っていうのは基本台詞なんで、芝居に沿った台詞としてそこにメロディーを付けていく~とまあそういう事なんです。音程とか歌に集中して囚われすぎてもいけないし酷い歌を聴かせてもいけないし、すごく今更ながらミュージカルをやっている方々ってホントに尊敬するなっていうか。
今まであまりミュージカル自体を意識していなかったし、そんなに好きなものではなかったんですけれど、あの世界でやってる方々本当に凄いなって思いましたね。
単純に作業が2倍増える訳ですからね。
でもまた新しい経験をさせて貰うっていうのも素晴らしい事ですし、感謝しなければいけない事ですしね、まだまだ自分が不完全な部分が多いんですけどね初めての事なんでね、でも周りの方に助けられながら、何よりもホントによりお客様に助けられて作ってる感がミュージカルは大きいのでね、そういった中でホントに幸せな日々をかみしめて今、舞台行っています。
まだまだ東京は28日までパルコ劇場で続きますし、後は大阪も1月年明けでありますし宮城の方にも行きますし、まだまだ続くので、皆さんからの温かい声援、お便り本当に心強いものになっていますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。


penこの囁き声の素敵さはとっても文字ではお伝えできないのが残念です。
吾郎ファン腰砕けheart04
初めてミュージカルをやって発見した楽しさを本当に嬉しそうに語っているので聞いているこちらも笑顔になってきます。
吾郎にとっては作業は2倍どころでは無かったと思う。
あそこまで歌う時の発声をきちんと変えるのは大変だったでしょう。
SMAPのライブで全国を回りながら、SMAPとしてのレギュラー番組、自分のレギュラー番組やコーナーそれに伴う課題図書を読んだり映画を見たりしながらの練習ですから。
しかも黙ってやってしまうところが更に好き。

loveletter山田涼介くんが金田一少年の事件簿をやるそうですね。山田くんと金田一ユニットとかいかがですか?その前に吾郎さんの金田一シリーズを見たいです。
ーーー(中略)
山田君とユニット(笑)親子みたいになっちゃうんじゃないですか?MONSTERに続いて?ユニット、いいですよ、そんなもの(笑)。
木村くんのPRICELESSでの役名も金田一ですね。
金田一ブームが何気に到来なんでしょうか。
そういえば「獄門島」とか名作でもまだやってないものもありますしね。
ちょっとやりたいですよね、金田一。機会があれば。
皆さんいっぱいリクエストフジテレビの方にして下されば、また実現可能かもしれませんし、金田一、いくつになっても出来る役なんでね、またやってみたいなと思いますけれども。

pen吾郎がここまではっきり「フジテレビに要望出して下されば実現可能かもしれません」と言っているのです。とにかく、要望は伝える事が大事ですね。

musicこの瞬間きっと夢じゃない

clip負けず嫌い吾郎の本気女装、鍋についてのセレブリティ発言(笑)、39歳の抱負などについては、【続きを読む】からどうぞ。

続きを読む "STOP THE SMAP 12月13日"

| | コメント (2)

2012年12月13日 (木)

1月期吾郎新ドラマについて

shadowin the Room
海外ドラマのリメイクと聞き、更に興味が増していたのですが、オリジナルのドラマが分かりました!
元はイスラエルの”Betipul” というドラマで、これが空前のヒット、各国でリメイクされ、米国でリメイクされたのが”in Treatment"だそうです。
今回、日本で作られるのはどちらを元にしているのか分かりませんが、かなり重いドラマではあるようです。
とても優れたドラマのようで、日本では学生を相手にしたセラピーのようなのでオリジナルとは感じが違ってくるとは思いますが、吾郎の静かだけれど多くを語る目の演技が楽しめそうです。

clipお願い
今のところ日テレでの放送になっており、放送しない地域がたくさんあります。
吾郎のドラマを少しでも多くの人に見てもらいたいので、放送される地域拡大のために、少しばかりのお時間を頂けたら嬉しいです。
kazuyoさんのサイトのBBSに、放送未定地域TV局の一覧が作られています。
お時間のある時に各放送局にメールでお願いして頂けませんでしょうか。
お願いの定型文を作っておくと、とても簡単です。
また、地方局へは1通のハガキも大きな意味を持つと聞いたので、ハガキの定型文も用意してもらいました。
こちらも余裕のある方はどうぞよろしくお願いいたします。
1月の放送開始には間に合わなくても、遅れて放送されても次回の時に考えて貰えても良いのではないでしょうか。
とりあえずダメ元でも行動をする方が、未来に続くのではないかと思います。

よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

SMAPXSMAP 12月10日

今週はビストロ2本立て

restaurantSexy Zone
以前は頑なに事務所関係を呼ばなかったのに、最近はデビュー仕立ての後輩まで呼んでしまうという変わりよう。
でもこれくらい年下だと、かえって可愛くて微笑ましい。
やはり同じ事務所だと話に出る
社長ジャニーさんの話、怖い先輩の話などは、何回聞いても面白い。
マリウスくんとの関係のさりげない話し方に、吾郎はやっぱり社交家だなと思う。
そして中居~吾郎~慎吾の連係プレイが今回も冴えてた。

restaurantヒュー・ジャックマン&アマンダ・セイフライド
アマンダはカワイイ、ヒュー・ジャックマンは紳士。
ヒュー・ジャックマン・・・以前、月イチで吾郎が彼の筋肉を褒め称えていましたよね(笑)。
でも筋肉だけの男じゃなくて、とってもユーモアがあって礼儀正しくて素敵な俳優さんでした。
海外の大物スターでも、ビストロに出る方ってみんな番組出演を楽しんでくれて、それだけで好感度アップしてしまいます。
それとは関係無く、「レ・ミゼラブル」はちょっと観てみたい。

ring歌のコーナーのゲストはプリプリ。
DiamondsもMも好きな曲なので、楽しみにはしていたのですが・・・
そんな事もぶっ飛ぶ程の吾郎の美しさ。
相変わらず、そうたくさん前の方で映っている訳ではないのですが、もう二次元の世界の美しさ。
舞台で見た生の吾郎は、ひろげんの時の吾郎(1998年)を思い出したのですが、TVで見る今週の歌の吾郎は2002年夏「恋愛偏差値」の吾郎と同じだと思った。
ひたすら吾郎を目で追ってしまった数分間でした。

| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

恋と音楽 ネタバレ萌え祭りPart2

まずは初日と8日は行きたい!と思っていたのが、誘って頂いて4日と7日にも行ってきました!

【続き】から、懲りずにネタバレ祭りしちゃいますheart

続きを読む "恋と音楽 ネタバレ萌え祭りPart2"

| | コメント (5)

in the Room(仮題)

2013年1月12日~日本テレビ0時50分~”in the Room”(仮題)
吾郎主演の連ドラです!
吾郎演じるのは心理カウンセラー。
嵯峨先生が現場復帰したのかと思ってしまいました。
「高校のカウンセリングルームで展開するカウンセラーと患者の会話劇を軸とする心理サスペンス」に惹かれます。
更に吾郎演じる主人公は自分にも問題を抱えているらしく、プロデューサー氏によると「主人公には苦悩する稲垣さんが浮かんだ」そうで(笑)、楽しみです。

また、白衣でしょうか。

pen吾郎の医者役って、凄くたくさんあるんですね。
さっちゃん、ウソついてごめんね(1995 TBS)
パラサイト・イブ(1997)
心室細動(1998 テレ朝)
映画「催眠」(1999)
ドラマ「催眠」(2000 TBS.)
「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」(2005 フジ)
「ブルドクター」(2011 日テレ)
「Dr.検事モロハシ」(2012 フジ)


稲垣吾郎、深夜の顔になる

| | コメント (4)

2012年12月 9日 (日)

