« ゴロウ・デラックス 5月16日 | トップページ | TAKE FIVE 第5話 »

2013年5月19日 (日)

月イチゴロー 5月

4月5月の公開映画からの中から5本。、
今これを書くために見返して初めて気がつきました、4月5月だったんですね。
以前のようにSMAP映画も入れていたのなら、「桜、ふたたびの加奈子」も入りえたという事なんだ・・・良かった、SMAPの映画を入れなくなって。
何か変な書き方ですが、SMAPの映画を扱うと褒めても褒めなくてもどちらにしても叩かれるのは吾郎ですからね。

今月は白いシャツにネクタイ・ベストは黒。ジャケットは白とグレー濃淡の大きめなチェック。黒髪と黒い瞳・白い肌に良く似合う。

大下さんに「お久しぶりです」というご挨拶。
「がんばりますで、たくさん夜中に召し上がって頂いて・・・」と先日の「SMAP、がんばりますっ」の話題を出して下さった大下さん。
「20時間くらい回ってて、そりゃ5つや6つくらい文句は出ますよね」とぼやく吾郎に「ねぇ~」と同意してくださる大下さん、本当に優しい。
それでも結局番組側としては、吾郎が愚痴ったシーンを最後に入れてとどめを刺すのですね。どうせなら朝8時9時までかかった会議のシーンでも入れて欲しかったわ。
何の得もない準レギュラーなんだからannoy

第5位「リンカーン
ちょっと長かった。映画の8割くらいは議会のシーン。アメリカ人のアメリカ人によるアメリカ人のための映画。
最後に口をちょっとすぼめて大下さんを見つめた顔がとても可愛くて、小窓の慎吾まで思わず「可愛い顔した!」と言ってました。

第4位「ジャッキー・コーガン
会話劇としては面白かった。
車の中のシーンはずっと後ろから撮っているところとかカット割りが面白く緩い感じも好きだけど、ブラッド・ピットじゃなければ成立しない映画。

第3位「ヒッチコック
映画「サイコ」が出来るまでのヒッチコックの自伝のような映画。
ドラマチックさに欠ける。

第2位「オブリビオン
トム・クルーズが50歳という事に驚愕する吾郎(笑)。
SF映画はどういう風にエレガントなオチをつけるかが一番のポイント。
そういった意味では残念ながらオチは斬新ではなかった。
元ネタが4作品くらい上げられる。

「エレガント」という言葉が普通に出てくる吾郎が素敵だheart

第1位「ライジング・ドラゴン
ジャッキー・チェン59歳、最後のアクション映画。
集大成というだけあって納得の出来るもの。
彼の映画に求められている全ての要素が入っている。
アクション・スタント・コメディ・・・
見ている時間、全てを忘れて楽しませてくれる。

pen今までの月イチゴローを考えてみると、俳優さんで見ると何となく順位が全く逆のような今月の順位でした。
「月イチゴロー」での吾郎の作品選びで一つの重要な要素だと思われる「多くの人が楽しめるエンターテインメント性」を考えると、この順位になるのかしら。
どちらにしても慎吾が選んだ5作品を吾郎が観てどれが好きだったか語るコーナーだからなぁ。今回は特に作品のラインナップからしてそんな感じだ。
申し訳ないけれど毎回毎回同じような企画なんだから、もう少し月イチゴローの時間を多く欲しい。
もちろん、要らない所をそぎ落として簡潔にするのは大切だと思うけれど、話した本人とは別の所で面白可笑しく編集されてもねぇ。
良い所も含めてたくさん語っていると思うので、勿体ないです。

すみません、せっかく久しぶりの月イチゴローなのに何となく不機嫌な感じになってしまいました。あんまり個人的に作品にも惹かれなかったからかな。
吾郎のコメントはさすがだったし、吾郎も慎吾も可愛かったし、大下さんは相変わらず素敵に優しくていい方でしたheart

|

« ゴロウ・デラックス 5月16日 | トップページ | TAKE FIVE 第5話 »

月イチゴロー・ゴローのムービージャッジ」カテゴリの記事

コメント

サイトーさん、けっして不機嫌な感じでは無いですよ!私など不機嫌を通り越して怒っています(苦笑)「がんばります」での吾郎の苦情だけを取り上げた編集は、吾郎にとっても、過酷な現場で働くADさんにとっても失礼です。これは、「月イチ」の辛口だけを前面に出した編集にも言えます。放送時間数分の為に2~3時間の収録をしているんですよ。ananの映画レビューでも分かるように吾郎の評論は的確で、温かみがあり映画愛が良く分かるものばかりです。「月イチ」でもコメントしているであろう一つ一つの作品の良い部分もきちんと放送すべきだと思います。いつも非難の矢面に立っているのは吾郎一人ですから・・・全てのリスクを承知であのコーナーを続けている男前な吾郎に拍手です。

久しぶりの「月イチ」でしたが、やはりこのコーナーが大好きだと再確認しました。特に「リンカーン」「ヒチコック」のコメントには短い中にも「ごもっとも!!」という部分とユーモアがあり、さすが吾郎さん!でした。たまには、吾郎が選んだ1作品をじっくり聞いてみたいですね。もうこのコーナーも長いのでSPをやってもいいと思うのですが。

サイトーさんのブログをお借りして愚痴ってしまって申し訳ありません。拙かったら削除をお願い致します(汗)

投稿: あや | 2013年5月20日 (月) 14時50分

movieあやさま
コメントありがとうございます。
確かに、「がんばります」の苦情だけを取り上げた編集、ADさん達にも失礼ですよね。
何故、吾郎だけ最後まで入れてくれなかったのか、あれではADさんの仕事も正しく伝えていませんよね。また怒りがこみ上げてきました(笑)。
あやさんがおっしゃるように、月イチの編集も同じですね。
そしてすべてそれを分かって、仕事だと割り切って言い訳もせずにやりきっている吾郎・・・本当に男前です。

元々言いたい事を書くために始めたブログですが、なかなか思うようにはできません。
たまには一緒に愚痴って頂けるととても嬉しいです。
ありがとうございました。

投稿: サイトー | 2013年5月20日 (月) 21時17分

どんな時も吾郎のお仕事をブログにあげて下さってありがとうございます!
楽しいばかりではなくても読む事で、もやもやが晴れていきます。
>SMAPの映画を扱うと褒めても褒めなくてもどちらにしても叩かれるのは吾郎ですからね。
全くその通りでそこだけは今回ほっとした所です。今後も月イチが続いていくのでしたらここは一貫していってほしいです。
月イチの吾郎に対して文句を言っている人は一度で良いのでananの映画評を読んでもらったらどれだけ映画に対して真摯に情熱を持ってコメントしているかわかるはずなのですが・・・
こんな事書きつつ、twitterで月イチが好きというツィートをいくつも見かけると単純にうれしくなってしまったのでした。

投稿: 流星 | 2013年5月22日 (水) 21時13分

movie流星さま
コメントありがとうございます。
もしも「もやもや解消」のお手伝いに少しでもお役に立てたら嬉しいです。
昨年秋から、SMAPの映画は扱わなくなったような気がしますが、これはきちんと一貫して欲しいですね。切実です。
毎週同じような特集をやっているなら、たまにはもう少し時間を取ってきちんと語らせて欲しい。
ホント、映画愛に溢れているananのレビューを読んでもらいたいです!
確かに、月イチが好きというコメントを見つけると嬉しくなりますね。
以前よりもそういう方は着実に増えていると思います。
ただ反対に観もしないで噂だけで自分の好きなタレントの映画を下位にランク付けしたと怒っている人を見ると、とりあえず月イチを見てから叩けと思います。吾郎はどんなに好みではなくても毎回映画を観ているのですから。
好みではない映画を観るのってかなり苦痛ですよね。
暇な時でも「時間がもったいない」と思ってしまいますもの。
このまま2月にイチくらいになってしまうのでしょうか。
文句を言いつつ、なかなか放送が無いと寂しいです。


投稿: サイトー | 2013年5月22日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴロウ・デラックス 5月16日 | トップページ | TAKE FIVE 第5話 »