« VENUS企画 | トップページ | VENUS企画、動き始めました! »

2013年5月31日 (金)

STOP THE SMAP 5月30日

loveletter吾郎さんはガンダムシリーズではどの話が好きですか?
初代のガンダムが放送されて30年以上
2代目、Zガンダムが好き。
子供ながらも(中学生くらいだったけど)暗さが好きだった。

【SMAPな時間】
loveletter舞台「ヴィーナス・イン・ファー」今から楽しみです。「笑の大学」も二人芝居でしたが、映画と舞台とでは違いますか?お稽古はどうですか?
6月8日から23日までBunkamuraシアターコクーンで、その後大阪でもあるので、今稽古まっただ中。
パルコでプロデュースしたものとは全然違い、どちらも舞台の魅力はあるけれども、パルコでやってる鈴木さんのシリーズはちょっとコミカルで分かりやすいお洒落な感じ。
今回はいわゆるストレートプレイ、元々はブロードウェイでやっていたもので、ロス・エバンスさんという外人の方に演出をやって頂いて、面白いですよ、なかなか。

かなりディープな世界で精神的なSMがテーマになっていたりと・・・
でも不思議な事に設定が舞台の脚本家と女優という設定なんで、ちょっと「恋と音楽」と被る所もあるんですけれど、設定だけで内容は全然違うので、とにかく自分の中では新境地が開けるんじゃないかと思ってます。
楽しみにしていてください。


pen吾郎の声とか言葉から、とても手応えや自信を感じられて更に期待は膨らむばかり。
あと1週間になりました!

loveletter金スマで佐村河内守さんの特集を拝見しました。「光の千羽鶴が佐村河内さんが書いた音符に見える」という吾郎さんの言葉がとても印象的でした。
とても衝撃的だった。映画の音楽も書いて下さった方で、是非お話を詳しく伺いたいと思ってご自宅までお邪魔して取材させて頂いた。
神様のような光を持っている人で神々しい感じを受けた。
金スマのスタジオの方には出演して貰えなかったけれども、生のオーケストラを聴く事が出来たのもいい経験だった。交響曲は敷居が高くて馴染みが無かったけれど、クラシックのコンサートとかに行きたくなった。

佐村河内さんにクラシックを聴くなら何が良いのか聞いたら、入門編としてはブラームス交響曲第一番を聴くと良いと言われたので、家でも聴いている。
映画を観ているような感覚でいろいろな場面があっていろいろなものが映像化され起承転結があって素晴らしい。
そういったものに出会わせてくれた佐村河内さんにも映画にも、人と人との出会いに感謝している。


pen人との出会い、作品との出会いをいつも大切にしている吾郎らしい言葉が聞けて嬉しかった。知らないものは素直に知らないと言い、謙虚に尋ねる姿勢が、更なる進歩に繋がっているんだなと思いました。

musicJoy!!

clipメンバーとの時間、今週は「慎吾との関係」、ファン歴20年の方とのイケTELSMAP、文化放送の話・・・は続きを読むからどうぞ。

【メンバーとの時間】
loveletterストスマでは木村くんの話題がよく出ますが慎吾くんの話題は少ないように思います。収録の合間など話さないんですか?テレビではお互い牽制し合っていますが本当の所はどうなんですか?
確かに牽制し合っていますよね(笑)。これが何か僕と香取くんの良いところなのかなぁ。友達みたいに喋ったり一緒にゴルフ行くとかご飯行くとか、そういうものじゃない彼との距離感ていうものがSMAPの面白さでもあるので。みんながみんな同じような距離感だったらおかしいのでね。
いいんじゃないでしょうかね、こういう関係っていうのが。
っていうと、おのずと話題も少ないですよね、番組に出てくる・・・
これがまた面白いのかなっていう。
でも映画の話、舞台の話、音楽の話とかはしますけどね、番組の収録中とかでも。
SmaSTATIONで慎吾くんが選んでる映画を僕が観てっていうキャッチボールがずっと続いているんですけども、その会話は必ず月末になるとしますよね。
「もう見たの?」とか「どうだったの?」とか。
ファッションとか映画とか彼も好きですしね、スポーツなどで共通の話題、ゴルフとかはさすがにないですけれども、Cultureに関しては僕も慎吾くんを意識したり、彼は今どういったものに興味あるのかなという事に興味あるんで、話し合ったりするんですけどね。


pen慎吾との兄弟みたいな仲、いいなあと思います。全くベタベタする必要はないけれど、「無言で」弟は兄に甘え兄は弟をからかいつつもお互い心の奥では気にかけている・・・そんな感じがします。