STOP THE SMAP 12月6日

loveletter冬にお薦めのグリーンスムージーは、いつもの材料にショウガは一人4分の1でOK、シナモンは少しでOKだそうです。熟した柿もお薦め。豆乳のお薦めレシピは、くるみ、きなこ、甘栗、塩麹。
Yさん、やりますね。僕が情報教えて貰ってる感じが、ちょっと悔しい(笑)。しかも遙かに僕より上行ってる。塩麹まで使いやがって(笑)。やるねえ。
熟した柿いいですね。熟した柿30%オフとかのシール貼って売ってるよね。

pen続けるには甘さも大事、だけどバナナは使いすぎると糖質を取る事になるから考えもの。
くるみは体にいいし、ナッツとして良く食べる・・・そうです。
美味しく作らないと続かないので、いろいろ試してみるのがいいですね。
先週の5枚コピーして50円も使っちゃいました、に引き続き庶民派発言出た!
吾郎の口から30%オフとか、びっくり(笑)。

【SMAPな時間】
loveletterライブDVDについて
皆さん、買って下さいと上手に宣伝のコーナーでした。

loveletterJASRAC賞授賞式出席について
何故か僕がジャニーさんの代わりに出席、何故俺?みたいな。みんな思ったと思うんですけどね。みんな忙しかったんでしょうね。ドラマとかね、舞台とかで。
でも何か僕っぽいじゃないですか、ジャニーさんの代わりに出る感じは(笑)。
しかもお手紙読むのとか僕も仕事で多いんでね、朗読系が多いのでこれはまあ僕でしょう!みたいな感じだったんですけどね。
衣装、これゴロウデラックスの撮影中だったんでね、ちょっと合間に行ったんでゴロウデラックスの衣装だったからちょっとカジュアルに見えたってだけで、本当はもうちょっとフォーマルじゃなきゃいけなかったって言うね、会場に行って後悔しちゃったんですけど。
しかもNHKで流れるなんて全然知らなくて、本当に会場にいる人だけの授賞式だと思ったんでビックリしましたよ。意外と言われたんです、次の日に人に。
まあでも光栄な事ですよね。
他にラインナップされている曲が日本の名だたる歴史に残る名曲ばかりですからね。
その中でこの曲を選んでもらえたというのは凄い光栄な事だと思うし、「世界に一つだけの花」これからも歌っていきたいと思うし、僕らにとっては特別な意味のある曲なんでね、今後もっともっと成長していける曲だと思うので、今年のコンサートではやらなかったんですけどね、それも今後も大切にしていきたいという思いがあっての事だと思うのでね。
はい、以上SMAPな時間でした。


penみんな忙しいとか、吾郎だって凄く忙しいと思うのに。
番組収録の合間に出席してしまうんですね~
それにしても、わざわざ吾郎が出席するんですからTVの撮影とか無いはずはないと思うんだけど、あくまでも普通感覚な人なんだと思う。

musicオレンジ

【メンバーとの時間】
loveletter今年のコンサートでたくさん見られた「T」の文字が書かれているうちわの意味を知っていますか?これが木村くんの仕業だと知っていますか?
あった~T!Tだらけだった。何だろうと思ってたんですよ、これ。
そうだったんだ、知らなかった。木村くん言ってくれませんでしたね、これ。
まだ札幌が残ってますからね。でも札幌でTバック履いてたら風邪引いちゃうよぉ~。
やぁ、すごいですね。でもTバック履いてるのかね、ホントに(笑)。
わかんないもんね。ぶっちゃけねぇ。
いやぁ、でも木村くんのファンだったら履くでしょう。
木村くんも履いてて欲しいです。
みんな知らないんだけど、木村くんと木村くんのファンだけ知ってるみたいな。
男のTバックって・・・(笑)でもきっとあるよね。
パンツと言えばね、木村くんにパンツ貰いましたよ。僕言いましたっけ、この話。
してないですよね。
凄く履き心地の良くて可愛い下着があって、オレ最近これ好きなんだよってメンバー全員にプレゼントしていましたよ。
すごくいいんですよ。結構ね、デザインも良くて素材も良くて、どんな柄とかね詳しく言いたいんだけど、ちょっとまだ言えない。
普段、僕黒ばっかなんですよ、下着って。でもね、木村くんのプレゼントによって別に下着は黒じゃ無くてもいいんだ、下着でいろいろ遊んじゃってもいいんだ、って思うようになってきましたね。
結構遊び心のある木村くんらしい凄くセンスのいい下着なんですけどね。
他のメンバーも履いてるのかな、ねぇ。
凄くいいんですけどね、ファンの方ほとんど女性ばかりなのでお薦めはできない(笑)と思うんですけどねぇ。
まあ今度木村くんの許可が下りたら、具体的に僕が説明しますよ。

