« ゴロウ・デラックス 3月6日 | トップページ | 心療中-in the Room-第9話 »

2013年3月 9日 (土)

王様のブランチ 3月9日

王様のブランチではGoro's Barの頃から、たまに番組紹介をしてくれるのがとても嬉しい。
毎週木曜日深夜0時20分放送ゴロウデラックス
毎回1冊の本にスポットを当て、著者とその本の魅力に迫るトークバラエティ

・・・と紹介。

いつものセットの前で、ブランチのリポーターと立ったままのお喋り。
来週放送分林真理子さんの収録が終わったところのようで、何と小島さんったら少し酔っ払い(笑)。足元フラついてましたけど。
衣装は今週の谷川さんの時と同じなので、同じ日の撮影だったのでしょうか。
吾郎「深夜番組なのでちょっとラフな感じで(今日は、ワインを)飲みながら収録をして~」
小島「・・・自由に。吾郎さんもちょっと他の番組とは違うダメ・ゴロウだったり、ヘンタイ・ゴロウとか、ワガママ・ゴロウとか」
吾郎「この番組で結構日頃のストレスをデトックスしているんです」
リポーター「いつもカチッとしているイメージなんですよね」
吾郎「そういう人ほど溜まっているんです」
小島「今日は林真理子さんが作家さんならではの視点で、ゴロウさんに結構切り込んだ質問をなさってですね、ワインの勢いもあって吾郎さんも結構つっこんだ答えをしてしまって」
吾郎「そうそう(笑)。眼力・・4つの目が凄かったですよ。」
小島「ワイン片手に、どうなの?どうなの?吾郎さん、って」

ここで来週の予告が・・・かなり期待できそう?

pen番組紹介として久保さんの時の映像が流れて~これはとても面白かったので視聴者に興味を持たせるには手っ取り早いのかしら。
でもせっかくいろいろな方が出て下さっているので、(もちろん、とっても面白かったのですが)これだけではちょっと勿体ないなと感じてしまいました。
Twitterで、読書情報誌「ダ・ヴィンチ」でゴロウデラックスの特集をしてくれたら本好きの人の為に良いのではないかしらというような事を書いている方がいらして・・・いいアイディアですよね!
今のTV誌は一部の人の為のアイドル誌となってしまっているので、取り上げてもらえないし取り上げたところで読む層には興味無さそうだし(苦笑)。
もっと大勢の方にこんな番組がある事を知って欲しいです。

吾郎「ゲストの方も結構個性がかなりディープな方が多いので、基本的には作家さんとか文化人なんですけども、普段あまりテレビに出られない方など・・」

ここで、AD山田くんについても吾郎が簡潔に紹介。

来月2周年を迎えるゴロウデラックス、この2年で分かった事を伺ってみましょう、と言ってリポーターが差し出した「稲垣吾郎さん、実はこんな人だった」と書かれたフリップの吾郎の写真のイケてなさ(爆笑)!
案の定・・・
吾郎「あの、この写真が嫌で嫌でしょうがない(笑)。」
 いいじゃないですか
 いですよぉ
吾郎「見ないでください。もうホント見られたくない(笑)」「この写真がヤダ」
小島「ていうくらい、吾郎さんは面倒くさい人でした。毎回こんな感じです(笑)。
大丈夫よ吾郎さん、そんな事ないですよとか、日本中が認めるアイドルをどうして私がこんなにフォローしなくちゃいけないの?
意外とめんどくさい人で、でもそこがこの番組をご覧になると身近に感じるというか、実は普通に人間味のある人だったという事が分かって嬉しかったです」

吾郎「ありがとうございます」

山田くんからは「街とか普通に歩いていて店とかフラッと入る方なんです」という話から、
スーパーのくじで1等を当てた話も暴露。
その時、お店の人は気がついていたんですか?のレポーターの質問に
吾郎「自分はバレてないと思って帽子とかマスクとかしてるんですけど、実は気づかれているっていう、一番芸能人のかっこわるいヤツ(笑)。全然バレてます」

やっぱりバレてるのは分かっているんですね(笑)。

吾郎「ゴールデンタイムにはなかなか見せる事のない顔であったり言葉であったり、深夜で夜遅くて大変だと思うんですけど、皆さん是非ご覧になってください。
よろしくお願いします」

|

« ゴロウ・デラックス 3月6日 | トップページ | 心療中-in the Room-第9話 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 3月6日 | トップページ | 心療中-in the Room-第9話 »