telephoneイケTEL SMAP
今週のイケテルは慎吾くんと同い年の方。
電話がかかってきたのは昼だったようで、お子さんと遊んでいる所だったそうです。
ファン歴20年とおっしゃるこの方、とっても落ち着いてきちんとお話される方で聴いていてとても心地よかった。
吾郎もとても話しやすそうで、まさに吾郎のイケTELという感じでした。
高一くらいの時からSMAPが好きで、もう30代後半というのが不思議な感じがする。
ご自分で30代後半、慎吾くんと同じ36歳ですっておっしゃって、吾郎も一瞬SMAPの最年少が30代後半なんだと実感して驚いた(笑)と。
「若い時はナイーブで素敵、今は少しずつ角が取れて柔らかい感じになって素敵で、充実した活動をされているからでしょうか、どんどん魅力的になっていく吾郎さんなので、ファンを止められない、ずっと一筋なんで~」と、こんなにちゃんと吾郎に気持ちを伝えられて、聴いていて感動しました。

アルバム007が好きだと言うリスナーさんに、僕はタコマックスの方が好きですよだと言いはなつS吾郎。これは舞台の影響でしょうか(笑)。
ここでも「ひとりぼっちのHappyBirthday」を押す吾郎(笑)。
「4・5・6・7位がSMAP一番良かったかもね(笑)」と更にリスナーさんを困らせる吾郎でしたが、
リスナー:「今もいいですけど持ち歌が少ない分、繰り返し手元にあるアルバムを一生懸命聴いていたので(印象深い)。
5人旅の時には二度と聴けないと思っていた曲が中居くんがいっぱい入れてくれて嬉しかったです」

吾郎:「コンサートとかでも昔の曲とかやるのもいいですね。そういう意見も含めてまた。次のコンサートいつになるか分からないですけれども」

吾郎:「懐かしいお話が出来て楽しかったです。これからも母としてSMAPのファンとして女性としてキラキラと生きていってください」

musicSeptember Rain

【五六二三】
loveletter先日、東京に家族旅行に行ってきました。子供の希望でポケモンセンターに行ったら近くに文化放送があって興奮しました。浜松町は親子で楽しめる街でした。ストスマ収録は曜日など決まっているのですか?どうやって行くのですか?
ポケモンセンターってどこにあるんですか?と突然スタッフに聞いてマイクから遠ざかる吾郎。自由だぜい。ふ~んとか言っているのが聞こえる・・このスタッフとのやり取りも結構ツボです。
文化放送見て興奮するって、ちっとも凄くないですよ、
ってそれがファンじゃないですか!!
収録の日も時間もバラバラ、会社の車で来ている。
元教会だったという移転前の建物も歴史的建物って感じで好きだったけれど、今は近代的なオフィスビルに入っている。

musicSUMMER GATE

bell舞台告知
VENUS IN FUR
6月8日(土)~23日(日)    Bunkamuraシアターコクーン
6月27日(木)~30日(日)   大阪 森ノ宮ピロティホール

刺激的で皆さんの心の中に残る舞台になると思いますsign01

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net
  

|

« VENUS企画 | トップページ | VENUS企画、動き始めました! »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

サイトーさま こんにちは~
舞台稽古真っ最中の吾郎さんの充実ぶりが、声にもあらわれているようなストスマでしたねえ。

交響曲を聴く吾郎さん、いいですよね。ぜひコンサートにもでかけてほしいな~。
私も難しいことあれやこれは、わかりませんが、クラッシックを聴くのは、大好きで
たまに演奏会に出かけたりもします。会場の雰囲気も好きなんですよね。
私はロシアの作曲家の音楽が好きなんですが、吾郎さんならどうかな~とおすすめの曲を考えたり。

イケTELは、とっても雰囲気のやわらかい、素敵な方でしたね、吾郎さんとひだまりの中で会話してるようなかんじで、羨ましかったです!突然の会話なのに、ひとつひとつ、丁寧に気持ちを伝えられていてすごいなーと感心しました。
吾郎さんも最近頻繁に「お友達の」子供の話をしているので、より身近に感じてお話しできたのでしょうか。

私も昔のアルバムをまた聴きたくなりました♪
聴いていた時の(歌っていた時の)年齢にもよるんだろうし、なにかきゅんとするんですよねあの時代ってね。
「次のコンサートいつになるか分からないですけれども」・・・そ、そうなの・・・?