penTと書いてあるうちわの話から、木村くんにパンツを貰った話になってしまいましたねぇ、にやにや。是非、木村くんの許可を貰って具体的に説明して欲しい・・・と思ったけど、今度ワッツで木村くん自ら説明してくれるかも(笑)。

【続き】は吾郎さま写真集お願いsign03のお便りに真摯に答える吾郎・・・など。
辣腕ビジネスマンのようなお答えに、こちらもドキドキ。

続きを読む "STOP THE SMAP 12月6日"

| | コメント (0)

恋と音楽 お誕生日公演ソワレ

昼公演があっての夜、しかもパルコ劇場内に充満するw「今日は吾郎のお誕生日heart01」と思うファンの熱気にあてられて疲れているのではないかなんて思ったのは大間違い!
吾郎の歌声は最初の1曲目から調子に乗っていて素晴らしかった。
いつも思うのですが、吾郎ってライブでも最後まで調子は変わらず元気だし、ますますキラッキラになっていく感じが不思議です。

何となく、きっと観客の95%は吾郎またはSMAPファンなのではないかと思われるリアクションのノリも素晴らしく、あっという間に終わりに近づくのが寂しかった。

カーテンコールでは、出演者(河原ちゃん含むw)と伴奏の方々への最大なる拍手が終わり、最後に吾郎が一人になったところでみんなが立ち上がり「お誕生日おめでとうheartコール。

覚えている限りですが、だいたいこんなご挨拶でした。

「ありがとうございます。今年で39歳になりました。
今年はサンキューゴローで行きたいと思います。
こうして舞台で皆さんと一緒に誕生日を迎えるのは初めてで、キャストやスタッフさんにもお祝いしてもらい、こうして皆さんと過ごして、誰よりも幸せな39歳なのではないかと思います。」

何か言う度に客席から「ひゅ~(ふぅ~)」等の声が上がるので
「何を言っても「ひゅ~」なんですね(笑)。みなさん夜も遅いのでお気をつけてお帰りください。またお会いしましょう。」
・・・このちょっと客観的な言葉が吾郎らしくて、好きです(笑)。

そういえば、この挨拶の時の声がいつもより一段と低い感じでドキッとしました。
私は「(皆さんと一緒に過ごせて)誰よりも幸せな39歳だと思います」という言葉がとても嬉しかった。
吾郎って派手なファンサービスのパフォーマンスはしないけれど、こういう誠意のこもった言葉などが嬉しい。
嘘は嫌い、という吾郎らしい気持ちの表し方だなと思う。

そういえば7日ソワレでは、最後に「皆さん、お気を付けてお帰りください」と言って、捌けていく時、吾郎がゴツン!とセットの壁(柱?)にぶつかってから退場していきました。
さすがだわ、吾郎。

| | コメント (3)

2012年12月 8日 (土)

Happy Birthday!!

