« 「心療中-in the Room-」シナリオコンプリート版 | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月25日 »

2013年7月26日 (金)

STOP THE SMAP 7月25日

loveletter移動中は何をされてますか?
本を読んでいる事が多い。読まなければいけない課題図書や台本を読む。
仕事が終わって疲れて帰る時はビールを飲んで寝てしまう事もある。
またはポータブルDVDプレーヤーで映画を観たり、そんな感じ。
パソコンとかはやらない。映画や本が一番多い。

【SMAPな時間】
loveletter掌の世界」すごく好きです。「美しい世界を作ってこの掌にうつして」という歌詞を歌っていますが、とてもよく合っています。歌詞の歌う部分はSMAPが相談して決めるんでしょうか、それともスタッフさんでしょうか。
時と場合によりますが、スタッフさんが多い。ちょっとメンバーの意見があったりするけれど、自分はここを歌いたいんだけどとか自分からは言わない。グループの事を考えて、この流れがいいんじゃないかとかいう事は話す事はある。

ほぼほぼ、これはスタッフの方が決めてますね。音楽のディレクターが。

プロモーションビデオもかっこよくで僕も好き。早くパフォーマンスできればいいなと思っています。
楽しみにしててください。


penほぼほぼがとっても可愛かった♪
たまにはスタッフさんを変えてみたらどうかしら・・・

loveletter舞台「ヴィーナス・イン・ファー」大千秋楽無事お疲れ様でした。この舞台を演じきって何か新しい発見とか得たモノはありましたか?
はい、勿論いろんな事得られましたね。
やっぱりね二人芝居面白いですね、ホントに。中越さんもね、ホントに楽しい楽しいって言ってましたけど、すごくシンプルですし、お芝居だけですからね。
何かこう特別派手な演出があるわけでもないし、衣装を替えたり音楽流れたりあるわけでもないですしね、ホントに会話だけで繰り広げられるっていうのが僕はすごくある意味職人的な要素も必要とされるのであって、すごく難しくはあったんですけど、すごく楽しかったですね。う~ん。
最初は結構不安でしたけどね、台本渡されて膨大な台詞の量と、これを二人っきりでシアターコクーンみたいなあんな大きい所で、全く二人っきりでやるっていう、2時間近く、どうなるんだろうっていう感じは、演出家さんとも皆さんとも話していたんですけれども。
まあ演出家のロスに関しては、全然問題ないと、全然大丈夫だし、これは絶対に上手くいく脚本であって作品であるから、と凄く励まして下さったんでね。
僕と中越さん、多少不安はあったんですけど、もうホントにそういった意味では本当に充実した日々だったし、得たモノは数え切れないですね。
あの舞台の上で生きた時間とかね、共演者同士、またお客さんと心が通い合った瞬間みたいなものを僕はきっと一生忘れないんじゃないかなと思うんですけれども。
また、これからも意欲的に舞台はやっていきたいなと思っております。


pen今週はここの言葉だけでも充分すぎるほど。
舞台「ヴィーナス・イン・ファー」への吾郎の思いに本当に感動しました。

でも今週もとっても楽しいストスマだったので続きもレポします!
メンバー間での呼び名、イケテルSMAP、カクテルについて、吾郎のSM心理診断チャートなどについては「続きを読む」からどうぞ。

【メンバーとの時間】
loveletter中 居くんが吾郎や吾郎ちゃんから「稲垣さん」と呼ぶようになったのは、友達から「いい大人がいつまでも名前で呼ぶのはおかしい」と言われたからとラジオで言って ました。MCの立場からも変えた方がいいと思ったそうです。ファンとしては残念ですしSMAPだけの時は以前のように呼んで欲しいと思っているのですが、 癖ついてるんでしょうね。剛くんの吾郎さん呼びは「ほん怖」で子供達が呼んでいるのを見て、吾郎さんは自分より年上と改めて認識して変えたようですが、そ れなら中居くんも木村くんも草なぎくん的には「さん」で呼ぶべきではと今でも思っています。ファンとしては変わらず慎吾くんが「吾郎ちゃん」と呼び続けて いるのが嬉しいです。
何でもよくない?別に(笑)。
どうなんでしょうね、別に呼び方っていうのは時代と共に変わっていくんですよね。
まあ中居くんが「稲垣さん」って呼ぶのは何か照れくさいっていうのがあるんじゃないですか?吾郎ちゃんとか言うの。
吾郎ちゃんなんて言ってましたっけ。今でも「吾郎」って言う時もあると思うんですけどね。
テレビだと「稲垣さん」っていうのが強いですね。司会的な感じだとね。面白いですね呼び方ってね。
草なぎくんは確かに「ほん怖」を僕が始めた頃くらいから何か「吾郎さん」って言うようになったんですよね。確かにね、中居さんも木村さんも「さん」で言えばいいのにね。
面白いですよね、何でしょうねこういうのってね。香取くんとかもね、草なぎくんの事を「つよぽん」って言ってますしね。僕、「つよぽん」って言いませんからね。
中居くんはみんなから「中居くん」って言われますね。共演者とか年上の人からもね。
中居くんは「中居くん」っていうキャラクターですね。「まさひろ」って感じないですもんね。
木村くんもそうですよね、世の中では「キムタク」って言われたりしますけど。
僕が「キムタク」って言うの新鮮ですよね。「キムタク」一応言ってみました(笑)。
そうですね、木村くんも「木村くん」って言われますよね、みんなから。「拓哉くん」とは・・・
僕は確かに「吾郎さん」とか多いですね、下の方がね。
草なぎくんも「草なぎくん」って言われますもんね。僕はいろんな言われ方をする方かもしれませんね、どちらかと言ったら。
「吾郎ちゃん」とかファンの方、いまだに言ってくれたりしますからね。
で も友達同士とか家族とかだったら呼び方変わらないもんね。あ、でも子供の頃「お母さん」だったのか「おふくろ」になったりとかね、そういうのはあるか。で も友達同士って何年経ってももう変わらないよね。友達や恋人や。メンバーって面白いですね、そういった意味では。まあ日々いろんな発見がありますけども。


pen「どうでもよくない?」とか言っておいて、「面白いですよね」とこんなにたくさん喋る吾郎(笑)。確かに「中居くん」「キムタク」はそれぞれ一つのキャラクターだけど、「吾郎ちゃん」もファンよりむしろ一般に浸透したキャラクターだと思う。

telephoneイケテルSMAP
同世代で福岡在住の方。
ずっとハガキを出しているけれど、イケテルは初めてだそうで、「字が小さいからではないですか?みんなもっとあからさまに目立つハガキ送っていますよ。やっぱね、競争社会ですから。いえいえでもそれも個性ですから。僕も人を差し置いて目立つ事が大嫌いな芸能人なので」
と吾郎からのアドバイス。
でも吾郎が目立つ事が嫌いなら、ファンもそういう人が多いような気がします。
スマスマでは特に料理が気になるようで、料理の話から明太子が好きだという話に。
今日のイケテルで分かった事(笑)
*最近のキッチン形式の料理は10分から15分で作れるものとなっているので、作りやすい
*吾郎は福岡にも知り合いが居て、明太子を送ってきてくれる
*今年の明太子は小粒な気がする
*明太子は一腹ずつ包んで冷凍する

musicJoy!!

【吾郎の自由時間】
loveletter舞 台「ヴィーナス・イン・ファー」素晴らしかったです。舞台を観に上京した際に、渋谷の「八月の鯨」というバーに行きました。カクテルの名前が映画に因んだ ものばかり。オリジナルも店長がその映画を観ていれば作ってくれます。映画好きな吾郎さんなら凄い楽しめると思います。
面白いですね~映画に因んだ名前のカクテルなんですね、オリジナルって事ですよね。
カクテルってあんまり飲まないんですけどね、でもたまに飲むといいなぁと思うんですけどね。あんまり甘いお酒がそんなに好きではないので、どっちかというとカクテルでもガツンと来るようなドライマティーニとかそういうのが僕は好きですね。
結構酔っ払っちゃいますけどね。
でも美味しいドライマティーニとかたまに飲みたくなりますよね。
僕は別にジェームズ・ボンドと違って、普通のジンを使って普通にオリーブで全然いいんですけども。
好きですねぇ、あのクールな感じが。
素敵な情報ありがとうございました。


pen思わずジェームズ・ボンドのマティーニを調べちゃいました(笑)。ウオッカとレモンピールを入れてシェイクするんですね。シェイクするマティーニってどんな感じになるのかしら。
私も甘いお酒は苦手なのでカクテルと言われるといつも迷うのですが、これからはカクテルと言ったら迷わずドライマティーニにするわ(笑)。

【五六二三】
loveletter「ヴィー ナス・イン・ファー」のパンフレットも最高で写真集のようでした。この勢いで吾郎さんの写真集も是非出版して欲しいです。このパンフレットの中にSM心理 診断チャートというのがありましたが、吾郎さんは診断してみましたか?勝手ながら私なりに吾郎さんを診断してみたら何とドMになりました。吾郎さんは私的 にはSっぽいなと思っていたのですが、
「何事にもストイックに取り組み、求められた以上の結果を出すのを自分の喜びとしている。人の欲求をすばやくキャッチするとすばやくそれをかなえて、あいつは出来ると評価されることも多いはず。」
って所が当たっていました。以前、リリーフランキーさんが吾郎さんを「SでもMでもない、N=ニュートラル」とも言っていましたね。それもすごく納得したんですが、吾郎さんはご自分から見てどう思いますか?

僕これ、やってないですね、心理テスト。やってみましょうか。
納得できない事を押しつけられたら?a)断固拒否、b)しぶしぶやる、ん~、しぶしぶやりますね。
食べ過ぎないようにいつも気をつけている。Yesですね。
人生の満足度は□にかかっている?その□に入れるのはどっちの言葉?a)自分自身の頑張り b)天から授けられたツキ」・・どっちかな~人生の満足度、ツキも両方あるよね。ま、でも「自分自身の頑張り」って思いたいですよね。そう思いたいっていう願望から言ってaです。
・・・という事は、稲垣吾郎さんはドMタイプです。(笑)合ってんじゃん!
何なの?あまりぴったりはまるとイヤなんですけど(笑)。
ドMタイプなんですね、ある意味。
だ から「ぶって」とか「傷めつけて」とか言うのだけがMではないからね、今回そういったことをテーマにした舞台だったんでね。まあそういった事をテーマにし て人間をSとMに区分けするのはあまりにも単純すぎないかっていう事をテーマに持った舞台だったのに、その舞台のパンフレットに診断テストがあるっていう (笑)おかしいですけどね。
まあ分かんないですけどね、自分でもね。こればっかりは。
相手によって何となく変えるってのが一番親切であって理性的なんじゃないでしょうかね。
僕はそう思ってますけどね。Sな時もMな時もありますし、なるべくならNでニュートラルでいたいなと思うんですけれども。


penサッサと診断チャートを進めていく吾郎がとっても素敵。いつもこんな感じであまり迷わずぐいぐい進むんでしょうね。
でも実は2列目の一番上からやっていたので、最初の質問で随分変わりそう(笑)。
自分の舞台のパンフレットにダメだしをする所も吾郎らしい。
最後は吾郎と一緒に診断チャートをやった気分にさせてくれてありがとうheart
今週も本当に楽しかった。

musicDawn

house番組HP
稲垣吾郎のSTOP THE SMAP

mailtoお便りの宛先
〒105-8002 文化放送「稲垣吾郎のSTOP THE SMAP」
メールアドレス smap@joqr.net
  

|

« 「心療中-in the Room-」シナリオコンプリート版 | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月25日 »

吾郎ラジオ」カテゴリの記事

コメント

今回も楽しかったですねぇ~。何といっても声が良い!あの爽やかで丁寧な話し方を聞いていると暑さを忘れます。愛がいっぱいで様々な分野の質問をする優秀なリスナーと、その質問に毎回真摯に答える吾郎さんが織り成すストスマの30分は、もうリスナーにとっては無くてはならない番組ですね。

明太子であれだけ語れる人は中々いないし(笑)カクテルも勉強になりました。サイトーさんが上げてくださった舞台の想いにも感動しました。歌割の話しも最近は固定化しているような気がするので、5人の可能性と魅力をもっと引き出すためにはいろいろ変えて欲しいなぁと思ったり・・・一週間に一度、30分のラジオとその後の30分のテレビ!これらがあるおかげで充実した日が送れます。

投稿: あや | 2013年7月26日 (金) 10時00分

サイトー様 こんにちは~。
少し、ご無沙汰してしまいました。慌ただしくも充実した六月を駆け抜けて、気が抜けてしまったのか、夏風邪をこじらせて寝込んでしまいました。六月は仕事が終わってから渋谷に通い、帰宅したらドラマを観て・・と気力体力ともに気合十分だったのに(笑)なんともゲンキンなもので・・・。