慎吾との関係を、リスナーの方のPNになぞって、セロリとマヨネーズみたいな。と言う吾郎さん素敵ですよねvなんか、まったく違う素材だけど、ベストマッチっていうね(笑)
最近、慎吾は吾郎ちゃんのファンです(スマステ)って言ってましたし、より懐いてるかんじがするんですよね~(でも、それ以上に上2人がなんていうか、かまいすぎてて、入っていけないかんじ・・・?)剛君も、やたらと公の場でその場にいない吾郎さん話を嬉々として、やってますしね。吾郎さんのもてっぷりが・・・。

ポケモンセンター、どこにあるの、とラジオからいなくなってしまう吾郎・・・放送事故やん!遠くのほうで、ふーん、へー、って(笑)
自由だなあ・・面白いなあ・・・。

VENUS企画のお知らせありがとうございました。今回もお世話になります!そろそろよいお返事がいただけるでしょうか?素敵な舞台にぜひお花を贈りたいですよね。
いよいよ、あと一週間とせまってきましたね~どきどきします。
またこちらで、観劇後の感想などお話できるのも楽しみにしています!

投稿: kina | 2013年5月31日 (金) 11時45分

サイトーさま

何時もながらの聞きやすい癒しの声でリスナーの質問に丁寧に答える吾郎は素敵ですね。ファンの方達のお便りも多岐に亘り優秀!舞台「ヴィーナス・イン・ファー」も吾郎の話を聞いて、益々期待が高まりますね。ブロードウエイで大成功した舞台を日本で・・・それも吾郎が主役と聞いた時は感無量でした。今まで主役、脇役に拘らず多くの役に挑戦し、やり遂げてきた吾郎だからきたオファーだろうと思ったからです。そして彼だから期待通りに演じてくれるだろうと。

佐村河内さんとの交流も良かったです。映画「桜、ふたたびの加奈子」の独特の世界観は音楽も含めて格調の高い作品でした。吾郎の演技と共に、久しぶりで映画らしい映画を観たという印象深いもので、何時までも心に残る作品です。そこで、お互いの感性を認め合う人と出会えたことは吾郎にとっても凄いことですよね。

イケTELのファンの方も素敵な方でしたね。最近益々内容が充実してきて感心して聞いています。リスナーもお便りを出して協力しないとですね!

投稿: さやか | 2013年5月31日 (金) 23時37分

コメントありがとうございます。
barkinaさま
舞台の時って声が違ってくるのがラジオだと特によく分かりますね。
充実している様子が伝わってきて、ますます舞台が楽しみです。

クラシックがすごく似合うので、指揮者を演じる吾郎も観てみたいと時々思います。
以前「知的探検シリーズ」で、「癒やしの曲」の指揮をした事がありましたよね。
あの時からずっと思っているのです。
まあ吾郎を見ているといろいろな役を演じさせたくなるのは、もう病気です(笑)。

イケTELの方、高校1年の時からSMAPが好きで、ずっと好きで、時が止まるのではなくて年齢に応じた魅力に惹かれ続けているって、すごく素敵な事だと思いました。
>吾郎さんとひだまりの中で会話してるようなかんじで
・・・まさにそんな感じでしたね。
吾郎さんもとても話しやすそうで、柔らかで優しい少し懐かしそうな声がとても良かったです。
さっき思わず、1991年お正月コンサートの映像と去年のライブDVDを観てしまいました。
お友達のお子さんの話も面白かったです。夜泣きとか、まるでママ友みたいな~
OL会話もママ友会話もできちゃって、来週からはM男の舞台ですよ、何て素晴らしい!!

SMAPの間の関係はとても面白いですね。
今日発売のオリ★スタのインタビューも読んでいて興味深かったです。
吾郎さんのモテっぷりですとか。

「VENUS企画」にも参加して下さりありがとうございます。
今日ようやくOKのお知らせが出ました。
これで東京公演初日にたくさんの薔薇を贈る事ができます。
参加してくださる皆様のおかげです。
観劇後の感想、私も楽しみにしています!

barさやかさま
吾郎のラジオは本当に聞き取りやすいです。
だからここに書く時も適当にまとめるよりも、そのまま書き取ってしまった方が早いくらいです。
そして、ファンの方からのお便りも凄いですよね。
とてもきちんと文章を書いていらして、思わぬ方面に目を向けたお便りとかいつも凄いなと思いながら聴いています。

ヴィーナス・イン・ファーを吾郎でと聞いた時は本当に嬉しかったです。
もう出来上がっている作品だから、違う国とは言え演出の方向は決まっていたのでしょうか、ラジオで聞く限り、迷いは無いし手応えを感じられましたよね。
とっても楽しみです。

「桜、ふたたびの加奈子」も本当に映画らしい映画で、いい作品でしたよね。
いつも素敵な出会いを生かす吾郎さん、そんな姿を金スマで見せて貰えたのも嬉しかったです。吾郎の選ぶ言葉の一つ一つが大好きです。
イケTELだけは出られませんが(笑)、お便りはこまめに出さないといけないですね。

投稿: サイトー | 2013年6月 1日 (土) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VENUS企画 | トップページ | VENUS企画、動き始めました! »