稲垣吾郎さま
39歳のお誕生日おめでとうございますsign03

38歳の吾郎さん、たっぷり楽しませて頂きました。
紅白歌合戦での鮮やかな赤いコートととびきりの笑顔。
「ハングリー」の麻生様は、吾郎さんが作り込んでいった事でとても個性的なキャラクターが出来上がってドラマに刺激的なスパイスを与えていました。
4月から始まったSTOP THE SMAPは、深夜のゴロウデラックスと共に毎週木曜日の楽しみになりました。少しだけ吾郎さんが近くなった気がします。
ゴロウデラックスはますます素敵な番組に成長し続け、毎週毎週予測し得ない展開から目が離せません!
2年ぶりのライブ、最高でした。
笑顔全開で走り回る姿、一生懸命なCCB吾郎(笑)、素敵な歌声と抜群のスタイル・・・
今年の吾郎さんのソロ大好きです。
”Special Thanks”を聞くと心が洗われる思いがします。
その時だけ優しい人になれた気が(笑)。
桜の季節に撮影した映画「桜、ふたたびの加奈子」も、待ち遠しいです。
そして、今は「恋と音楽」。
吾郎さんの魅力がギュッと詰まった2時間弱。
脚本も演出、そして演奏も共演者の方々もみんな素敵で、吾郎さん愛されてるなと思います。

今まで培ってきたものを基に、更に上へと進化していく吾郎さんを見ているのが幸せです。
30代最後の1年、素敵な年になりますように。

| | コメント (0)

2012年12月 3日 (月)

恋と音楽 ネタバレ萌え祭り

「ぼっちゃま」の時のように、始まる前からEDAMAME4(笑)の素敵な生演奏が。
これもこの舞台の贅沢の一つですよね。
初日はいろいろせわしなかったので、次回からはゆっくりと楽しみたいなと思う。

初日を観て最初の感激を忘れたくないので、一人ネタバレ祭りしちゃいます。

続きを読む "恋と音楽 ネタバレ萌え祭り"

| | コメント (6)

2012年12月 2日 (日)

恋と音楽~パルコ劇場12月1日

「恋と音楽」観てきました。
和製ミュージカル万歳sign03
鈴木聡脚本X河原雅彦演出X稲垣吾郎主演に外れ無しに加えて、「ぼっちゃま」に引き続き佐山さんの音楽が加わるという素晴らしさ。
2時間弱の中に17曲。
コミカルな曲からしっとり聞かせる曲までバラエティに富んでいて、しかも1曲1曲が凄くいい!
登場人物が5人だけ、というのも素敵。
舞台の後方では、超一流の方々がバンドを組んで生演奏。
みなさん本当に楽しそうに出演されていて、そんな事も嬉しい。
ものすごく贅沢な舞台です。
楽しくてたくさん笑って見終わった後幸せな気分で劇場を出る~そんな舞台最高ですよね。

我らが吾郎さんは、本当に素敵な歌声。
あの短い期間にものすごく集中して練習したんだろうなと思わせる歌いぶりでした。
歌詞が全部しっかりと聞き取れるのもいい。
こんなにミュージカルが合うとはsign03
そして、私達ファンはたまには憂いを含んだ耽美な世界を観たいのに(笑)、演出家の方々が吾郎にコメディーをやらせたがるのは観ていてすごく良く分かりました。
吾郎とラブコメ、すごく相性良いと思います!ラブコメは美男美女で見たいもの♪

初共演の真飛聖さん、宝塚のトップスターだったという事でさすが華があって綺麗で立ち姿が美しい。そして声もいい。妄想のえりこさんのたたずまいが、いかにもそんな感じで良かったなぁ。
浅野さんダンディー。
若手二人が出てくると、楽しい!
これ以上書くと、またネタバレに触れそうになるので、止めておきます。

bookパンフレットも素晴らしいです。
まず表紙を見てニコニコ(笑)、そして写真が素晴らしいだけでなく、座談会などでの何気ない言葉に吾郎の仕事に対する姿勢とか意気込みを見る事が出来て、改めて素敵な人だなぁと。

吾郎が言っていたように、コートの襟を立てて渋谷の雑踏をパルコ劇場に向かって歩く、空気は冷たい・・・でも見終わって体も心もほかほかに温かい、そんな舞台でした。

ネタバレは後でゆっくりと~

wineSpecial Thanks企画のお花に、たくさんの方が参加してくださいまして、本当にありがとうございました。
おかげさまで色とりどりの135本の薔薇の花束になりました。
次は8日お誕生日の日に送ります。121201

| | コメント (2)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »