« STOP THE SMAP 3月14日 | トップページ | 王様のブランチ 3月16日 »

2013年3月16日 (土)

ゴロウ・デラックス 3月14日

今週のゲストは林真理子さん。

林さんご持参のワインOVER TUREを早速開けて飲みながらお喋りという、素敵なゴロウデラックス。
吾郎がソムリエナイフで栓を開け、何て言って乾杯するのかと思ったら
「ホストクラブ・ゴロウへ、いらっしゃい」(笑)(笑)「乾杯!」
吾郎のこういうところ大好き。

book今週の課題図書:来世は女優
最近のゲストは大物ばかりで、課題図書というよりも作家さんのお名前だけでインパクトががありすぎて、何が課題図書だったか忘れてしまいがちになってしまうのですが~

*「ブスに気づいていない女はモテる」
「思っていても言葉にできない事をあっさり口にしてしまうところ」が林さんの支持される理由らしい。たとえ番組だから仕事だからと言っても、私は、ブス・デブの連呼はあまり好きではない。

pencilマリコの教え~マリコ語録より
*「1LDKのマンションに住めるようになった頃が女の盛り」
「女性のマンションに行くの、いいですね」という吾郎に
「女の人が自分の思う時に帰ってくれないから、いらつくからでしょ、女の人の所だったら自分が好きな時に帰れるから」と鋭くつっこんだ林さん。
ここが先週流された予告映像だったので、林さんの言葉にたじたじとなる吾郎ちゃん!みたいなのがもっと見られるのかと思ったら、ここだけだったんですね。

*「夜を制するものは体重を制す」
お酒と食べる事だけは止められないという林さん、私は今回のゴロデラで初めて「お酒だけは止められない」という所に同意しました!

*「私は美女のお友達しか作らない」
美女ではない人と会わなければならなくなった時はどうしますか?の質問に
「人前では会わない」と即回答。
この時、思わず吾郎の口から出てしまった「ひどい・・・」という言葉。
そして、それをテロップにして画面に出してしまったスタッフにホッとした。
「同性でも汚い人と一緒にいると~」「おばちゃんの一団って感じになっちゃう」~等の言葉に、それでも吾郎、頑張る!
「人の魅力ってあるじゃないですか!見てくれじゃなくて、一緒に居たくなるような。」
・・この美しいお言葉を糧にわたくしは努力しながらこれから生きていこうと思いました。

*「恋はするものではなく仕方なく落ちていくもの」
恋すると嫌われないように卑屈になって、こちらから連絡しない、という林さんに
「伝えた方がモテますよ。意外と男の人ってそれ(相手の思い)分からないから」と一生懸命アドバイスする吾郎。
年齢の事などを考えてしまうと消極的になるという林さんに、年齢関係無くモテている女優さんの例を上げて、こういう風にすればいいんじゃないと更にアドバイス。さすがや。

女性をブスと美人の二つに分類、更にデブというカテゴリーに対してもいろいろ思いがあるようで、少し自虐的なネタも含めて結局は「いい恋愛がしたい」という事が一番の課題なのでしょうか。
話す時も吾郎を見ずに隣の小島さんばかり見ているし、吾郎はさりげなく良い話題を出しているのに何だかなぁの30分だと思ったのですが、元々あまりお話は得意ではないのかな。
小島さんもゲストに合わせて面白おかしく話をまとめていてさすがと思いました。
何か、改めて吾郎の人間的に素敵な所が伝わってきたのが嬉しかったというのが見終わっての気持ちです。

林さんは作家になる前には職を転々としたりしながら勉強をしてようやくコピーライターになった時、コピーライターブームが起きたのだそうです。
そこでエッセイを、しかも普通のエッセイを書いていては世の中に出られないから、どんなに下品でもえげつなくても普通の人が書かない事を書こうとその時決心したそうです。
そして、その後小説も書かせてもらうようになったとの事、だから「ブス」「デブ」も仕方ないのかなぁ。
まあ、そういうのを好むか好まないかの好みの問題ですね。

