« TAKE FIVE 第5話 | トップページ | 朝日新聞夕刊 5月23日 »

2013年5月23日 (木)

SMAPXSMAP 5月20日

pencilスマ進ハイスクール
今回は宮藤官九郎さんを特別講師に招いて国語の授業
本気で脚本執筆&実演sign01というおいしいテーマ。

クドカンさんが書いた木村くんと剛のもさすがに面白かった。
木村くんは、こういうちょっと振り回され系の役も好きです。

木村くん脚本のは、チップだなんだ言ってるからさすが日本のファミレスではないって事かしら(笑)。吾郎と慎吾はとっても設定にあっていて絵になっていたので、それだけで楽しかった。
そして慎吾作の吾郎と剛のファミレスで告白、吾郎のちょっと震えたような戸惑いのある第一声も、吾郎の「オレと・・」にすぐ被せて勢いよく「オレとつきあってください」の剛も良かった!

吾郎の脚本。自ら出演し相手役に中居くんを指名。
中居くんが恥ずかしがるのを承知で「夜空ノムコウ」の歌詞を台詞として言わせる。
最後に二人で「カラオケ行こう」が最高。
「これはBEST FRIENDだろ」という声もありましたが、「夜空ノムコウ」だと思う。
良い感じに歳を重ねてきた男二人がファミレスで向いあってとりとめのない話をしている時ふと若い頃を思い出して、
「あれから僕たちは何かを信じてこれたかな」と問いかけるのが良いのであって、最後の「カラオケ行こう」でSMAPファンは5人旅のエピソードを思い出すのではないかしら。
直接的に「BEST FRIEND」をもって来ない所が吾郎なんだと思った。
何か今に、「焼酎」「おしぼり」「BESTFRIEND」というコントが出来るんじゃないかとちょっと思ってしまった。

中居くん脚本はさすがだったし(笑)、クドカンは好きそう。
剛脚本シンツヨ演技は、SMAPに入ってからの歴史を感じてしまう位、とりとめのない事でも凄く突飛な事を喋っても。それを日常に感じてしまうくらいの空気感が良かった。

全て配役もぴったりだったし、やはりさすがSMAP、みんな即興でも上手いsign03
飛び抜けて個性が違う5人だから、配役を変えたら全く違う物語りになってしまいそう。
そしてメンバーの演技を見ているみんなの表情がとっても真剣だった。
バラエティ番組忘れてる程に。逆にSMAPの「」が見れた気がしました。
スマ進ハイスクール、是非また続けていって欲しい。

このコーナー、やたらビストロ色を使っているところがちょっと気になります。
それぞれの机も椅子も5色に色分け、小窓の枠まで色分け、気をつけてみたら衣装までビストロのスマカラーになっていたのですね。
今までこんなに衣装にまで色分けに拘っていた事ってありましたっけ。最近突然の意地になったようなビストロカラーでの色分けが引っかかります。
でも吾郎のブルーのシャツとジャケットは白いパンツに合っていて爽やかで素敵でした。
座っている時の脚の長い事ったら。

musicゲストはWil.l.iam
Willの新曲のPVはWillの希望でスマスマのスタジオで撮影されたそうです。
そんなスタジオを毎週使っているスマスマって贅沢!
WillとSMAPによるscream&shout~夜空ノムコウとのSpecial Remix も凄く良かった。
スマスマでゲストの為に歌とダンスを覚え込みパフォーマンスする~これの積み重ねは貴重な経験になっていると思う。
歌下手・揃わない踊りをネタにしているSMAPだけど、やはり自分達の持ち歌だけでなくいろいろな曲で楽しませる才能は素晴らしいのではないでしょうか。
それに、自分達の曲じゃない時って、実はかえって言われるほど下手ではないと思う。

今週の吾郎の衣装、短いジャケットの下は上下とも黒。
細身のパンツをブーツインして何とスタイルの良い事よheart

|

« TAKE FIVE 第5話 | トップページ | 朝日新聞夕刊 5月23日 »

SMAPXSMAP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TAKE FIVE 第5話 | トップページ | 朝日新聞夕刊 5月23日 »