ストスマ、今週も楽しかったですね~。今年の明太子にダメ出しする吾郎さんに、ふきだしてしまいましたよ。困惑するリスナーさんに構わず、たたみかけるようにしゃべり倒して!私も、明太子大好きなのでなんか嬉しかったですけれども。(でも、粒の大きさを比較したことはなかったです・・・)
ヴィーナスインファーのパンフレットが素晴らしいので、写真集も~という、部分については、今回も華麗にスルーですか・・・。
公開診断チャートは嬉しかったですね!
ドM・・・あってんじゃん・・・。と不服そうで、でも、スタッフさんとともに、ウケてるっぽい吾郎さん。なのに、実はスタートから間違えてるところが、もう、もう、この人は・・・(愛しすぎる・・・)

吾郎さんの声はずっと大好きですが、恋と音楽以降、歌声がよりのびやかに、ハリが出て、高音も低音も素敵vになったのに、歌の割り振りが少なくて~もったいないですよね。せっかくの歌声をもっと堪能できるような機会があればなあ~と常々思います。

そして、舞台についての吾郎さんの言葉には、いつもながら感動します。
私も、吾郎さんと中越さん、トーマスとクジェムスキーとヴァンダ、それから会場が一体となって過ごしたあの瞬間を、あの六月を一生忘れないと思います。そして、またあの胸が震える瞬間を共有したくて、舞台に出かけるんだろうなあと思います。
30分という短い時間の中で、実にいろんな顔をみせてくれる吾郎さんですよね。木曜日のこの時間もまた、かけがえのない濃密な時間です。

投稿: kina | 2013年7月26日 (金) 15時33分

コメントありがとうございますsign01

barあやさま
そう!いつも思います。いい声だなぁって。
そしてキチンとした話し方が気持ちいいです。
文章に書き起こしてみて、全く困らずにスラスラ書けます。
これもいつも驚きの一つです。
お便りも様々な角度からのアプローチ、本当に聴いていて楽しいですね。
今週は、とても元気そうでしたが、舞台の時の話ではしみじみと語っている感じがこちらにも伝わってきて、尚更感動しました。
最近、歌割りが固定されている感じで、ちょっと変えてみてはどうかしらと常々思っています。スタッフさんが決めるのですね・・・
木曜日はストスマとゴロデラ、本当にこの日があって1週間が潤う感じがします。

barkinsaさま
わ~夏風邪だったのですね。
ホント、6月は連ドラに舞台、こちらも(笑)休む間もない毎日でしたものね。
お仕事をしていらっしゃると本当に大変だったと思います。
その前もずっとライブ~舞台~ドラマ~ドラマ~舞台~  と続いていましたものね。
先週のストスマで、舞台が終わって少し出来た自分の時間を(具体的な予定を立てるより)今やりたいものと向き合いたい、正直少し休みたいのかもしれないですね、ぽっかりと穴があいたみたい、と語っていた吾郎がとても印象的でした。
いつも休みがあると出かけて都内やゴルフ場で目撃情報が出ていたりしていたのに。
そして、やはりちょっと休む時間があったからこそ、舞台への熱い思いも改めて実感できたのかもしれませんね。
>困惑するリスナーさんに構わず、たたみかけるようにしゃべり倒して!
・・・これ、時々ありますよね(笑)。おしゃべり吾郎、発揮!!! 聴いていて楽しいです。
公開診断チャート、最高でした。迷わず、ぐいぐい行くところがいいですよね。スタートを間違えているのに(笑)(笑)。
意外におおざっぱで男っぽい所もギャップ萌えです。
>恋と音楽以降、歌声がよりのびやかに、ハリが出て、高音も低音も素敵vになった
・・・私もそう思います。スマスマの歌コーナーでのコーラス部分、吾郎の声がよく聞こえるので上手くなったなぁといつも思っています。
それなのに、勿体ないですよね。「掌の世界」など、吾郎の声を探していると終わってしまうという(笑)・・・是非、次はもう少しちゃんと聞かせて!と思います。

舞台の事を思うと、いまだに胸が震えます。
確か初めは300人も入らないような小さな劇場向けに作った作品だったと思いますが、それを大阪千秋楽では1000席以上の劇場で何の違和感もなくやり遂げたのは作品・脚本の持つ力だけではなかったと思います。
これからの舞台がとても楽しみですね。

投稿: サイトー | 2013年7月26日 (金) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「心療中-in the Room-」シナリオコンプリート版 | トップページ | ゴロウ・デラックス 7月25日 »