« STOP THE SMAP 1月17日 | トップページ | 心療中-in the Room-第2話 »

2013年1月18日 (金)

ゴロウ・デラックス 1月17日

ベージュのジャケットにチェックのシャツ、茶系のネクタイ。黒縁眼鏡。
色白の肌にとてもよく合っていて、ビジュアル抜群。
しかも、うっとり見ている暇もない位、内容も面白いゴロデラでした。

book今週の課題図書:夜行観覧車
ゲストはもちろん、湊かなえさん。
「すべてが荒唐無稽ではない。普通の人間がそうなってしまう恐怖」という感想を言った後、ご本人がそこ(セットの裏)で待ってるから、的を射た感想を言って「わかってるじゃん、稲垣くん~」と入ってきて欲しいと話す吾郎。

湊さんは、ちゃんと「わかってるじゃん、稲垣くん・・」と言いながら入っていらっしゃいました。
誰もが感じると思うのですが、とてもあんな怖い?小説を書くような方には見えなくて、すごく穏やかそうな方。しかもご本人曰く「アニメ声」。
少しも偉そうな所がなくて、ものすごく普通に話されていて勝手に親しみが持てる方でした。
驚いた事は30歳でデビュー作を書くまでは主婦だった、という事。

どうやって書いたのか。たとえば「告白」では、
*ミステリーを読むのがが好きだったのでミステリーを書こうと思った。
*ミステリーで思い浮かぶ言葉を書いて、自分が書けるミステリーに合う言葉を選んでそれに沿っていろいろ考えていった。
*復讐→大事なものを奪われた→
*子供を殺されたらたとえ生徒でも10代でも復讐するかもしれない→
*復讐行為を踏み留めさせるものが無い→シングルマザー

最初はTVドラマの脚本を書いたが、”直し”などがあった時東京に住んでいた方がいいと言われたのが悔しくて、東京にいなくても大丈夫なように、映像化できない小説を書こう、と思ったそうです。

夜行観覧車の冒頭シーン~何か不愉快な事があったのか娘が逆上して自分の机のものを投げつけた挙げ句「クソババア」と罵る場面~を読む吾郎。
このシーンが日常だったと語る小島さん。吾郎は当然のように信じられない様子。
この小説に出てくる三家族の親子の問題はそのまま自分と母親の問題に当てはまると言う小島さんに「勝手に自伝小説にしてるの?」と言う吾郎。吾郎のこういう間髪入れずの返しが好き。

湊さんは、小説を書いている最中は相関図などは書かずに常に登場人物の事を考えているとの事。食事をしている時は○○さんは何食べてるかしらとか考えているそうで、主婦をしていたからこその発想だからリアルで面白いのかしら。

小島さんが朗読したのは、高級住宅地にずっと住んでいる嫌味な女性ラメポが登場するシーン。その感じ悪~い喋り方が上手で上手で(笑)。
読み終わって「いやなババアだよね!!」と思わず小島さんが言ってしまった後すぐに
「合ってますよ、ラメポみたいになりますよ、将来」って、吾郎(笑)。

湊さんは「この人を傷付けるには何を言ったら効果的かな」という事は常に考えるそうで、そこは優しそうに見えてミステリー作家なんですね。
ゴロウ・デラックスの収録中にも吾郎と小島さんの事をよく観察していて、本当に話が面白い。
吾郎が小島さんが嫌がる事を何気なくスパーンと言ってしまう事を指摘されると、
「意地悪さ加減をグループでいる時は出さないから、
受け止めて
「本当は意地悪な所があるから、この番組がないとうまくデトックスできない」

結局小島さんに甘えているのかな。この甘え上手heart02

湊さん、優しい顔・穏やかな口調で、とてもズバリとおっしゃるので会話がすごく面白い。

「夜行観覧車」はTBS.で金曜夜10時から連ドラ化という話を聞いて、
「あ~俺、出たかった、このドラマ」と言う吾郎。
私もゴロウ・デラックスを見て、このドラマ見たくなりました!
でも、実は”映像化されたものを見る前に原作を読んでしまいたい派”の私、一応録画しておいて原作を先に読んでしまおうか迷っている最中です。
映像化されたものって演出とか演じる人の解釈が更に入ってくるので、私は映像の先入観無しで先に読むのが好きです。
例外として、吾郎が演じる作品だったら映像が先になるのですが(笑)。

「ちょっとロケとか行きませんか?今度」と湊さんを誘う吾郎。
是非、湊さんのお話をもっと聞きたいと思った30分でした。

|

« STOP THE SMAP 1月17日 | トップページ | 心療中-in the Room-第2話 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

面白くて、楽しくて、ず~~と聞いていたい「ゴロデラ」でした。ゲストの湊さん、それに吾郎と小島さんは同年代だから何処かに共通点があるのでしょうね。まるでガールズトークを聞いているようなのりで楽しいし、それでいて番組の本質はきちんと押さえていて、さすがと思いました。本当にあの「告白」を書かれた湊さん?と思ってしまうくらいご本人はキュートで可愛い。特に声にはやられました。文を組み立てていく思考回路や主人公の名前のつけ方には目から鱗状態。特にりんごを使っての説明は吾郎じゃないけど納得しましたね。色から入る吾郎と、贋物という視点で軽さを考える小島さん。小島さん、現実的だなぁと妙におかしくなりました。

気心の知れた吾郎と小島さんの絶妙な面白トークに今回は湊さんも加わり最高でした!ぜひぜひ3人でロケに行って欲しいですね。

投稿: あや | 2013年1月19日 (土) 11時42分

今期は吾郎のドラマがあり、そちらにばかり気がいっていたのでこのドラマの事はゴロデラを見るまで全く知りませんでした。やはり番宣って必要ですね! そして吾郎は宣伝も上手いです! 気になって「夜行観覧車」見てしまいました。それにしても作家の方が直々にドラマの番宣にいらっしゃるというのは初めてでは?そもそも湊さんはテレビに出られた事あるのでしょうか・・・作品への取り組み方とかとても興味深いお話しで、湊さんの作品に絡めて毒を出す吾郎と小島さんのトークが面白くてあっという間に終ってしまった感じです。見てから読むと映像に引っ張られてしまいますよね・・・ここは先に読まれた方が良いような気がします。

投稿: 流星 | 2013年1月20日 (日) 16時53分

コメントありがとうございます!

appleあやさま
本当に面白かったですね。先週から一応5分だけ放送時間が延びたんですよね。CMが多いので番組本体としては1分半くらいの延長のようですが。
でも、嬉しいです。
湊さん・・・同年代だったのですね。
入ってきた時、すぐに吾郎の言葉を受けて「稲垣くん~」と言った時、あ、楽しそうな方だなと思ったのですが~その通りで嬉しかったです。
是非、ロケに行ってほしいですね。

apple流星さま
確かに番宣って大切ですね。
そして、どこもかしこも主演俳優他2~3名が出て同じような事を言ってもあまり興味の対象は広がらない、それに対してゴロデラでの宣伝の仕方は上手いなと思いました。
何もかも3人の話の面白さがいけない(笑)のですが、普段は悔しいから絶対に乗せられないのに、結局昨日「夜行観覧車」を買ってきてしまいました。
ドラマはそれまでHDの中に入れておく事にします。
やはり、作家の方がゲストだと面白いですね。

投稿: サイトー | 2013年1月20日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 1月17日 | トップページ | 心療中-in the Room-第2話 »