« STOP THE SMAP 4月4日 | トップページ | 「桜、ふたたびの加奈子」公開! »

2013年4月 5日 (金)

よんぱち

「こんにちは~稲垣です」
鈴木おさむさんのラジオにゲスト出演。
今朝、鈴木おさむさんと小島慶子さんが出ているTVを観てちょっと何か不思議だったという吾郎。
吾郎:「(小島さんとは番組やってるし)鈴木おさむさんは僕にとってSMAPのスタッフだから(笑)。
最近はタレントさんとしての鈴木さんも違和感なくなってきているけれど・・」

鈴木:「鈴木さんってやめてよ(笑)」
吾郎:「おさむくん・・」
18年間みんなの関係性は変わらない。
鈴木おさむさんは吾郎とだとリラックスして話せるけど、木村くんからはいつも怒られている(笑)。
吾郎の「おい、おさむannoy!」という木村くんの真似が「ごろちゃん、上手いね」と褒められました。

この先の「桜、ふたたびの加奈子」に関する会話を、ざっくりまとめてみました。

shadow鈴木おさむさん
チラシタイトルくらいの情報だけで「桜、ふたたびの加奈子」を観たそうです。
入り口は凄い重い話でビックリした。ドキュメンタリーテイストっぽく撮っているんだけど、途中からファンタジーになり、どんな風に話が展開するのかと思っていて、こういう感じかとビックリした。海外の映画ではこういう物語の作りってあるけれど邦画にはなかなか無い感じ。
海外で賞とか・・・
桜がテーマになっていて日本ぽさもある。
絵の撮り方も面白くて、ドキュメンタリーっぽい中にファンタジーっぽさやシュールさが出て来て、最後の展開に驚く。こういう事があって欲しいな。海外だと蘇りはゾンビになったりするけれど、独特な日本ぽいテイストが良い。
吾郎ちゃんが居てくれるから安心。他の役者だともっと痛々しなってると思う。吾郎ちゃんだからこそファンタジー仕上げになってる所もある。

shadow女性アナ
驚きと共に、もしかしたらあるかもしれないと思わされる。吾郎さんが居るから、冷静と温かさの合間、ちょうどいい感じが安心させる。

shadow吾郎
不思議な映画です。最初台本読んでとても面白かったし、本としては展開とかハラハラドキドキさせられるものがあるし、どんな風に映画化されるのか邦画としてはないものだった。是非やってみたいと思ってちょうど去年の今頃に撮影して1年経っての公開。

輪廻転生を信じている妻とそれを見守っている夫。
夫は生まれ変わりを信じているのか、どういう気持ちで演じたのか?に対して
「信じたいけれど、あまりそっちに流れちゃうと現実として夫婦が再生していかなくてはならないので、難しい立場の夫だと思うし、それが今回僕の演技のテーマだったと思う。」
「目に見えないものが人生や何かを動かしていると思う。そういうのを信じたいと思う。突然訪れる別れについては、こういう事があると思って欲しいような気持ち」

鈴木おさむさん、次の言葉で締めて下さいました。

これは映画ですね。これは映画でしかできない。
『桜、ふたたびの加奈子』、明日公開です」

penスマスマSMAP5人旅、SMAPがんばりましょうなどについては「続きを読む」からどうぞ。

*今ドラマ撮影中。TAKE FIVEの紹介。

*来週スマスマでSMAP5人旅がいよいよ放送。結構刺激的、ありそうで無かった企画。
スタッフ無し(遠目)で5人で大阪に旅行。
吾郎:「とんでもない企画考えないでよ。どうせおさむくんが考えたんでしょ(笑)。
辛いですよ~誰が辛いって中間管理職の僕が一番辛いです・・・
でも面白いんじゃないですか(笑)」

鈴木:「何が面白いって、旅でもグルメとかじゃなくて、半分以上が車で移動してるシーンの会話ですから。どこにも見せていないSMAPの関係性と、ごろちゃんこういう時喋るんだとか、そういうのが面白いんですよね。」
そして一泊お泊まりしてカラオケをしたりして衝撃の結末だそうです(笑)。
吾郎も「衝撃的。まさかですよね。人生で初めて見た」という「ある事」が起きるとのこと。楽しみです。

*「がんばります」では、吾郎がADさんに。
吾郎:「これもまた変な企画考えないで下さいよ。ほんっっとうに大変だった(笑)。
ADさんって本当に大変なんですね。普通に23才の新人のADさんと一緒に朝までいろいろやるんですけど、ホントにガチですよね」

鈴木:「かえれまテンのADを。あれ一回ADさんが全部やるの。リアルに。何品で何時間くらいかかったかをシミュレーションを全部やるんですけど、吾郎ちゃん全部そこまでやった(笑)。
吾郎:「機材の後片付けまで(笑)。本当に大変だった。」

SMAPのメンバーはそれぞれの部署に配置され、結構手こずっていたそうです。

吾郎:「ず~っと僕、文句言ってるけど大丈夫(笑)?使うんでしょ、そういうとこ。いやなんだけど(笑)。愚痴ばっか言ってるヤナ自分がずっとオンエアされるから。」
鈴木:「そういうの気になります?」

去年のカラオケ企画の時など、長い間収録している間に口走った愚痴を全部使われてしまい、それを気にしているみたい。

吾郎:「気になるよぉ~だって普段タレントとして少し作っているんだから、ちょっと漏らす所だけ使われるからさ、こんなのやってらんないよ、みたいな(笑)。
あれ、大丈夫?タレントの生命線として平気?SMAPの担当スタッフとしてどう?大丈夫?」

鈴木:「僕、最終的にちゃんとチェックしとくから」

loveletter映画公開おめでとうございます。昨日は剛くんの舞台を観劇されたとの事ですが、どうでしたか?
昨日はJrの高田翔くんと一緒だった。
「面白かったですよ、素晴らしかったです『二都物語』最高。ワイルドつよぽん。」
メンバーの舞台を観る時は不思議な気持ち。普段一緒の舞台に立っている人間が別の所に立っていて、本番前の楽屋などに行くと、こちらは観る側なのに向こうが本番に向けてモチベーション上げているのをみるのは不思議な感じ。
今まで共演した役者さんの舞台を観るのとは全然違う。
メンバーが自分の舞台を見に来る時も、すごく気になるし良く思われたい。
そして感想の内容よりも見終わった後の顔が気になる。口で何と言っても、喜んでいる高揚感とかは顔に出てしまうので。
剛は特に正直に顔に出てしまうので分かりやすい。「ごろさん、良かったよ~(口まね)とか言っても分かるそうだ(笑)。
慎吾はあまり顔に出ない、冷静に客観的にプロデューサーのような目線で見ているところがある。メンバーが見てくれると嬉しい。
メンバーのドラマや映画は完全に一つの作品として客観的に見れる。

penさすが長年のお付き合いだけあって、吾郎が「よんぱち」にゲスト出演すると、さすがおさむさん吾郎の事を良く知っているんだなと思います。
吾郎ゲストのよんぱちのおさむさんは好きです(笑)。

|

« STOP THE SMAP 4月4日 | トップページ | 「桜、ふたたびの加奈子」公開! »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« STOP THE SMAP 4月4日 | トップページ | 「桜、ふたたびの加奈子」公開! »