吾郎は相変わらず、キレイだったわheart

|

« STOP THE SMAP 3月14日 | トップページ | 王様のブランチ 3月16日 »

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

林さんのエッセイは随分前に、ご実家の本屋さんのことを書かれていたのを読んだくらいなので何とも言えませんが、若い人達の支持が多いのでしょうか。私も美人としか友達にならないとか、デブ、ブスというように外見だけで人を判断する表現方法は好きではありません。まぁ一つのネタとして書いたり話していられるんだと思いますが。花の命は短くて・・・と昔から言われるようにどんな美男、美女でも自身を磨いて行かなければ、その美しさは持続しませんよね。

今回は吾郎の一貫した物の見方、価値観が垣間見られて良かったです。相手を否定せず、良い所を見つけて大きく受け止める寛容な心。吾郎のようでありたいと改めて感じさせてくれた30分でした。

投稿: あや | 2013年3月17日 (日) 20時01分

サイトーさま、こんばんは~
ブランチの予告やエッセイでの文面から、もっとテンションの高い番組を期待してしまいましたがそこはちょっと違ってました。
林さん、イケメン好きなはずですが、あまりにも美しすぎる吾郎を目の当たりにして目を合わす事ができなかったのでしょうね。それでもチラチラと見てらしたあたり気持ちすごく分かります!眩しすぎるのでしょう!なのでSMAPの中で・・・の言葉にもなるほどでした(笑)
吾郎は林さんの迷言?に対しても優しい言葉を掛けていて、ゲストに対してスマートな対応ができるなんて素敵なホストクラブですね~小島さんも女性ならではネタを入れて盛り上げ良いコンビと楽しませて頂きました。

投稿: 流星 | 2013年3月17日 (日) 22時23分

コメントありがとうございます。
appleあやさま
私も、美容院で渡される雑誌のエッセイなどを読むくらいなので、あまり知らずに書いてしまって少し反省はしているのですが・・・でも、やはり美醜や年齢についての陰口のようなエッセイは読んでいてあまり楽しいものではないです。
って、結局また同じような事を書いてしまいました(笑)。
でも非常に数多くの人に支持されている訳ですので、それは凄い事だと思っています。
1996年の新春ドラマ「素晴らしき家族旅行」は林真理子さん原作のドラマ化ですよね。これはとても面白かった記憶があります。
いつものような吾郎の誰に対しても変わらない接し方がとても良かったですね。
吾郎がますます好きになりました!

apple流星さま
少し期待しすぎましたね。
久保ミツロウさんがとてもお話上手で面白かったし、林さんは書いていらっしゃる文章の如きに鋭いつっこみなどを期待してしまいました。
美しいものに憧れるあまり、目の前の超美形の顔を見られないという気持ちはもの凄く分かります。私なんて目の前には行きたくないタイプですから(笑)。
どこかでエッセイにでも感想を書いてくださると嬉しいのですが。
素敵なホストぶりでしたよね!
ブランチでも紹介してくれましたし、4月からも楽しめそうで良かったです。

投稿: サイトー | 2013年3月17日 (日) 23時41分

はじめまして。

ゴローデラックスで紹介されていた林真理子さんの著書が知りたくて検索してきました。
凄く細かくレポートされていて感動しました。

吾郎ちゃんへの愛の深さに感銘を受けました。
素敵なブログに出会えて嬉しいです。

舞台の事なども書かれている様なので読ませていただきたいと思います。


投稿: めぐ♪ | 2013年7月 6日 (土) 15時53分

appleめぐ♪さま
コメントありがとうございます。
検索して読んで下さった上に、コメントなんてとても嬉しいです。
吾郎ちゃん好きなだけで暑苦しく語っていますが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: サイトー | 2013年7月 6日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 3月14日 | トップページ | 王様のブランチ 3月16日 »